ここから本文です
ブログ始めました!
私には、出会い系アプリで知り合ったセフレがいます。
彼女は、翔子と言って、看護師をしているそうです。年齢は、たしか27歳と言っていました。
彼女とセフレとなったのは、とある出会い系アプリ内にある日記に私がエッチに関することを書いていたのを彼女が読んで、私にアプローチしてきたのがきっかけです。
彼女は、仕事柄とても忙しく、ストレス発散したくて、出会い系アプリをよく利用しているようで、私にアプローチし、何度かメールのやり取りをした後、私を気に入ったみたいで、『今度、会わない?』と書いていたのです。
もちろん、私も、看護師と会えると思うだけで、股間が膨らんでくるぐらいですからOKメールを出して、彼女と会うことに。
そして、当日、彼女と会ったのですが、予想以上の綺麗さにビックリ!
こんな綺麗な人も出会い系アプリを利用するんだなと思いました。
早速、喫茶店で、お話しをしたのですが、彼女からの仕事の愚痴がすごいのなんの。
30分近く仕事の愚痴を聞いてあげると、彼女は、スッキリしたみたいで、食事をすることに。
そして、食事を終えて、歩いていると、彼女が私の手を握ってきたのです。
さらには、『明日、非番なんだ。』と言ってきたので、これは、お誘いかなと思い、『このままホテル行こうか。』と私が言うと、頷く彼女。
今日は、ラッキーな日だなと思いました。
部屋に入ると、彼女は、私にキスをしてきて、『今日は、私の愚痴を沢山聞いてくれてありがとう。』と言ってくれ、その後、私のズボンとパンツを下ろすると、即フェラをしてくれました。
彼女のフェラは、とても優しいフェラで、丁寧に竿や袋までも舐めてくれました。
その後、私も彼女の体を舐めたくなったので、彼女をベッドの部屋に連れて行き、彼女の服を脱がし、全裸にさせると、彼女をベッドに寝かせ、愛撫を始めました。
彼女は、クリトリスがとても感じるみたいで、少し触っただけでも、『あん。』と喘ぎ声を出してくれるのです。
そこで、私、クリトリスを丹念に舐めてあげると、彼女の声が大きくなり、『あああああ、そんなに舐めると、とっても、感じちゃう。ああああ。』と言ったり、『あああああ、ダメ、このままだといっちゃう〜。』と言ってきたのです。
その直後、『ああああ、本当にダメ、いっちゃう、いく、いく、いく〜。』と絶頂に達したのです。
彼女は、絶頂に達した後、『恥かしい。』と言っていましたが、目の前に私のお○んぽを見せると、すぐに咥えてくれ、シックスナインをすることに。
彼女は、絶頂に達して、エッチモード全開になっているみたいで、即フェラの時とは違い、『ジュボジュボボ』とエッチな音を出しながら、お○んぽを
しゃぶってくれました。
そして、彼女は、我慢できなくなったのでしょう。
腰をモジモジしはじめたと思ったら、『ダメ、入れたい。お○んぽ。入れるね。』と騎乗位の体勢で、入れてきたのです。
彼女は、右手でお○んぽを固定させて、腰を徐々に下ろしていきました。
そして、お○んぽをお○んこに収納させると、『ああああ、硬い。たまんない。』と言いながら、自ら腰を動かしてきたのです。
その動きが半端ない動きで、とても気持ち良かったです。
その後、バックをした時にも、腰を振りながら、『早く入れて〜。』と言ったりして、看護師=エッチの図式は、本当だと思いました。
最後、正常位でお互い絶頂に達したのですが、その後、彼女は、顔に出したザーメンを気にすることなく、お掃除フェラをしてくれました。
彼女とは、翌朝まで、3回エッチを楽しみ、ホテルを後にしました。
その後、私たちは、セフレとして付き合うことになったのです。

埼玉県 40代 男性 会社員

この記事に

私はアニメの動画サイトでアニメを見ました。
ですが読み込みが遅く、まともに見ることができませんでした。
この動画サイトはアクセスが増えると画質を落としたり、読み込みが遅くなったりしてしまうのです。
私が見ようとしていたアニメは24分しかなかったのですが、途中で何度も止まってしまったため、結局最後まで見るのに約1時間も掛かってしまったのです。
私一人が見ているわけではないので仕方がないかもしれませんが、これだけ見るのに時間が掛かってしまうと、さすがに辟易してしまいます。

この記事に

「アロー」シーズン2

「アロー」シーズン2を観終わってしまいました。
何となく見始めた海外ドラマだけれど、やっぱり映画や日本ドラマと違って、時間が沢山ある分しっかり脚本が作られてるのよね。
どうやってこういう人間ができたのか、とか色々勉強になります。それに、アローの肉体美も素晴らしいしね。
私はああいう体スキなんですよね。日本人は鍛えてる人でも細すぎかと。好きじゃないけれど日本人でいうとガクトくらいがいいと思う。
私も体鍛えたいな〜☆

この記事に

以前東京に住んでいた時にとても親しくしていた友人がいます。
先日、久しぶりにフェイスブックにログインしたところ、転勤で私の地元に引越してくるそうです。
フェイスブックには家の内見や契約をしたという内容と写真がアップされていました。
だいぶ久しぶりになるので、ちょっとドキドキしながらメールを送ると、すぐに前と同じようなテンションで返信が返ってきて安心しました。
その友だちとは、毎週末近くの居酒屋に飲みに行ったり、お互いの家を行き来して週末をぐだぐだ過ごしたりしていました。
私の引越と時間の経過でずいぶん疎遠になってしまったなと思っていましたが、またこうして気軽に会えるようになる機会があることをとても嬉しく思っています。
しばらくはお互いに変わったこと、変わらないことなど話が膨らみそうです。

この記事に

寒い冬がやってきました。最近は玄関のドアを開けるのに、ちょっとパワーがいります。関西に住んでいるから、もっと寒い地域の方からみたら、この寒さは大したことないのでしょうね。冬が来るとちょっとあの暑すぎる夏が恋しかったりします。そんな寒さも、子供たちにとっては大したことはないようです。コートも着ずに出ていこうとするくらいです。冬はたくさん着たり身に着けたりするものがあるから、お出かけまでにも時間がかかってしまいますね。さあ、寒さに負けないで頑張っていこうと思います。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事