むかし野菜の邑のブログ「今週の配送野菜」

ホームページもご覧下さい ⇒ http://www.mukashi-yasai.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今週の野菜

30.7.30(月曜日)曇り、時折雨、最高温度33度、最低温度27度

イメージ 1

 待望の雨、降る。約一ヶ月ぶりの本格的な雨に、耐えてきた野菜達もふっと息をしている。見違えるように良い顔をしている。よく頑張ったと褒めてやりたい。

気まぐれ台風でしたが、メディアでは、極悪人のように報じられている。
幸いに皆様には大きな被害も無く良かったです。
でもこの台風、褒めてやりたいのです。ほぼ一ヶ月雨が降らない地域にとって、この
乾期に農業者にとっては、至上の恵の雨なのです。
最近の気候は梅雨の豪雨が明けると、異常な暑さと共に乾期が襲ってきます。
むかしのように、暑い季節に時折、雷雲が現れ、雨を降らすこともなくなりました。
只、猛烈な暑さと乾期しか来なくなりました。

このため、農業者は台風が来ることを恐れながらも、心の奥では、台風によってもたらされる恵の雨を待っているのです。
古来より、この台風は農家にとっては、吉と出るか凶とでるかは分かりませんが、
そのような存在だったのです。
ですから、冷害や乾期による大凶作の年は数万人の規模で餓死者がでていたのですね。
「会社」という言葉は、元来が「社=やしろ」に「会う=集う」と言う意味です。
古来の人達は、五穀豊穣を祈って、社にお供えをして、畏れ敬ってきたのですね。

ちなみに、社長とは、「やしろ」の長のことです。
経済的には豊かでは無い時代、みなが肩を寄せ合って助け合って生きていた時代、
やしろの長は部落の民を、公平に、扱い、みなが幸せに生きていけるように気を配ってきたものです。
社長と言われる人は、大自然の脅威に対して、畏れ敬うように、謙虚さを持ち、会社を運営して頂きたいものですね。
不寛容さや不公平さに満ちたこの時代、理不尽な社会の営みは、自然の理不尽さと比して如何なものでしょうか・・・

(今週の野菜)

イメージ 2
イメージ 3










二種類の茄子
待望の雨が降り、不格好な一番果も終わり(今までは申し訳ありませんでした)
本格的な茄子のシーズンが始まります。

イメージ 4
イメージ 5










ピーマン                     万願寺及び伏見とうがらし

実は成れども、余りにも乾いた土壌の中で、本来は肉厚ジューシーさを持つこれらの野菜達も、ぺらぺらの薄いものでしたが、これからは、(勿論、これからも雨が降ればですが)本来の美味しさに戻ります。

イメージ 6
ゴーヤ

青と白ができるように
なりました。
子供さんがどうしても食べない場合は、
とうがらし・茄子などと
共に、天ぷらにして
食べてもらったら、如何でしょうか。

白の方は、苦みが
かなり薄いようです。


イメージ 7
トマトソース

と言うより、ピューレでしょうか。

露地栽培トマトは、
朝露のひどい際でも
割れたりします。
そのようなトマトは、食べれば、美味しいのですが、残念ながら、
お届けした時には、
傷んでおります。

そのため、今年のようにトマトが豊作の年は、女性陣が大忙しとなります。
ほとんど毎日、この暑い時に大鍋三杯をコンロにかけて煮込んでいきます。
冷凍庫に一杯になりすぎてしまいました。
それでは、と言うことで、今週から出荷とあいなりました。
このピューレは、トマトだけですので、どんな料理にも使えます。
味の濃いフルーツトマトも一緒に煮込んでおりますので、楽しんでください。

イメージ 8

来週からは、空心菜が入ります。この雨でようやく出荷の時を迎えました。


今週の野菜

30.7.23(月曜日)晴、最高温度37度、最低温度27度

イメージ 1
                 晴天の4番の畑(蔓紫)

 もう20日以上、雨が降っていない。気温は35度を軽く超えて、圃場では40度の
暑さ。日中は1時間と続けて作業ができない。
農園主も収穫日も出荷作業から外れて、畑にいる時間が長い。
そのためか、作業中に、くしゃみ、空咳、悪寒の症状が現れ、どうやら、軽い熱中症の症状が現れた。
勿論、他のスタッフも一日が終わるとふらふら状態となる。
夏の作業は、追肥土寄せ、白大豆の種蒔き(これは明日で終了予定)が終わり、残りは、黒大豆の種蒔きで、一応の予定終了となる。
それからは、サマータイムに入り、早朝と夕方の作業のみとなり、日中は休息する。
それまでは、過酷な外作業が続く。みな、頑張れ!

