ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

イメージ 1
 
俳優チュ・ジフンが フリーズするような野望を持つ人物の演技を見せて 
視聴者をを集中させた
 
チュ・ジフンは現在 MBC 水木ドラマ 「メディカルトップチーム」で
クァンへ病院の最年少の課長や集中治療医学の細部の専門のハン・スンジェで出演中だ
 
ハン・スンジェは クァンへグループのイ・ドギョン(キム・ソンギョム) 会長の
隠された息子という出生の秘密を持つ人物
しかし この傷を意に介してていない
ただ父のドギュン会長に認めてもらうために 自分自身を鞭打つ孤独な人間である
 
チュ・ジフンが示すスンジェの語調には気品が溢れる
典型的な財閥の家の子の縮図を模したように見える
感情を排除した口調は 彼が目標にどれだけ熱心に取り組んでいるのかを表している
感情に欠けている口調は 彼が子供の頃から積み上げてきた父への憧れが前提とされ
むしろ彼の魅力を醸し出している
特にチュ・ジフンの巧妙な感情に対処する洗練されたジェスチャー
恥ずかしそうな目は 溝を見つけるのは難しい ' 完全な ' なスンジェがあった
 
10月16日放送された「メディカルトップチーム」では
彼の野望を実現する姿が描かれた
彼はチョン・フンミン (キム・ギバン) ペ・サンギュン(アレックス)
チョ・ジョンヒョク(パク・ウォンサン) パク・テシン (クォン・サンウ) まで
最高の医療スタッフで構成されたトップチームを発足させた
彼がチームを集める趣旨 “患者を優先的に考慮する” は 事実だが
その意図の中には それだけではないトップチームによって得られる野望が溶けていた
 
大企業グループの息子であるVIP患者を生かして トップチームの評判を積むこと
スンジェは息子をアメリカで手術するという親を説得し 患者の心をつかもうと試み
癒すために出て行くことを憤慨したのではなく
彼の母親の心配を抑えるために 米国の病院に在職中の医師と
テシンの手術の結果を比較して示した
成功率 100% であるテシンの成績表を見た患者の母親は心を変え
トップチームに息子を託した
 
ハン・スンジェが歩むトップのチームの前にはまだ多くの障害物がある
まず 病院の内部の問題
メディカルトップチームがその位置を確立するには試練が横たわっている
 
父のドギュンは スンジェに全面的な信頼感を持てず 無用な口出しをする
そして まだトップチームのメンバー間での信頼性が出来ていない状況
テシンはスンジェが 外科手術によってトップチームを利用しようとする貪欲が
見えていることを前にいることを感知し 患者のためだけに医師が必要であるという
彼の心が変化した場合は 協働しないと警告した
 
苦心してトップチームが発足したが まだスンジェが克服しなければならない難問が
山積みとなっている
これらをどのように克服していけるかがカギになる
 
一方 「メディカルトップチーム」 は すべての人が医療の前に平等であることが
必要だと主張する主人公パク・テシン (クォン・サンウ)
 および能力によって差別化された医療サービスを受ける権利があると主張する人々の間で
対立する医療ドラマである
 
 
 
3話のメインは Drハン・スンジェでした
だんだんとスンジェの苦悩と野望が鮮明なって来たようです
 
チュ・ジフンのハン・スンジェは 高い評価です
視聴率が伸びません
ドラマとしても良質だと思いますが....
 
 
 
 
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事