権化の言語

教育という名のランボウ

たいのいぬ

  マイペンライ、サバーイサバーイの国でも、またこんな仕事してても ストレスはつきもの。 でも、タイならではのこういう光景を見ると、こんなんでも みんな認めてくれるんだあと見入ってしまいます。  店の真ん前で犬が寝ています。彼らの昼は私たちの夜みたいなものです。 それにしても、迷惑な話ですが、だれも、店の人でさえどかそうとしません。 「気持ちよさそうに寝てるんだから」と。  なぜここに?それは自動ドアが開くと中からエアコンの涼しい風が吹いてくるからです。   誰もが誰かのために、まで行くんじゃなく、ちょっとだけでも気を使ってやろう ぐらいのサイズでいきたいですね。

その他の最新記事

すべて表示

教育という暴力

2018/10/14(日) 午後 2:16

宗教 今の自分、将来の自分、人との関係、神との関係を導くもの。 どんなに大きな宗教であろうと何%かの人を取り込むだけ。 大きくなればなるほど分裂を起こす。細胞のように。 教育 善意が前提で、人類すべてに適用できるものと 考えているふしあり。何とか一つに統一しようとし、 ...すべて表示すべて表示

PPPの批判から始まります。PPPというのは presentation(導入/提示)→ practice(練習/ドリル)→ production(応用/表出)の 順でやる方法のことです。 ほとんどのテキストが文型積み上げ式で構成されているので、 効率のいい教え方なのでしょう。 ...すべて表示すべて表示

前回の『雑談の招待』のメイン本です。 この本は、「おわりに」で書いてあるとおり 「本書で紹介した内容を学習しても、日本語能力試験(JLPT)の点数が上がることは まずないでしょう」 ですが、 「『雑談力』をアップすることは学習者一人ひとりの日本滞在中の「幸福感」を上げることに 直結しているのです」 ということで意義が ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

日本語教師・奥村隆信 ひとり語り

谷川俊太郎 みみをすます

(8月17日午後・記) 谷川俊太郎(たにかわ・しゅんたろう1931-)って、富山とどういう関わりあるんでしょうね。あまり知らない。大岡信は富山県立近...

未登録です


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事