鉄道写真情報館

大阪を中心に鉄道を撮っています。

全体表示

[ リスト ]

貨物列車の雑学

貨物牽引機関車や貨車の重量はどれくらいか?
自動車に比べサイズがずっと大きく、頑丈な鉄のレールの上を走る鉄道車両の重量は、私たちの感覚では推し量れないような重さです。その驚きの数字に注目してみましょう。
 
機関車は重ければ重いほど牽引力は強いが!!
鉄道車両の重量がどれくらいなのか、専門家以外にはまったく想像できませんね。まず電気機関車のデータから見てみましょう。 直流電気機関車の代表的存在であるEF210形「桃太郎」の重量は、100.8トンです。これは電気機関車としては標準的で、JR貨物の電気機関車で最も軽いのはDE75形の67.2トン、最も重たいのはEH500形の134.4トンです。
ここにあげた3つの機関車の重量を、それぞれの車軸の数で割ると、いずれも16.8トンとなります。この数値は、車軸1軸あたりにかかる重量を示し、軸重といいます。機関車は重ければ重いほど、車輪とレールとの間の摩擦力が大きくなり、強い牽引力が得られるのですが、JRの線路の強度の規格から、通常は軸重16.8トンが上限なのです。例外的に、青函トンネル用のDE79形は軸重17トンとなっています。
ディーゼル機関車の場合、大型のDF200形は重量96トン、軸重16トンで、軽量なDE10形は重量65トンで軸重13トンです。 軸重が小さいぶん、線路の規格が低い路線(支線、ローカル線)を走ることが可能になります。 ちなみにSL時代に活躍した、貨物牽引用蒸気機関車D51形「デゴイチ」は総重量78,37トン、最大軸重14.3トンです、鉄の塊で出来たような蒸気機関車は、案外軽いのですね。
ちなみに自動車の重量は、普通乗用車で1〜1.5トン程度、トラックは最大積載時の総重量が大型でも25トンが限度、小型トラックは4トン未満です。
イメージ 1
最も重いEH500は動輪8軸で134.4トンのマンモス電気機関車です。
イメージ 2
標準的な直流電気機関車EF210形「桃太郎」は動輪6軸で100.8トンの重量です。
ちなみに動輪6軸の電気機関車のEF65形は96トンで、EF66,EF81,EF200,EF510形は100.8トンの車両質量です。
イメージ 3
SL時代に活躍したD51[デゴイチ」蒸気機関車は総重量78.37トンで軸重14.3トン、炭水車は含まず。
イメージ 4
軽量なディーゼル機関車DE10形は重量65トン、軸重13トンで、動輪5軸です。
イメージ 5
大型のDF200形は重量96トン、軸重16トンです。動輪6軸の機関車です。
自動車とは比べものにならない重さ、電気機関車は100トン、貨車は18トン前後
 
大小さまざまな貨車は「積」か「空」でも大差!
貨車の重量は、種類によってさまざまです。コンテナ車の例としてJR貨物のコキ100系107形貨車を見ると、18.9t。これは貨物を積んでいない、枠だけの状態の数値です。貨物となるコンテナは40.5トンまで積載可能で、これを加えると59トンになります。
イメージ 6
現在使われている貨車のうち最も重いのは、「大物車」と分類され、トランス(電力変圧器)を運ぶシキ610形。車両の重量だけで95.7トンと機関車並みで、積荷は最大240トンと、途方もない数字です。合計で335.7トンとなるので、24軸もの車輪を持ち、線路にかかる重量を分散させています。なお、この巨大な貨車は、最高速度を空車時75Km/h、積車時45Km/hに制限されています。(積荷のない空のシキ610形貨車)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

DF200は、「Red Bear」というあだ名でしたか。本日、北海道で脱線事故してましたね。修復には時間が掛かりそうです。次男は仕事の段取りが狂うので勘弁して欲しいとぼやいていました。

2013/8/17(土) 午後 9:07 [ SL-Mania ] 返信する

顔アイコン

[SL-Manja]さん、こんばんは。
DF200は厳密にはディーゼル電気機関車ですが、「レッドベアー」のニックネームですね、本日、北海道の室蘭線で脱線事故が有りましたですね。このDF200が牽引していました。復旧には時間がかかりそうなので次男の息子さんは大変ですね。

2013/8/17(土) 午後 9:44 GIG@NET 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事