九里学のまなぶログ

くのり学のまなぶログにようこそ!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全214ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

『大局観』

長い間『まなぶログ』を休止しており愛読者の方々には誠に申し訳ありませんでした。

久しぶりの投稿に少々緊張しておりますが、フェイスブックにはない自分のおもいを今回も筆耕しようと思います。

今日は第98回全国高等学校野球選手権滋賀大会の決勝戦が県立彦根球場で行われます。

滋賀県立高島高校と私立近江高校の戦い。

雨天順延で仕切り直しとなった大一番。

多くの県民の皆さんが、固唾をのんで、手に汗握り見守ることと思います。

私自身も熱戦を大いに期待しています。

私にも高校野球の監督を長年されてき、今は管理職となっている親友がいます。

時折、彼と話をする機会がありますが、『高校野球の監督ほど素晴らしいものはないといいます』。

何故か?

彼曰く、試合中の「あの真剣な熱い眼差しで私の指示を仰ぐ生徒、選手の顔をみていたらこちらまで奮起し熱くなる」とのこと。

「ついつい監督なんだから大局観をもって指導や指示をしなければならない、と自ら言い聞かすんだが、無心になってしまうんだよなぁ〜」と彼。

私も高校時代生徒会長として母校の応援団長をした時も、選手と一体化した経験がありますが、監督や保護者のみなさんなら尚更のことだと思います。

負ければ終わり。

一度限りのトーナメント戦。

この夏の参議院議員選挙で応援していた候補者に最後の街頭演説で生意気ながらこんなことをいいました。

「最後ぐらい頭に鉢巻したらどうや」と私。

「私、人生で一度も鉢巻したことないん」と候補者。

「参議院は衆議院と違って、敗者復活ないんやで」と私。

「わかった。鉢巻する」と候補者。

「負ければ終わり。その覚悟と執念を皆さんはみてるんや」と私。

すると、手にしていた黄色のリボンをほどき、手伝おうとする私を制し、自らしっかりと頭に鉢巻をしました。

その後、候補者が街宣カーの壇上でこのエピソードを話したのは意外でしたが、あの時の今までに見たことのない真剣な眼差しは一生忘れません。

この応援した候補者は今夏を越えることはできませんでしたが、捲土重来をきっと期していただけるものと思います。

選挙も高校野球も全てを懸けて臨む一発勝負。

大切なのは『自分と闘って、自分に負けけない心』。

周りの多くの皆さんのお力や支援のお陰で戦えるのも同様です。

『一球入魂!!』

近江、高島の両校には、これまで育てていただいた周囲の方々への感謝の念を胸に、悔いのない試合をしてくださるよう強く望みます。

今朝も栗東駅で駅立ちをしていると、来春にむけて練習にいかれるエナメルバッグ姿の真っ黒に日焼けした野球部の下級生が元気よく私に挨拶してくれました。

既に、次の大会にむけて地方大会で敗れた高校の選手達は動き出しているのです(くのり)




この記事に

熊本・大分に今も時折、余震が続きます。

私は、阪神と東日本という二つの大震災に遭遇しました。

阪神大震災のあとすぐ、現地にボランティアとして赴き、以降2001年まで立ち上げたフリーマーケットの売上金や義援金を二カ月に一度、孤児院や福祉施設に寄付してきました。

そして、東日本大震災が起こったのは私自身が二回目の統一地方選の告示日を間近に控えた頃でした。

当選が決まって数日後、東北にマスクや入れ歯洗浄剤、入れ歯ケースに歯磨き粉と歯ブラシ等の衛生用品を宅配便で配送。

その後を追うように被災地を訪ねました。

そして、今回の熊本・大分の大震災。

今回も、震災後数日後、衛生用品を購入、宅配はしたものの、未だわが身を被災地にもっていくことは出来ていません。

発災後、三週間が経ち、徐々に報道にさかれる時間も少なくなりつつあり、被災された方々はどんな生活をされているのか気になります。

どうか、体力的に厳しくとも、心だけは折れない生き方をしてほしいものです。

私にはいつも私の話を真剣な眼差しでじっくりときいてくれ、その後一言の助言をくれるひとがいます。

相手が自身の話を受け入れてくれ、そしてその人のためだと思うなら、率直に言うべきことをいってくれる。

そんな強い信頼感で結ばれる人と出あい、関係を続けるのは、一つひとつ歳を重ねれば重ねるほど難しくなります。

けむたがられ、反発されようとも、また、相手との関係がぎくしゃくしようとも、恐れず言うべきことをいってくれるひとをこれからも大切にしようと思います。

この世界にいれば、時折、心が折れそうで、ひとり涙が溢れてくることもあります。

しかし、よりよい社会を生み出すために勇気をもって言動を前に進めることの大切さをその人は私が議員になってから6年以上教え続けてくれています。

被災地や被災された人々に伝えたいと思います。

『日々の営みに無駄はないのだと・・・』

神戸や東北や九州の魂をいつまでも持ち続け、どうか、日々心が折れない生き方をし続けてくださいと・・・。

道端に咲く草花のように(くのり)

この記事に

また、大震災が起こってしまいました。

発災以来1週間。

阪神大震災や東日本大震災の時と同じ様に、想定外の自然の脅威の前に、人間の微力さを感じている日々が続きます。

発災以来、初めての議会招集が昨日行われました。

4月召集会議を前に、議会運営委員会が開かれ、様々な事件についての話し合いが行われました。

最後のその他の中で、4月招集会議の冒頭、熊本や大分の震災でお亡くなりになったの方々のことをおもい、ご冥福をお祈りし、滋賀県議会議員全員で起立黙祷をすることを委員長に提案し、党を超えて、全ての委員の皆様にご賛同をいただきました。

