View

日本に生まれてよかった、日本人でよかった、と毎日思う。

全体表示

[ リスト ]

【Yahoo!ブログサービス終了とのことで、検索の多いこの記事は転載可に変更致しました。】
 「ささべり」や「あくち」の検索でこの記事を訪問され、転載を希望される方、 どうぞ ご自由にお持ちください。
 公開したブログを続けるかわからないので、データが消える可能性があります。
 ん?でも、この転載機能って、Yahooブログ内でしか使えないのかな??

 今後も、当記事が皆さまのお役に立つのなら幸いです。 2019年3月1日  viewブログ主


       ***************************************


母校で「あくち」と言われていた袖付けと身八つ口の、縫いどまりの補強のこと、
語源でも調べてみようと検索したけど、全くひっかからないんですよ。
 
今の今まで、和裁用語として全国共通のものだとばっかり思ってましたが、
実は全然通じないのかしら???
それとも、和裁用語自体が、ネットに載らないから??
びっくりしました。
トムさん、あくち、わかりますよね???
 
「あくち」と検索して出てきたもので、これが語源か?と思えるものは、
「鳥のくちばしの上のある部分」というもの。
(それ以外だと、大阪で「口角炎」という意味で用いられているらしい!!)
 
 
語源や正式名称はわからないので保留にしておきますが、
女物の着物で生地が最も痛みやすい箇所として、袖付けと身八つの縫いどまりがあります。
 
洗い張り(古くなったり、汚れた着物をほどいて、反物の状態に戻して汚れやスジを落とす)された
反物で、穴が開いていることが多いのが、袖付けの留め(縫いどまり)の位置。
力が入るので、縫製が甘いと、ほどけてくることさえあります。
 
単衣の場合、通常ですと虫止め(かんぬき止め)と言って、
2本取りの糸で補強のための留めをします。
でも、今回の久留米絣は海を渡って、はるばる遠い異国で活躍するわけですから、
袖がとれちゃった、とか、身八つ口が裂けちゃった、なんてことがないように、
補強の最上級バージョン、「あくち」をつけました。
 
 
 
見たことない人にはなんのこっちゃわかりませんね(><)ノ。
では、「あくち」がつくまでを画像でご説明いたします♪
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
【1】
 
まず、着物地の残り布を両倒しで細く折り、
巾の真ん中と、
身八つ口(もしくは袖口)の縫いどまりを
            画像のように   →
              糸で通します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【2】
 
糸をしぼって、緩まないようにきっちり留め。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【3】
 
あくちの布はしと
身八つ口(もしくは袖付け)の布はしを
細かくからげます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わかりづらいけど、留めの両側をごく浅くすくい
からげながら縫い合わせています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
【4】
 
からげ終わったら、いったん糸をごぶ結びして
切り、「あくち」も、留めから1センチくらいの長さで切ります。裁ち目を折り返して、折り返しをしっかりコテでつぶして形がくずれないようにします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
【5】
つぶした折り目の布はし中央をすくい、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
【6】
 
「あくち」を裏側に倒し、とじつけていきます。
 
このとき、表から見える「あくち」が、
ほど良い大きさになるように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とじつけ終わり。
糸始末は、「あくち」の中に隠すこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
【7】
 
開いた「あくち」を指の腹でつぶし、完成。
 
うむ、なんとなく、
インコのくちばしの鼻の穴のあたりに
くっついてそうな形ではあるか・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
【8】
 
同様に、両脇の
袖付け・身八つ口、計6箇所を
留めます。
 
 
画像のように、少し口が開いたように仕上がります。
 
 
 
 
 
 
見たこと、ありますか?
打ち掛けなんかには、でっかいのがついていますね〜〜。
糸で留める虫止め(かんぬき止め)よりずっと強い補強です。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

いや、まてよ、語源って、口角炎のほうかしら?
口角にできたできものに見えないこともない。。。。

うーん、美しくない語源で嫌だなあ。

2011/8/23(火) 午前 3:43 ちっくん 返信する

顔アイコン

正式にはなんていうんだろう。
和裁を始めて20年以上、この名前が正式名称だと思って疑わなかったから、かなりのオドロキです。

トムさ〜〜〜〜ん。知ってました〜???

2011/8/23(火) 午前 3:46 ちっくん 返信する

アバター

落札した着物などについていて、なんと言うのか気になってました。
私の習っているところではこのやり方はしないのですが、普段着ならこの補強のほうがいいなあと思っていたところなので、縫い方が載っててありがたいです❤。
今縫ってる夏物にこのやり方をやってみます♪

2011/8/23(火) 午前 5:43 羽衣 牡丹 返信する

はあーい、アクチ…と ならいました。
なるほど…他に言いかたがあるんですね、私は、これが、苦手で、この記事 プリントして練習しなきゃ…f(^_^)
私も、検索してみます♪
ちっくん、頑張ってますね、あ♪今 自分の木綿で やってみなくちゃね!

