過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

初めてのアジ。。!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日、川崎バンクへMichaelさんがお越しになられました!

先週、彼等、多国籍軍と共に走らせて頂きましたが・・得意技、時速6KのHCをカマしてしまい・・

TomさんとMichaelさんを峠の頂上ごとにお待たせしてしまいました。。


そのMichaelさんがバンク走行に興味があると仰せでした。

そして、今日・・流石に今年のJCRC年間チャンピオンでした!

先週は、自分があまりにボロボロで、Michaelさんがどんな走りの方であるか、ハッキリと分かりません(・・分かる余裕がありませんでした!)でしたが・・高いレベルの走りです!


第一に、車体を走らせる基本である・・軌道を真っ直ぐに取るコトが既に出来ています。

これは、簡単なようで、実は結構ハイレベルなコトと自分は思います。

フォーム、なにより、ペダリングの完成度がナイと、車体は真っ直ぐな軌道を保てません。

一般道では、真っ直ぐなつもりでも、路面のワンダリングなんかで誤魔化せる部分もあります。

でも、バンクでは全部露呈します!


走行ライン軌道確保、車体の安定感・・レースに出ているだけはあり、流石です。

来期はCクラスでチャンプでしょうね!!


そのMichaelさんに頂いた、「Lakritze」という食べ物は、カゼの予防などに効果があるそうです。

ドイツでは知らないヒトはいない位にポピュラーなモノとの事でした。

日本人の自分からは・・工業用電線を巻いたモノか?って感じです!

グルグル巻いた細い糸状のモノを、解いて食べていく感じです。

頂いてみたアジは・・初めてのアジ・・未体験ゾーンのモノでした!!


Michaelさんにお聞きした発音が全然アタマに入らず「Lakritze」は・・

妻の親友で、当クラブ・エース、マサキのミュウヘンご在住姉上殿へお聞きして分かりました!

なんでも、豆科の植物(甘草?)のエキスから出来ているモノらしいです。

鎮痛効果もあるモノのようですから、普段アスピリンをバンバンな自分にはイイかも知れません!



それにしても・・文化が違えば、モノ(走りも!)も違います!

確か、Michaelさん・・西湖のレースの宿では、納豆を朝、普通に召し上がられていたような・・

バンク走行も直ぐにマスター出来る(納豆も!?)、って事は、順応性がアルって事ですね!

Michaelさん、次回も是非、お越し下さい!!


PS:700Cが24inch車輪に見えるのは自分だけではナイと思います!

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日は年末の最中、川崎バンクへ当クラブの面々が集結しました!

平塚バンクを拠点としている方々、3名もお越しになられて、初の川崎の感想は・・

「面白いっ!」とのご感想であられました!!



最近の川崎バンクは、走路補修したにも関わらず・・

いたる処にパンプポイントが出ています。。

神奈川にある、4つのバンクの中では、平塚が一番のレコードバンクです。

平塚と比較すると、川崎は確実に走路が重い・・

但し、平塚はカントが川崎よりは緩いので、3コーナーからの走りに注意(レースの際!)が必要です。

唯一の33バンク、小田原は・・上がって流す際、右ペダルが要注意です!

自分は何回か走路へペダルを噛ましたコトがありますが・・悪くすれば、落ちます!!


数回しか走った経験がない花月園は・・どんな感じかは忘れました!



今日は特に固定車体比率が高い日でした。

バンクではロードなんて、普通ご法度ですが、当クラブ監督が、門戸を広げる意味でOKしておられます。

やっぱり固定が多いと、走り易い、プラス、マズイ走りの方が今日は一人もおりませんでした!

周回していても、安心です!!



バンクへ入ると、そのヒトの走りの内容が全部出てしまいます。

ペダリング・フォーム・走行安定・・・全部、暴露です、誤魔化せません!

やっぱり、僚友Oと、重鎮I先輩が、一番の乗り手です。

Oの走行センスはホントに優れていて、一緒に踏んで、これ程安心出来る相手はそうはおりません。

ペース・安定性・・車体を走らせるコト自体にセンスがある乗り手です。

写真のように、スプリンターのアシなんですが・・!!


そして、齢60オーバーの重鎮I先輩・・見事なペダリングとフォーム、ハンドル捌きです!

自分が高校時代、I先輩はバリバリのトラック選手で、スプリンターでした。

トップチューブへ膝を寄せて、締めるペダリング・・

つま先でペダリングをしているような、ハの字ペダリング・・

トラック乗りに多く見られる特徴で、今尚、その特徴は変わりません!


OとI先輩、二人には車体を走らせるセンスが確実にある!

このセンス、自分は必ずしも、速いレーサーが全員持ち合わせているとは考えていません。

速いヤツでも、センスがないヤツ、確実にいます・・!!

この辺りが面白いトコロです。

センスと速さは、必ずしもイコールでは、ない・・自分のこれまでの経験からの自論なんですが。。

OとI先輩、勿論二人も速いんですが、彼等より速い乗り手でも、彼等よりセンスがナイ乗り手・・

全然いますから!



11月の日刊西湖に参戦して、これはマジだ、って確信しました。

だって、某メーカーチームの中に・・全然センスが無いヤツいましたから!

若者ですから、これから・・ってコトも考えられますが、センスは段々と上がるモノなんかじゃナイ。

元々持つモノです・・コレばかりは、走り込んで磨く、とかではなくて、資質と自分は考えます。



バンクで露になる、走りのセンス・・

面白いです!!

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事