山と渓流と酒と友達

2017年酉年 4月卯月(うづき)です。0の付く日と水曜前後はお休みします。

全体表示

[ リスト ]

酷道・山ヒル

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

思い出の渓

 自宅のある岐阜県恵那市から西の河川にはほとんど釣りに行くことはなかったのですが、鈴鹿の山と渓の好きな牛馬童子さんに誘われて時々出かけるようになりました。

 2003年7月20日(日)早朝、ホーリーさんと一緒に車で、名古屋の牛馬童子さん宅に。R421(滋賀県近江八幡市と三重県桑名市を結ぶ国道。総延長72.9km。滋賀と三重の県境は、標高は低いながらも険しい山道があり、このR421もその一つ。県境の石榑峠から三重県側は最狭と言っても過言では無い道幅を誇り、その区間の前後にはこの最狭さを際立てるゲートが立っており、酷道系なHPでは結構有名です。 )で石榑峠(いしぐれとうげ)越えで滋賀県の永源寺町に入ります。

石榑峠(いしぐれとうげ)は「酷道マニア」の間で有名な区間です。滋賀県側・三重県側それぞれの2t車通行禁止区域の出入り口にそれぞれ設置されたコンクリートブロックが非常に名高いです。

 その側面には無数の傷痕が残っており、独特の凄惨さを感じさせます。車体の幅が広い最近の車種で通行する際には充分注意。ブロックの直前にはUターンできるスペースが設けられています。通れそうになければ無理をせずUターンして引き返すのが得策です。この2つのゲート間の道路は特に狭く、すれ違いが非常に困難です。狭い道に不慣れな車両が多い休日は、しばしばかつての安房峠(国道158号)を思わせる大渋滞となります。


 聞きしに勝る酷道で、対向車が来るたびに四苦八苦、距離はあまりないのに踏破に時間が・・・。林道の苦手な方は来てはいけません!

 源流部の沢なのですが、ドロバヨ(アブラハヤ)と岩魚が同居するという大変な沢を満喫し、帰りには、鈴鹿名物「ヤマヒル」に全員すねを血だらけにして自宅で、服を洗濯すると、洗濯機の中にヤマヒルが浮き・・・・、奥方様が「ギャ〜〜〜〜!」。

大変なヤマヒルの脅威を思い知った思い出深い釣行でした。

この記事に

閉じる コメント(31)

そらさん、金柑塗ってください。
ヤマヒルは鈴鹿山系の石灰岩質の山に無数に巣食っていて、特に雨の日は要注意ですね。木の上から襲ってきます・・・・。

2007/7/13(金) 午後 11:11 とっさ 返信する

山ヒル・・・あの立ち上がり 獲物を待っている姿を思い出すと
眠れなくなりそうです・・
私の師匠は 帰宅後風呂に入るとき、○マキンの下にパンパンに
膨れたヤツがくっ付いていたそうです・・
おそろしや〜

2007/7/14(土) 午前 0:02 にじいろ 返信する

顔アイコン

物々しいブロックがあるという事は・・・それだけひどい通行者・車がいるという事で・・・蛭は嫌いだ!

2007/7/14(土) 午前 0:05 nan☆ 返信する

にじいろさん、ヤマヒルは柔らかな部位が大好きで、腹いっぱい血〜を吸うとまっるまっるになっって噛み付いていたところから離れますからね。
血〜吸う前の這ってる姿は細くってけっこうかわいくも見えるんですがね〜。
おそろしやおそろしや。○マキン血〜だらけ。

2007/7/14(土) 午前 6:12 とっさ 返信する

顔アイコン

ナントポヨさん、大変道幅の狭い区間があって。2トン社以上通行止めなのですが、それを無視しての事故があとを絶たなかったので、危険防止のための措置でしょうね。
R363も少し前までとっても狭い山道のヘアピンがあって、大型車がにっちもさっちも行かないことが沢山ありましたよ。

