むかし野菜の邑のブログ「今週の配送野菜」

ホームページもご覧下さい ⇒ http://www.mukashi-yasai.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今週の野菜

2019.6.17(月曜日)晴れ、最高温度28度、最低温度19度

イメージ 1
           農業セミナーを挟んで、料理体験会を実施

 最初は、慣行(近代)栽培、有機栽培、自然農、自然栽培(当農園)の違いを紹介。
窒素過多による栽培に潜む硝酸態窒素(毒素)の怖さ、低窒素栽培による完熟野菜のできる仕組み(植物の生理)、農産物だけではなく加工品に使われている3,600
種類以上の添加物、それらの人の体に及ぼす複合汚染の危険性、などを科学的に説明しました。
最後は、これは誰が悪いのでしょう?と皆様に振ってみました。
農園主の結論としては、自らの健康は自分で守らなければならない。となると、国が悪い、生産者が悪い、流通が悪いのではなく、結局は消費者が悪いと申し上げた。

イメージ 3
ハーブを使って、鳥の臭み・油を落とすのにタイム・にんにくをオリーブ油を絡めて、
オーブンで焼きました。付け合わせ野菜はズッキーニと玉葱でした。


イメージ 2

と言うことで、みんなで作った今日の農園ランチのメニューは、じゃがいものチーズ焼き・キャベツのコールスロー・サラダセットの盛り合わせ・人参葉の掻き揚げ・
ビーツのマリネなどでした。
農園ランチのコンセプトは、如何に素早く、手抜きをして、素材を活かした美味しい料理を作るかと言うことでした。
忘れるところでした。今日の料理体験会に合わせて北九州のパン屋さんに自然栽培で生産した古代小麦・中力小麦などの全粒粉のハードパンを頼んでおりましたが、そちらのパン屋さんが失念していたため、急遽、同じ材料で、素人の手作りパンを焼きました。
皆様、待ち遠しかったようで、あっという間に料理は完食でした。
皆様、楽しかったようです。

(今週の野菜)

イメージ 4

人参; 朱・黄・赤の三色の人参、葉っぱは掻き揚げなどで食べてくださいね。


イメージ 5

ズッキーニ;青と黄。これから初夏の定番の野菜となります。

イメージ 6

春キャベツ;ほとんどがこの雨で鉢割れてしまいました。ぎっしりと実が詰まり、
        美味しさの証明です。よろしくお願いいたします。 

イメージ 7

いんげん豆; インゲンの王様と言われる成平と言う品種です。
         揚げ物・お浸し・煮物・炒め、何でも美味しいです。


イメージ 8

ブロッコリー; この時季のものは、進みが早いです。早めに食べてください。

イメージ 9

紫キャベツ; キャベツとは言っても、食感・味は全くの別物です。
         生野菜・酢漬けが適しております。

イメージ 10

ビーツ; 春定番の野菜ですが、今年は初夏にもできました。

イメージ 11

赤玉葱; 生食・酢漬け・焼き野菜に適しております。中まで赤いです。

(その他野菜)

イメージ 12

胡瓜とトマト; 夏野菜がぼちぼち採れ始めました。

葉野菜・じゃがいも・玉葱・エシャロット・大根・漬物・野菜饅頭・麦茶・わかめなどが
入ります。

イメージ 13

一緒に訪れた子供さん達も料理体験に参加。この真剣な顔つきは未来の料理人!


今週の野菜

2019.6.10(月曜日)晴れ、最高温度26度、最低温度19度

イメージ 1
                   麦物語のインタビュー

 6月6日、由布市庄内の麦の刈り取りに合わせて、九州朝日放送のテレビクルーが来園。農園の竹内・後藤がインタビューを受ける。
毎年、夏の暑い盛り、今年は、8月4日(日曜日)博多駅前にて祭典が催される。
今回は、熊本の粗飼料(草)で育てた赤牛のステーキの薄切りとパンをサンドし、
そのイベントへの出店を行うことになっている。
その際、むかし野菜の邑の小麦と古代小麦のブレンドした粉を使って、北九州のパン屋さんがハード系のパンを焼いてくれることになった。
テーマは、「未来へ残したい食材」と言うことらしい。

実際にうちの小麦粉等を使って、パンを焼いてみると、麦の味と香りが際立って引き立つ。パンに麦の味香りがすることは実に驚きであった。
農園の自然栽培の麦作りも5年目を迎えている。(実際は初年度はほとんど失敗であったが)土が育ってきたのであろう。年々美味しくなってきている。

イメージ 2


農園は、春野菜が少なくなってきており、夏野菜への移行時季に辺り、端境期を迎えている。今週からは、徐々に夏野菜が出始める予定です。


(今週の野菜)

イメージ 3

インゲン豆; 初夏野菜です。これから7月下旬頃までが最盛期です。
         成平と言う品種で、インゲンの王様です。
         お浸し・天ぷら・煮物・炒め物何でも合います。

