鉄道写真情報館

当ブログの閲覧ありがとうございました GIG@NET 南部慶典

全体表示

[ リスト ]

キヤ143形気動車

キヤ143形気動車は、JR西日本の業務用気動車(ラッセル車)です。

JR西日本では、(国鉄)時代に製作されたDD15形やDE15形などの除雪用デっーゼル機関車を除雪目的で使用してきた。しかし車両が老朽化し、機関車としての使用も減少したことから、他の電車や気動車と同様の操作体系を持つ除雪車両が望まれるようになってきた。そこで、JR西日本管内の北陸・山陰方面での除雪用として、ディーゼル内燃気動車の両端に除雪用の翼を取り付けた形態のキヤ143形が製作されることになった。

キヤ143形はラッセル車としての運用が前提であるため、1両単独で運行することを基本とした両運転台形式で設計されている。ただし、冬期以外には除雪翼を取り外して、キヤ143形を2両連結して運転したり、他の事業用車両を挟み込んでプッシュプル形態で運転したりすることもできるようになっています。
イメージ 1
キヤ143形気動車は除雪用ウイング(翼)を付けて、積雪前の試運転。 
このキヤ143形の警笛は通常の「ピー」と言う汽笛の他に、ミュージック・ホーンも付いていて曲名は、有名な曲で「デイ・ドリーム・ビリーバー」を鳴らしながら除雪しています。
イメージ 2
積雪期以外の業務としてキヤ143形は除雪用ウイングを外して機関車として運用。「SLやまぐち号」用として旧型客車の35系4000番台の新造車両を試運転牽引、プッシュプルで運転していました、この時もミュージックホーンを鳴らしながら、通過していきました、曲名「デイ・ドリーム・ビリーバー」でお洒落なメロディーでした。

キヤ143形の最高運転速度:75Km/h   機関出力450PS/2100rpmのディーゼルエンジン。

製造メーカー  :  新潟トランシス

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事