むかし野菜の邑のブログ「今週の配送野菜」

ホームページもご覧下さい ⇒ http://www.mukashi-yasai.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今週の野菜

31.3.11(月曜日)曇り、最高温度16度、最低温度8度

イメージ 1
              エンドウ系に豆の手(支柱)を

当農園では、ネットではなく、竹(葉枝付き)の手をする。
ネットでは、蔓が巻き付き撤去の際、かなり面倒なことになります。
例年、4月頃から、絹さやエンドウ→スナップエンドウ→実えんどう→空豆→インゲン
と、初夏まで続いていきます。春は豆のシーズンですね。

前回、莟立ちの季節到来とご報告いたしましたが、この現象は寒に当たった野菜(特にはアブラナ科が多い)達は、日照時間が長くなり、春を感じ始めると、花芽を
一斉に出し始めます。
出始めは何とか食べれるのですが、次第に表面に網目のような筋を持ち始め、
硬質化していきます。

今年は、暖冬のせいか、春の訪れが例年になく早く、しかも、時間差で植えていた
野菜達は、そんなことはお構いなく、一斉に莟立ちしてしまい、3月中旬までに
この様子では、終わってしまいそうです。
そのため、急遽、常時より1.5倍の野菜を価格は据え置きしてお送りしております。
もったいないこと夥しく、どうか食べてやってください。

農園では、そのため、4月に入ると途端に野菜不足に陥ってしまいます。
現在それを回避すべく種蒔きなどを行ってはおりますが、今度は春の寒の戻りが
置き始めており、本当にままなりません。これも自然に順なりで、仕方ありません。


(今週の野菜)

イメージ 2

紫大根; 昨日、そばを湯がき、紫大根を摩り下ろし、麺つゆに入れ、孫たちと食べ
      ました。美味しい、美味しいと言ってよく食べてくれました。

イメージ 3

大根; 農園では新たな品種です。まるっこいですね。葉っぱが美味しそうです。

イメージ 4

サラダ蕪(草木堆肥歴12年の3番の畑);味は頗る良い。但、この畝もこの一週間で
                          限界です。莟立ちします。

イメージ 5

ほうれん草; 新たな畝に移りました。ややひ弱く育っております。柔らかいのですが
         味香りはやや落ちます。

イメージ 6

ブロッコリー; 二番果です。茎がやや硬めになっております。
         それでも旨味は十分です。

イメージ 7

人参; 今週の人参はややひねております。それでも糖度は抜群です。

この季節は人参の適期ではありません。無理やり作ったものですから、どうしても
真っすぐには育ちません。厳冬期に時間を掛けて育ったため、土中の窒素分を
探し探し育ったため、髭根・分岐を繰り返しております。

イメージ 8

紅芯大根; 莟立ち寸前です。煮込みスープ・焼き野菜・炒め物にどうぞ。

イメージ 9

芽キャベツ; 玉が大きいようです。

イメージ 10

白菜; 巻きかかったまま、止まってしまいました。それでも煮込みや鍋・すき焼きに
     美味しいです。


(その他野菜)

サラダセット・じゃがいも・春菊・レタス系・小松菜・コールラビ・漬物が入ります。
今週は塩蔵わかめが入ります。

※塩蔵わかめ

一旦湯通ししているため、塩抜きの際は短く水に浸け、みそ汁に入れる場合は、
煮込むのではなく、汁をかけるようにしてください。溶けてしまいますので。

今週の野菜

31.3.4(月曜日)曇り、最高温度12度、最低温度5度

イメージ 1
                        農園サラダ

収穫、発送の後、残り野菜をサラダに。
軽く塩胡椒、そしてオリーブ油を回し掛けしただけのシンプルなサラダ。
これを二皿作り、スタッフ10人でお昼ご飯に頂いた。
その日は、カレーを作り、ある意味贅沢で素朴なお昼ご飯であった。