2011/8/23(火) 午前 7:49 トム☆ 返信する

顔アイコン

大変な作業ですね。。。いろいろ考えてくださって、ありがたいです。
そういえば、母の着物のお袖を直して、こちらで着たとき、小白雪の従妹が、私の袖を引っ張って、ここが、解けました。。
やっぱり素人仕事では、だめですね。。。
すばらしい手仕事に、感謝。。

2011/8/23(火) 午後 0:54 1emmali 返信する

牡丹さん、
古着などは、着物が普段着として着られていた時代のものだったりするのでしょうか?普段着は、動き回って、じゃぶじゃぶ洗って、に耐えられる強度でないと、何度も修理したり縫い直すことになりますものね。
今は、着物はほとんどがよそ行きか、特別な場で着るものになってしまい、アクチを付ける必要性が減っているのかもしれないですね。

是非、お試しください。
やり方が解らない部分があったら聞いてくださいね。

2011/8/23(火) 午後 2:45 ちっくん 返信する

トムさん、
そうですよね他に名前があるかも、なんて考えたこともありませんでしたが、和裁用語で検索してもヒットしないのです。
もしかすると、今や、「あくち」の存在自体が絶滅しかけているのかもしれませんね

細かい作業だし、虫止めでいいか、と、今まで自分の着物にも、あくちをつけたことがなかったのですが、先日、浴衣を着た時に、着崩れを直そうとしてうっかり身八つ口に指をかけて引っ張ってしまったんですね。見事にビリッといきました
それで、これは普段着にこそあくちを付けるべきだな、と思った次第です。
手をかけるだけのことはありますね。

2011/8/23(火) 午後 2:54 ちっくん 返信する

白雪さん、
着物で力がかかるのは、お尻と袖付けの縫い止まりですね〜。
袖付け、ほどけたことがありますか!それでは尚更、つけておいて良かった。
白雪さんは器用なので、画像を見ながらご自分で出来てしまうと思いますよ

2011/8/23(火) 午後 3:00 ちっくん 返信する

顔アイコン

始めまして!!
わかいころ、子供のころの着物には全部、晴れ着も含め、母がつけてくれていました 懐かしいな
色々知りたいことが多いので、お気に入りポチさせてくださいね

2011/8/26(金) 午後 9:49 真之介 返信する

真之介さん、はじめまして。
以前から、あちこちの着物ブログで、お名前をお見かけしていました。

「虫」と呼ばれているのですね。少し前まではつけるのが当たり前だったのでしょうか。きものを着て生活することが前提ならば、「虫」をつけたほうが良いですよね。


当ブログ、仕事は、のんびりペースですし、着ることに疎くて勉強不足なのですが、お気に入り登録していただけて嬉しいです。
私も登録させていただきました。
よろしくお願い致します

2011/8/27(土) 午前 7:25 ちっくん 返信する

うちの学校では「ささどめ」と習いました。ささべり、とか乳、と呼ばれているのはみたことあります。
ふらっとネットサーフィンしてこのブログ記事見つけたので、コメントかきかき。

2012/10/30(火) 午後 9:00 [ ryu*ca ] 返信する

> ryu*caさん
ああ、なんと、3年も前にコメントを頂いていたのにお返事せずにすみません。ささどめ、ささべり、ともいうのですね。乳というと、羽織の紐を結びつけるために、衿からちょっとだけ出すわっかを連想します。和裁用語ってネット上でのヒット、案外少ないですよね。

2015/11/4(水) 午前 9:53 ちっくん 返信する

> tom*ymk*ngさんも、コメントありがとうございます。
あくちは6つつけなければいけないので、ちょっとひと手間かかりますが、何かに引っ掛けて袖つけや身八つがビリっといく可能性がほとんどなくなるので、普段着には出来ればつけたいですよね〜。
2年前に頂いたコメントですが、裄直し記事で紹介していただいたのか・・・お返事出来ずに申し訳ありませんでした。

2015/11/4(水) 午前 9:59 ちっくん 返信する

この、『あくち』記事は、解析によると、よくネット検索にヒットするようです。見ていただいた方のお役に立てれば嬉しいです。

2015/11/4(水) 午前 10:00 ちっくん 返信する

顔アイコン

はじめまして。のあともうします。実は、事後報告とお願いで恐縮ですが、私のブログで紹介させていただきました。
http://noah-tips.com/?p=456
どうぞ、お許しいただけますよう、よろしくお願いいたします。

2016/2/8(月) 午後 3:41 [ のあ ] 返信する

> のあさん
はじめまして^^。お気に入り登録もありがとうございます。
この記事、皆様のお役に立てているようで良かったです。

2016/2/18(木) 午後 11:58 ちっくん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事