過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新参者<★★★★★>

 立ちはだかるのは、人情という名の謎。
日本橋の片隅で発見された四十代女性の絞殺死体。
「なぜ、あんなにいい人が」と周囲は声を重ねる。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、未知の土地を歩き回る。

「この町のことを思い浮かべるだけで、忽ち様々な人間が動きだした。
そのうちの一人を描こうとすると、そばにいる人々の姿も描かざるをえなくなった。
まるでドミノ倒しのように、次々とドラマが繋がっていった。
同時に謎も。最後のドミノを倒した時の達成感は、
作家として初めて味わうものだった」――東野圭吾

 東野圭吾の最新刊、忙しくても外せない1冊です。
特に『赤い指』以来の加賀恭一郎ものと聞いては、
嫌が応にも期待が高まるというものでしょう。

 実の所、最初のうちはそれ程乗り切れないまま進んでいました。
「あれ、このシリーズ・作者にこういう作品は求めていないぞ」と
思わされる展開が続き、「これはちょっとどうだ?」とやや不安に
なっていました。上記紹介だと「人情という名の謎」「ドミノ倒し」の
部分がそれに当たります。正直その手の作品は色々あるし、もっと
東野圭吾らしい作品が読みたいなあ、と思いつつページを手繰っていました。

 読み進めていくうちに解けていく事件の糸と、そこに係わる加賀の意図が
少しずつ伝わってくるに従って、ようやくいつもの「らしさ」が見えて
きました。あるいは最初からそれは目の前にあって気付いていなかった
だけかもしれませんけれど。

 新境地開拓ではなく、今までと同じ世界のものを違った提示の仕方で
見せている、ということなのでしょう。私としては少なくとも、
『眠りの森』―『悪意』―(『嘘をもう一つだけ』)―『赤い指』という
流れを汲んでの加賀恭一郎を描いた作品であり、それによって生まれている
奥行きが、他の東野作品よりももう一層深い世界を描くことを可能に
しているのだろう、と感じました。

 東野ファンにはもちろんお勧めですし、加賀恭一郎ファンにはさらに
お勧めの作品です。もし余裕があるなら、上記4作をおさらいしてから
読んでみて欲しい作品です。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事