むかし野菜の邑のブログ「今週の配送野菜」

ホームページもご覧下さい ⇒ http://www.mukashi-yasai.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

今週の野菜

30.9.3(月曜日)晴れ、最高温度34度、最低温度26度

イメージ 1
                 農園に10番目の孫が誕生

 誇らしげに乳児(男子)を見つめる後藤君(研修終了一期生)の奥様。
彼女はむかし野菜の邑の一員でもある。
この子は、これから農園でスタッフ一同に囲まれ、育っていくことになる。
新しい命は、皆の顔を明るくする。逞しく育っていって欲しい。

イメージ 2
イメージ 3










ニラに白い花が咲く。              今秋、初めての種蒔き。
清楚な花ではあるが、刈り取って       サラダセット・小松菜・青梗菜など
新たな葉っぱを付けさせねばならない。   の葉物野菜。害虫や暑さに負けなけれ               
                            ばよいのだが・・・

ようやく酷暑は去るのか・・・と思っていたら、今日の日差しも思いの他強く、収穫・農作業をしていると、ぼーっとしてしまいそうな暑さではある。
待望の雨も降り、これから一雨一雨、涼しくなってくれればと願うしか無い。

農園では、9月中旬頃になると、金時生姜・カボス・栗・さつまいも・里芋と初秋の味覚が出始める。夏野菜にもかなり飽いた頃と思いますが、もう少しご辛抱下さい。

(今秋の野菜)

イメージ 4
三色長茄子

白・紫・緑とあり、それぞれにも個性がありますが、クリーミーです。
素揚げや天ぷらにするとよく分かります。
紫は終わりに近づいており、白及び緑は
10月初旬頃までは残ります。




イメージ 5
ピーマン

これからは赤色に染まり、甘いのですが
緑のピーマンのようにパンチはないようですね。
これからやや涼しくなってくると、ピーマンの味はより濃くなってきます。
同じピーマンでも季節によって味も変っていきます。


イメージ 6
蔓紫(緑)
別名、夏ほうれん草

葉っぱは葉緑素一杯です。やや癖がありますが、夏場に貴重な葉野菜です。
天ぷらも美味しいです。
蔓の部位は癖が無く、さっと湯がいて
ポン酢・甘酢で食べて下さい。



イメージ 7
イメージ 8










紫蘇・青とうがらし・小葱の薬味セット
イメージ 9

青とうがらしは、辛いです。一家族で
一本で充分です。
但し、香りはこの品種は格別に優れており
癖になります。
小さな子供さんはご遠慮下さい。





イメージ 10
パプリカ

通常、パプリカはハウス栽培です。
酷暑・少量の雨や虫食いの痕などで、
傷みやすく、露地栽培には向きません。

それでも露地ものの味や色合いは捨てがたく、露地ものを中心にしております。

(梨の話)

当グループの代表を務めて頂いている平野さんが生産しております。
完全に自然農栽培です。虫取りには梨酢を作り、ペットボトルに入れて虫を呼び、
駆除しております。
小ぶりですが、重量はあり、農薬をはじめ、化学肥料及びホルモン剤は使っていないからです。
そのため、虫喰いの痕があったり、傷みやすいです。
ここにきて、お客様の評判を呼び始めております。
まさしく、奇跡の梨です。ついでに奇跡の野菜でもあるのですが・・・


(その他野菜)

万願寺及び伏見とうがらし・麦茶・粕漬け・茄子・胡瓜・空心菜・玉葱・じゃがいも・
赤玉葱・ゴーヤ・梨・アスパラ・パプリカなどが入ります。


今週の野菜

30.8.27(月曜日)晴れ、最高温度34度、最低温度27度

イメージ 1
                      農園ランチ

 この日は、週一に出荷作業を手伝ってくれている農園スタッフのお手製のピザで
リッチなランチを頂く。野菜やトマトピューレなどは全て農園産。
一番人気は、ガスオーブンで焼いた茄子のピザでした。
スタッフ一同、アンコールの連呼!だから、さあー大変。

イメージ 2
金時生姜を入れる
予定でしたが、
余りにも雨が少なく
生姜に張りが無く、
今週は見送りました。
申し訳ありません。

生姜はやはり水生植物ですね。






本日、北九州(パン屋さん)からご家族4人で夏休み最後の体験と言うことで、農園を訪れてこられた。
茄子などの袋詰めなどを手伝ってもらい、農園のトマトを使ったハヤシライスを食べて、収穫体験とトラクターでの耕耘を体験。緊張した顔で運転していた。
楽しかったのか?それでも、少し慣れたら、自ら作動を覚えて、見事に操縦をこなしていた。このようにして、子供は逞しく育ち、大人になっていく。
帰りには野菜のおみやげや小麦を持ち帰った。これは、パンの発酵種にするため。
草木堆肥で育った自然農の小麦は力強い種となり、香しいパンとなることだろう。
さらなる評判を得て、繁盛してくれることを祈る。

