ここから本文です
【の】BLOG
ご訪問ありがとうございます/歡迎參觀我的部落格/welcome to my blog

書庫全体表示

 昨年秋に納車されてから初めてのオイル&オイルフィルター交換。オイル交換は毎回バイク店にお任せだけど一度は自分で作業して流れを把握しておきたい。



メーカー推奨のオイル規格と規定値は以下の通り。
(K1300Sユーザーマニュアルより抜粋)
イメージ 1

参考に、メーカー推奨のオイル交換サイクルは以下の通り。
(K1300Sサービスマニュアルより抜粋)
イメージ 18

 オイル+フィルター交換時期がメーカー推奨で" Annually or every 10000km "(年1回または走行10000km毎)。

 今回のオイルフィルター交換は、納車から約7ヶ月・約2500kmを走行したタイミングでの作業となる。



≪用意するもの≫

・エンジンオイル
・オイルフィルター
・アルミワッシャー(16mm径)
・漏斗またはオイルジョッキ
・廃油受け(2個が望ましい)
・工具
 トルクスソケット T25(主にカウル脱着)・T50(ドレンボルト脱着)
 プライヤー(オイルホース取り外し)
・パーツクリーナー



≪作業の流れ≫

K1300Sのエンジンはドライサンプ式で2箇所からオイルを抜く必要がある。
(フィルター交換時のオイル排出を含めると3箇所)

1. ドレンボルト(車体下、エキパイの隙間)
イメージ 15

2. オイルレベルゲージ用ホース(車体右側、オイルタンク下部から伸びるチューブ)
イメージ 16

3. オイルフィルター(エンジン左側、シフトペダルの奥)
イメージ 17


大まかな作業の流れは、

ドレンボルトとホースからオイルを抜く

フィルター交換

ドレンボルトとホースを元に戻す

新しいオイルを入れる




≪実際のオイル交換作業≫

・アンダーカウルとシートを外す。
(アンダーカウルは外さなくても作業は可能、でも外したほうが作業しやすい。)
イメージ 2



・オイルフィルターのすぐ下に配置されるエキパイにアルミホイルを巻いておく。
(フィルターを外したときに漏れてくるオイルを避けるため。この作業は省略可。)
イメージ 3



・エンジンを回してオイルを十分に温めてからエンジン停止。



・廃油受けをドレンボルト直下とオイルタンク下(後輪とセンタースタンドの間)に置く。
(廃油受けが一つしかない場合は最初にドレンボルト直下に置く)



・ドレンボルトを外しオイルを抜く。
イメージ 4



・シート下のオイルレベルゲージ用ホースを外す。
(素手で外せない場合はプライヤーで挟むと簡単に外せる。)
イメージ 5



・ホースのコネクター部分の穴をテープ等で塞ぐ。
(塞がずに作業を続けると、作業中にホースの穴からオイルが漏れて車体にかかる。)



・ホースのコネクターを車体の下へ垂らしてオイルを20分以上かけて抜く。
(サービスマニュアルで20分以上の時間を必須としている)
イメージ 6



・廃油受けがフィルターの真下にあるのを確認してからオイルフィルターを外す。
(直下のエキパイが必ずオイルで濡れる)
イメージ 7



・ドレンボルト・オイルタンクのチューブ・フィルター取付口の3ヶ所からオイルが抜け切れたことを確認。



・新品のオイルフィルターを装着。
イメージ 8



・ドレンボルトを新品のアルミワッシャーに交換してからエンジンに装着。
イメージ 9



・オイルレベルゲージ用ホースを元の位置に戻す。
イメージ 10



・オイル給油口のキャップを外し、漏斗またはオイルジョッキから新品オイルを給油。
イメージ 11



・オイル規定量の3.5Lが入り切る前にオイルレベルゲージがMAXを超える。
イメージ 12



・ここで一度エンジンを回すとMIN以下まで下がるので、一旦エンジンを停めて規定範囲までオイルを継ぎ足す。再びエンジンを回してオイルが規定範囲以内で安定したことを確認。



・オイルで濡れた部分をパーツクリーナーとウエスで掃除して、アンダーカウルを装着して作業終了。
(エキパイにアルミ箔を巻いていた場合はエキパイが十分に冷えてから剥がす。)




今回の作業で使ったオイル
Castrol Power1 4T 15W-50 MA(4L)
マニュアルに記載されているメーカー推奨オイルは Castrol Power1 Racing SAE 5W-40(または10W-50)。
値段が安かったことと、次のオイル交換時期まで(春→夏→秋)暑いか暖かい日が続くことと、自分の運転では渋滞や市街地走行でエンジンが高温になりやすいことを考えて15W-50にしておいた。
イメージ 13



今回の作業で使ったオイルフィルター
K&N オイルフィルター KN-160
BMW純正パーツ11 42 7 721 779 の互換品。
純正フィルターよりも値段が安くて入手しやすく、フィルター中心部に六角ボルト頭が付いているためフィルターレンチを使わずに作業が可能。
イメージ 14

この記事に

  • 顔アイコン

    フィルターの形が変だな・・・と思ってたら、ボルト付きだったん
    ですね。初めて見ました。

    しかし、オイル抜く時間が長いですねぇ。

    oichan_rr

    2017/5/7(日) 午後 8:14

    返信する
  • > oichan_rrさん
    ドレンボルトからのオイルはすぐに抜け切れますが、細いホースからは本当にチョロチョロとしか出てきません…。
    このバイクのオイル交換は難しくは無いけど時間がかかって面倒でした。

    【の】

    2017/5/8(月) 午後 9:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事