これ以上雨が降らないと、軽トラックにタンクを積み、水遣り作業が続くことになりそう。これもきつい。
夏野菜達も40度にもなる連日の暑さに耐え、生き残りに頑張っているため、成長が止まり気味となっている。彼らも辛いのです。


(今週の野菜)

イメージ 2蔓紫(実は緑)
別名夏ほうれん草。
わずかにぬめりがあり
お浸しや天ぷらにして食べる。

盛夏の時季は、葉野菜は生きてはいけない
そのかわり、蔓紫や
空芯菜が出てくる。
実物だけでは無く、
これらの野菜も食べて酷暑を乗り越えてください。

イメージ 3
イメージ 4










トマト                        ゴーヤ
この時季になると、出荷日の前日      草木堆肥で育てたゴーヤは嫌な苦みが
薄くピンク色に染まったトマトを収穫。    無く、甘ささえ感じます。
畑で真っ赤に熟したものは、皆様の     ミネラルバランスが良いのが特徴です
手元に着く頃は柔らかくなってしまう。

イメージ 5伏見とうがらし
及び万願寺とうがらし

最近、食欲が落ち、このままでは、生き残れないと、あっさりとしたソーメンばかり食べていると、体力が落ちる。
最近は、ピーマン・
ゴーヤ・茄子、そして
このとうがらしを天ぷらにして麺汁で頂く。
ソーメンと天ぷらが実に美味しいです。
おかげで今日も生き残っております。

イメージ 6
大麦茶

今年は、殻付きのまま
農園で焙煎しました。

後藤君がコンロの前で
連日暑いのにご苦労なことで、焙煎しております。

去年は裸麦であったため、殻が無く、旨みが
強調されておりましたが、今年は殻付きのままの焙煎ですので、香ばしさが強く出ました。スタッフも賛否両論でしたが、皆様の
感覚は如何でしょうか?やかんで煮沸した後、一晩置いてください。

イメージ 7
イメージ 8










イメージ 9
イメージ 10










イメージ 11

茄子物語

今の時季は、一番成りですので、サイズや形及び味が一定しておりません。
十星てんとう虫にやられ、傷だらけです。
おまけにこの暑さと雨不足のため、成長も思わしくありません。
それでもこの暑さと害虫に耐えて育った茄子です。愛でてやってください。

茄子は近年では、夏が最盛期ではなくなり(あくまでも露地栽培ですよ)9月〜10月が最盛期に変わってきております。勿論、味も形もその時季のほうが美味しいです。

茄子は、天ぷらや素揚げ、焼くように炒めたり、蒸したりして頂きますが、いずれにしても、味噌との相性が良いです。また、醤油味(みりんや酒及び砂糖を加えて)でも
美味しいです。
最近は、豚肉・卵・焼いたり炒めた茄子の丼物が好まれております。
美味しく調理して、暑い夏を乗り越えてください。

(その他野菜)

ピーマン・紫蘇・漬物・じゃがいも・赤玉・玉葱・人参・紫アスパラなどが入ります。

イメージ 12
イメージ 13










南瓜を今日、収穫しました。来週には第一陣の出荷予定です。


今週の野菜

30.7.16(月曜日)晴れ、最高温度37度、最低温度25度

イメージ 1
                      大豆の圃場

 6月初旬頃に麦の収穫を終え、集中豪雨の梅雨が明けて、いきなりの酷暑がやってきた。トラクターによる除草作業を終えて草木堆肥を振り、またトラクターをかける
自然農では(除草剤を使わない、)本当は、中10日以上は空けて雑草の種子を発芽させてからおこすのが理想なのだが、大豆蒔きの適季は、7.10〜20日の間。
中々に自然は人間の都合には合わせてくれない。
そのため、三回もトラクターをかけることになった。3反半を一気にやるとなると、
熱風の中での作業はかなり辛い。
全員熱射病にかかり、ふらふらの状態となる。

明日は庄内地区の4反の大豆の圃場が待っている。

一昨年は今年のような気候で、二三回、種を蒔き直し、一ヶ月以上の乾期(雨が一滴も降らない)により、大豆が壊滅してしまった。今年の気候もよく似てきており、
やや不安になる。大豆は味噌の原料として欠かせない。

(今週の野菜)

イメージ 3

イメージ 2
やはりトマトは太陽の子。
連日の酷暑の中で、しっかりと色づく。
梅雨時期と比べて数倍早く熟れていく。
今週は瑞栄トマトもフルーツトマトも各
1キロ入っております。
今年はトマトの当たり年。一杯食べてください。
価格はそのため、かなりリーズナブルになっております。

