ここから本文です
ココロが動く『きっかけ』を演出するエンタメメディア

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
6月19日に音楽デビュー20周年記念オリジナルアルバム『20th -Grown Boy-』を発売、そのアルバムを引っさげて、デビュー記念日の7月7日から全国ツアー『Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 〜20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour〜』を開催する藤木直人さんにアルバム制作秘話やライブツアーの見どころなどについて、お話をお聞きしました。ぜひ映像をご覧ください!


映像に収められた貴重なインタビューの中から、一部をご紹介します!!

イメージ 2
CDデビュー20周年となりますが、変化したことなどありますか?
俳優同様に音楽もその都度、手探りな感じでした。もともとギターは好きで、特にバンドをやっていたわけではないけどBOØWYに憧れて高校二年生のときから弾いていたので、最初の頃はやっぱりバンドとして成功したいという思いもありました。でも俳優としても多くの仕事がある中で、いろいろなきっかけで自分の音楽の形も変わっていく。ピアノに挑戦してみたり、ミュージックビデオがきっかけで、ライブにダンサーを入れて、自分も一緒に踊ったり…。きっとデビュー前の自分には想像もつかなかったでしょうね。
アルバム『20th -Grown Boy-』は、どんなものにしようと考えていましたか?
デビュー当初は寺岡呼人さんのプロデュースで世界観を作ってもらって、その後シライシ紗トリさんとタッグを組んで作品を作ってきました。そんな中でもっといろいろな人とやってみたらって話になって。これまでたくさんの方に曲を書いていただいたんですけど、僕にとって大事な曲や、ファンにとっても大事な曲を書いてくださった方々とこのアルバムを作りたかったし、その一方でせっかくの20周年記念のアルバムなので、今まで書いてもらったことのない方ともやってみたいと考えていました。

事務所の後輩でもある、いきものがかりの水野良樹君に先輩風を吹かせて(笑)書いてもらった「プライド」やGLAYのTAKUROさんに書いていただいた「WANDERLUST」などはそうです。GLAYのTAKUROさんは昔から知り合いだったんですがお仕事ではご一緒したことはなくて、今回思い切ってお願いしたら快く引き受けていただいて。すごく豪華な作家陣になったと思います。
イメージ 3
アルバム制作時のエピソードなどありますか?
TAKUROさんに書いていただいた「WANDERLUST」は仮歌を入れるときに、僕のキーでは低過ぎたので、その場でTAKUROさんが、こんなのどう? ってメロディーをどんどん変えてくださったりして、そういう作業の中で、自分の曲になっていく印象がありました。
『LOVE!』はファンクラブの方々からフレーズを募って曲を作り上げたそうですね。
水野君と打ち合わせをしにラジオ局に行ったときに、(ラジオ局に)たまたま僕とディレクターが一緒の阿部真央さんがいらっしゃっていて、ご挨拶をしたときに彼女のCDをいただいたんですが、その中に阿部さんがファンクラブ・イベントでファンからもらった言葉を使って即興で作った曲が収録されていたんです。なんて素敵なアイデアなんだろうって、オマージュしました(笑)

僕の場合はその場でではなくフレーズをいただいてから作っていこうと。その直後に自分のファンクラブ・イベントがあったので、みなさんにフレーズをもらうことにしたんです。ただ全部で(ファンクラブ・イベントが)10公演、その後オフィシャル・サイトでも募集したので、膨大な数の言葉が集まってしまって、これをどうやって1曲にまとめようか!? と。でもその中のすてきな言葉から引っ張られてメロディーが浮かんできたという感じです。

普段自分で曲を作るときは、基本はメロディーを最初に作るので、言葉が先にあって、しかもたくさんのフレーズから選んでパズルのように並べていくという作業は面白かったです。もちろん切り貼りはしましたけど、いただいた言葉は変えたくなかったので、なるべく忠実にそのまま使うようにしました。
イメージ 4
今回のアルバムの中で、ご自身でギターを弾かれた曲などはありますか?
普段はレコーディングに関してプロに任せていて、僕はライブでその曲を好きに弾くだけなんですが(笑)、今回はディレクターに呼人さんの曲でギター弾くのどうですか? と提案されたので、イントロなどのテーマとギターソロは自分で弾きました。ギターソロは普段ならレコーディングされたものをコピーするんですが、自分でギターソロのフレージングもするということで、めちゃめちゃプレッシャーでした。
そして『20th -Grown Boy-』を引っさげてのツアーが始まりますが、どんなライブになりそうでしょう?
デビューしたときには想像できなかったんですが、いろいろなことがきっかけで、ホーン(管楽器)に参加してもらったり、ギター以外の楽器にチャレンジしたり、ダンサーを入れて踊るようになったりしました。今までの20年を振り返って集大成じゃないけど、そういうものをなるべく詰め込んだライブにしたいなとは思っています。それもあって前回のツアーはバンドだけでライブハウスをまわりたいというのもあったし、そこで演らなかった曲は今度の20周年のツアー用に取っておいたつもりです。

