ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

記事検索
検索

全2453ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



地下1100m地獄の炭鉱 彼らの怒りもふつふつと煮えくり返った
日本による植民地支配時代に強制徴用された朝鮮人たちの「軍艦島」脱出記
善人・悪人に分けない人物設定が印象的
歴史性・大衆性の「二兎」追って作品完成度下がる

「この端島鉱業所はお前ら朝鮮人たちを過小評価しない」
 
地獄への道は 往々にして善意で装われている
1940年から45年まで 多くの朝鮮人が強制徴用された長崎県の南西にある島・端島
日本海軍の軍艦に似ていることから「軍艦島」と呼ばれた同島の日本人炭鉱所長は
強制徴用された朝鮮人をこのようにおだてた
7月26日公開の映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の最初のシーンだ
その実態は 背中が曲がるまで労働力を搾取するという宣言だ

映画『軍艦島』は 観客をまっすぐ地下1100メートルの炭鉱に連れていく
45℃以上という熱気のため蒸気が四方八方から噴き出て ガス爆発事故の危険に
さらされている映像の中の坑道を カメラと共に入っていけば なぜ 坑道の突き当たりを意味する「マクチャン」という言葉が「万事休す」という意味で
使われるようになったのか 自ずと分かる

日本の近代化と軍国主義が 朝鮮人に対する悪らつな搾取と収奪に基づいていることを
印象的に見せるシーンだ
この映画では 地上空間は美しいカラー映像で 地下坑道は息の詰まる白黒映像で
表現している
日本人がいる地上と朝鮮人労働者がいる地下は このように色分けされている
このため この映画では制作会社(映画社 外柔内剛)と
提供・配給会社(CJエンターテインメント)のロゴを映し出す最初のシーンも
白黒映像で始まる

善か悪かで簡単に分けられない立体的な人物像も この映画の魅力だ
鍾路を牛耳るヤクザだったが 軍艦島に連れてこられてからは 朝鮮人労働者を思い通りにできる労務担当の地位を夢見るチェ・チルソン(ソ・ジソプ)
炭鉱所長のご機嫌を取ろうと努力するクラリネット奏者カン・オク(ファン・ジョンミン
登場人物たちは 誰も親日・反日というカテゴリーにはっきりとは分けられない
リュ・スンワン監督は 19日の試写会後に行われた記者懇談会で
「当時の証言や資料を見ると『悪い日本人』と『いい朝鮮人』だけが
存在したわけではなかった
簡単に2つの陣営に分けて観客を刺激したり 事実を歪曲(わいきょく)したりするのは
良くないと思った」と語った
                  
朝鮮日報

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

地下1100m地獄の炭鉱 彼らの怒りもふつふつと煮えくり返った
日本による植民地支配時代に強制徴用された朝鮮人たちの「軍艦島」脱出記
善人・悪人に分けない人物設定が印象的
歴史性・大衆性の「二兎」追って作品完成度下がる

「この端島鉱業所はお前ら朝鮮人たちを過小評価しない」
 
地獄への道は 往々にして善意で装われている
1940年から45年まで 多くの朝鮮人が強制徴用された長崎県の南西にある島・端島
日本海軍の軍艦に似ていることから「軍艦島」と呼ばれた同島の日本人炭鉱所長は
強制徴用された朝鮮人をこのようにおだてた
7月26日公開の映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の最初のシーンだ
その実態は 背中が曲がるまで労働力を搾取するという宣言だ

映画『軍艦島』は 観客をまっすぐ地下1100メートルの炭鉱に連れていく
45℃以上という熱気のため蒸気が四方八方から噴き出て ガス爆発事故の危険に
さらされている映像の中の坑道を カメラと共に入っていけば なぜ 坑道の突き当たりを意味する「マクチャン」という言葉が「万事休す」という意味で
使われるようになったのか 自ずと分かる

日本の近代化と軍国主義が 朝鮮人に対する悪らつな搾取と収奪に基づいていることを
印象的に見せるシーンだ
この映画では 地上空間は美しいカラー映像で 地下坑道は息の詰まる白黒映像で
表現している
日本人がいる地上と朝鮮人労働者がいる地下は このように色分けされている
このため この映画では制作会社(映画社 外柔内剛)と
提供・配給会社(CJエンターテインメント)のロゴを映し出す最初のシーンも
白黒映像で始まる

善か悪かで簡単に分けられない立体的な人物像も この映画の魅力だ
鍾路を牛耳るヤクザだったが 軍艦島に連れてこられてからは 朝鮮人労働者を思い通りにできる労務担当の地位を夢見るチェ・チルソン(ソ・ジソプ)
炭鉱所長のご機嫌を取ろうと努力するクラリネット奏者カン・オク(ファン・ジョンミン
登場人物たちは 誰も親日・反日というカテゴリーにはっきりとは分けられない
リュ・スンワン監督は 19日の試写会後に行われた記者懇談会で
「当時の証言や資料を見ると『悪い日本人』と『いい朝鮮人』だけが
存在したわけではなかった
簡単に2つの陣営に分けて観客を刺激したり 事実を歪曲(わいきょく)したりするのは
良くないと思った」と語った
                  
