全体表示

[ リスト ]

新参者<★★★★★>

 立ちはだかるのは、人情という名の謎。
日本橋の片隅で発見された四十代女性の絞殺死体。
「なぜ、あんなにいい人が」と周囲は声を重ねる。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、未知の土地を歩き回る。

「この町のことを思い浮かべるだけで、忽ち様々な人間が動きだした。
そのうちの一人を描こうとすると、そばにいる人々の姿も描かざるをえなくなった。
まるでドミノ倒しのように、次々とドラマが繋がっていった。
同時に謎も。最後のドミノを倒した時の達成感は、
作家として初めて味わうものだった」――東野圭吾

 東野圭吾の最新刊、忙しくても外せない1冊です。
特に『赤い指』以来の加賀恭一郎ものと聞いては、
嫌が応にも期待が高まるというものでしょう。

 実の所、最初のうちはそれ程乗り切れないまま進んでいました。
「あれ、このシリーズ・作者にこういう作品は求めていないぞ」と
思わされる展開が続き、「これはちょっとどうだ?」とやや不安に
なっていました。上記紹介だと「人情という名の謎」「ドミノ倒し」の
部分がそれに当たります。正直その手の作品は色々あるし、もっと
東野圭吾らしい作品が読みたいなあ、と思いつつページを手繰っていました。

 読み進めていくうちに解けていく事件の糸と、そこに係わる加賀の意図が
少しずつ伝わってくるに従って、ようやくいつもの「らしさ」が見えて
きました。あるいは最初からそれは目の前にあって気付いていなかった
だけかもしれませんけれど。

 新境地開拓ではなく、今までと同じ世界のものを違った提示の仕方で
見せている、ということなのでしょう。私としては少なくとも、
『眠りの森』―『悪意』―(『嘘をもう一つだけ』)―『赤い指』という
流れを汲んでの加賀恭一郎を描いた作品であり、それによって生まれている
奥行きが、他の東野作品よりももう一層深い世界を描くことを可能に
しているのだろう、と感じました。

 東野ファンにはもちろんお勧めですし、加賀恭一郎ファンにはさらに
お勧めの作品です。もし余裕があるなら、上記4作をおさらいしてから
読んでみて欲しい作品です。

閉じる コメント(12)

アバター

私も加賀恭一郎の生活史を知った上で読むと深みが出るなぁと同じことを思っていました。「あいつはきっと後悔していないだろう」に一瞬泣けそうになったさ。。。

2009/9/21(月) 午前 0:33 冴 返信する

顔アイコン

買って来ましたです^^v
再読・・無理です(笑)。ので、せめて自分が記憶にあるあたりが関連していたらいいな、と祈るばかり^^

2009/9/21(月) 午前 1:32 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>冴さん
随所に以前のエピソードを連想させる場面がありましたよね。今までの経験を踏まえての現在、という見方をするとより一層見所が多くなると思います。でもあの件に触れたのは今回が初めてでしょうか・・・これからに更なる期待が持てます。

2009/9/21(月) 午前 2:07 よも 返信する

顔アイコン

>ゆきあやさん
おお、買いましたか。加賀恭一郎のキャラが印象にあれば問題ないと思いますよ。

2009/9/21(月) 午前 2:15 よも 返信する

何か情報によると『眠りの森』の彼女のことが出て来るらしいですね。再読しといた方がいいのかな。

2009/9/21(月) 午前 8:46 べる 返信する

顔アイコン

読了!!今年一番記事に時間かかりました。興奮しすぎて何書いてるのかわからなくなり^^;でも愛だけは込めました^^
ゆきあやは最初の章からツボに入っておりました。東野フリークのよもさんはやはり視点が違うなあっ^^今年のマイベスト1になりそうです。(長編部門ですよね、これ?)

2009/9/25(金) 午前 3:00 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>べるさん
もうお読みになったかと思いますが、直接的な絡みはありませんでしたね。でも、節々に以前のエピソードを感じさせる場面はありましたよね。

2009/10/5(月) 午前 1:43 よも 返信する

顔アイコン

>ゆきあやさん
相当気に入られましたね〜^^!ここだけの話、私は「下町人情もの」といった趣の作品は好みでないんですよ。だから最初はちょっと不安になりましたが、そんな懸念を払拭してくれる出来栄えだったと思います。

2009/10/5(月) 午前 1:47 よも 返信する

東野作品はメチャクチャな順番で読んでしまっていますw
デビューが「どちらかが彼女を殺した」で、一発で加賀のかっこよさが気に入りました.最近は「新参者」を読んでから「赤い指」というステップを踏んでしまいました。あれ?また練馬署wみたいなw 加賀作品は最後の1ページ、加賀の最後の一言がいつもシビレます。

2009/10/10(土) 午後 4:17 watasulin 返信する

顔アイコン

赤い指でも感動しましたが本書もかなりの満足感味わえました☆
最初の方の話はあまり事件と関係ありませんでしたが、それすらも読者をぐいぐいひきこんでしまう東野さんの腕前に感服しました^^

2009/10/30(金) 午前 1:54 気まぐれ 返信する

顔アイコン

>すうりんさん
やはり加賀恭一郎登場作品は人気が高いですね。この人ありきの作品でもあると思いますが、物語が立体的な分より深みのある作品だったと思います。

2010/1/2(土) 午後 9:51 よも 返信する

顔アイコン

>気まぐれさん
『赤い指』もいい作品ですが、こちらもとても面白かったですよね。東野氏の構成力もさすがですし、ああいう事件の隅々まであたって行く役柄はやはり加賀恭一郎ですよね。

2010/1/2(土) 午後 9:52 よも 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事