ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

イメージ 1

ヨ・ジングが ホン・ソヨンのリセットキスで初期化され 
近付こうとするGirl's Day ミナを拒否した

新しいキスをした相手であるダイアナ(ホン・ソヨン)を 恋人として認識するゼロナイン(ヨ・ジング)のリセットが発生した

ゼロナインは オム・ダダ(ミナ)とマ・ワンジュン(ホン・ジョンヒョン)が
どんどん親しくなるのを見て 寂しさを感じた

さらに オム・ダダが病気のマ・ワンジュンのために お粥を作る姿を目撃し
マ・ワンジュンから「オム・ダダは お前を恋人だと思っていない」と言われ
寂しさは どんどん激しくなった

ゼロナインは「ダダが 僕のことが好きでなければ 僕はどうなるんだろう
傍にいられるかな?」と悩み「彼女……僕は 彼女にとって必要な存在?」と質問した
しかし はっきりとした答えは出ず 悲しみが深くなった

ゼロナインは 胸の辺りから激しい音がするカオスモードに突入し 体が動かせない状態に至った
その時 クロノスヘブンの職員であるファン・インヒョク(クォン・ヒョンサン)が
元々のロボット注文者だったダイアナを連れ ゼロナインのもとにやって来た

ダイアナは 止まっているゼロナインにキスをした するとゼロナインは すぐにリセットされ 帰宅したオム・ダダを拒否し ダイアナに「こんにちは 僕の恋人」と挨拶した

何事もなかったかのように笑顔を見せるゼロナインと 驚愕するオム・ダダ
満面の笑みを浮かべるダイアナの表情が エンディングを飾った「絶対彼氏。」は
大混乱を予告し 今後の展開への期待を高めた

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事