ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫過去の投稿日別表示

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ムン・チェウォンとソ・ジフンが 仙女の滝で再会した
ムン・チェウォン(ソン・オクナム役)とユン・ヒョンミン(チョン・イヒョン役)
ソ・ジフン(キム・グム役)のすれ違う恋愛感情が 新たな局面を迎えるストーリーが
繰り広げられた
一寸先も予測できない前世とロマンスの叙事が お茶の間を騒然とさせた

まず ソン・オクナム(ムン・チェウォン/コ・ドゥシム)は チョン・イヒョン
(ユン・ヒョンミン)が 夫の生まれ変わりではないことに気づいた
夫だけを求めソウルまできた彼女だったので失望し 大きな衝撃も受けた
最終的にはソウルを後にして 再び鶏龍に戻った

これにキム・グム(ソ・ジフン)は 閉店したコーヒーショップを見て絶望して
見る人々の胸まで締め付けた
しかし 偶然 自分がソン・オクナムの夫 バウセだったという前世に気づいて
チョン・イヒョンの車を借りて 急いで鶏竜に向かった
彼女を失うことはできないという思いで 鶏龍まで走って行った彼の姿からは
ソン・オクナムに対する深い愛が感じられた

チョン・イヒョンも ソン・オクナムを追って鶏龍に行った
イ・ハムスク(チョン・スジン)の怒りのこもった告白と 酷い言葉を聞いたのにも
関わらず ソン・オクナムのことが頭から離れなかったからだ
ソン・オクナムでなければならないというチョン・イヒョンの切迫した心情も
見る人の心を切なくさせた

放送末尾 キム・グムは ソン・オクナムと初めて出会った仙女の滝を再び発見した
その時のことを回想して微笑む彼は 不意に空から降ってきた洗面用具(?)を
キャッチして 滝でお風呂に入ることになり偶然 ソン・オクナムと再会した

ソン・オクナムは 彼を見てすぐに抑えていた思いが溢れ彼を抱き締め、
ム・グムもソン・オクナムを抱きしめた

この日 放送された『鶏龍仙女伝』13話は ケーブル IPTV 衛星を
統合した有料プラットフォームの視聴率で 世帯平均3.7% 最高4.3%を記録した
tvNターゲットの男女20歳から49歳の視聴率でも 平均2.1% 最高2.5%を記録し
ケーブル 総合編成を含む同時間帯1位を記録した
(有料プラットフォーム全国基準 ニールセンコリア提供)

一方 ムン・チェウォンとソ・ジフンが切ない再会で お互いの気持ちを確認した中
彼らの元に駆けつけるチョン・イヒョンと どのような展開を迎えるのかは 12月18日
韓国時間の夜9時30分に放送されるtvN月火ドラマ『鶏龍仙女伝』で 確認することができる
       

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ユン・ギュンサン キム・ユジョン ソン・ジェリムの三角関係に火がついた
チャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)が 自分の気持ちを無視している間
チェ・グン(ソン・ジェリム)が キル・オソル(キム・ユジョン)に率直に告白し
すれ違う三角関係がスタートした

2度目のキスの後 チャン・ソンギョルが言ったひどい言葉に傷ついたキル・オソルは
チャン・ソンギョルと距離を置きはじめた
チャン・ソンギョルは 彼女の冷たい態度に接し 申し訳ないという気持ちがさらに
大きくなっていった
キル・オソルは「私も恋愛する気はありません 代表のような人とは特に」と断言して
傷ついた分 仕返ししてやった
冷静に言葉を放って去って行ったが まだ怒りが収まらずミン・ジュヨン(ドヒ)に
電話をかけ チャン・ソンギョルに「ムカツク」と叫んだ瞬間冷ややかな雰囲気を感知したチャン・ソンギョルとクォン秘書(ユ・ソン)が キル・オソルの前を通り過ぎて行った
心にもない言葉で キル・オソルを傷つけたチャン・ソンギョルと
その事情を知る由もないキル・オソルのかわいい神経戦が 妙なときめきと一緒に
笑いを誘った
一方 チャン・ソンギョルは チェ・グンとの相談治療中 キル・オソルのせいで
混乱する心境を打ち明けた
自分の気持ちを努めて否定するチャン・ソンギョルの気持ちを 誰よりもよく知っているチェ・グンは「その人を守ってあげることができるほど好きですか?」というストレートな質問で チャン・ソンギョルを揺るがした
キル・オソルを思う彼の気持ちが 自分と同じだと知っているので チェ・グンもなかなか不安な様子を隠せずにいて 2人の男の目に見えない神経戦は 緊張感を増幅した