朝鮮日報

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

俳優ソン・ジュンギが 試写会会場でもフィアンセのソン・ヘギョに対する愛を
隠さなかった

ソン・ジュンギは 今月20日に行われた映画「軍艦島」の試写会に出席し 
再びソン・ヘギョについて言及した
この姿は ファンが撮影した映像に盛り込まれ 話題を集めている
この日 試写会で ソン・ジュンギは
「大切な時間を作っていただき ありがとうございます」と切り出した後
「映画を観ていい評価をし たくさん口コミを広げてくださると
より幸せに結婚できそうです」と話し 視線を引いた

また違う舞台でも ソン・ジュンギは
「熱く 熾烈に撮影しました 必ず恩返しします
映画を観て 良い評価をしていただきたいです 一生責任を取るべき人ができましたから」と話し 観客の歓呼を引き出した
また違う場では 好評をお願いしながら
「少ししたら結婚しますので 食べていかないといけません」と冗談を言い 笑いを誘った

映画「軍艦島」は 韓国で今月26日に公開される

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

パク・ソジュンの好奇心天国と言えるようです
気がかりなことを我慢できなかった彼のストレートな面を しっかりと確認した瞬間でした
 
去る7月17日 ソウルロッテシネマ建大入口で開かれた映画「青年警察」
(監督ギム・ジュファン 制作ムービーロック)の製作報告会の主人公として舞台に
上がったパク・ソジュンは しばらくMCの存在を忘れて パートナーカン・ハヌルに投げて
疑問を現わしました
「サムマイウェイ」のストレート型純情派ドンマンが「青年警察」で愚直な行動派ギジュンの姿に パク・ソジュンがそのまま溶け込んだようでした

映画「青年警察」は 信じらることとは専攻書籍や若さだの二人の警察生が 目の前で
目撃した拉致事件に巻き込まれて広がる話を描いた青春捜査アクションです
犯罪捜査を扱った映画ですが ギム・ジュファン監督の説明のように「若さと熱気で走る」楽しい作品でもあります
特に行動派の警察生ギジュン役のパク・ソジュンと理論型警察生フィヨル役のカン・ハヌルのしらじらしい呼吸が引き立ちます
撮影中 ついて回ってケミストリーを発散した二人ですが パク・ソジュンは
まだ気になることが多かったようです

イメージ 2

発端は あまりにも異なっていた食事の量
初めて警察に入ったときは 体があまりがっちりしていないことという監督の注文で
パク・ソジュンは 変化を最大限にさせようと毎日ラーメンを食べながら体を大きく
 「むくみを維持しようと努力した」パク・ソジュンは
「一方 カン・ハヌル氏は こんなに食べなくても大丈夫かと思うほど食べなかった
日常生活が可能かと思った」と話して 首を回してカン・ハヌルに聞きました
「この場を借りてお聞きしたいと思います なぜ食べなかった?」

突然の質問に慌てたカン・ハヌルは
「キャラクターへのシンクロ率のためでなく 元々撮影の時にはあまり食べない
脳波を喜びの姿に合わせるために そのようする」と答えを仕上げました
しかし パク・ソジュンの質問は それで終わりではありませんでした

パク・ソジュンは 撮影が始まって何日も経っていない時点で カン・ハヌルが
すべてのスタッフの名前を覚えているのに驚いきました
 「すごい それは少し気になります どのようにそうして覚えていた?」と再び頭を
回して聞きました
スタッフリストがあるという答えに 再度
「リストがあっても その人が誰であるか分かるのか」と尋ねました
その人がいる位置と感じを見れば分かるというカン・ハヌルの詳細な説明を聞いて
ようやくうなずいたパク・ソジュン。
実際 気になって聞いたことは間違いありませんでした

イメージ 3

事実より目を引いた部分がありました
パク・ソジュンが「カン・ハヌルが羨ましかった」と打ち明けた話です

「ハヌルさんとブロマンスも期待いただきたいと思います
カン・ハヌルが羨ましい点が何かというと「ドンジュ」「再審」など
多くの意味を込めている映画に出演を熱望していました
一方 私はドラマを主にしたんです
だから うらやましい気持ちより気にしました でも 会ってみるとよく合ったようです」

心に込めていても 実際の打ち明けるのは 容易ではなかったはずの話でした
本気でカン・ハヌルを大切な好きな同僚だという兄パク・ソジュンの心が
感じられたでしょうか?
そんな素直で気持ちの良いブロマンスが 映画でも繰り広げられるようでより期待されますパク・ソジュンとカン・ハヌルの「青年警察」は 8月9日に公開されます