イメージ 2
                    由布市古市の麦畑

麦踏みをしたためか、しっかりと分けつし、丈夫な根を張っていた。
今年は良い麦ができそうです。

イメージ 3

農園には、急速に春がやってきている。
そのため、蕪類・大根系・アブラナ系の野菜達が時間差で種を蒔いたにも拘わらず
一斉に莟立ちし始めております。早く訪れる春にも困ったものです。

そのため、今週から、春野菜(正確には冬野菜ですが)は増量にてお送り致します
ほとんどのそれら野菜達は、花芽を持っております。
但、野菜の価格は据え置きです。
当農園のお客様(仲間達)は皆、定期購入の方ばかりです。
折角の春の恵みですので、皆様と共に分かち合いたいと考えております。
最も、農園にとってはありがたくない暖冬でしたが・・・こう言う時もあります。

(今週の野菜)

イメージ 4

人参; 二番の畑(プラチナ級の味)のものですので、甘さ・旨み共に乗っております
     是非、一部は生食で召し上がって下さい。
     黄人参はおまけです。水洗いしている際、余りにも実が詰まっているため、
     鉢割れてしまいました。

イメージ 5

大根; 花芽が出ておりますが、瑞々しい美味しさです。それもこの畝の大根は
     今週までです。次週は違った種類の大根が入ると思います。

イメージ 6

ブロッコリー; これもアブラナ科の野菜です。増量にしております。
         実は甘く、歯切れも良く柔らかいです。

イメージ 7

露天原木椎茸; ほとんどが最高級のどんこ・若しくはこうしんです。
           肉厚ジューシーです。表側だけコンロで焼いてポン酢醤油などで 
           どうぞ。

イメージ 8

赤蕪&紅蕪; 赤蕪は実が柔らかく、紅蕪はやや硬めです。
          いずれも焼き野菜や炒め野菜にどうぞ。酢ものは定番の食べ方で
          す。これもアブラナ科の野菜です。

イメージ 9

芽キャベツ; 大きく育っております。一度湯がいてから、炒める・サラダ・
         パスタ・煮込みスープにして下さい。

イメージ 10

春キャベツ; 食感が良いのが特徴です。乱切りが美味しい。
         サラダ・味噌汁・炒め・スープなどにどうぞ。


イメージ 11

赤大根; 実が硬くなってきました。火は長めに使って下さい。
      煮込みに使う場合は、スープが真っ赤に染まります。逆に、ビーツのように
      いっそ、ボルシチ風スープでも良いのでは。

(その他野菜)

小松菜・サラダセット・春菊・じゃがいも・九条葱・サラダ蕪・漬物

今回は、からし菜の浅漬けが入ります。あまり強く水洗いせず、様子を見ながら
洗って下さい。小さく切って、ご飯に振りかけて食べて下さい。

今週の野菜

31.2.25(月曜日)晴れ、最高温度15度、最低温度4度

イメージ 1
                    からし菜の漬物

 春のからし菜の浅漬けです。
辛みと旨みが一緒に来ます。ご飯が止まらなくなってしまいます。
軽く水洗いして、細かく切ってご飯に振りかけて食べます。

イメージ 2

3日前に作った米麹に大豆を蒸し、塩をして、混ぜ込み、これからミキサーに掛けるところです。今年4回目の味噌作りです。
蒸し上げた大豆をつまみ食いしました。ほのかな甘みが口いっぱいに拡がり、最後に旨みが舌の奥に残っております。今年は、美味しい味噌ができそうです。


今月は暖冬のせいか、野菜が例年に無く、フルラインで育っております。
そのため、今月から来月の初旬頃までは、普段より多目の野菜が届きます。
価格は相対的に下げており、折角の春の畑からの恵です。頑張って食べてやってください。

(今週の野菜)

イメージ 3

サラダセット; 約8種類の野菜の味と色のハーモニーをお楽しみください。

イメージ 4

ほうれん草; 越冬したほうれん草は旨みが強い。


イメージ 5

露天原木椎茸; ようやく出てきました。暖冬の割には、寒い高地栽培のせいか、
           遅くなりました。(田北農園)