イメージ 4

ズッキーニ; 炒め物・フライ・焼き野菜など、味を染み込ませて食べる食材です。

イメージ 5

ビーツ; じゃがいも・玉葱・キャベツなどとボルシチ(煮込みスープ)
      丸ごと1時間ほど煮込み、スライスして酢漬けにしておくと、常備菜として
      食卓を彩ってくれます。
      
イメージ 6

半結球レタス; シャキシャキとした食感です。炒め物・レタス炒飯なども。

イメージ 7

人参; 葉っぱも美味しいです。硬い軸は外して葉の部位を玉葱などと共に掻き揚げ
     にしてください。

イメージ 8

春キャベツ; 歯切れの良い食感です。あまり長く炒めたり、煮込んだりしないでくだ
         さい。

イメージ 9

野菜饅頭; キャベツなどの野菜の具の味が最初に来ます。その後、皮の味香りが
        襲ってきます。質量が高く、一つでも腹持ちが良いようです。


(その他野菜)

玉葱・じゃがいも・サラダセット・漬物(たくあん)・アスパラ・大根・麦御飯セット・麦茶
九条葱・島らっきょ・その他夏野菜が少々入ります。


今週の野菜

2019.6.3(月曜日)晴れ、最高温度28度、最低温度18度

イメージ 1
                        ビーツ

 鮮やかな赤色の茎を覗かせているビーツ。
気候に合ったのか、来週辺りには、出荷ができるかもしれない。
新じゃが・新玉と合わせてボルシチかな。梅雨入り間近の少し肌寒い気候には良いかもしれませんね。

イメージ 2

トマトが旺盛な成長を見せ始めている。茂り過ぎて、重なった葉っぱを落とし、芽を掻き、支柱に誘引しながら樹勢を整えている。
今年は、6月中旬頃から出荷が見込めそうな勢いです。但、梅雨時季が重なり、腐れやひび割れが心配です。

(今週の野菜)

イメージ 3

島らっきょ; この時季に出る珍味です。3年がかりで増やしてきました。3年前、
全滅状態になり、ようやく復活しました。
塩漬けにしたり、炒めたり、揚げたりして食べます。年に一回しか出荷できません。

イメージ 4

ズッキーニ; ようやく出揃いました。初夏の味覚です。これから7月中旬頃まで、
         出荷が見込めます。
         茄子科ですが、ほのかな甘みがあり、癖がないため、様々な調理に
         向きます。味を染み込ませて頂く野菜です。工夫してみてください。

イメージ 5

キャベツ; この時季、肥大して破球したり、青虫・夜登虫により穴だらけになったり、
       受難の季節となっております。満足のいく状態のものは無いと言っても
       過言ではありません。それでも柔らかく、味は乗っております。

イメージ 6

コールラビ; 別名蕪キャベツです。これも破球するか虫が食うか、それとも人が喰う
         かと言った時季です。皮はやや固くなっており、剥いて食べてください
         スープ・炒めなどが良いでしょう。

イメージ 7

ブロッコリー; 続いており申し訳ありません。この時季のものは進みが早く、早めに  
         食べてください。

イメージ 8

レタス系; 害虫も多い時季ですが、奇跡的に生き残っております。
       春レタス系は、柔らかいのが特徴です。

イメージ 9

春白菜; 今週で終わります。この時季、ここまで育つとは奇跡でした。

イメージ 10

麦茶; 裸麦を焙煎し、麦茶にしました。味香り豊かです。
    ヤカンや鍋で煮出します。一晩置くと、ふくよかな香りの漂う麦茶が出来ます


(その他野菜)

赤玉葱・玉葱・じゃがいも・青梗菜・小松菜・サラダセット・大根(最後です)・カリフラワー・アスパラなどが入ります。

来週は人参・にんにく・麦ご飯セットが入ります。


今週の野菜

2019.5.27(月曜日)雲り、最高温度26度、最低温度17度

イメージ 1
                   今年最初の麦刈り

 先ずは、挟間町古市の約4反の麦刈りを行った。ここには、古代小麦・裸麦を植えている。今日、乾燥機に掛けて、明日はトウミを通し、殻を飛ばす。
早ければ来週から麦茶をお届け致します。
麦を刈り取っていたら、近所の農家の方から声を掛けられ、少し裸麦をくれないか、との申し出があった。
聞くと、「最近はどこの農家も裸麦を作っていない。麦茶は何と言っても裸麦だから」
と答えた。むかしの方はよく知っておられる。

市販の麦茶は、かなり焦がして、細かく砕き、パックに入れて売られている。
当然に、除草剤・化学肥料で生産されたものであり、味香りは薄い。
むかし野菜の邑の麦茶は、除草剤は使わず、草木堆肥(低窒素)で育てているため、味は良く、麦の独特の芳香がする味わいのあるものになる。