そんな中 彼らの関係の変化を予告した決定的な事件が起きた
ミン・ジュヨンに連れられて来た学校の講演場で ドクター・ダニエルという名前で
講演中のチェ・グンに会った
チェ・グンは 驚いたキル・オソルと目を合わせて
「もしかしたら僕たちにとって切実な機会が 僕たちのすぐ前に来ているのかもしれない」という意味深長な言葉を残した
その時刻 チャン・ソンギョルは 自分の気持ちを無視していた自分の態度と
それによってキル・オソルを傷つけてしまったことを後悔して 告白を決心した
しかし キル・オソルに会うために訪れた学校で チャン・ソンギョルは キル・オソルに告白するチェ・グンの姿を見た
食い違ったタイミングと すれ違った感情の中 本格的に動き出した三角関係が
ときめき指数を上昇させた

チャン・ソンギョルの驚くべき変化を見守ってきたクォン秘書が 
チャ会長(アン・ソクファン)を訪ね キル・オソルの存在を知らせる姿も公開されて
チャン・ソンギョルとキル・オソルの関係を揺るがす事件を暗示して 緊張感を加えた

まだ明らかにされていない中央洞再開発事件にまつわる秘密にも 関心が集まる
6年前の事件を見つめるチェ・グンの眼差しと 再開発現場でキル・オソルのメダルを
握ったまま運ばれたキル・オソルの母の姿まで描かれ 
彼らはどんな関係で関わっているのか 好奇心を刺激した

『まず熱く掃除せよ』7話の視聴率は 全国基準3.4% 首都圏基準3.4%
(ニールセンコリア 有料世帯基準)を記録した
8話は 今日(18日)韓国時間の夜9時30分に JTBCで放送される       

開くトラックバック(0)

イメージ 1

シン・ハギュンが ホン・ウニを失っても現場に復帰した
へジュン(ホン・ウニ)が ヒョンミン(キム・ゴヌ)によって殺害された中
ドゥジン(ユン・ヒソク)は 連続殺人犯が脱獄し 刑事の妻を殺害したことが知られたら社会的影響が大きいとマスコミ統制を行った

テソク(シン・ハギュン)は 妻を亡くした最悪の状況でも 現場に現れた
後輩刑事たちの配慮と説得にも関わらず テソクは変わらず捜査への意志を見せた

この日 チュンマン(パク・ホサン)が へジュンの家に残った証拠を発見し
隠滅した中 テソクはこれを確認して怒りを見せた

開くトラックバック(0)

イメージ 1

カン・ボクス(ユ・スンホ)の復学に ソン・スジョン(チョ・ボア)
オ・セホ(クァク・ドンヨン)との悪縁が再び始まった

この日 カン・ボクスは「復讐に行く」と言って復学した
カン・ボクスの登場にオ・セホは 事前に記者会見を準備しており 意図的にマスコミを
利用した
これにカン・ボクスは 多くの人々の前で怒りを押し殺し オ・セホに握手を求めた

彼は「再入学をしたのは学校のためじゃない 学生が望めば学校はいつでも
受け入れてあげなければいけないし 俺の意志で来たんだ
学びの機会を再び得たから一生懸命やってみる」と言って オ・セホに対し一杯食らわせた特にオ・セホは 理事就任の初日 各クラスの問題児だけを集めて
「野の花クラス」を新設した
これに彼は ソン・スジョンを正社員登用すると共に 彼女を野の花クラスの担任を任せ
衝撃をもたらした
カン・ボクスは 自然に「野の花クラス」のメンバーになった

