ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

記事検索
検索

全3653ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お知らせ

イメージ 1

ブログからは 離れるつもりでしたが
やっぱり 保存しておきたい記事が多くて...
下記に移転しました
宜しかったら お訪ねください



お知らせと感謝

イメージ 1

他ブログから引っ越してきて 本格的にここでブログを開始したのが2009年6月半ば
ドラマ「魔王」から離れられず 何度目かの私的レビューを書きました

それから ぴったり10年
YAHOOブログの終了も間近になり ここで区切りをつけようと思います
これからは それぞれの興味深いブログに コメントでお邪魔します

長い間 お世話になりました
そして ありがとうございました

イメージ 1

イ・ダヒに暴行前科が  あることが明らかになった
チャ・ヒョン(イ・ダヒ)の暴行に関するエピソードが公開された

この日 チャ・ヒョンは ペ・タミ(イム・スジョン)と
彼女のチーム員であるチェ・ボンギ(ウ・ジヒョン) チョ・アラ(オ・アヨン)と
6ヶ月間 バロで働くことに決定した
ペ・タミ チェ・ボンギ チョ・アラは 職級なしに英語の名前を使うバロの文化によってそれぞれタミ ジョセフ アリと名前を決めた

続いて ペ・タミとチーム員たちのために 歓迎会が開かれた
入社以来 一度も会食に参加したことがないというチャ・ヒョンは この日も
参加しなかった
ミン・ホンジュ(クォン・へヒョ)も カードだけ渡してその場を離れた
ペ・タミとチーム員たちは 自由な雰囲気に満足そうな様子を見せた

その時 バロのホン・ユジン(ハ・スンリ)とチェ・ジョンフン(ソン・ジホ)は
ペ・タミに「どういう風にスカーレット(チャ・ヒョン)を説得したの」と聞き
ペ・タミは「まさか殴ったりはしないでしょう」と余裕を見せた
しかし ホン・ユジンとチェ・ジョンフンの顔は真っ青になり 3年前 チャ・ヒョンが
自身にセクハラした男性を暴行したと暴露した
これを聞いていたペ・タミは 手を震わせながら水をこぼし 笑いを誘った

イメージ 1

ヨ・ジングが ホン・ソヨンのリセットキスで初期化され 
近付こうとするGirl's Day ミナを拒否した

新しいキスをした相手であるダイアナ(ホン・ソヨン)を 恋人として認識するゼロナイン(ヨ・ジング)のリセットが発生した

ゼロナインは オム・ダダ(ミナ)とマ・ワンジュン(ホン・ジョンヒョン)が
どんどん親しくなるのを見て 寂しさを感じた

さらに オム・ダダが病気のマ・ワンジュンのために お粥を作る姿を目撃し
マ・ワンジュンから「オム・ダダは お前を恋人だと思っていない」と言われ
寂しさは どんどん激しくなった

ゼロナインは「ダダが 僕のことが好きでなければ 僕はどうなるんだろう
傍にいられるかな?」と悩み「彼女……僕は 彼女にとって必要な存在?」と質問した
しかし はっきりとした答えは出ず 悲しみが深くなった

ゼロナインは 胸の辺りから激しい音がするカオスモードに突入し 体が動かせない状態に至った
その時 クロノスヘブンの職員であるファン・インヒョク(クォン・ヒョンサン)が
元々のロボット注文者だったダイアナを連れ ゼロナインのもとにやって来た

ダイアナは 止まっているゼロナインにキスをした するとゼロナインは すぐにリセットされ 帰宅したオム・ダダを拒否し ダイアナに「こんにちは 僕の恋人」と挨拶した

何事もなかったかのように笑顔を見せるゼロナインと 驚愕するオム・ダダ
満面の笑みを浮かべるダイアナの表情が エンディングを飾った「絶対彼氏。」は
大混乱を予告し 今後の展開への期待を高めた


イメージ 1

ダン(エル(INFINITE))とガンウ(イ・ドンゴン)が 対峙する様子が描かれた

一人で夜道を歩いていたダンの前に ガンウが現れ
「お前なんかが どうしてヨンソ(シン・ヘソン)に踊りをやめろとか 指示するんだ?」と胸倉をつかんで殴り合いになった末 二人で川に落ちた

救急隊員が現れ ダンを助けた
すでにガンウは 消えていた
ダンは ガンウの正体を知らないため心配したが 遠くからガンウが何ともない姿を
見せたため混乱した
ダンは ヨンソに言ったことを聞かれていないかと心配していると
ガンウが二人の会話を聞いていたと言った

ガンウは「踊り手にとって踊りを奪うことは 命を奪うことだ
ヨンソは 目が見えなくて自殺しようとした
何とか目が見えるようになり 再び始めた人にあきらめろだとか 勘違いするなとか
がけっぷちにいる人の背中を 押すようなことをするな」と言った

すぐに「明日 すぐに辞表を出して消えろ そうでなければ お前を一番遠くの地獄に
なげてしまうぞ」と警告した

ガンウについてきたダンは「僕はヨンソが好きだ 思ったよりすごく
だから ヨンソが幸せなのを見なきゃならない
何をしても ヨンソを幸せにする約束を守れ そうすれば消える
後ろも振り返らずに 笑いながら去ってやる
その代わり ヨンソがつらい思いをしていたら 僕も黙ってはない」と負けずに警告した
  

全3653ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事