ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

気象庁の地震情報よりと、同14日17時30分の地震発生直前の気象衛星の赤外画像です。

本ブログの独自視点のコメント・・四国地方を覆っていた大きな雨雲が、南伊地方から
抜け去るタイミングの、気圧急変で発生した、気圧変動型地震です。

 その意味では、手前の記事の島根県東部地方に雲海が差し掛かる時の、気圧急変での
地震発生ケースとは、対照的であり、気圧変動型には、入型ケースと、出型ケースとが
あり、更に震源が深いと一日遅れの時間経過後での、時間差発生ケースなどがあります。
 
 地中に複雑な地層や、崩壊しやすい断層があったりすると、発生時間は遅くなったり、
早まったりするので、それらの危険性の程度によって、様変わりし易いので、高精度の
予知は、非常に至難なのが現状です。

 そういう意味で、大地震や激震直下型に対しては、誤差を含めた「先手の危機管理ノウハウ」というものが、大事な死活の生命線を握る、合鍵だということです。

気象庁の地震情報より

愛媛県南予地方М4.2地震発生

平成19年10月14日17時52分 気象庁地震火山部 発表
14日17時47分頃地震がありました。
震源地は愛媛県南予 ( 北緯33.2°、東経132.7°)で震源の
深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

愛媛県 震度2 宇和島市三間町* 八幡浜市五反田* 大洲市長浜*
内子町平岡*
震度1 今治市菊間町* 西条市丹原町鞍瀬 松山市富久町*
伊予市下吾川* 伊予市中山町* 砥部町総津*
久万高原町久万* 宇和島市住吉町 宇和島市丸穂*
宇和島市津島町* 八幡浜市広瀬 大洲市肱川町*
大洲市大洲* 内子町内子* 松野町松丸*
西予市野村町 西予市宇和町* 西予市三瓶町*
西予市明浜町* 西予市城川町* 愛南町船越*
愛南町柏* 愛南町一本松* 愛媛鬼北町下鍵山*
高知県 震度2 黒潮町入野
震度1 佐川町役場* 宿毛市片島 宿毛市桜町*
土佐清水市足摺岬 土佐清水市中浜* 中土佐町久礼*
梼原町広野* 四万十市八反原児童公園* 四万十市中村大橋通*
四万十市西土佐江川崎* 四万十町田野々* 四万十町十川*
黒潮町佐賀*
山口県 震度1 柳井市南町* 柳井市大畠* 上関町長島*
田布施町下田布施 平生町平生* 周防大島町東和総合支所*
大分県 震度1 佐伯市中村南 佐伯市蒲江
この地震による津波の心配はありません。

この記事に

  • 顔アイコン

    島根の次は、愛媛にきたのですね。
    西日本も、油断ができないということなのでしょうか。
    台風は、発生をしていませんよね。
    今年は、大きな台風が少なかったように、思います。
    これから、来るのですかね?
    台風は、いつまで発生をするのでしょうか?
    冬に、台風はないですよね。

    [ - ]

    2007/10/15(月) 午前 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    今年は、異常な年なので、従来の気象の常識が通用しないケースが多発してますね。昔12月上旬に台風が接近して、台湾、中国のところで消滅したことがありました。今年は、それが台風15号で、それと同じになって消滅したんですね。丸2ヶ月分ほど、温暖化が進んでいると考えれば11月の早咲き桜が、今年は関東では9月下旬から咲き始めても、つじつまが合って来ます。ということは台風は完全に終わって、木枯らしがどこまで吹くのか、暖冬になって、日常地震が増える傾向が予想されますね。四国は伊予地方と芸予灘海域と、奥道後に観音寺付近までが、四国四万十帯に沿った、地震活動の増加地帯ですが、大きい地震活動は、まず心配ない地域でしょう。

    blog-予知ダス

    2007/10/15(月) 午前 11:55

    返信する
  • 顔アイコン

    携帯で「緊急地震速報」を申し込もうかどうしょうか迷っています。

    トラこ

    2007/10/16(火) 午前 1:07

    返信する
  • 顔アイコン

    「緊急地震情報」は、携帯で申し込みに迷う人達が、非常に大いんじゃないかなぁ。交通機関を利用していれば、地震発生を知る上での、有効手段ではあるけれど、ビルの窓ガラスが降って来る、危険地帯で早めに避けられる。・・その効果も、真下からの直下型には、緊急地震情報システムすら、機能しないし、役立たないからね。

    blog-予知ダス

    2007/10/16(火) 午前 1:37

    返信する
  • 顔アイコン

    緊急地震情報が、間に合う所は、個人の場合には、正直なところ、逃げないでも済む、震度5強で、揺れてもガラスが降って来るほどや、建物東海までの心配がほとんど無い遠地ケースなんだね。だから「地震情報の到達が間に合う、」というだけなんだね。

    blog-予知ダス

    2007/10/16(火) 午前 1:42

    返信する
  • 顔アイコン

    公共機関ならば、緊急地震情報で、自動的に交通幹線の運行停止、改札窓口のフリー通過措置にしなければならないので、「緊急地震情報」の受信が、必須不可欠なるから、有効性が極めて高くある。・・というカラクリです。

    blog-予知ダス

    2007/10/16(火) 午前 1:45

    返信する
  • 顔アイコン

    個人の場合には、「怪しい空模様」をみて、用心していた方が、地震発生後の「地震速報」「緊急地震情報」が届くよりも、予兆探知、前兆探知には、遙かに有効だから、あえて、急いで「緊急地震情報」を申し込む必要性は、メリットあまりないよね。・・これが本音のところ。
    このブログを知らない人達は、大地震の予兆を、素早く知ることが出来ないので、申し込んで多くことが、多少の安心感にはなるでしょう。実際に間に合わないことも、多いんだけどね。・・そんな手度です。以上

    blog-予知ダス

    2007/10/16(火) 午前 2:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事