瑞栄トマトの方は、最盛期がもうじき終わり、落ち着いてきます。今、3段目〜5段目に入っており、6段目からは実が小さくなり、収量もかなり落ちてきます。
但、フルーツトマトは現在、2〜3段目であり、これからが最盛期を迎えます。

イメージ 4
イメージ 5










ピーマンが徐々に採れ始めました。
炒め物や天ぷらだけではなく、生で、あるいは、焼いたり、蒸したりしてサラダ感覚で
食べてください。焼いたパンなどにスライスした生ピーマンやパプリカを挟んで(生ハム添え)毎朝、食べております。

イメージ 6
イメージ 7










赤玉葱                      にんにく

イメージ 8
イメージ 9










万願寺とうがらし                 伏見とうがらし
両者ともに炒め物・天ぷら・焼き野菜などが合います。
種は取らずにそのまま食べてください。
時折、激辛のやつが混じりますので、先っぽをかじるなどして確認してから子供さんには食べさせてください。

万願寺はコンロで焼いてそのままポン酢などで食べると美味しい。伏見とうがらしは
佃煮風にして常備菜にしてもよい。

(その他野菜)

薬味セット(小葱・紫蘇・みょうが)・じゃがいも・玉葱・人参・紫アスパラ・麦ご飯セット・茄子・ゴーヤなどが入ります。


今週の野菜

30.7.9(月曜日)晴れ、最高温度33度、最低温度24度

イメージ 1
               土砂降りの雨が続いた農園

 集中豪雨がここ大分にも降り続いた。鍋をひっくり返した雨という表現にぴったり。
雨が引いた後、畝間が見えにくいほどに、土が流れ出して、埋まっている。
こうなると、夏野菜は萎れ始める。根の呼吸ができないからです。
明日は草木堆肥による追肥施肥と同時に畝揚げ(中耕)をしなければならない。

イメージ 2
根呼吸ができなくなり葉っぱが萎れ始めている茄子。

今日出荷日にもかかわらず、中耕作業を
一人行う。鍬が重たい

七星テントウムシ(害虫)により、葉っぱが食い荒らされている。
葉っぱ一枚一枚、めくり、虫を捕殺していく。


トマトの話
当農園は、全国でも珍しい露地トマトだけを栽培しております。
品種はトマト本来の味である酸味と香り、そして旨味が出る瑞栄とフルーツトマトです。
米糠・油粕などの窒素分の高い肥料を使うと甘味は出てくるのですが、逆に味と香りや旨味が減退してきます。そのため、低窒素の草木堆肥しか使いません。
甘さだけを追求している現在の流通、従って一般消費者の好みに合わせてはおりません。その意味ではむかしながらの懐かしいトマトの味を追求しているのが当農園の考え方です。
欧州をはじめ諸外国では、トマトは酸味と旨味が重要視されており、主には調理用(旨味の元を活かした使い方)に使われております。
勿論、生食でもそれはそれでむかしトマトとして美味しいのですが、是非調理にお使いください。そうすれば、むかし野菜のトマトの本当の美味しさが分かって頂けると信じます。
 
※トマトは太陽の子です。そのため、一番・二番果の出始める梅雨時季のトマトは、雨が多く、湿度も高く、割れたり、傷みやすくなります。そのため、熟す前に収穫しないとなりません。梅雨時期は香りは高いのですが、
味が薄く糖度もあまり上がりません。
太陽の出る季節になりますと、味香り・旨味に加えて糖度も増してきます。
今からが夏本番です。

(今週の野菜)

イメージ 3
イメージ 4










梅雨も終わり、いよいよトマトの季節になりました。
瑞栄・フルーツトマトの両方を増量にてお送り致します。
最盛期はこれから8月初旬頃まで続きます。

イメージ 5
イメージ 6










山菜採りの名人、河野さんがミョウガを持ってきました。
皆様には小葱・紫蘇の加えてミョウガをほんの少しだけお送り致します。

イメージ 7
イメージ 8










夏野菜;茄子・ピーマン・ゴーヤのいずれかが入ります。

イメージ 9
とうもろこし

まだ少し早いかも入れません。
一本しか入りません。

とうもろこしには芯喰い虫が大量に発生し
成熟する前に、卵を、
産み付け、中で孵化します。始末に負えませんね。
農薬を使わず、手で捕殺しております。

イメージ 10麦御飯セット

今年は昨年度の品種とは違います。
やや黄色みがかっております。

茶色いのが古代小麦ですが、去年よりやや大きく成長しております。




麦ご飯セット
裸麦(大麦から突然変異で殻が剥がれやすい麦の品種が生まれた)と古代小麦(日本古来からの原生種で一粒小麦、餅麦の一種)を配合したもの。
米1カップにつき大さじ一杯程度を入れ、お米と一緒に炊き込む。
草木堆肥(低窒素)しか使わない自然農です。そのため、粒は小さいですが、裸麦から麦本来の味が、古代小麦からは香りが出て、お米の味を一変させます。
冷や飯になっても麦の嫌な香りは無く、むしろ、美味しさを強く感じます。
※殻や土などは除去しておりますが、どうしても若干混じりますので、よく洗って下さい。

