全体表示

[ リスト ]

スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。
母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。
緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は?
そんななか、緋田父子の遺伝子についてスポーツ医学的研究の要請が……。
さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。
複雑にもつれた殺意……。超人気作家の意欲作!

 相変わらず更新がままなりませんが、これまでスルーしていたら
本気で存在意義を問われてしまいます。

 昨年は『新参者』で再び一世を風靡していた(最近書店に並んでいる
「いまさら東野圭吾?!」の帯はなかなか斬新です^^)所に本書の
刊行でしたが、書店では『新参者』が売り切れ寸前、こちらはまだまだ
大量に平積みされていました・・・

 それにしても登場人物の造形を見ていると、「こいつは例によって映像化か」と
思わずにいられません。ここまで来るともうそのつもりで書いているんだろうなあ、
と思えてしまいます。別に否定的に捉えるつもりではないのですが、
今年が冬季オリンピックであることなどを考えると、
いい意味でも悪い意味でも「うまいなあ」と思えてしまいます。

 大筋は以前の作品で登場したネタも結構流用されていたりするように思えるのは、
ちょっと引っかかってしまいますが、あの頃だと先を行き過ぎていた感があったので
今また似たような主題を提示するのも一つの方法なのでしょう。

 ストーリーは非常にわかりやすい展開ですが、最後に二転三転させつつ、
過度でないドラマチックさで締めくくってくれるのはさすがといった印象です。
読書リハビリ中の私でも一気読みできてしまうあたりは、物語をつむぐ力の高さを
証明していると言っていいでしょう。

 特に「スポーツにおいて最も重要なものは才能か?」というのも、
スポーツをするものにとっては重いテーマですが、同時に「親と子のつながりとは」と
いう点を隠れた主題にしているのも絶妙だと感じられます。緋田父子の他にも
何組かの親子が登場しますが、それぞれのつながりにおいて、色々な事を
考えさせられます。

 それにしても、道尾秀介氏の最近の作品でも思ったのですが、東野圭吾もここ数年は随分
「家族」がテーマになる作品が多いような気がします。流行り??

閉じる コメント(4)

アバター

あら早い。一番乗りですね。この作品は皆さまの様子見(やはり東野ファンでなく単なる加賀ファンなのか自分^^;)のつもりなのですが★の数は・・・?

2010/1/25(月) 午後 1:50 冴

顔アイコン

さすがに東野さん新刊はハズしませんね^^
これは文庫待ちかなー。タイトルとテーマがいまいちそそられません。。

2010/1/26(火) 午前 0:47 ゆきあや

顔アイコン

>冴さん
いくらペースが落ちていてもこれを逃すわけには、ということで^^そんなに急いで読まなくてもいいかな、と思います。★、久しぶりですっかり忘れていた・・・

2010/2/11(木) 午前 10:28 よも

顔アイコン

>ゆきあやさん
これは出さないと本気で存在意義がなくなるので^^それほどゆきあやさん向きとも思わないので、お待ちになられて差し支えないかと思います。

2010/2/11(木) 午前 10:29 よも


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事