イメージ 2

 今年は早くもトマトがなり始めている。先ずは、6月中旬頃からフルーツトマトの
出荷が始まる。

イメージ 3

 トマトの初期設定作業をようやく終えた。
太陽に向かって斜め45度に傾けて剪定誘引作業を行う。この後、太い竹の支柱を立て、黒ビニールを張り巡らせる。こうすることによって、強い風でも倒れず、一本の枝が最大5メートルまで伸ばすことが出来る。シーズン中、剪定誘引作業は延々と続くことになる。

イメージ 4

 じゃがいも堀りが始まろうとしている。(5番の圃場)
花が咲き終え、3週間ほどすると、収穫適期となる。枝が横に寝始めたので、来週から新じゃがいもの出荷を迎える。

(今週の野菜)

イメージ 5

白菜; この時季、白菜がある。数年前一度春白菜(やや巻いたものですが)が成功したことがある。その当時よりも巻きが良く、正しく奇跡の白菜となった。
柔らかく美味しい。季節外れの鍋やすき焼きは如何でしょうか?大根と一緒に・・

イメージ 6

空豆; 今年最後の空豆です。殻毎、コンロに掛けてこんがりと焼き、剥いて食べる。
     最高の味でした。塩茹でも良いです。パスタや焼き野菜や煮物野菜に入れ
     たらおしゃれでしょうね。

イメージ 7

コールラビ; 蕪キャベツ。皮は剥いた方が食べやすいでしょうが、煮込みの場合は
         そのままでも良いですよ。炒め物・チンしてサラダに、工夫して食べて
         下さい。

イメージ 8

春キャベツ; 青虫やら夜登虫やら、虫が、兎に角、一杯付きます。
         早く食べねば葉っぱが無くなってしまいます。柔らかく美味しい。

イメージ 9

赤玉葱; 幅二間(360センチ)の軒下に吊しております。中まで赤いです。


(その他野菜)

玉葱・青梗菜・小松菜・大根・蕪・赤蕪・カリフラワー・ブロッコリー・レタス系・サラダセット・漬物などが入ります。

予告;

来週は、3年ほど種を残すため、増やし続けていた島らっきょの出荷の予定にしております。その後、来来週頃から、人参の出荷が始まります。

イメージ 10

ズッキーニができはじめました。来週から少しずつ出荷が始まります。

イメージ 11

空豆が終わり、2〜3週間程すると、初夏の王様、インゲン豆が出始めます。


今週の野菜

2019.5.20(月曜日)雨、最高温度21度、最低温度17度

イメージ 1
                 麦畑が黄金色に染まりました

 先週の麦畑から一週間でこんなに色付きました。
今週末には収穫になります。
この圃場は、裸麦です。この麦と古代小麦を併せて麦ご飯セットができます。
また、裸麦を焙煎し、麦茶も作ります。
それから二週間後には、小麦の収穫時期になります。

麦畑の前に立つと、なんだかうっすらと涙が出てきたり、うっとりと眺めてしまったり、
やはり命の糧なのでしょう。農耕民族の血が騒ぎます。
まして、除草剤も使わず、ノン化学物質の草木堆肥で育てた全国にも無いむかしの
農法の麦です。

イメージ 2
                      キャベツの畝

写真だと分かり難いでしょうか、キャベツは外葉を落として、芯の部位を出荷しています。この葉っぱの上に蝶々が飛んでいるのが分かりましょうか。
中々、写真に収めるのが難しいのですが、それこそ、この時季、蝶々が乱舞しております。
当然に青虫が大量発生し、葉っぱを食い尽くします。加えて地中に潜む夜登虫がキャベツの芯に食い込みます。
本日出荷するキャベツの中には、ひょっとして潜んでいるかもしれませんよ。
人が食べるか、虫が食べるか、正に競争となります。
大の虫嫌いの次女がキャベツを包んでおり、キャーキャーと、泣きながら発送をしております。

(今週の野菜)

イメージ 3

ブロッコリー; 虫が付く前の良い状態です。

イメージ 4

空豆; 殻から外し、塩茹で、皮はすでに固いです。そのままコンロに掛けて焼き
     剥いて食べるなどです。パスタなども良いのでは。

イメージ 5

ミニカリフラワー; 独特の食感です。味はしっかりとします。

イメージ 6

葉野菜&レタス系; 青梗菜・小松菜・リーフレタス

イメージ 7

中蕪; 表面に線虫の這った痕があります。硬い場合は、剥いてください。

イメージ 8

スナップエンドウ; 虫が入り始めました。今週の終わりになります。

(その他野菜)

玉葱・大根・サラダセット・キャベツ・白菜・干物・漬物・月一の方には白菜が入ります

イメージ 9
                   ズッキーニの一番果

2〜3週間すると収穫期になります。

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事