しかし カン・ボクスは 甥カン・インホ(チェ・ウォンホン)と同じクラスという事実に驚愕した
特に彼は 甥がクラスでパシリにされて友達にいじめられているという事実にさらに
衝撃を受けた
これにカン・ボクスが カン・インホを苦しめる友達に食ってかかろうとしたが
気持ちを押し殺して 自らパシリを買って出た
彼は クラスの生徒に「これから俺たちのクラスのパシリは俺がする」と宣言し
甥を守ってあげた

その一方で ソン・スジョンとカン・ボクスは「野の花クラス」で 先生と生徒として
再会した
ソン・スジョンは「一体 なぜ来たの?」と追及し カン・ボクスは
「俺にそんなことしか言うことがないのかよ」と言った
続いて カン・ボクスは「お前と俺にはいろんなことがあったけど こうやって言葉で
言ってみると何でもないな どうせ偽物は長くは続かない」と一喝した
ソン・スジョンは「カン・ボクス あんたが本気だったら 私にあんなことしたかしら?」と過去の葛藤を言及した

以後 カン・ボクスは 9年前の「あの日」の場所である学校の屋上に ソン・スジョンを
連れて行った
この時 カン・ボクスは 過去 オ・セホとケンカしたことを思い出した
当時 カン・ボクスは オ・セホを見るやいなや彼を殴って怒った
オ・セホは「お前が嫌いだ 僕があんなによくしてやったのに 僕をずっと無視した」と
告白した
カン・ボクスは「あいつは俺の彼女だ お前はソン・スジョンが可哀相と思わないのか?」と言った

しかし オ・セホは「僕は可哀相じゃないのか 僕は世界で僕が一番可哀相だと思う
ボクス お前は何にも知らない」と失望を示した後 手すりに上った
彼は「死んでしまおうか 飛び降りたら全て楽になるだろうな」と脅迫した
これにカン・ボクスは「ああ 勝手にしろ 人をからかうにも程がある」と冷たく言って
立ち去ろうとした

以後 オ・セホは カン・ボクスが立ち去ろうとした時 投身しようとし カン・ボクスは急いでオ・セホを掴んだ 
続いて オ・セホは「僕を助けてくれ」と叫んだがオ・セホはそのまま墜落してしまった
この様子を目撃したソン・スジョンは 涙を流しながら恐怖に震えた

以後 放送末尾 オ・セホとカン・ボクス ソン・スジョンが 9年ぶりに屋上で出会い
真実ゲームをすることになった場面が描かれて ドラマの緊張感を高めた       

開くトラックバック(0)

イメージ 1

映画「バーニング」が「第91回アカデミー授賞式最優秀外国語映画賞」の1次候補9作品の
一つにノミネートされた

12月18日に映画芸術アカデミー協会が発表した「第91回アカデミー授賞式外国語映画賞」の1次候補9作品に「バーニング」が選ばれた
「バーニング」は「ROMA」「COLD WAR」「CAPERNAUM」「AYKA」「万引き家族」「Never Look Away」「Birds Of Passage」「THE GUILTY」などと共に
ショートリスト(short list)と呼ばれる1次候補にノミネートされた

アカデミー協会は 来年1月22日に9作品の中から最終候補5作品を選定して
発表する予定であり 授賞式は2月24日に開催される
この最終候補5作品に「バーニング」が選ばれると 韓国映画史上初の受賞となる

「バーニング」は 韓国映画では唯一「第71回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門
招待作に公式招請されて 国際批評家連盟賞およびバルカン賞を受賞 
ロサンゼルス映画批評家協会(LAFCA)とトロント映画批評家協会(TFCA)で
外国語映画賞と男優助演賞まで受賞した
さらにユ・アインは 韓国人俳優では唯一 ニューヨークタイムズ選定の今年の俳優12人に名前を上げる快挙までおさめた

「バーニング」は 流通会社のアルバイト学生のジョンス(ユ・アイン)が 
幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)に出会い 彼女に正体不明の男ベン
(スティーブン・ユァン)を紹介されて繰り広がるミステリアスでパワフルなストーリーだ

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事