全体表示

[ リスト ]

最大瞬間風速32メートル。十勝平野が十年ぶりの
超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、
帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。
暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、
冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。
それぞれの事情を隠した逃亡者たちが辿りついた
ペンション・グリーンルーフで、恐怖の一夜の幕が開く。
すべての交通が遮断された町に、
警察官は川久保篤巡査部長のほかいない―。
超弩級の警察小説。

 『制服捜査』シリーズの第2弾は長編の力作です。
この本は周りで読んだという人が全然いないので、
発売されたこと自体あまり認知されていないのでは?
という噂が立っていました。

 単純に警察小説、あるいはサスペンス小説として
読んだ場合、このすごく面白い作品であることは
間違いありません。決して斬新なシチュエーションではない
この物語でこれだけひきつけられるのは、やはりその
描写力ならではと言えるでしょう。

 特に荒れ狂っていく雪の描写は、まるでその場に自分も
居合わせているかのような錯覚すら覚えます。実際読むのを
中断して本から顔を上げると、なんだか急に季節を飛び越えたような
気持ちにすらさせられました、

 またその描写が、同じように荒れ狂っていく登場人物たちの
心理を表しているようで恐ろしさすら感じさせられます。
やはり他にはない世界観を表現している作品だと改めて思いました。

 実の所、書いている途中まで「別にこのシリーズでなくても良かったのでは?」
という疑念がありました。舞台が北海道というだけなら、川久保という
キャラクターを使う必然性はありませんし、何よりその川久保に
あまり見せ場がないので、どうしてもそう感じてしまっていました。

 ただ、風景の描写が印象的であり、そこに登場人物たちの心理を
重ね合わせた時、荒れ狂う吹雪の中ただ1人その場に変わらず
立ち続けている川久保の姿が浮かんでくるようで、ここでようやく
「ああ、なるほど」と思わされました。
 
 一気に読んでしまえるし一気に読んでしまいたい作品だと思いますが、
ぜひじっくり味わって欲しい内容の作品だと思います。自分ももっと
じっくり読む環境を作らないと、本の面白さを損なってしまうと
危機意識を感じさせられました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

間違いなく自分も気に入りそうですが、文庫待ちしようか迷うところです。曽根さんは予約したけどね^^:たしかにまだどこでも記事を見かけないんですよねえ。。しろねこさんが休業している、というのも関係ありそうですが(笑)

2009/9/25(金) 午前 3:02 ゆきあや

顔アイコン

これはなかなか良かったですよ。最後がちょっとすっきりしないかなあ、と最初は感じていたのですが、改めて読み返すとそのあたりも作品のよさと捉えられるかと思いました。

2009/10/5(月) 午前 1:49 よも


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事