☆Ohana☆天使と一緒♪

2人の天使に守られて・・・ありがとう!大好きだよ♡♡

☆天使の部屋☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

実は、携帯画像からPCにうつすために必要なものが行方不明で・・・。

結局まだ見つからないので、携帯からアップです。

わかりずらいけどゴメンナサイ^^;




7月6日(日)

るりゆりの満1歳のバースデイ♪

今回のプレゼント第一弾の数々で〜〜す^^

上からいきますね。

☆赤ちゃんが初めて使うクレヨンとスケッチブック

  お空でもいっぱいお絵描きしてもらいたいから♪お姉ちゃんがたまに借りてるけどねっ。

☆るりゆりベアのウエディングドレス♡♡

  のぞみママのとこののぞみベアが着ていて、どうしても欲しくなったドレス。
  お姉ちゃんベアはチャイナドレスでおめかしです。
  お姉ちゃんベアが抱いてるベアは、ドレスを買ったらくれたんです。お腹の赤ちゃんみたい♡

☆お姉ちゃんの選んだロウソク

  やっぱりピンク!

☆お揃いのカバーオール

  お姉ちゃんが赤ちゃんのときも、私のTシャツとお揃いでカバーオールをコンビミニで買ったんです。
  だからそれと同じに!ほんとはお姉ちゃんの120僂函▲泪淪僂砲錬魅汽ぅ困欲しかったんだけど、売り切れ!だから、このカバーオールとMサイズだけ購入しました。
私のタンスの中で、抱きしめるようにして一緒に入れたいと思います♡♡

☆お姉ちゃんからの手紙

  みんな(家族)が人魚姫になってて可愛い^^ 下のほうにいるのは王子パパ☆

☆骨壷をくるむラブリーなハンカチ

  素っ気無いガーゼで包んでたので、可愛いのでくるんであげたいとずっと探していて、ようやく好みのものが見つかりました!ローラアシュレイです♪


カバーオールも、通販でギリギリに注文したから間に合わないんじゃないかと思ってたけど、ちゃんと誕生日当日に届いたし、ホッとしました。

お誕生日プレゼント、喜んでくれたかな・・・^^

去年の今日

7月6日

るりゆりの1歳のお誕生日は、家族で盛大にやりました^^

どんなふうにしようか、すっごく考えて・・・終わったら、なんだか力が抜けてしまいました。

お誕生日パーティのことは、近々またゆっくりアップしようと思います。






そして、今日。7月11日。

去年の今日は、るりゆりのこの世での可愛い小さなからだとお別れをした日。

6日に出産して、本当ならばすぐにお別れをするはずだったのかもしれませんが、パパのギックリ腰で私の退院も、お別れものびていました。

そんな何日も大丈夫なのかな・・・と冷静に思う自分もいて、助産師さんに聞いたら『大丈夫よ。ちゃんと涼しいお部屋にいるからね。』と。

ちゃんと生きている赤ちゃんと同じように言ってもらえたこと、すごく嬉しかったです。

助産師さんを始め、婦長さんにも何度も『いつでも逢えるのよ。いつでも言ってね。連れてきてあげるから。』と言ってもらっていました。

でも・・・私はこわくて。
自分のこころが壊れてしまうんじゃないか・・・。

パパも私の気持ちを尊重してくれて、話し合った結果、最期の日の朝に逢えばいいということになりました。

2007年7月11日

安眠剤ももらってたけど、やっぱり4時間ほどで起きてしまう。
テーブルの上には、夜勤でいた助産師さんたちが折ってくれた鶴や、折り紙が手紙と一緒に置いてありました。『良かったら、一緒に入れてあげてください。』って。

私ももう眠れなかったので、折り紙で色々折ったり、すでに手紙は書いてあったけど、まだ残っていたアンバサダーホテルのハガキで、家族の似顔絵を描いたり手紙を書いたりしました。

