ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

気象庁の地震情報より

栃木県那須塩原・最大震度4、М3.8浅発地震について

 本ブログの独自視点のコメント
 典型的な気象変動の局地性ダウンバーストによる、浅発地震です。
 火山性とのつながりは、月末に向かう地震と火山の活動期でも、弱い時期ですので、
 直接の心配はありません。
 しかし、来年にせよ、地震と火山の活動活発期に向かっているので、その点で
 危機管理の上では、一つの要観察期に入っているということです。

平成19年12月24日19時44分 気象庁地震火山部 発表より
24日19時39分頃地震がありました。
震源地は栃木県北部 ( 北緯37.0°、東経139.9°)で震源の
深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。
栃木県 震度4 那須塩原市塩原庁舎*
震度3 那須塩原市蟇沼 那須塩原市中塩原*
震度2 茂木町小井戸*
震度1 大田原市湯津上* 矢板市本町* 那須町寺子*
那須塩原市共墾社* 那須塩原市あたご町* 宇都宮市中里町*
茂木町茂木*
福島県 震度1 白河市郭内 白河市新白河* 棚倉町棚倉中居野
浅川町浅川* 下郷町高陦* 下郷町塩生*
南会津町田島 南会津町滝原*
茨城県 震度1 土浦市大岩田 土浦市下高津* つくば市谷田部*
かすみがうら市上土田* 鉾田市当間*
この地震による津波の心配はありません。

この記事に

  • 顔アイコン

    先日テレビで地震の特集やってました。
    近畿では数十年以内に南海地震、東南海地震という超大規模な地震が予測されていて、
    みんな心配しているのですが、テレビではそういう大規模な地震の前に
    必ず内陸の震源での地震が起こるものだと言っていました。
    もしそうならもっと対策立てないといけないです。
    前触れで起こる内陸震源地の地震って規模は大きく起こるものでしょうか?
    それによって対策も違ってきますよね。

    奈良のどらさん

    2007/12/25(火) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    どらさんへ、ショックは大きいかもしれませんが、来年早々には、近畿圏に強震は起きて来ます。
    人々や行政が。目を覚ますには、それからでしょうね。

    blog-予知ダス

    2007/12/25(火) 午後 6:03

    返信する
  • この辺で起る地震って、割と深めの地震が多いって印象があるので
    ちょっとめずらしいなーなんて思ってしまいました。
    3.8で震度4・・・浅いとバカに出来ませんね。

    ちのです

    2007/12/28(金) 午前 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    この地震については、その通りだね。歴史的には、日光周辺の「今市市一帯のМ6級ダブル地震」の事例がありますが、このケースは、歴史「関東大地震」の頃よりは、全体的に「北東」方向へ、シフトして来ています。ということは、「東京湾北東部」あるいは「23区直下型」の可能性が、より強まった感じですね。これより先に、関西でも京都府北部・滋賀県地方や、中部地方の長野県・山梨県境の付近か、浅間山の火山活動が、噴火型よりも地震型で活発化してくる、不気味な地殻変動の2008年であると見て、要監視年になりますね。

    blog-予知ダス

    2007/12/28(金) 午後 5:40

    返信する
  • 顔アイコン

    予知ダスさん、御訪問くださいましてコメントありがとうございました。思わぬところで地震が関係しているかも知れないということで、今度はもっと注意深く観察していきたいと思います。これからもご指導よろしくお願い申し上げます。

    chikabe

    2007/12/31(月) 午後 8:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事