権化の言語

教育という名のランボウ

教師イップス

「 イップス 」って聞いたことがありますか。 スポーツなどで精神的な原因で通常の動きができなくなることです。 普段は何気なく、うまくいっていたのが出来なくなるんです。 つまり、センスでできていたものが、あれっ、あれっとなって 今までどうしていたんだろうと。 この「 イッ プス 」、教師にもあります。「 教師イップス 」。教師に向いていると思われる 人が何かで、何かが原因で、学生の反応が悪くなるやら、思った方向に 進まないやら、違うところから崩壊していくような感覚になることです。 この症状は、教師に向いているような人に起こりがちです。 ずっとセンスでやってきた人たちです。 教師イップすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

教育という暴力

2018/10/14(日) 午後 2:16

宗教 今の自分、将来の自分、人との関係、神との関係を導くもの。 どんなに大きな宗教であろうと何%かの人を取り込むだけ。 大きくなればなるほど分裂を起こす。細胞のように。 教育 善意が前提で、人類すべてに適用できるものと 考えているふしあり。何とか一つに統一しようとし、 ...すべて表示すべて表示

PPPの批判から始まります。PPPというのは presentation(導入/提示)→ practice(練習/ドリル)→ production(応用/表出)の 順でやる方法のことです。 ほとんどのテキストが文型積み上げ式で構成されているので、 効率のいい教え方なのでしょう。 ...すべて表示すべて表示

前回の『雑談の招待』のメイン本です。 この本は、「おわりに」で書いてあるとおり 「本書で紹介した内容を学習しても、日本語能力試験(JLPT)の点数が上がることは まずないでしょう」 ですが、 「『雑談力』をアップすることは学習者一人ひとりの日本滞在中の「幸福感」を上げることに 直結しているのです」 ということで意義が ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事