部屋の灯りを見て、来てくれた助産師さんが一緒に泣いてくれたのを、思い出します。

そして朝がきて。
パパと私の父親が来てくれました。

家族で一緒にいれたのは、ほんの少しの時間だったけど・・・。
パパとかわるがわる抱っこしたり、キスしたり、話しかけたり・・・。

やっぱり、るりちゃんとゆりちゃんはスッゴク可愛かった!
離したくなかったです。。。

ブログでも何度か話してるけど、私は火葬場には行けませんでした。
弱い私には耐えられそうになかった。

その日までも何度もカウンセラーの先生や、担当の助産師さんとも相談しました。
あるひとりの助産師さんに言われた一言で決断できたのです。
『火葬場までついていくことだけが、ママのできることじゃないのよ。あとでも色々してあげられるでしょ?赤ちゃんはママの苦しむことは望んでいないと思うよ。』と。

それでも、車にパパたちが乗り込んでから、やっぱり最期まで一緒にいたい!という感情がこみあげて、棺にすがってしまいました。

そしたら、婦長さんがきて『本当に大丈夫なの?パパは赤ちゃんについていなくちゃいけないのよ。あなたはちゃんとしていられる?』って。

その間もひとりでいられないと、私は叔母にその日病院での付き添いをお願いしていました。
そんな私がついていって、冷静にいれるわけはない。。。
その後の生活にも支障が出るかもしれない、というのが一番の恐怖でした。

パパと父にも説得されて、私は残ることにしました。


そのときのこと。
まだパパに聞けていません。
ちゃんと聞いておきたい、でも聞きたくない・・・。今でも。
いつか、納骨する前には・・・とは思っています。
イメージ 1

画像の写真は、その去年の7月11日の空模様。
パパたちが帰ってくる間に、病室の窓から撮った写真。

どうして、空を撮ろうと思ったのか。
2人がお空に還っていくのを、こうして見送ったつもりだったのかもしれません。
忙しい日々を送りながらも、去年の今頃は・・・と日々思っていました。
予定日がひとつきほど違うとはいえ、同じ妊婦。
自分の身体の違いなども考え、過ごしていました。

双子を妊娠してたとはいえ、元気な妊婦だったと思います。
5月には、潮干狩りやコンサート、義父の法要で愛媛に行き、6月のはじめにはディズニーランド。
初めてのアンバサダーホテルでの宿泊でした^^

それでも日に日にお腹は大きくなり、でも双子だから仕方ないよね〜と私自身も周りもそう思っていました。

おかしい・・・と思ったのは、6月15日。
朝からやたらお腹が張り、横になっても治らない・・・苦しい。

『一応、病院に行ってみようかな。』
張り止めをもらうことにはなるかもしれないけど・・・と軽い気持ちで病院に行きました。

大学病院だったので、もちろん激混み。
それでも、早めには診てもらいましたが、3時間近く待ったかな・・・。

そして診察。
先生からは『双胎間輸血症候群の疑い』、即入院と告げられました。

入院してできることは、せいぜい増えてる羊水を抜くこと。
そして、26週まで持たせて、あとは出産後の治療と言われました。
でも、そのときはまだ19週・・・。

先生が少し考えたあと、『その病気のレーザー手術をしているところがあります。私はコネも何もないのですが・・・問い合わせしてみますか?』と問い合わせをしてくれました。
そして、18日の月曜日に転院・入院となったのです。

可哀相だったのは、お姉ちゃん。。。
16日には幼稚園の父母参観がありましたが、もちろん私は安静にしてなくちゃいけないので欠席。
17日からは埼玉の私の実家に預けられることになりました。

今までも、ひとりで泊まったことなんてありません。
しかもいつまでかもわからない状態で・・・。
ベランダから出発するお姉ちゃんを見送りながら、泣けてきて泣けてきて・・・。

でも、お腹の赤ちゃんを守れるのも私だけ!
この苦しい状況を家族で乗り越えたなら、赤ちゃんは2人とも元気で家族に迎えられるものと、疑いもしませんでした。

手術は6月21日。
そのことは今までも記事にしてるので、省きますが、ウメテリンの副作用は辛かった!
ほてり・動悸・・・のどの渇き^^;氷をもらって、バリバリ食べてました。

それでも、副作用も少しづつ改善され、るりゆりも元気だったのでようやく一安心できました。
とりあえず2週間様子を見て、1号ちゃんであるるりちゃんの膀胱が見えるようになれば、OK!

