ここから本文です
古書に関する雑談
古書に関する内容に少しずつ戻っています…

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

『O嬢の物語』に繋がる性文学の金字塔


この数日間に購入した書籍。
1、メラニー・ムレール著/長島良三訳『私をたたいて!』(河出書房新社)。「『O嬢の物語』『絆』『黒衣の下の欲望』に繋がる性文学の金字塔」と帯にあって思わず購入した作品。

2、そして、トニ・ベントレー著/栗原百代訳『サレンダー 服従の恍惚』(文藝春秋社)。二枚目の写真。

二冊ともサドの系譜に繋がりそうな女流作品。

3、新潮文庫から、アナイス・ニン著/矢川澄子訳『小鳥たち』という本も…。

少しどろどろの読書生活になってきた。仕事が忙しく、忙しいと何故かこまめに読書をします(笑) 普段しないことをし始めてしまいます…オークションもそうですが…少し疲れてきてストレスを発散しているのかも…。

  • 顔アイコン

    amaiさん、amaiさんの影響が大きくて、少々壊れ気味です。(笑)しかし、「壊れてる」って断定しないでくださいね〜(笑)

    ハル  +α

    2006/3/19(日) 午後 2:01

    返信する
  • 顔アイコン

    しいらさん、現実って、もしかして…。現実だとは思っていませんでしたが、まさか…。

    ハル  +α

    2006/3/19(日) 午後 2:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ・・・と、言うことは、天然・・・?基本的な人格で・・?(笑)コレ?

    [ amai ]

    2006/3/20(月) 午前 0:09

    返信する
  • 顔アイコン

    以前、O嬢の物語を漫画にしたものを、持ってたのですが、引越しで手放してしまいました。今、残念に思います。この2冊のセレクト、素敵ですね!私も読んでみたいです♪

    viva

    2006/3/21(火) 午後 2:36

    返信する
  • 顔アイコン

    VIVA6X6さん、O嬢の物語の漫画というのは、大判の薄いハードカバーで二冊本のものでしょうか…?アスタルテさんかどこかで私も見たことがあるような…。上の2冊は新刊ですので、普通に本屋さんに並んでいます。

    ハル  +α

    2006/3/21(火) 午後 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    あ、amaiさん。これで、基本的な人格ですが…なにか?…(笑)

    ハル  +α

    2006/3/21(火) 午後 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    眠くてちゃんと読んでいませんでした。O嬢の物語の漫画は誰が描いてるんでしょうか〜気になりますね。ところでハルさんは…(聞いていいのかな?良くなかったら、ごまかしておいて下さい)純粋な京都人間なのですか?その…ノリが京都っぽくないので・・(笑)

    [ amai ]

    2006/3/23(木) 午前 2:28

    返信する
  • 純粋ではないです。詳しくは、バトンの書庫内の「地元バトン」を参照してください… http://blogs.yahoo.co.jp/yi3000/27184110.html ギド・クレパクス『O嬢の物語』の2冊本じゃないかと思います。アスタルテ書房においてありました。

    ハル  +α

    2006/3/23(木) 午後 8:11

    返信する
  • 顔アイコン

    かなり、納得しました。ありがとうございます。では、お風呂に入ります〜

    [ amai ]

    2006/3/24(金) 午前 2:16

    返信する
  • 顔アイコン

    amaiさん、うーん(笑)何に納得されたのか、あまり理解できていませんが…(笑)

    ハル  +α

    2006/3/24(金) 午前 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    そうです、そうです、薄いハードカバーの2冊本です!さすが、知ってらっしゃる!尊敬〜〜!

    viva

    2006/3/26(日) 午前 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    VIVA6X6さん、たまたまです。実は、このギド・クレパクスの本、高かったけど先ほど衝動買いしてしまいました(汗)まあ、このところ、古書を買っていないので、まあ、いいか…(笑)

    ハル  +α

    2006/3/26(日) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。ギド・クレパクスの2冊本、買われたのですか。うーん、買いたい時に買わないと駄目ですね。昔、隣川書店のカタログに載っていたのですが、高くて買えなかったです。う、羨ましい(笑)

    [ 遠い蒼空 ]

    2006/4/3(月) 午後 4:26

    返信する
  • 顔アイコン

    jyhs0114さん、はじめまして。私の買ったのはトレヴィルの2冊本ですが、臨川書店のカタログなら、もしかしてオリジナルのイタリア語版か仏語版ということでしょうか? それなら、いかにも高そう…。

    ハル  +α

    2006/4/3(月) 午後 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    仏語版です。手が出ませんでした。その後、絵入りではないのですが、ハードカバーの版を(安かったので)買って、読むのには却ってよかったと思います。気楽に扱えるので。

    [ 遠い蒼空 ]

    2006/4/4(火) 午後 5:03

    返信する
  • 顔アイコン

    性文学では、ジャン・ド・ベールの「イマージュ」も大好きです。これは小型本で短いので何度も読みました。

    [ 遠い蒼空 ]

    2006/4/7(金) 午後 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    jyhs0114さん、私もこのところ性文学中心の読書です。(BLあるいは耽美小説含む)性文学の優れたものを読んでいると、アレキサンドリアさんがおっしゃるように何か、まったりとしてくる感じがあって、何か癒しになるような気がします。スポーツみたいな性描写は駄目です。さわさわっていう感じがするものが良いですね。イマージュは不勉強でして…(汗)

    ハル  +α

    2006/4/8(土) 午後 8:24

    返信する
  • 顔アイコン

    元版のギド・クレパクス『O嬢の物語』欲しい…。物欲は衰えない…。

    ハル  +α

    2006/4/8(土) 午後 8:37

    返信する
  • 性欲は…衰えた…、というかフィクション程度で大丈夫なんですが…(笑)

    ハル  +α

    2006/4/8(土) 午後 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    食欲は…今も仕事中なのですが、昼飯抜きで頑張っています。あんまりお腹空かない…。

    ハル  +α

    2006/4/8(土) 午後 8:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事