そして、続く議員会役員会の場では、会長であります議長に議員や議員会として、東日本大震災時にそうであったように、少しでもお役にたてていただけるよう、議員会や議員報酬の一部から義援金をしようと提言し、事務方や県の担当部署含め早急に検討していただけることとなりました。

一昨日、三日月知事を筆頭に、滋賀県にも災害支援対策本部がたちあがり、「オール滋賀」で被災地や被災された皆さんへの物心ともにあわせた支援が本格的に始まりました。

様々な報道で話題となりました滋賀県議会ではありましたが、議会として、議会人としてできることをスピード感をもってすることが何より大切だと思うのです(微力ですが、一昨日から購入、収集準備をし、使い捨てマスク・歯磨き粉、歯ブラシ・入れ歯洗浄剤・入れ歯入れ・大人用紙おむつ等、阪神大震災や東日本大震災の直後被災地へ赴き、不足していた衛生用品を現地へ宅配しました)。

-できることを、できるでけやることの大切さ-

こうした非常時、何ができるのか!

今年もまた、咲いてくれた庭の八重桜を眺めながら、無理なく、無駄なく続けることの貴重さを自問自答している朝です(くのり)







この記事に

『ていねいに暮らす』

平成28年度が本格的にスタートしました。

今週はじめの月曜日火曜日はJR栗東駅での県政報告。

今朝はJR手原駅で会派レポートを配布させていただきました。

『最近ブログ更新されていませんね。楽しみにしているんですよ』といつも笑顔で朝の挨拶をして下さる市民の方のお声。

そう言えば、紙ベース広報とフェースブックにばかり気をとられ、しばく『まなぶログ』と『ツイッター』をしていなかった。

反省しきり・・・。

10年前からはじめた拙い文章の『まなぶログ』。

私の原点なのに・・・。

SNSもなかった時代から楽しみに読み続けていただいてきた方々のお声こそ宝。

新年度からはしっかりと忙しさにかまけず、筆耕したいと思います。

『本当に申し訳ございませんでした』(謝罪)。

この夏の参議院議員選挙に、噂がささやかれ始めています衆参同一選挙まで、徐々に政治家や関係者の日々の動きが活発化してきました。

「毎日が、ジェットコースターに乗ってるみたい」と議員になりたてのある後輩が、一献の席で私につぶやいたことがありますが、公私とも多忙だと時間の使い方まで乱雑になりがちです。

仕事に勉強に家事に、地域行事。

毎日余裕がなくて、心身ともに疲れてしまう慌ただしい日々が続くとついつい暮らしまで乱雑になりがちです。

時間に流され、追われるのではなく、もっと時間に余裕をもち、時間を追うぐらいのスケジュール管理をしなければ・・・。

私らしくいきなければ。

せめて新しい年度のはじめ、『ていねいでシンプルな暮らし』ができる様、時間を有効活用し、時間を迎えにいくぐらい深みのある生活を心がけようと思います。

『暮らしのカタチ』は人それぞれですが『自分らしい生活スタイルの選択』を構築できればと思います。

長女もこの春からは社会人一年生となりました。

「お父さん。明日の朝5時起きやし、今晩中に車入れ替えといてや」

昨晩帰ると、自宅が狭い駐車場ゆえ、翌朝、どうしたら車の出し入れがスムーズにできるのか。前の晩から順番まで考えている長女。

大学卒業して今は社会人一年生としての研修中とのこと。

彼女から教えられました。

ふっと立ち止まり、空を見上げる時間の大切さを・・。

駅立ちの帰り道、栗東市手原にあるD51公園の満開の桜を見上げ、大きく深呼吸を一つしました。

「時間があればていねいに暮らせる」ではなく、「ていねいに暮らすと、時間ができる」意味を考えながら。

愛読者の皆様、本年度もなにとぞよろしくお願い致します(くのり)


この記事に

新年になってはじめての『まなぶログ』更新となります。

しばらくの間、お休みをさせていただいていただいたことに対しお詫び申しあげますとともに、本年もつたない文書ですが、読者の皆様にはよろしくお願いいたします。

年末から年始にかけていろんなことが重なり、心身ともに落ち込んだ日々が続きました。

『人はなぜ強くなければならないか』

『真の強さはどこから来るのか』

『自分の心に正直に生きるとは』

『修羅場をくぐりぬけたやさしさとはなにか』

『笑顔でいきることの大切さ』

日夜、連日こんなことを考えつづける日々・・・。

そして、自問自答し見つけたのは『大丈夫』という三文字の言葉でした。

『丈』という字は長さ170㎝を表し、『夫』という字は男を表すのです。

「しっかりと自分の信念と確固とした生き方ができる成人男子のこと」から『大丈夫』という言葉はできているそうです。

議員にならせていただいて10年目。

迷った時、辛く悲しく寂しい時、自ら『大丈夫だ』と言い聞かせよう!!

困った人や大変な状況の人を見たらしっかりと『大丈夫だよ』と手を差し伸べよう!!

まだまだ強くなりきれない自分がいますが、しっかりと心を強くもち、今年も一歩一歩前に進もうと思います。

真のやさしさは「強さ」からうまれるのだから・・・。

こんな思いを『成人の日』の挨拶でもさせていただきました。

どうか、本年も街角でお見かけの節はお気軽にお声がけください(くのり)


この記事に

全214ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事