イメージ 11
ビーツの話
(ロシアンボルシチ)
材料は、トマト・じゃがいも・玉葱・人参・キャベツ・ズッキーニなど煮込みのできる野菜なら何でも良い。
先ずは基本通り、ニンニク・玉葱・生姜などのみじん切りを炒め、そこに、牛・マトンなどの角切り肉や野菜の大きめのサイズにカットした野菜(ビーツは角切り)を一緒に炒め、(トマトは3ケほど入れたほうが美味しい)たっぷりの水で煮込みます。
調味料は塩胡椒で十分ですが、隠しに醤油・ソース・酢を少々加える。
野菜は日本のおでんと同じように取り出して食べ、スープとは別に食べることもできます。
(酢漬け)
ビーツは丸ごと頭を隠す程度の水で30〜40分ほど煮込みます。
煮汁は、酢と砂糖を加えて火と煮立ちさせておきます。ビーツはスライスしてその煮汁に漬け込みます。酢は保存期間を延ばそうとすれば、多めに(煮汁の半分程度)入れます。
サラダのトッピングや料理の付け合わせなどに重宝です。

(その他野菜)

小玉葱・小じゃがいも・人参・万願寺及び伏見とうがらし・漬物・ニラ・にんにく・紫アスパラ・スモモ(河野さんが持ってきました)などが入ります。


今週の野菜

30.7.2(月曜日)曇り時折小雨、最高温度32度、最低温度23度

イメージ 1
                里芋にあらず、筍芋です

 今年最初の台風が九州に接近している。真っ直ぐに行って欲しいのだが、わざわざ、東寄りに進路を変えてきている。
かなりな雨になりそうで、横殴りの雨が軒下にも降りこむため、出荷が終わったら、台風対策を施す。そのため、トマトをちぎるのが遅れ、帰宅したのが午後8時半。
すでにアクセスが20数件あり、せかされるように、今、今週の野菜を打ち込んでい
る。

先日から、お二人ほど、来週から入院するため、野菜の配送を一時止めて欲しいとのメールが入る。
その度に、何か、申し訳ない気持ちと悔しい気持ちが交差する。
治りましたら、またお願いしますの言葉が添えられている。
折角健康になりたいため、送料をかけて野菜を取って頂いているのに、入院をせねばならない病に冒される。農園にとってこんな悔しいことは無く、胸が痛む。

栄養価に富み、健康で美味しい野菜作りに携わっており、人の持つ治癒能力を高める野菜作りを目指しており、皆様の健康を守っているとの自負心だけは皆強い。
神では無いのだし、万能でも無いのだが、やはりどこか悲しい。
早くよくなって退院して頂きたいと祈るのみ。

(今週の野菜)

いよいよ、夏野菜本番になりそうです。皆様覚悟して置いてください。

イメージ 2
イメージ 3










瑞栄トマト                     フルーツトマト
調理にお使いください、と説明しても     生食専用です。   
皆様生食を選んでしまうようだ。        但、このトマトの煮込みは最高の
私もそのまま食べるのが好きだが・・     ソースができます。
むかし懐かしいトマトの味がする。


イメージ 4
胡瓜

蔓が古くなってくると
力を失い、どうしても
下ぷっくりとした形に
なってしまう。
それでも最後の力を振り絞って実を付けております。
美味しさや食感は変りません。



半白胡瓜は八宝菜など、油で炒めても美味しいのです。
農園では、余りにも形の悪い胡瓜は、にんにくと醤油・酢につけ込んで食べております。

イメージ 5ゴーヤ

今は青ですが、やがて
白ゴーヤも出てきます
苦みが薄く、やや甘みがあり、子供さんでも食べて頂いておりますよ。

苦手な方も頑張って食べてください。




イメージ 6
露地ニラ

和及び洋風のお浸し
が美味しいです。

炒め物・ぎょうざなどに
もお使いください。








イメージ 7
ピーマン

今年も美味しいです。
塩胡椒だけで炒めるのが好きです。

夏はピーマンですよ。
苦みは気にならず、
甘さというより、旨みのほうが強いです。

生食もサラダ風にして
食べてみてください。


(その他野菜)

紫キャベツ・玉葱・じゃがいも・にんにく・赤玉葱・紫アスパラ・小葱&紫蘇の薬味セット・茄子(黒陽)・漬物などが入ります。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事