おでかけ

[ リスト | 詳細 ]

出歩くのが好きな僕です。出歩き記録です。
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

 ちょっと間があきましたが、後編です。
 
 美ヶ原での朝食を終え、松本城へ向かいます。山から下る道を走っていると、手書きの看板で松本市街への近道の案内がありました。かなりの急勾配で、エンジンブレーキを多用しても転がるように下って行き、スリル満点でした。
 
 予定より早く松本城に到着。開城までの30分の時間をつぶすために散策を提案しましたが、嫁は、「もう並ぼう」といい、門の前へ。すでに数十人並んでいて、あれよあれよと言う間に長蛇の列に。開門後、写真を撮る人達を尻目に一気に天守閣へダッシュ。スムーズに城の中に入りました。
 
 
 内部は、築城400年ほど経っているため、木材で作られ堅牢。そのため薄暗く、雰囲気満点です。階段は狭く急で、まるで梯子のようです。ちょっとしたアスレチックのようです。
 ふと小さい窓から外を見ると、城に入ろうと長蛇の列が・・・・。90分待ちの放送も流れていました。嫁さんの提案どおり早く並んでよかった〜。ものすごくスムーズに見学出来ました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 急な階段。降りるほうが怖いです。
 
 
 
 次に向かったのは、「旧国鉄・篠ノ井線廃線敷コース」です。明治に作られ、86年間使われた線路跡をハイキングできるように整備した物で、全長は6キロあるそうです。本当は制覇したい所ですが、そうもいかず、少し散策し、途中のスーパーで買った弁当をお昼に食べました。
 
イメージ 3
 廃線跡のトンネルです。昨年訪ねた山梨の廃線トンネルより短かったですが、いい味を出しています。やはり、天井部分は、煤で真っ黒でした。
 
 
 
 
 その後、上高地へ向かう山岳道路走り、奥飛騨温泉で休憩。野性味あふれる野天風呂を楽しみました。その後、高山経由で自宅までひた走りました。晩飯は我が家最大の贅沢「焼肉」でした。
 
 2日間の走行距離は760キロほど。燃費は17.8/ℓ。一度も給油せず旅を終えました。以前所有のゴルフⅢやレガシーではなしえない快挙で、最近の車の小食ぶりには驚きます。
 
 
 毎年GWは遠出していますが、今年は嫁さんが仕事で1日しか時間が合わず、いつも以上に強行軍で行ってきました。
 
 スタートは一昨日の午後5時。仕事から戻った嫁さんは慌ただしく出発の準備をし、その光景はまるで「夜逃げ」のようです。
 
 
 今回は、「短い時間で中身の濃い旅」がテーマです。目的地は、長野県。メインは松本城の見学です。僕は若い頃から、下道好きで、今回も出来る限り高速を使わず出かけます。
 
 
 夜中の下道は交通量も少なく。また高速のように単調な景色にならず運転していて楽しいものです。長野に入り、山道では、鹿、ウサギ、キツネが現れ、子供たちも大喜びでした。また、諏訪市の夜景が一望できる峠では、諏訪湖の部分たけが、真っ暗でその形が、浮かびあがりきれいでした。
 
 
イメージ 1
 実際見るのと写真では大違いですが、参考に・・・・。三脚が無く、手持ちで撮りましたのであまりきれいではありませんが、あしからず。画面左の真ん中あたりの暗い部分が諏訪湖です。
 
 
 
 
 さて、夜中には白樺湖に着きました。そこで仮眠をとりました。1時間半ほど寝てから、明日の朝食を買いにコンビニへ、しかしカーナビが教えてくれたその店は朝の7時からの開店でした。そこで少し戻り、開いているコンビニで朝食を仕入れ、明るくなると同時にビーナスラインを走り、美ヶ原へ、そこで雲海を見ながら朝食を食べました。場所が変わると、ただのコンビニのパンがおいしく感じるのは不思議です。
 しかし、寒い!展望台のウッドデッキが凍っている。それもそのはず、車の温度計で、気温は−0.5℃。僕の車は4℃で雪の結晶マークが現れますが、次期シーズンまでにそのマークを見るとは思いませんでした。
 
 
 
イメージ 2
 早朝の白樺湖。神秘的な雰囲気を出すため、ホワイトバランスで色をいじっています。
 
 
 
イメージ 3
 こちらは、ISO感度を思いっきり上げざらつき感を出しましたが、いまいちかな?
 
 
 前編はこれで終了。後半は後ほど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

東京スカイツリーへ

 先日子供達にせがまれて、東京へ出かけました。いま話題のスカイツリーが見たいとの事。長男曰く・・・・「完成したらいつでも見れるけど、建設中は今しか見れやんのやで〜。」・・・・「分かった連れてくわ〜。」と答えて半年、完成直前にやっと約束を守れました。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
と言うわけで、国道一号線をひた走り、夜を越えて早朝東京に着きました。
下町の中にある近代建築。そのアンバランスが素敵です。
 
イメージ 3
興奮気味の子供達でしたが、僕の第一印象は・・・・・意外と高く感じない・・東京タワーの方が高く感じるくらいでした。しかしその足で東京タワーに行きますと、とても低く感じました。恐らく「アラフォー」のおいさんは、子供の頃から東京タワーが高いと思い込んでいるので、最初見たとき、素直にその高さが受け入れられなかったのかな?
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
このシースルーの床。高いところが嫌いな僕は両足で乗る事が出来ません。子供達は怖いものなしで平気です。たいしたものです。

京都

 毎年我が家では、年末京都に出かけます。
 
 
 
イメージ 1
京都は、どこを撮っても絵になります。
 
 
イメージ 2
この小路は古い雰囲気を残していますが、ちょっとこぎれいなので、生活くささが感じられません。
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
京都らしい夕日が撮れました。
 
 
イメージ 5
番外編です。高テクニックの駐車です。
 
イメージ 6
結構な斜度がある上、リアウインドウのすぐ後ろは家の壁です。少しでも下がればリアウインドーが割れる恐れがあり、僕では入れるのも出すのも出来ないかも、しかも幅はぎりぎり、形状からも、ビートル以外は入れない駐車場のようです。

京都 寺田屋

 子供達が、大河ドラマの影響で、龍馬さんにはまっています。
 
 史実と違うとか、やたらにやかましい演出とか気になる点はいくつかありますが、まあ僕も楽しみに見ています。
 
 
 
 思いつきで、先日、京の寺田屋へ家族と出かけました。
 
 
 古い工場があったり、町並みも渋くていい雰囲気でした。残念ながら寺田屋の見学時間に間に合わず、中は見れませんでしたが、周辺の散策で、龍馬が隠れた材木倉庫跡なども見ることが出来、龍馬さんの足跡をわずかながらトレースでき、満足でした。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 言わずと知れた寺田屋です。
 
 数年前、再建説が浮上し、世間を騒がせていました。再建が事実のようですが、じゃあ襲撃の跡はいったい何なんでしょう・・・・?
 
 
 
イメージ 2
 龍馬さん人気で多くの観光客でにぎわっていました。今の日本の閉塞感を打ち砕く現代の龍馬さんの登場が待たれます。
 
 
 
 
イメージ 3
日が暮れると情緒あるいい通りとなりました。
 
 
 
 
イメージ 4
夜の寺田屋。今にも龍馬さんが現れそうですね〜。
 
 
 
 
イメージ 5
土産物屋で見つけた「龍馬焼酎」・・・・少々不気味です。
 
 

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事