山吉

イメージ 1

イメージ 2

山吉は安土桃山時代の尾張の人と伝えられております。
従来、信家の弟子とする説もありましたが、むしろ一時代古く思われます。

その作風は枯淡の境地に達し、いわゆる金工ものとは一線を画するものであります。

精緻で立派なものはある程度努力をすれば実現可能であると思われますが、風雅とか侘びを厭味なく作り上げるのは、その人に備わった境涯でなければできることではありません。
単に努力とか練習だけでは無理なのです。

日本刀の中心(銘の切ってある部分)を各年代に並べてみると、どうしても鎌倉、平安の古色ある堂々たる味わいの深い景観には自然に頭の下がるような妙趣がありますが、不思議なことに、この山吉は桃山でありながらその横に並べても銘字も含めて決して引けをとりません。

後世、同じ尾張の則亮等が器用にその写しに励んでいますが、武門の心で観ればとても及ぶものではありません。

開く トラックバック(1)

日本刀 義弘 大和伝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

約9寸 身幅広めに重ねやや薄く三つ棟。

義弘というと有名な郷の義弘を思い浮かべてしまいますが、大銘物の偽物とするには惜しい思いでさらに熟視しました。

フクラの枯れ気味の引き締まった体配、幅広の手際の良い樋などから、室町まで下がらない上作と鑑せられます。

地鉄は小板目肌みじんによく詰み地沸つき明るく冴える。
焼き幅狭目の大のたれに浅い互の目が交じり匂いに小沸つく刃紋、ところどころ二重刃風に湯走りが掛かる。

総じて大和気質のつよい作風と捉えられます。

中心も錆色、目釘穴の形にも十分時代がうかがわれ、古拙な銘であります。

類品を調べてみますと古三原に一本同銘があり、大のたれに二重刃調にところどころ湯走りがかかり、非常に近い作風であります。

一方大和千手院にも同銘があり同族とも思われるものに画像3枚目の吉広があります。(日本刀随感より転載)

三原の出が大和であるといったことを考え合わせると、古三原義弘は大和千手院の義弘(吉広)或いは同族の鍛冶者が移住した可能性もあります。

更に画像5枚目の「刀工大鑑」にあるように、従来の正宗云々から離れて大和千手院系の作品稀な鍛冶の作刀と捉えると、従来の大和本国の伝法に時代が要求したいわゆる相州伝を加えた、非常に魅力的な作品群であったのではないでしょうか。

ともあれ現存類品の稀なものは現代において世上認められにくいと思いますが、いたずらに偽物扱いをせずに詳しく調べてみる必要があると思う次第であります。

須恵器・広口壷

イメージ 1

イメージ 2

還元焼成でやかれた、須恵器質の壷です。

仏教美術に通じる古格があります。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事