温泉

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

山代温泉 源泉 足湯

イメージ 1

 山代温泉総湯売店で温泉玉子付きソフトクリームを食べた後、総湯の裏にある源泉足湯に行ってみると熱い源泉が使われていて、飲泉も出来てほんのり塩加減の飲みやすい源泉でした。

山代温泉 源泉 足湯
http://tabimati.net/midokoro/detail_kanko.php?p=3170

https://goo.gl/maps/kU7KEPDF3EMSmXUE8

山代温泉 総湯

イメージ 1

イメージ 2

 山代温泉でバスを降りると温泉街の中心で総湯と古総湯があり、次の那谷寺行きのバスまで時間があるので温泉に入っていきます。古総湯は昔の総湯を復元して湯舟だけとのことで、総湯に入ることにして、玄関を入ると券売機で銭湯料金(440円)の券を買って受付に出す方式で、貴重品は受付の前の鍵付きの貴重品箱に入れて脱衣場に入ると籠が並んでいます。
 浴室に入ると高い天井から日が入って明るく、広い湯舟と奥の窓の近くに湯舟があり、周囲にカランがあり壁にはデザインが異なる九谷焼のタイルが並んでいます。無色透明の熱い源泉を使っているので、中央の湯舟はやや熱めで、奥の湯舟は熱く入る人は少なめです。水風呂はないのでカランのシャワーの水で体を冷やして何度か入りました。

山代温泉 総湯
http://www.yamashiro-spa.or.jp/model/399

https://goo.gl/maps/KJX2PZwJh7rBvyGdA

源じいの森温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 源じいの森駅で降りて1時間後の次の行橋行きまでに源じいの森温泉に入ります。駅前の広場から見える建物に行くと宿泊棟で、源じいの森温泉は反対側の丘の上で、体験施設の間を通って温泉の入口に着きました。
 玄関を入って受付で「ちくまるキップ」を見せると料金600円が無料になり、浴室は広い庭の先にあり、脱衣場に入ると籠が並んでいて、100円ロッカーがあります。浴室に入ると内湯は広い湯舟で、無色透明の温泉で、奥にドライサウナと水風呂、打たせ湯があり、露天エリアに出ると岩風呂もあり、地元のお年寄りがのんびり温泉に入っていました。

源じいの森温泉
http://www.genjii.com/spa/spa_1.htm

一日フリー乗車券「ちくまるキップ」好評発売中!
http://www.heichiku.net/railway/d-tickets/%ef%bc%91%e6%97%a5%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%b7/

https://goo.gl/maps/5wse1xHyUM1fnktv5

http://maps.gsi.go.jp/?hc=hifc#16/33.615148/130.894366/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

別府大学駅で降りて海沿いを走る国道10号線を別府方面に10分ほど進んで春木川を渡った先に別府わくわく温泉かっぱの湯があり、以前ゴールデンウィークに行ったら満員で泊まることが出来ず、今回は日曜日の夜で空いています。
 玄関を入って券売機で、夜18時から翌朝8時50分までのナイトタイム券(2,000円)を買って受付に出すと、簡易宿泊なので住所と氏名を書いて、番号が書かれたカードとバスタオルと手ぬぐいを渡され、サウナに入ると言うと引っ掛ける鍵もくれます。
 仮眠所は階段を上った廊下の先で、マッサージルームの休憩室に布団を敷いてくれます。廊下を通って浴室に向かうと脱衣場のロッカーは100円で、浴室に入ると1階にカランと広い湯舟があり一角がジェットとデンキ風呂になっていて、温泉は無色透明の循環式です。階段で2階に上がると広いドライサウナとスチームサウナ、水風呂があり、扉の先の階段を上がると露天の岩風呂もありこちら温泉の方がよく、温泉に入るだけなら390円で24時間営業しています。
 サウナと水風呂、露天風呂に一通り入って、受付でバスタオルを返却して廊下を通って仮眠室に行くと、マッサージルームは営業が終わって静かで、隣との間に衝立があり、布団の上でゆったり眠れ、翌朝5時に受付で番号カードを見せると新しいタオルを貸してくれて朝風呂に入ると目が覚めました。

別府わくわく温泉 かっぱの湯 ナイトタイム 夜18時 〜 翌朝8時50分 2,000 円
http://www.beppu-kappanoyu.com/guide.html

https://goo.gl/maps/KKCuGHwbRus

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

やっぱりステーキでステーキを食べた後、1日目にも泊まったホテルロコイン沖縄に行く途中に天然温泉のりっかりっか湯があり、ホテルにはユニットバスしかないので温泉に入っていきます。国際通りの先の沖縄セントラルホテルの裏にあり、玄関を入るとと100円返却式の靴箱があり、沖縄セントラルホテルとは中で繋がっていて、ホテルの浴場を兼ねているようで、受付にある券売機で料金1,000円の券を買って受付に出して階段を上がると二階に浴室に入口があります。
 脱衣場にはロッカーが並び、浴室に入るとスーパー銭湯の造りで、広い湯舟にバイブラとジェット、ドライサウナ、塩サウナ、水風呂があり、温泉は露天の岩風呂で使われていて、深く掘った塩辛い温泉で、暗いので良く分かりませんが色づいているようで、臭素、ヨウ素の臭いがします。沖縄には温泉や銭湯が少なく、那覇市内で気軽に入れる温泉です。湯上りに近くのコンビニでオリオンビールを買って、泊まるホテルロコイン松山に泊まりました。

天然温泉 りっかりっか湯
https://www.nahacen.com/rikka/index.html

https://goo.gl/maps/bBW8nL7Q1J12

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事