(今週の野菜)
と言うことで、野菜の写真をあまり撮ることができず、皆様には申し訳ありません。

イメージ 3
自家焙煎の麦茶

市販の物は砕いておりますので、早くエキスが出ますが、丸のままなので、煮沸した後に一晩寝かしてください

ゆっくりと味香りが出てきます。




イメージ 4
粕漬け
写真上の方は、白瓜の粕漬けです。最近
高価に成ってしまった
粕と、手間の塊のため、やや価格が張ってしまいます。そのため、回数多くは出荷できません。

下の方は、二番粕の茄子の粕漬けです。
そのため、やや安価に
できます。

瓜の粕漬けは大分県の宇佐地方でむかしから作り続けてこられた郷土の漬物です
青い段階で食べるので、瓜の青漬けと呼んでおります。
とあるご夫婦のお話ですが、この青瓜の粕漬けで夫婦喧嘩が起こったそうです。
冷蔵庫に保管してあると、ご主人がつまみ食いして、こそっと、自分より一切れ多く食べた、とのこと。どうぞご夫婦円満にお過ごしください。

イメージ 5
イメージ 6










黒陽茄子                     三色茄子

今年は雨も少ないのに、茄子の当たり年です。
瀕死の重傷であった茄子類が、懸命の手当てと台風のおかげで蘇り、全ての茄子の畝が見事に復活し、御覧の通り、夏の最盛期を迎えております。
様々な調理方法でピーマンと同じく、工夫して召し上がってください。

イメージ 7

空心菜

南方系の葉野菜です
暑い夏に貴重な葉物野菜です。

炒めて食べる以外に
ご提案できないのですが、何か良い調理方法はありませんでしょうか?



イメージ 8
イメージ 9










梨(豊水)                     露地ニラ
自然農の梨です。味は濃く、重量が
あります。ホルモン剤に漬け込んだ
大ぶりの梨とは味の濃さと旨味が
違います。


(その他野菜)

ピーマン・パプリカ・アスパラ・万願寺及び伏見とうがらし・じゃがいも・赤玉葱・胡瓜
オクラ・ゴーヤ・南瓜などが入ります。

今週の野菜

30.8.20(月曜日)曇り、最高温度34度、最低温度25度

イメージ 1
           夏の終わりに熟れたトマトがポツンと一つ

 あれだけ過酷な暑い暑い夏もようやく終わりに近づいている。
夜にもなると、涼しさを感じるようになり、眠れない日々は解消されてきた。それでも体は疲れに疲れて、相当にへばっている。こう言う時に注意が必要になる。
トマトも収量が激減し、割れや害虫の発生が出始めて腐れが出ている。全員へお送りすることもできなくなっている。

 畑の主役は、茄子・ピーマン系になっており、時折、南瓜・金時生姜・ニラなどが混じる。今後は溜め込んだトマトソース・漬物・穀類やじゃがいも・玉葱などと一緒にお送りいたします。
育苗ハウスでは、秋胡瓜・秋南瓜の他に、キャベツ・ブロッコリー・白菜などの秋冬野菜の種蒔き(育苗トレイ)が始まっている。
9月中旬になると、また、このまま涼しくなってくれると、人参・大根・葉物野菜などの直播が始まる。今年の初秋はどのような気候になっているのやら・・・

季節は毎年変わっているのに、同じ季節は無い。農園を始めてから、特に自然の移り変わりと野菜作りに接してから、もののあわれを感じるようになってきた。
早く終わってほしいと思っていた酷暑から解放されつつあるのに、夏の終わりに、何故か、もの寂しさを感じる。


(今週の野菜)

イメージ 2
南瓜

カット野菜として出荷します。

今年は、直射日光が強すぎて、また、雨も少なく、南瓜の発育が悪く、かつ、日焼けして腐ったりして、全滅した圃場も多い。




イメージ 3
イメージ 4










露地ニラ                     蔓紫

イメージ 5
イメージ 6










黒陽茄子                     加茂茄子

イメージ 7
イメージ 8










各種パプリカ
ハウスものとは異なり、やはり露地ものは色鮮やかで味が濃い。

イメージ 9
イメージ 10










ピーマン                      赤玉葱

(その他野菜)

