ここから本文です
【の】BLOG
ご訪問ありがとうございます/歡迎參觀我的部落格/welcome to my blog

書庫全体表示

■宗谷岬年越しツーリング2015→2016 INDEX
http://blogs.yahoo.co.jp/ymh3xw1991/63899101.html

■Movie/動画
[part5] 宗谷岬年越しツーリング2015→2016 日本北海道跨年機車旅遊
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=xRjRa2KZP_s
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm28300123



2015年12月31日(夜)
 宗谷岬から少し離れたペンションにチェックインして食事と風呂を済ませて仮眠。そしてPM22:30頃にリンさんに起こされて目覚め、すぐに防寒服に着替えて部屋を出る。


共用スペースでくつろぐ外国人のお客様から変人を見るような目で見送られつつ外に出る。
イメージ 1



バイクはメーター周辺がうっすら凍りヘットライトにツララが出来るほど冷えている。それでもエンジンはセル一発始動し十分に暖機する。
イメージ 2



 駐車場にはわずか数時間で新雪が積もりタイヤが埋もれ、リンさんは三輪車を押し歩きして車道まで脱出する。


PM22:55 ペンションを出発
イメージ 3


 ここから宗谷岬まで実走13km。走り出してすぐに今回のツーリングで最強クラスの暴風雪の中にいることに気付く。横殴りの雪がヘッドライトに照らされて物凄い勢いで吹き付けてくるのが見える。


我々と同じく宗谷岬方面へ向かう四輪車が時々追い越していく。
イメージ 4


 あと数kmで到着するあたりで−10℃までの耐寒性能を持つアクションカメラが極寒に耐えられず録画が止まってしまう。ツーリング中に低温でカメラが文字通り"フリーズ"したのはこのときだけ。ヘルメットからカメラを外し前カゴのタオルの中に包みカメラ本体を雪から避ける。


 何回か起動に失敗し、宗谷岬に近づいた頃にようやく再起動して録画を開始。何とか宗谷岬到着の瞬間はギリギリで記録出来た。


PM23:25 宗谷岬に到着
イメージ 5


岬の周辺は真横から雪が飛んでくる猛吹雪。年越し宗谷岬リピーターさん曰く「これでも例年よりは多少マシ」だそうだ。
イメージ 6


 ついに最北端の地に辿り着いた!…なんて感動は微塵も湧かず、とにかく無事に走って辿りつけた安堵感しかない。


日本最北端地点の定義は諸説あって、

・日本政府が主張する日本最北端 …択捉島カモイワッカ岬(北海道蘂取郡蘂取村、ロシアが実効支配)
・日本政府が実効支配する範囲での最北端 … 弁天島 (北海道稚内市)
・一般人が容易に到達出来る最北端 … 宗谷岬 (北海道稚内市)

 つまり宗谷岬は一般の日本人が到達出来る範囲内での日本最北端であり、地理的には北海道本土の最北端である。


そのバイクで宗谷岬に集まったライダーは、年越しの時点で60台程度と思われる。
イメージ 7


 カブ・オフ車・スクーターがほとんどで、今回はYZF-R6で来たライダーが北海道上陸直後から話題になっていた。その他に変わった車種はチョイノリ・トリシティ・リンさんのAD200等。四輪車の車種は軽自動車からキャンピングカーまで様々。その他に自転車や徒歩で来た人もいる。


駐車場の海側一帯にテントが設営されている。
主にバイク・自転車・徒歩組のテントで、四輪車組はほとんどが車中泊。
イメージ 8


パトカー3台が赤色灯を回して警戒に当っている。
本当にお疲れ様です。
イメージ 9



バス待合所の前にラーメン屋台車が停まっていて無料でラーメンを配布している。
リンさんと一緒に一杯ずつ頂く。ごちそうさまです。
イメージ 10



日本最北端の地の碑で、人が集まってくる前にリンさんと記念撮影。
イメージ 11
イメージ 12


年越しまで10分を切り続々と人が集まり始める。
カウントダウンに備えて三脚立てたりネット生中継を始めたりする人がちらほら。
イメージ 13


自然発生的にカウントダウンが始まる。

10!9!8!7!6!5!4!3!2!1!0!



2016年01月01日
小さな打ち上げ花火4つが年越しのタイミング通りに打ち上がる。
イメージ 14



 年越し宗谷岬リピーターさんの話では「打ち上げ花火にライターで着火出来て、花火が上に飛んだのなら天気は穏やかな証拠」だそうで、これでも例年よりは穏やかな天気だそうだ。

「岬にみんな集って!」という誰かの掛け声で最北端の碑に集まり記念撮影
(ここで撮られた写真はバイク雑誌MOTOツーリングに掲載された)
イメージ 15


撮影タイムを終えて解散。
このまますぐに宗谷岬を離れて稚内市街のホテルや自宅へ戻る人もいる。
イメージ 16


 我々空きスペースを見つけて吹雪に飛ばされないよう二人がかりでテントの設営作業をする。飛ばされないように荷物ををテント内に置きつつ寝るスペースを確保。横になると凍った地面の冷たさがギンギンに伝わってくる。


人がいなくなった碑は途切れることのない風雪に晒されている。
イメージ 17


気温は−5℃
イメージ 18



 今まで体験した最低気温のテント泊は−12℃だったから極端に寒いとは感じない。寒さよりも、吹雪の轟音と除雪車の作業音のほうがうるさくて何度か目が覚める。ちゃんと寝ておかないと昼間のツーリングで体力がもたなくなるから頑張って就寝。





 AM06:00頃、テントの外で誰かのアナウンス音声が聞こえてきて目覚める。おそらく稚内市長のご挨拶だったと思われる。すでに稚内市主催の新年祝賀行事が始まっていた。


AM06:15 悪天候なら中止と聞いていた花火は盛大に打ち上げられた。
イメージ 19


 稚内市が用意した新春干支のキーホルダーと記念品の配布が始まっていて、これを目当てに長蛇の列が出来ている。家族連れの姿が多くテレビ局の取材も来ている。
イメージ 20


 初日の出の時刻はAM07:13。明るくなりつつある空を見上げると雲に覆われていて晴れることはなさそう。宗谷岬では元旦の朝に晴れているほうが珍しいと事前に聞いていたので御来光を拝めなくても気にしない。


そしてAM07:13
やっぱり太陽も青空も拝めず。
イメージ 21


展望台からは日の出を見られなかった人たちが寂しげにぞろぞろと下りてくる。
イメージ 22


 テントを撤収しバイクに積み込んで出発の準備。リンさんは先にペンションに戻り私はもう少し動画撮影をしていく。


撮影の合い間に宗谷神社で初詣
イメージ 23


宗谷岬を出発。
出発してすぐに雲が切れ始めて青空が見えてくる。むしろ御来光よりもきれい。
イメージ 24


 ペンションに戻ってからは朝食をとり、荷物を積んでから旭川を目指す。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事