空の下、レールの上を人生と共に…

♪懐かしい日々が 遥かな日々が 時の流れ越えてほら 巡る旅路さ…

全体表示

[ リスト ]

毎年恒例のファミリー鉄道展に行ってきました。
正直、今年は展示車両が例年になく地味で、行こうか行くまいか迷いましたが、やっぱり行って来ました。

今回の展示車両の目玉は小田急F-Train兇らい、ロマンスカーはEXE(30000形)、しかも4両付属だけ。
LSE・VSE・MSEは土日だけにフル運用で、EXEにしてもやっと4両付属を引っ張り出したという感じです。
この辺り、3月ダイヤ改正でHiSEとRSEが引退してしまった影響が出たと思います。



イメージ 1
昨年までですと、3系列は展示されていましたから少し寂しい。



イメージ 2
レールが山積みになっているのは、鉄道の現場ならではだと思います。



イメージ 3
RSEは引退しても、高所の架線を守るタワー車に塗装が残されています。



イメージ 4
EXE 30053×4
早いもので、この車両も登場して16年半が経過しました。


今回の「一番人気」は、何と言っても小田急F-Train供



イメージ 5
この車両のある所、そこいら中でカメラを向ける人、収まる人が絶えませんでした。



イメージ 6
よく見ると「ODAKYU F-TRAIN 供廚硫爾ら小田急のロゴが浮かび上がっています。



イメージ 7
3093×10
今回の一番人気だけに、完全に自分の撮りたいように撮るのは不可能です。
一度町田駅で誰にも邪魔されずに撮ったからよしとします。



「ドラえもん」が小学館の学習雑誌に連載を開始したのは、私の記憶だと1970(昭和45)年1月号から。
それを考えると、家族構成によっては3代楽しめることになります。
今年は文字通り「ファミリー鉄道展」だったと言えると思います。


「なつかしのかいじ」は今日は出撃出来ません。
明日の復路を新宿駅で狙えるかどうかというところです。

画像全て2012.10.20 小田急電鉄 海老名検車区


鉄道コムに参加しております。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私も昨日行きました。日頃、日のあたらない車両の展示、紹介は大事ですけど何か物足りなかったですね。喜多見の9000型あたりも久々に会いたかったです。アスペストの車両も無くなった事だしそろそろは部品販売も再開して欲しいです。

2012/10/22(月) 午前 1:01 [ みや ] 返信する

顔アイコン

みやさん、コメントありがとうございます。
F-Train兇漏里に人の波なのですが、実感としては動員数は例年より低かったと思います。
今年はその前に「THE LAST GREETING」もあったので、テンションが下がってしまった感もあります。
来年は喜多見から9001でも連れて来ないといけないのでは…と思います。

2012/10/22(月) 午後 7:43 HERO 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事