IT坊主のひとりごと

災害・震災により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げますとともに一日も早く復興することをお祈り申し上げます。合掌

認知症サポーター

何か特別なことをする人ではありません! 認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい眼で見守ることです。 「認知症の人やその家族への応援者です」 認知症は誰でもなる可能性のある病気です。いつ自分や家族が、あるいは友人や知り合いが認知症になるかわかりません。 一人ひとりが違うように対応は一様ではありませんが心の通った対応(支援)を待っている人がいると捉えて行動することが大切です。 『認知症サポーターのひとりごと』 参考:認知症サポーター養成講座標準教材「認知症を学び地域で支えよう(全国キャラバンメイト連絡協議会)」より引用・編集

その他の最新記事

すべて表示

そもそもあの布のことを何故、風呂敷というのか。「風呂」という文字が入っているが風呂とは何か関連があるのか単純に疑問です。調べると文字通り風呂場が起源のようです。昔は各家庭にお風呂があることは珍しく銭湯でした。銭湯に行く場合衣類等を包む ...すべて表示すべて表示

“げたをあずける”という表現を耳にすることはありませんか。これは「相手にすべてを一任する」ことです。 昔の日本の履物は下駄や草履(ぞうり)でした。その当時は、仕事の関係で相手先や料理屋などに出向いた場合、先方が用意した部屋 ...すべて表示すべて表示

「いだてん」とは、足の速い人のことで、ものすごく速く走る人、勢いよく速く走る人という意味があり、スピード王の代名詞とも言うべき表現です。 韋駄天(いだてん)は仏教の仏法や寺院を守護する戦に強く足の速い神です。ある時、夜叉(足の速い鬼) ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事