イメージ 6

ブロッコリー; 秋作がうまく行かなかったため、今頃になって出荷ができるようになり
         ました。美味しいです。

イメージ 7

芽キャベツ; 例年になく、大きな球に成長しております。
         さっと湯がいておき、炒める・煮込む・パスタなどにお使いください。

イメージ 8

紫大根; 味は数ある大根の中でも一番です。暖かくなってきましたので、是非、
      摺り下ろして薬味にして、つけ(ざる)ソバにしてみてください。

イメージ 9

赤大根; 酢の物にでもすると、真っ赤な色に染まります。やや硬くなってきておりま
      す。チンしたり、蒸したりすると柔らかく食べられます。

イメージ 10

大根の甘酢漬け; 甘さを少し控えております。子供はみな大好きです。

(その他野菜)

味美菜・小松菜・レタス系・じゃがいも・葱・キャベツ(今週は毎週配送の方のみ)
大根OR聖護院大根・サラダ蕪・ツァーサイ・干物などが入ります。

今週はアイテムがやや多すぎますが、葉物3〜4種類・蕪系2〜3種類・大根・芽物野菜・漬物・椎茸などとバランスは良いと思います。
当農園も皆様の毎日の献立や食卓を彩る野菜にいつも苦慮しながらアイテムを決めております。
どうか楽しい、そして、あまり主婦の手がかからないようなメニューをいつもイメージしております。皆様で楽しんでくださいね。








今週の野菜

31.2.18(月曜)曇り、最高温度11度、最低温度0度

イメージ 1

 冬の戻りの寒さは今日まで、明日からは太平洋高気圧と大陸性高気圧のせめぎ合いとなり、前線が停滞し、やや暖かい日が続くとの予報。
こうなると、冬野菜達は、内包している花芽が起き出し、莟立ちの季節を迎える。
と言うことで、折角の暖冬の恩恵を受けた野菜達がダメになる前に、皆様へお届けすることになります。
一時的に野菜の量が増えていきます。これも自然の恵みとして甘受して下さい。
申し訳ありません。
表題の写真のように、今年は今まで体験したことのないほど、野菜の成長が良く、
アイテムも豊富です。どの野菜をお届けしようかと迷ってしまうほどです。
偶には、こういうことがあっても良いですね。自然の神様の恵です。

そう言う訳で、むかし野菜の価格の事をここで再度ご説明しておきます。
むかし野菜グループでは、全て定期購入のお客様だけへのお届けです。
季節が厳しく、野菜の成長が遅い時季には、相対的に価格が上がっていきます。
逆に、このように暖冬の恩恵を受けた時季では、野菜の価格は相対的に下がっていきます。最もその分、野菜の量は増えていきますが・・・

また、むかし野菜は、市場価格の変動を受けません。
全国的に大不作の時季でも価格は一定に心がけており、大豊作の時季でもそれは変りません。それが全て定期購入の良いところだとお考えいただければ幸いです。
この邑では、お客様ではなく、この野菜を共有する仲間達と言う方が、正しいと思います。


PS.
インタビューの回答が続々と寄せられております。
ありがとうございます。これを参考にして、よりきめ細やかな農産物の配送に努めていきます。尚、ご報告も含めて改めてお知らせいたします。


(今週の野菜)

イメージ 2

ツァーサイ; 中国野菜です。ほろ苦さと旨さが程良く、葉緑素の塊です。
        莟立ちし始めており、慌てて収穫しました。
        炒め・煮込みに使います。魚との相性が良く、魚の生臭みも取ります。

イメージ 3

芽キャベツ; 一度湯がいてから煮込み・炒め・焼き野菜として使って下さい。
        (そのまま煮込むとカンラン臭さが残ります)
        スープ・パスタ・炒め物にどうぞ!歯ざわりが命ですよ。

イメージ 4

春菊; サラダでも食べられます。茎が甘いです。
     お浸し・鍋物・すき焼きなどにどうぞ!