2007/7/14(土) 午前 6:18 とっさ 返信する

顔アイコン

うわぁ〜って思うブロックですね。確かに洗濯機にヒルが浮いていると・・きゃぁ〜ですよね

2007/7/14(土) 午前 6:55 みっちょん 返信する

顔アイコン

「酷道マニア」なんてあるんですかぁ。 ( ..)φメモメモ
今回一番の被害者は奥様でしたね。^_^;

2007/7/14(土) 午前 8:19 むぅ 返信する

おかみさん、ヤマヒルはしぶといですよ〜。踏んづけたくらいでは死にませんし、干からびているように見えても水分を得ると復活します。ゾンビみたいにしぶとい奴です。塩まいて・・・、が一番の撃退法かな。

2007/7/14(土) 午前 9:27 とっさ 返信する

むうさん、愚妻の「ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」が町内中に響き渡りました(;一_一)

2007/7/14(土) 午前 9:29 とっさ 返信する

顔アイコン

私も去年の紅葉シーズンにここへ行きましたよ。林道へは入りませんでしたけど。^^ http://blogs.yahoo.co.jp/isimochikk/24420624.html

2007/7/14(土) 午後 0:28 石餅太公望 返信する

石餅さんそうですね、三重県側の宇賀渓は紅葉の名所、滋賀県側の永源寺も紅葉の名所ですね。

2007/7/14(土) 午後 4:16 とっさ 返信する

顔アイコン

ああ、この間どーらくおーさんも吸われていたなぁ〜、長い間痒かったみたいですぅ。やっぱ洗濯機の中でも生きてるんだぁ、、、怖いぃ。

2007/7/14(土) 午後 5:13 mami 返信する

mamiさん、ヒルジンって言う成分が血を固まらせないので、いつまでも血が止まりません。知らないうちにヤマヒルは血を吸っています。や〜ですね。スパッツなどのどんな狭い隙間からも入ります。

2007/7/14(土) 午後 6:32 とっさ 返信する

顔アイコン

現在、トンネルを掘っています。あと2年もすると開通するみたいです。ヒルにやられたのは6枚目の写真、休憩しているときでしょう。
いまや、山道具屋にヒルスプレーが置いてある時代です。本当に効くか誰か試した人はいますか。 削除

2007/7/14(土) 午後 8:16 [ 牛馬童子 ] 返信する

顔アイコン

今晩は、去年に比べればこんな雨はまだ序の口ですね!!でも明日来る人にはお昼ころ来るように連絡をしておきました。奥飛騨へ行かれるならば、ミミズをお忘れなくお持ち下さい、デカイのを釣るチャンスですよ。

2007/7/14(土) 午後 10:03 しっぽちあん 返信する

顔アイコン

とっささま、「日本童男(やまとおぐな)の語感、いと快し」。良き事を教えていただきありがとうございました! 削除

2007/7/14(土) 午後 10:42 [ hotsuma816oari ] 返信する

牛馬童子さん、ヤマヒルの怖さ、思い出しましたね。

2007/7/14(土) 午後 11:17 とっさ 返信する

sippochiさん、おっしゃるとおりです。私の経験でも、岩魚は嵐の中ほど大物が釣れます。

2007/7/14(土) 午後 11:20 とっさ 返信する

顔アイコン

ほつまさん、最初に日本童男と呼ばれたのはヤマトタケルですかね?

2007/7/14(土) 午後 11:22 とっさ 返信する

顔アイコン

石榑峠は何回も通っていますが、いつも三重県側の最後の登りは対向車来るな来るなで戦々恐々です。峠のブロックを見るとホッとします。鈴鹿、特に北中部は恐怖の蛭地帯です。蛭も恐ろしいですが、奥様の「ギャ〜〜」の後も恐ろしかったのでは(笑)

2007/7/15(日) 午前 10:25 はなゴン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事