ここから本文です
創作BL小説を書いています。

書庫全体表示

「お疲れのようですね。
 私と違って田中先生はアイツに対峙した人ですし――外科医の皆さんには、ああいう精神疾患患者が苦手なことも経験上良く分かっているので――少し休みがてら教授の様子を窺いに行きましょうか?」
 内心では、気息奄々といった心情で最愛の人の外傷を、なるべく淡々かつ呉先生といつも接している態度を崩さずにいるというのも、今の祐樹には努力が必要だった。
 最愛の人の滑らかな素肌に――傷自体はミリ程度だが――メスで切り裂かれたことを書類に起こす作業は想像以上に祐樹の砕けた魂をさらに粉々にされていくような気持ちになってしまう。
 流石に呉先生も祐樹の表情や全体の雰囲気で「何か」を察したのだろう、大学病院で正式に使われている診断書に――しかも呉先生は大判のハンコまで持って来ているという手際の良さだったが、祐樹の場合自宅に置いてあるモノで代用した。
「そんなものまで用意周到に持参して下さって有難う御座います」
 快活さを装った積もりだったが、呉先生の気遣わしそうな視線が真っ直ぐに向けられていた。
「いえ、これは精神科の同僚にこっそりと用紙を分けて貰いました。
 精神科の真殿教授には治療方針の認識の違い――何せ二十年前の知識から上書きされていないのが、真殿教授でしたので。いと……いや、アイツに関するレポートを読んで病院長に解説出来たのがむしろ不思議なくらいです――日進月歩、ああ、これは精神科だけではないでしょうがの大学病院に居て、あれだけ頑なに自分のパターナリズムに固執する精神科医も珍しいかと」
 「教授と喧嘩して不定愁訴外来を立ち上げた」とは聞いていたが、立ち入って聞くような話でもなかったのでついついスルーしてしまっていたが、どうやら最新の精神疾患の治療方法に基づいた呉先生の治療計画――本来ならばそちらの方が正しいのだが――を従来の「医師が絶対で、患者は無知な子供のように振る舞わないといけない」というアプローチの相違が真殿教授と呉先生の確執の元になったらしい。
 そして、表立っては教授に逆らう気概はないものの、呉先生の治療法が正しいと内心では思っている医局の医師から白紙の診断書――何も書いていないので、個人情報保護帽はむろんのこと何の罪にも問われないし、倫理的に多少問題が有っても病院内にひっそりと存在する倫理委員会からの呼び出しを受けるほどのレベルでもない――を分けて貰ったのだろう。尤もらしい口実を――もしかしたら森技官のアドバイスを受けているのかも知れなかったが――作ればいくらでも入手可能だろう、病院所属の医師なのだから。
 祐樹だって自分の医局――今頃は大騒動になっているだろうが、確認する気持ちの余裕はない上に、斉藤病院長が事態の収拾のリーダーとなってくれたのは正直有り難かった。急を聞いた時には祐樹が全ての指揮を執る積もりだったが、最愛の人があんな状態なのを放置出来るわけもないので、いかに祐樹の考えが「机上の空論」に過ぎなかったのかを思い知らされて氷点下まで下がった魂の温度が更に降下してしまう――では診断書を持ち出すのは他の医師も居るので難易度は高いが、救急救命室なら忙しさに紛れてその辺りに置きっぱなしになっていることも珍しくなかったので、その気になれば数枚くらいそっと千切って持って帰っても誰も気付かないだろう。
 大学病院の封筒――呉先生の大荷物の中の一部にはキチンと入っていた――に診断書を折りたたんで入れて呉先生が蒼褪めたスミレのため息を零している。
「教授の……精神的な外傷については大袈裟に書きましたが、そんなモノは幾らでもでっち上げられます。何しろ裁判で心神喪失状態を主張する容疑者に検事と弁護士という利害が全く異なる人間が別々の精神科医に診断をさせても、一度として同じ結論になったことはないので大丈夫なのですが……。身体の傷の方はありのまましか書けないのがある意味残念ですね。
 まあ、同居人も心配していた最悪の事態――何故だか知りませんが、多分キス事件の時にでも察したのでしょう――に至らなかったのは不幸中の幸いです。
 教授の貞操観念は、今時の高校生よりもずっと保守的のようですし……。それに性的経験が豊富な女性でも合意のない性行為に対しては深刻なトラウマになってしまうケースも多々報告されています。
 教授ご自身の心の傷は今よりも更に重篤な結果になったことは火を見るよりも明らかなので、不幸中の幸いですね」
 呉先生は祐樹の気分を上げるために言葉を選んでくれているのは分かったが、アイツに最後までされたら、舌を噛んで死にかねないのが最愛の人の基本性格なことを――呉先生は知らないだろうが――祐樹は知っていたので暗澹たる気持ちの泥沼の更に深くまで嵌りこんでしまった。
 薬が効いて眠りこんでいる最愛の人の顔を見るだけで癒しになるかと思ってキッチンのテーブルの上に半分だけ片付いた書類を見て内心ため息をつきながら席を立った。
「アイツはキスマークを消すために素肌に傷をつけたのでしょうかね?それともメス捌きが下手だったからでしょうか……。まあ、本人が居ないので正解は分からないのですが」
 呉先生の――コンビニや好きだという吉○家に行く分には何の問題もない――ラフな格好をした華奢な肩が竦められた。呉先生の後ろを歩んでいるので表情は分からないものの。
「あくまでも推論ですが『恋人』が浮気したという『妄想』からの怒りの発露でしょう。
 ただ、教授の世界の至宝とも呼ぶべき右手が、取り返しのつかない、無残な結果になってしまわなかったのも、不幸中の幸いでした」
 アイツが最愛の人に吐いたと思しき「淫売」という単語――少なくとも最愛の人はそういう下品な言葉を、辞書も一度見ると丸暗記してしまうほどの卓越した記憶力の持ち主ではあるし、意味は知っていてもおかしくないが日常会話で使ったことは皆無だし「淫売」という言葉が有ることくらいは知っているだろうが、自分に該当する言葉として認識していないので――混濁した意識の中で出てくるのはアイツに言われたからに違いない。
 「恋人」の祐樹との夜を重ねて華麗な花が咲き誇った肢体の持ち主だが「淫売」という辞書的な意味は過去も未来も当てはまらないので。
「右手には替えられません……。それはその通りなのですが……。ただ、彼は精神的にも肉体的にも――いえ、強い部分も多分に持ち合わせていますが――脆い箇所は本当に繊細な硝子細工のようなので……」
 「だから大変心配なのですし、私の対応ミスが原因でこんな事態を引き起こしてしまって慙愧に堪えないのです」という言葉がどうしても出なかった。一時的な失語症患者にでもなった気分だった。
 シンプルかつ重厚な感じに纏められた寝室に点滴スタンドだけが違和感を醸し出している。
 呉先生はベッドサイドに近付くと、点滴の残量を素早くチェックしてからベッドの上に横たわっている最愛の人の手の震えを確認するためか手を伸ばした。
 薬の効果で一時的に手の震えは止まっているのは、彼が深い眠りの砂を強制的に撒かれたせいで、目覚めるとまたぶり返してしまうだろう。二晩で治るとは到底思えないほどの心的ショックを受けたのだから、当然と言えば当然なのだが。
 ただ、大惨事を引き起こした――予兆は事前に察知していたにも関わらず――責任が祐樹の肩に地球よりも重く圧し掛かってくる。
 呉先生のスミレの可憐な笑みと眼差しで祐樹に悪戯っぽい表情を送ってきた。
 呉先生の手が最愛の人の指に触れた瞬間、一旦は握りしめる動きをしたにも関わらず、直ぐに指が離れてしまったのを見て、だろうが。
「田中先生も同じようになさって下さい」
 薬の効果で熟睡している最愛の人の怜悧で端整な容貌を痛々しい眼差しで見詰めてからそっと細く長い指を祐樹の手と近付けた。
 縋るような感じで祐樹の指に絡んだ右手の指は先程の呉先生の時と同じだったが、祐樹の指の付け根まで深く絡み合って固く握りしめられた。
「思った通りですよ。熟睡されていても、田中先生の指と他の人間の指の区別はなさっていますよね?
 心から愛して、そして揺るぎない信頼を未だにお持ちである証拠ではないですか?」
 深く絡み合った指の確かな温もりと、呉先生の暖かな言葉に涙を堪えるのに必死で、ただ頷くことしか出来なかった。