イメージ 5

一本葱; ご覧のように莟立ちし始めております。この葱坊主は甘くて美味しいです
      表皮はかなり剥いておりますが、固い場合はさらに剥いてください。

イメージ 6

紫大根; 大根系の中では、食味の良い代表です。
      一度チンして炒め物・焼き野菜にして食べてください。
      摺り下ろして、薬味も絶品です。

イメージ 7

赤蕪; 果肉は柔らかく、サラダ・酢の物に向きます。中は白です。

イメージ 8

サラダ蕪; いきなりの煮物には向きません。焼く・炒める・サラダに向きます。
       葉っぱは甘く、鍋・汁ものにどうぞ!

イメージ 9

                       カリフラワー

イメージ 10

ブロッコリー; 月一配送の方に入ります。カリフラワーORブロッコリーです。

イメージ 11

サラダセット; 寒に当て越冬しているサラダ野菜ですから、美味しいです。
         その食感と色合いを楽しんでください。


(その他野菜)

青梗菜・味美菜・菜花・じゃがいも・セロリ・白菜・紅芯大根・レタス系・餅・干物(真鰯)が入ります。

色蕪・色大根が複数以上アイテムに入ることは今まであまり無かったことです。
酢漬けなど常備菜にもお使いください。まだまだ在庫はあります。


今週の野菜

31.2.11(月曜日)曇り、最高温度10度、最低温度3度

イメージ 1
                      寒い日はポトフ

 ポトフとは鍋のことです。
セロリ・人参・葱などを煮込み、鶏ガラ・ソーセージなどで出汁を取り、あとは、じゃがいも・蕪・人参・玉葱などをコトコト煮込み、仕上げに、キャベツ・芽キャベツ・青梗菜などの葉物類を入れ、具材をマスタードなどで頂き、スープを飲む。
そんな簡単な料理です。
家庭では鶏ガラの代わりにコンソメスープを入れれば、より簡単にできます。
野菜の美味しさや栄養価が丸ごと頂け、冬の料理ですね。

季節は進んでいるのですが、この処の暖冬から、本来の冬に戻っております。
農園では、順調に種蒔き・定植作業が進んでおりましたが、この寒さで現在、農作業は小休止しております。

イメージ 2

育苗ハウスでは春野菜の苗育てを行っており、レタス系・カンラン系などの春野菜を育てております。

イメージ 3

同じハウスでは、夏野菜の種蒔き(育苗トレイ内)を1月頃から随時行っております。
この後、3月頃からポット揚げを行い、4月に定植となります。


(今週の野菜)

イメージ 4

白菜; この時季の白菜は、やはり巻き切りませんでした。冬に育てた苗は、日照時間が長くなる春を感じて、一時期巻きそうでしたが、成長するにつれ、開き始めてしまいました。
それでも、青々とした葉野菜として、鍋・すき焼きなどで楽しんで下さい。

イメージ 5

ほうれん草; 極寒の時季、ビニールトンネルで成長させ、寒が緩む頃から、寒に
         当てて甘さを出しております。(隔週のみ)

イメージ 6

紅芯大根; 芯の部位がきれいなピンク色です。実は固く、一度40秒ほど、チンして     から焼いたり炒めたりして下さい。煮込みに使うと鮮やかなピンク色がおしゃれです

イメージ 7

                 カリフラワーORキャベツ(隔週)

イメージ 8

中蕪; 煮込みもできます。

イメージ 9

紫大根; 焼いたり・炒めたり・摺り下ろしたりしてどうぞ。(隔週)

イメージ 10

人参; 寒に当たり、じっくりと大きくなってきました。味は乗っております(毎週)

(その他野菜)

味美菜・青梗菜・大根(若しくは聖護院大根)・菜花・春菊・里芋・瓜粕漬・サラダセット・レタス系・一本葱・セロリなどが入ります。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事