ここから本文です
ここ過ぎて官能の愉楽のそれに われ過ぎてとはの悩みに − ダンテ『神曲』

書庫最新記事

すべて表示

  •   芥川龍之介『将軍』、『戯作三昧』    芥川龍之介の『将軍』と『戯作三昧』を取り上げたい。  『将軍』は、N将軍、おそらく乃木将軍と思われる人物が、満州の戦場で  繰 り広げるエピソードを描いたものである。 ...すべて表示すべて表示

  •   芥川龍之介「或日の大石内蔵助」、「枯野抄」 芥川龍之介の短編小説について続ける。   「或日の大石内蔵助」という作品がある。討ち入りを成就させ、預かり  の身となった大石内蔵助の心境を淡々と描写した短 ...すべて表示すべて表示

  • 短編小説の愉しみ芥川龍之介

    2018/1/16(火) 午前 11:00

      芥川龍之介 『蜜柑』   短 編小説と言えば芥川龍之介を忘れるわけにはいかない。短編小説の横    綱というべき地位を占めているだろう。現今の大相撲の横綱が何かと議論  の対象となり、その真価が問われているのに対 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事