ここから本文です
ココロが動く『きっかけ』を演出するエンタメメディア

書庫全体表示

ジャスティン・ビーバーが“お気に入りの動画だ”とツイートし、瞬く間に世界中に広がった「ピコ太郎」の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」。

イメージ 1
公式ホームページより

10月7日(金)より134ヵ国で配信開始されると、iTunes、LINE MUSIC、レコチョクなどの配信デイリーチャートで10冠を達成。翌日には日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」にシークレットゲストとして登場すると、国内外の情報番組やニュースサイトで軒並み取り上げられ、ついにはYouTube週間動画再生数で世界一(「YouTube Music Global Top 100」9/30〜10/6)を達成!ピコ太郎はTwitterで報告すると共に、祝福メッセージに「うれピコ」と喜びを表した。

イメージ 2
YouTube週間動画再生数で世界一

■「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」YouTube

「ピコ太郎」はお笑い芸人・古坂大魔王に激似ではあるものの、古坂大魔王がプロデュースを手掛ける、千葉県出身、53歳のシンガーソングライターで、血液型はA型。“ピコポップソング”を世の中に届けるべく、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の動画を自身のYouTubeにアップしたところ、シンプルなトラック+「ペン」「パイナップル」「アップル」の3語のみの意味不明なリリック+ゆるいパフォーマンスという一度耳にしたら離さない中毒性で、海外で“あのパンチパーマ&サングラス&豹柄&髭の男は誰だ!?”“MCハマーみたいな奴がクネクネ踊っているのは何だ!?”と話題を呼び、世界的ニュースメディア「CNN」「TIME」「BBC」などで紹介されると、世界中で真似する人たちが続出。まさかのジャスティン・ビーバーが“お気に入りの動画だ”とツイートしたことで爆発的なムーブメントを呼び起こした。

イメージ 3
公式Twitterより

広がる野望。「サマーソニック」や
「マディソンスクエアガーデン」でのライヴも視野に。

世界的な「ピコ太郎」ブームに、ピコ太郎自身「世の中どうかしてる」とコメントしたが、今後について「年末に向けて、できれば紅白も出たいですね。紫組とかも作ってもらってね、いやヒョウ組とかでもいいので、紅白に出たいです。紅白でも、サマソニでも、マディソンスクエアガーデンでもライヴをしたいです」という野望を語った。現在、所属レーベルの元には海外からライセンスオファーが殺到しており、締結に向けて急ピッチで進めているとのことで、世界的DJによるリミックスver.など続々と発表されることが予想されており、野望は現実になりそうな勢いだ。また、10月14日(金)にテレビ朝日「MUSIC SATION」Mトピのコーナーで、世界デビュー後、地上波初のパフォーマンスを予定している。

現在公式ホームページでは、ピコ太郎があなたの街にやってきて一緒に歌って踊れるという、夢のような出張企画が実施中だ(http://avex-management.jp/media/detail/160923_2846/)。
更に、10月18日(火)より全国の通信カラオケDAMでの配信が予定されており、30日(日)には本人映像と歌声をカラオケでそのまま楽しめる「まま音」をLIVE DAM STADIUM限定で配信予定。年末の忘年会シーズンも「ピコ太郎」&「PPAP」旋風が巻き起こる!?

その衝撃はさらなるインパクトを生み出すはず。「ピコ太郎」「PPAP」をぜひ体感してみて欲しい。

■ピコ太郎オフィシャルサイト

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事