どのバナーが効くかも分からないのですが(泣)貼っておきます。気が向いたらポチッとお願いします!!


◇◇◇
都合により、一日二話しか更新出来ないーーもしくは全く更新出来ないかもーーことをお詫びすると共に、ご理解とご寛恕をお願いいたします。
やっとリアバタがー段落ついたので、次回更新分からは毎日更新を目指します!(目指すだけかも……(泣)
最後まで読んで下さいまして有難う御座います。

また誤字がありました!!アプリで遊んでいる某BLゲームでたまたま発見したのですが←「腱や神経を繋ぐ」外科医は【マイクロサージャリー】が正解のような……。ただリアバタなので、何話目に書いたか探せてないので、ご存じの方は内緒キーででも教えて下されば大変有り難いです(泣)
                 こうやま みか拝

この記事に

  • こんばんは。更新ありがとうございました。

    こんな弱々しい祐樹先生は祐樹先生じゃない…と、言いたくなるくらい弱っている祐樹先生が痛々しい(T^T)
    元々精神が壊れている腐れウジ虫との相性は最悪で、初めの頃も祐樹先生らしからぬとっちらかりぶりと憔悴ぶりを見せてましたが…。
    これまでどんなことでも並み以上の有能さを発揮してきた祐樹にとって、初めて抱く敗北感なのかもしれませんね。
    全ては教授に対する愛の深さ故と分かってはいるものの、ここまで傷付いている祐樹先生がお気の毒で仕方ないです…。
    愛の試練と分かってはいるのですが(T^T)(T^T)(T^T)

    [ ルナ ]

    2017/10/10(火) 午前 2:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事