ノナママの徒然草

5月 良い季節になりますように。

全体表示

[ リスト ]

先輩。大丈夫ですか?

 11月17日のブログに書きましたように、長男にはあこがれの先輩がいます。(もちろん男子)

 その子は、高一の時に「骨肉腫」の診断を受け、1年半に及ぶ入院生活を強いられ、つらい治療にも耐えてきました。その子も無事に退院し、2年遅れではありますが、高校に戻ってきました。

 足の切断は免れたものの、人工関節が入っています。それでもその子は明るく高校生活を送り、演劇の舞台にも立ち、就職も決まり、あとは卒業を迎えるだけになっていました。

 ところが突然、その子が入院したんです。(1月29日)朝からなんか調子が悪かったそうですが、高校からの帰り、突然足に力が入らなくなり転倒。ふと気付くと、足がありえない方向に曲がっていたそうなんです。そうです。人工関節が外れたんです。その時の痛みと来たら…あまりの痛さに涙も出ないくらいだったそうです。

 急いで家族に連絡し、そして入院。それも、ここから特急電車に乗っても30分以上かかる大きな町の大学病院。緊急手術が行われ、今は落ち着いているそうです。

 それで昨日、長男たちがお見舞いに行ってきたんですが、その町は同じ名前の駅がJRにも私鉄にもあるので、ある子が駅を間違えてしまい、すったもんだの末やっと病院に着いたそうです。

 お見舞いに行く途中「何を持って行こうか」という話になり、長男も入院生活を体験しているので、「最近の病院は生花はダメのところが多いみたいっすよ」とか「結構塩辛いものなんか欲しくなるんですよね〜」とか言ったそうなんですが、そこは無難に「お菓子」に決まり、皆で持っていきました。

 先輩は笑顔で皆を迎えてくれて、今月末には退院するので卒業式には間に合うとのことでした。(よかったです。またダブらなくて(笑))

 そのから、同じような病気で入院生活をしていた長男と先輩はとても話があって(医療関係のこと病院生活のこと)二人で盛り上がって、他の子は「???」だったそうです。(例えば「先輩、点滴遅くないっすか。少し速くしときましょうか。」「おう。そうだな。」他の子は「えっ!そんなこと勝手にしちゃ…」みたいな?)

 帰り、一本電車に乗りそこなったみたいで、8時くらいに帰ってきましたが、他の先輩方とも楽しくできたようです。

 もうすぐ、卒業。長男に良い影響を与えてくれた先輩方ともお別れです。

 長男はいつも「この高校に行ってよかった」と言っています。私もそう思います。

 先輩方から受け継いだものを、今度は長男が後輩たちに受け継いでいってほしいです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事