ただ、久々のフル・アルバムの制作で作家陣一人ひとりと向き合って作っていたら、やっぱり思い入れも出てきてしまって…。今まではアルバムの中からライブのコンセプトや演出に合う曲をピックアップしていたんですけど、今回のアルバムは選び切れないし、全部演らないとダメかなって。もちろん既存の曲もあるし、それをどうやって流れよく見せようかと悩んでいます。
イメージ 5
今回のライブの見どころを教えてください。
長年応援してきてくれている人たちのツボは外さないつもりでいます(笑)。加えてニュー・アルバムの曲は基本的には全部演るつもりでいるので、それは聴き込んできてほしいな。ツアー・ファイナルの河口湖のステラシアターは壁や天井が開く野外のような雰囲気だそうです。自分がやった野外でのライブは2004年の富士急以来なので、野外ならではの演出ができると良いなと思っています。自分自身も単純に楽しみです。

バンドで音を出してみんなと作りあげる空間に期待している一方で、ピアノをちゃんと習っていたわけでもないのに、セットリストにピアノの曲がけっこうあって、間違えずに弾けるかなって…。トランペットをやっていたので、単音のト音記号の譜面はわかるんですが、和音とヘ音記号が弱くて、楽譜をおいても読めないので、丸暗記するしかないじゃないですか? どこかでつまずいたら、戻ってこられないなって(笑)いまからプレッシャーです。
イメージ 6

イメージ 7
ライター:西沢文孝
動画・写真撮影:ジュノー株式会社

【公演概要】
Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!Tour

<日時>
2019/7/7(日)東広島芸術文化ホールくらら 大ホール 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/7/14(日)倉敷市芸文館 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/7/15(月・祝)福岡国際会議場 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/7/18(木)豊洲PIT 開場 17:45 / 開演 18:30
2019/7/19(金)豊洲PIT 開場 17:45 / 開演 18:30
2019/7/27(土)名古屋市公会堂 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/7/28(日)NHK大阪ホール 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/8/2(金)札幌共済ホール 開場 17:45 / 開演 18:30
2019/8/4(日)仙台PIT 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/8/18(日)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場 開場 16:45 / 開演 17:30
2019/8/31(土)河口湖ステラシアター 開場 16:30 / 開演 17:30

<チケット代金>
8,500円(税込)
※豊洲PIT、仙台PITのみ当日ドリンク代別途必要
※3歳未満入場不可、小学生以上チケット必要

Yahoo!チケットにてチケット好評販売中
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00004027/

藤木直人

1972年7月19日生まれ。千葉県出身。早稲田大学理工学部情報学科卒。
在学中に東映映画「花より男子」花沢類役に抜擢され、95年デビュー
原作漫画から抜け出したような甘いルックスが話題に。

その後も、NHK朝の連続テレビ小説「あすか」やフジテレビ系「ナースのお仕事」シリーズ、「Love Revolution」などに出演し注目を集め、日本テレビ系「ギャルサー」、「ホタルノヒカリ」、TBS系「高校教師」、「Around40 〜注文の多いオンナたち〜」、テレビ朝日系「夜行の階段」、映画「g@me」、「20世紀少年(第2,3章)」など数多くの話題作へ出演。
2008年には舞台「冬の絵空」で初舞台も踏み、その活動の幅を広げる。近年の出演作にフジテレビ系「FINAL CUT」「グッド・ドクター」、日本テレビ系「イノセンス〜冤罪弁護士〜」、ディズニー/ピクサー「リメンバー・ミー」(声の出演)など。現在NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」にヒロインの育ての父・柴田剛男役で出演中。

また、役者活動と並行して音楽活動を本格的に開始し、99年7月7日「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビュー。
その後も精力的に活動し、全国ツアーでのライブ本数は200本以上を数える。
2006年、2007年には2年連続で武道館での単独ライブも行った。

【プレゼント】

Yahoo!チケット公式Twitterアカウント(@yahootickets)をフォローし、対象のツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名様に、サイン入りポスターをプレゼント! ぜひご応募ください!

■応募規約
▽賞品・当選者数▽
・藤木直人サイン入りポスター 1名様
 
▽応募期間▽
2019年6月28日(金)〜2019年7月4日(木)

▽応募対象者・応募方法▽
Yahoo!チケット公式Twitterアカウント(@yahootickets)をフォローし、対象のツイートをRTしていただいた方

 ▽当選発表▽
キャンペーン期間終了後、厳正なる抽選のうえ、当選者を決定します。当選者にTwitterのDMで賞品受取用フォームをご連絡いたします。所定の期間内に賞品受け取りの手続きをおこなってください。
※期間内に情報を入力いただけない場合、当選が無効となります。

▽応募上のご注意▽
当選者の方にはキャンペーン終了後、Yahoo!チケット公式TwitterのDMよりご連絡をさせていただきますので、Yahoo!チケット公式Twitterのフォローを外さないようお願いいたします。賞品の発送は、2019年7月下旬以降を予定しています。(多少前後する場合もあります)
※ご応募、登録内容に虚偽の記載があった場合は、応募資格・当選資格を取り消すなど、キャンペーン適用対象外となる場合があります。
※キャンペーンへのご応募は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。また、賞品のお届け先は日本国内のみとさせていただきます。ご住所・郵便番号・電話番号などに不備がある場合、賞品を発送できないことがあります。正確にご入力ください。応募受理のご確認および抽選・当選結果に関するお問い合わせにはお答えできません。

▽個人情報について▽
お客様からお知らせいただいた送付先などの個人情報は、ヤフー株式会社が取得し、プライバシーポリシーに従って取り扱います。

▽賞品に関するご注意▽

賞品の交換・返却・修理などはお受けできません。また、有償無償を問わず他人に譲渡はできません。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事