鉄道写真情報館

当ブログの閲覧ありがとうございました GIG@NET 南部慶典

鉄道写真の入口

すべて表示

山口線、思い出のSL列車

JR西日本管内で非電化区間の山口線は、新山口駅から津和野駅まで架線の無い路線なので、蒸気機関車が列車を牽引して走る景色が似合う非電化路線なのです。

山口線を走るSL列車はレトロな客車を牽引するC571の「やまぐち号」が季節定期列車として、この区間を走っています。SL列車としてC57-1やC56-160が牽引する「サロンカーなにわ」やジョイフルトレイン「あすか」が蒸気機関車の重連運転やプッシュプル運転で、この区間を走った事もありました。
長門峡駅を通過して阿武川鉄橋を渡り、C57-1号機が牽引するレトロ客車の列車は津和野駅まで力走!。
SL「やまぐち号」は津和野駅でC571機関車の向きを変え、新山口駅に向かうレトロ客車のSL列車。
蒸気機関車のC57-1号機とC56-160号機が重連で「サロンカーなにわ」を牽引し、「2008DXやまぐち号」が
新山口駅と津和野駅間を往復運転したこともありました、2008年の夏、暑い日でした。
2010年10月16〜17日にはジョイフルトレイン「あすか」をC57-1号機とC56-160号機で牽引、新山口駅 ⇒津和野駅間をC57-1号機とC56-160号機が重連運転、津和野駅 ⇒ 新山口駅間をC57-1号機が先頭で、C56-160号機が後押で「あすか」をはさんでのプッシュプル運転列車が山口線を走りました。

山口線の沿線の家々の屋根瓦は「赤瓦」で沿線の景色は、まるで箱庭のように美しい景色です、そして、蒸気機関車の汽笛が山々に「こだま」して、山口線のSL列車は素晴らしい思い出です。



その他の最新記事

すべて表示

おおさか東線全線開通

2019/3/20(水) 午後 11:17

平成31年3月16日 おおさか東線は八尾市久宝寺駅から新大阪駅まで全線開通しました、これによりJR奈良駅から新大阪駅まで、直通快速電車で約50分台で新大阪駅に到着、新幹線に乗るには便利になりました。  「おおさか東線」が全線開通するまでは久宝寺駅から放出駅までの部分運転で、旧城東貨物線の単線区間を複線化、高架線路に付け替え貨物列車や201系電車が ...すべて表示すべて表示

D51 200号機が運転再開

2018/10/1(月) 午後 2:42

久しぶりのブログ更新です! JR西日本では、2018 (平成30年) 9月29日 (土曜)、 山口線 新山口-津和野間でSL “やまぐち号”が、3ヶ月ぶりに運転されました。 6月まで同列車を牽引していたD51 200号機が、C57 1号機と交代のため梅小路運転区へ回送される途中、7月の西日本豪雨災害で山陽本線が寸断され、梅小路 ...すべて表示すべて表示

D51-200「やまぐち号」

2018/3/31(土) 午前 1:55

山口線の季節運行列車が3月24日から運行が始まりました、今年は12月24日まで土曜と日曜に運行するそうです。今年の運行開始初日はD51-200号機が「やまぐち号」牽引しました。 [本門前踏切にて撮影] このD51形蒸気機関車は、1936年から1945年の間に製造された大型の貨物列車牽引ようの機関車です。 戦中戦後の国 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事