過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 垂里家最大の懸案事項。それは長女・冴子の結婚問題!
小説家を志し、毎日、原稿ばかり書いている冴子だが、
周囲からは次々とお見合い話が舞い込む。
それでも、やっぱり、お見合いするたびに事件に巻き込まれ、
お相手そっちのけで謎を解くはめに!
はてさて、今回の冴子のお見合いの成否は、そして事件の行く末は。

 昨年の『モンスターズ』『キッド・ピストルズの最低の帰還』に
引き続き、懐かしのシリーズ復活です。こちらも実に9年ぶりの新刊。
山口さんのシリーズものでは最も読み手を選ばないと思われるこちらを
待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

 正直な所、前2作の事件そのものについてはほとんど憶えていない
状態なのですが、それでも違和感無く入って行けたのはこのシリーズの
キャラクターが非常に強いインパクトを持っているからでしょう。
特に一家の妹弟は久々に読んだ気がしないくらいいつも読んでいたような
錯覚に襲われます。山口さんの作品にありがちなキャラだと言ってしまえば
それまでなのですが。

 事件そのものは非常にオーソドックスです。他のシリーズに比べると
こちらはトリッキーさが控え目になるのかもしれません。ある意味唯一
現実世界を舞台に展開するシリーズとも言えるので、若干地味になるのは
仕方のないところでしょうか。特に『神は寝ている猿』はダイイングメッセージが
出てきた時点で犯人に気付いてしまったので、その点ではかなり物足りないと
言わざるを得ないでしょう。

 冴さんが指摘されていた「冴子の変化」という部分は私も感じるところでした。
現場に赴いたり捕り物に参加したりというのは、やはり結構違和感を感じます。
もともと安楽椅子探偵よりも現場を練り歩く名探偵の方が好みではあるのですが、
このキャラクターはやはり安楽椅子のシチュエーションの方がしっくり来るように
思えます。この変化がシリーズ自体にも何がしかの変化をもたらすのであれば
また違うのでしょうが、また次巻までは結構間が開きそうな気がしますしね。

 それでも評価できるのは二大スター(?)競演がしっくりはまる形で
描かれていることでしょうか。意味も無くただ競演させたわけでもなく、
そして持ち味を殺さずに二人を描いているあたりは、「この人はキャラ勝負に
徹しても行けてしまうのでは?」などと思わせたりもします。いやいやそれでも、
やはり往年の壮大な本格推理作品を見せる機会を作って欲しいという思いは消えませんけれど。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事