あとはひたすらゴロゴロ・・・。
トイレとシャワーのときしか歩行が許されてなかったので^^;

何もしないでいるのも辛かったけど、るりゆりと最後に濃厚な時間を過ごせたとも言えるかな。
今となっては、そんなふうにも思えます♡



この記事を途中まで書いて、お姉ちゃんのお迎えにいきました。
帰ってきたとき、マンションの入り口にあった長い虹♪
イメージ 1

今日はゆっくり、るりゆりのことを考えられたから喜んでるのかな♡♡
5月6日はるりゆりの10回目の月命日でした。

そして、5月8日はお姉ちゃんの誕生日。
6日がお休みの日だったので、一緒にしちゃえ〜〜とばかりに家族でパーティ♪

美味しいケーキ屋さんでホールのケーキを買ってきて、お姉ちゃんは大喜び!
食べるときには、「るりちゃんとゆりちゃんの分もね!」と言って天使コーナーに向かって、「あ〜〜ん♪」とケーキをあげていました。
イメージ 1


そして、「ホラ、ママも!」と促され(笑)もう一度「あ〜〜ん♪」

ケーキ、美味しかったかな?

6日にはお花を買えなかったんだけど、8日にはパパが花束を買ってきてくれました。
ひまわり入りの元気な花束^^
イメージ 2


お姉ちゃんは「ママ、るりちゃんとゆりちゃんにあげていいよ^^」とお花をくれました。
思わずウルウルしてしまったみいぽんです。

そして、仲良しの双子のママちゃんには、私までプレゼントをいただきました!
コレコレ^^
イメージ 3


『チリとチリリ』
双子の女の子が散歩したり、お茶したりする可愛くて、ほのぼの〜〜な絵本です♪

きっと、るりゆりもお空ではこんな風に楽しく遊んでるに違いないね^^
そんなことを想像しながら読める、素敵な絵本でした。

るりちゃん、ゆりちゃん

あなたたちがお空に還ってしまってから、もう10ヶ月が経ちました。

今でも、ちょっぴり泣きたいときもあるけれど、ママは元気です。

いつもたくさんの愛をありがとう♡♡

これからも、ずっとあなたたちのことを愛してるよ♡♡

夢のおはなし

昨日、お風呂の中でふと、お姉ちゃんに質問してみました。

「ね、るりちゃんとゆりちゃんに、夢の中で会ったことある?」って。

そしたら、なんとな〜〜んと!

「うん、あるよ♡♡」とあっけらかんと言うではありませんか!

ドキドキしつつも、冷静を保ち、「そうなんだ〜、どうやって会えたの?」と聞いたところ・・・。

えっとね、お空のてんじょう(?)まで上っていったの。

そしたら、雲の上でるりちゃんとゆりちゃんがこうやって(と真似しながら)、ハイハイしてきたんだよ^^

それで、こうやって持ち上げたり、抱っこしたりした♡♡

こうやって持ち上げたり・・・というのは、両腕につかまらせて持ち上げた、と^^;

よくお父さんが子どもをぶら下げてますよね。

腕にはすごい力でつかまってた、抱っこしたら軽かったよ〜と色々教えてくれました。

どうして、赤ちゃんのこと、るりちゃんゆりちゃんだってわかったの?と聞いたら、

目がクリクリしてた♪
というお答えでした☆すっごく可愛かったらしい。

ママは夢で逢えたことないんだよ・・・と言ったら、たくさん寝れば逢える!と慰めてくれました。

また夢で逢ったら、ママのところにも行くように伝えてくれるそうです。

いつか私も逢えるかな・・・♡♡

姉妹同士の確かな繋がりを感じられて、嬉しく思う母なのでした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事