万願寺及び伏見とうがらし・じゃがいも・玉葱・ゴーヤ・空心菜・アスパラ・三色茄子
漬物などが入ります。

来週から、金時生姜が入ります。


今週の野菜

30.8.13(月曜日)晴れ、最高温度37度、最低温度27度

イメージ 1


イメージ 2茄子の本格出荷始まる。

今は旺盛に茂っている茄子ですが、一時は全滅の危機に陥っていた。
梅雨時期の集中豪雨とその後に来た乾期により、土はかちかちに固まり、根が呼吸できない状態と成長期に水が無い。
追い打ちを掛けるように、十星テントウムシ(害虫)が異常発生し、葉っぱがみな茶色く枯れていく。

葉っぱ一枚一枚をめくり、害虫を潰し、草木堆肥を追肥しながら、除草と同時に、
畝下の中耕をし、根に酸素を入れてやる。
幸いだったのは、迷走した台風による待望の雨が25日ぶりに降り、茄子が蘇ってくれた。
昔ながらの黒陽茄子・賀茂茄子、そして、三色茄子・水茄子の4種類全てが復活し
写真のように鈴生り状態となっている。
先ずは、第一陣の夏野菜としての茄子が最盛期を迎えつつあり、9月中旬頃まで続く。一休みして、剪定後、今度は秋茄子に移っていき、10月下旬頃まで続く。
11月になると、成長は止まり、嫁に食わすなと言われる落ち茄子で終わる。

茄子の料理は用途が広く、丸ごとの焼き茄子・輪切りにして焼き野菜・短冊切りにして炒め野菜・てんぷら・煮びたし・味噌炒め・麻婆茄子などに、私は茄子とジャガイモの味噌汁が好きで、食欲の乏しいときに、冷や汁にしてご飯にぶっかけたり、残り素麺を入れて食すのも好きですね。

夏はピーマン系・茄子系・ゴーヤなどの夏野菜で命を繋いで、このとんでもない暑さを乗り切っていきましょう。

(今週の野菜)

イメージ 3
イメージ 4










黒陽茄子                     紫・白茄子

イメージ 5
イメージ 6










白瓜                        一口甘瓜

胡瓜の代替として、酢漬け・瓜もみ・小口  ミニプリンスメロン系の果物です。
切りにして炒め物などに使います。

イメージ 7
イメージ 8










露地ニラ                      空心菜

イメージ 9
梨(自然農)

新水という小さな品種
甘さと旨味が特徴です

今年は、カメムシ対策がうまくいったようで、
例年の1.5倍の収量があったようです。

数多い品種のある梨
の中で、真っ先に出てくるものです。


(その他野菜)

ピーマン・伏見及び万願寺とうがらし・じゃがいも・人参・アスパラ・胡瓜・ゴーヤ・
赤玉葱・玉葱・パプリカなどが入ります。


今週の野菜

30.8.6(月曜日)晴れ、最高温度37度、最低温度27度

イメージ 1
          ピーマン系夏野菜、本格的出荷が始まる

 夏場は、地温45度の世界では、葉物野菜はみな、一様に溶けて育たない。
替わりに、薄い皮膜を被り、暑い日差しから自分を守る実物野菜が主流となる。
その代表がピーマンであり、万願寺・伏見とうがらしであり、パプリカなどです。
これから9月下旬頃までは、これらの夏野菜しか育たない。
ピーマン地獄と我々は呼んでおります。
皆様にもこれを強いるしか無いので、覚悟しておいてください。

勿論、私たちも、お届けする野菜が単調にならないように、様々に目先を変えて努力はしております。
葉物類では、今週お届けする空心菜や前週の蔓紫、紫蘇と小葱、バジルなどがあり
根菜類では、南瓜・人参・じゃがいもがあり、玉葱・赤玉葱・にんにくなどもあります。

トマトは、この時季、虫が入り、暑すぎて成長が止まったり、ひび割れております。
胡瓜はかわいそうにこれも余りの酷暑に萎れております。

(今週の野菜)

イメージ 2
イメージ 3










人参                        玉葱

イメージ 4
イメージ 5










万願寺及び伏見とうがらし           バジル

イメージ 6
イメージ 7










オクラ                       空心菜

イメージ 8

ゴーヤ

涼しげなゴーヤのトンネルが完成しました

炒め物(ゴーヤチャンプル)や天ぷらなどが
一般的です。

醤油・みりん・牛肉などと時雨煮なども良い。
苦みのある食材で夏を乗り越えてください。

イメージ 9
ピーマンなどより肉厚でジューシーなものが
パプリカ系です。

黒ピーマン
セニョリータ
パプリカ
などが入ります。

意外な食べ方が焼き
パプリカです。
弱火でじっくりと焼くとかなりな糖度になります。

来週はニラが入る予定です。

暑さはまだまだ続きます。それでも太陽がやや傾いてきており、少しだけ、秋の気配も感じ始めており、茜トンボも飛び始めております。

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事