ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

イメージ 1

2018年で1番話題になったドラマは JTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」だった

1月3日 話題性調査会社Good Data Corporationによると 
JTBC金土ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」が 2018年1月1月に
韓国で放送を開始し 12月30日までに放送終了したドラマのうち
平均話題性1位(週間話題性ポイントの平均値基準)になった

tvN「私のおじさん」(2位)
「ミスター・サンシャイン」(3位)
「キム秘書がなぜそうか」(4位)を上回る成績だ
放送当時 週間話題性ランキングでは 4月1〜2週目 5月1週目の計3回に渡り
1位となった

2018年3月30日から5月19日まで放送された「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は
男女の恋愛の過程をリアルに描くと共に 社会問題まで盛り込み 好評を博した
「密会」「白い巨塔」の演出を手がけたアン・パンソク監督と
主演を演じた女優ソン・イェジン 俳優チョン・ヘインの名演技で 
放送中に人気が急上昇した
最高視聴率8.3%(ニールセン・コリア首都圏有料世帯基準)になり
口コミで“体感視聴率”が上がり 連日話題になった作品だ

イメージ 2

平均話題性1位のJTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」に次いで
tvN「私のおじさん」(2位)
tvN「ミスター・サンシャイン」(3位)
tvN「キム秘書がなぜそうか」(4位)
tvN「100日の郎君様」(5位)
JTBC「ビューティー・インサイド」(6位)
OCN「客 The Guest」(7位)
JTBC「ミスティ」(8位)
JTBC「私のIDは江南美人」(9位)
SBS「リターン」(10位)の順でランクインした

JTBCは 今回のドラマ部門の年間話題性ランキングで tvNと共にTOP10に
最多番組(4つ)が含まれた放送局であることが分かった
11月20日に韓国で放送終了した月火ドラマ「ビューティー・インサイド」は 6位となり
これまで放送されたJTBC月火ドラマの中で最も高い話題性を記録した
このほかにも「ミスティ」(8位) JTBC「私のIDは江南美人」(9位)が
上位にランクインした

2019年に入った今も 金土ドラマ「SKYキャッスル」が連日視聴率と話題性の両方で
良い成績をおさめている
「SKYキャッスル」は 昨年12月第2週目から4週目まで3週連続ドラマ部門で
話題性1位になり JTBC人気ドラマの系譜を継ぐドラマになっている

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事