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ナ・ヨンソクPDがこれまで育てた芸能スターたち 果たして誰がいるでしょうか 
今まで彼がヒットさせたプログラムがあまりにも多く これを経由した芸能スターたちも
多いです
その中でも特に ナ・ヨンソクPDの「力」によって 第2の全盛期を享受するようになったスターたちを挙げてまとめてみました

▲ナ・ヨンソクPDの相棒 イ・ソジン
イメージ 2

芸能界の代表するセレブが 芸能に出て 大当たりを爆発させる芸能人になるとは
誰も思いませんでした
「1泊2日」シーズン1に イ・スンギの友人として出演して ナ・ヨンソクPDと
縁を結んだイ・ソジン

以後彼は「花よりおじいさん」及び「三食ごはん」シリーズに着実に出演し
人気を集めてきました
最近では「ユン食堂」で tvN史上芸能番組最高視聴率を達成する快挙を成し遂げました 

幻のコンビは これから失敗するまで一緒にするという意志を明らかにし
視線を集めています


イ・ソジン以前にイ・スンギがいた
イメージ 3

今ではナ・ヨンソクPDと会った最高の受益者に イ・ソジンが挙げられていますが
それ以前には イ・スンギがいました
「1泊2日」を通じて「国民の弟」のイメージを構築したのはもちろん
歌手を脱して 芸能と演技でも活動できる心強い足場を整えてくれたからです

その後も「花よりお姉さん」「新西遊記1」に出演し ナ・ヨンソクPDと格別な呼吸を
見せてくれた彼なので 兵役を終えた後 ナ・ヨンソクPDと再び一つになることが
できるのかにも注目が集まっています

チャ・スンウォンが料理をするとは
イメージ 4

事実 チャ・スンウォンのことを話せば「三食ごはん-漁村編」シーズン1・2に一緒に
出演した「真の海さん」ユ・ヘジンと末っ子のソン・ホジュンも欠かせない存在です
三人が見せてくれた幻想の呼吸が プログラムの高い話題性と視聴率を導き出したからです

その中でも チャ・スンウォンが見せてくれた反転姿は 衝撃的であるほどでした 
普段 背の高さと特別なカリスマで「男の中の男」と呼ばれた彼が
できない食べ物がない「チャジュンマ」に変わってしまったからです

ユン・ギュンサンようなインターンいつでも歓迎
イメージ 5

「インターン」と呼ばれたユン・ギュンサンもまた ナ・ヨンソクPDの最も大きな受益者の一人です 
一緒に出演したイ・ソジン エリックに比べて 認知度が低かったユン・ギュンサンは
何でも良く食べて頑張る姿で MBC「逆賊」の主演を勝ち取る快挙を成し遂げたのです

ドラマのタイトルロールイン ホン・ギルドン役を引き受けた彼は キャラクターと
200%以上のシンクロ率を見せ 熱演を繰り広げて好評を受け これによって主演級俳優に一段階さらに跳躍することができました

▲「クレイジーガイ」であり「冷徹な愛の男」アン・ジェヒョン
イメージ 6

「新西遊記」シーズン1の成功を後にしたまま 国防の義務を果たすため
ポストを離れたイ・スンギ
その空席を埋めるために入ってきたアン・ジェヒョンは 漫画から出てきたような外見とは違って 純朴な脳と4次元の魅力を発揮して 一気に芸能スターになりました

しかし これがすべてではなかったのです
妻のク・ヘソンと「新婚日記」で戻った彼は 冷徹な夫と甘い愛を受ける男のの姿を
同時に見せて 大韓民国に「新婚風」を呼びました

▲「ユンブリ」チョン・ユミ全世代を魅了
イメージ 7

多くの女性ゲストが ナ・ヨンソクPDの芸能を経ましたが チョン・ユミだけ
これほど注目されるのはなぜでしょうか
振り返ってみると「花よりお姉さん」に出演した女優たちと「花よりおじいさん」に
出演したチェ・ジウを除いては ナ・ヨンソクPDの芸能に
そう長い時間出演した女性スターは いなかったようです 

何よりチョン・ユミは「ユン食堂」の厨房アシスタントを担当し しっかりしながらも
愛らしい魅力を発揮して 世代と性別の区別がない大衆の大きな愛を受けました

ひとこと

まさに ナPDマジック
数年前までは 芸能で観るなんて考えられなかった方たちが 楽しそうに真摯に番組を
作っている姿が いつも温かく観ていてホッとします
漁村編の新シリーズも待ち遠しいですね♪

ソウルのおしゃれ

この記事に

開くトラックバック(0)

全2453ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事