easygoing village(気楽村)

兵庫県西宮市在住、たまにブログ更新します。京都府が懐かしい方、気楽に投稿をどうぞ。

海川山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
『福知山ファミリー』というのは、JR福知山駅の裏側に昔からあるショッピングデパートです。
向かいに『さとう』というデパートもあり、どちらも駅から見えるのですぐにわかります。
福知山市だけでなく近隣の市からも買い物客も多かったデパートで、ここに思い出がある方も多くいることでしょう。

※由良さんは、『福知山ファミリー』が閉鎖を決めた後も、意思固く飲食店経営を続けた方です。
 (下記「福知山ファミリー・閉館。飲食店、営業継続。2月29日」を参照)


* 福知山周辺の地図(縮尺1/30万)
* 京都市下京区周辺の地図(縮尺1/30万)

関連ニュース(福知山ファミリーをNPOが取得。3月25日):http://blogs.yahoo.co.jp/yoco_cancer/35544787.html
関連ニュース(福知山ファミリー・閉館。飲食店、営業継続。2月29日):http://blogs.yahoo.co.jp/yoco_cancer/33851729.html
=========================================================================================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000002-rtn-l26

「福知山駅前を楽しいまちに」 ファミリー再開で
3月27日15時0分配信 両丹日日新聞

写真
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/cb/c2/yoco_cancer/folder/1715947/img_1715947_35607603_2?1206614038
 一度閉館となった福知山市駅前町の商業ビル、福知山ファミリーを買い受けたNPO京都SEINEN団の清水理事長らが26日、再び照明のスイッチが入ったファミリー館内で記者会見をし、「駅前のにぎわいを取り戻し、商店街と一体となって楽しいまちにと努力したい」と決意を語った。市民が親しんできた「福知山ファミリー」の名前を、これからも守っていく。


 会見には、テナントとして営業を続けることを表明していた飲食店「ひと粒」の由良さんが同席。ビル運営会社の破産管財人が閉館を打ち出してからNPOで買い受けるまでの経緯と背景を報告。今後の運営は新たなNPOを立ち上げて行い、設立手続きが完了するまでは由良さんが担うことを説明した。

 計画では1階を商業スペースにして2階以上は公共スペースや市民の交流・いこいの場とする。キーテナント(核店舗)を打診しているほか、テナント料を安く抑えて地元の商業者に出店を呼びかけることにしている。2階はレストラン街や保育所などを想定。3階−5階は文化教室や青少年・高齢者の屋内スポーツ施設、図書館、任意団体の事務所など、市民の要望を聞きながら整備する考え。出店などの問い合わせはこれまでのファミリー事務所と同じ電話(22)0101で受ける。

 29日から3階の「ひと粒」の営業を再開。29、30両日は1階を開放して藍染め市やフリーマーケットなどのイベントをする。


写真=ファミリーの玄関で意気込みを示す清水理事長(左)と由良さん

最終更新:3月27日15時0分


「福知山ファミリー」事業計画を説明 取得のNPO法人
3月26日20時49分配信 京都新聞

福知山ファミリーの復活に向け手を取り合う清水理事長(左)と由良さん(福知山市駅前町)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/cb/c2/yoco_cancer/folder/1715947/img_1715947_35607603_1?1206614038
 京都府福知山市駅前町の「福知山ファミリー」を取得した京都市下京区のNPO法人(非営利活動特定法人)の代表者らが26日、同所で会見し、今後の事業計画を説明した。関係者は「1年以内で、収益を上げるようにしたい」と意気込んでいる。
 会見したのは、同市三和町で「みわ・ダッシュ村」を運営するNPO法人「京都SEINEN団」の清水三雄理事長(66)と、3階の飲食店を経営する由良修一さん(46)。
 説明によると、同法人は建物と土地半分を取得。1階は商業スペースとし、農産物などの直売所や数店舗のテナントを入れるという。2階から4階は文化スペースと位置づけ、保育所や教室、フットサルコートなどを計画している。
 施設運営は、由良さんが今夏に立ち上げるNPO法人で行う。由良さんは「赤字を出さないよう、確実性のあるテナントを呼びこみたい。ファミリーが元気になれば、周りも元気になるはず」と話している。
 29、30日は午前10時から、1階でフリーマーケットや野菜市などを催す。問い合わせは福知山ファミリーTel:0773(22)0101。

最終更新:3月26日20時49分

開く トラックバック(2)

KTR丹後由良駅は、日本海と由良川のすぐ近く、山も近い、自然に囲まれた所。
『何もない』と表現する人もいるかも。
そこで突如こんなミニライブが現れたら、、どう。ステキでしょ?

* 小耳情報:対岸の神埼では、2006年から、ハングライダーの全国大会が行われるようになった。
      10月下旬ごろに約1週間行われる。




* 京都府宮津市由良周辺の地図(縮尺1/30万)
=========================================================================================
駅舎もアットホームな雰囲気 KTR丹後由良駅で生演奏
3月23日19時29分配信 京都新聞

3組が自作の曲などを披露したライブ(宮津市由良・丹後由良駅)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/cb/c2/yoco_cancer/folder/1715947/img_1715947_34424955_35?1206361136
 地元の駅をにぎやかに−と、京都府宮津市由良のKTR(北近畿タンゴ鉄道)丹後由良駅舎で23日、「由良舎楽ライブ」が開かれ、アマチュアバンドが待合室を使った特設の舞台で演奏を披露した。
 同駅舎内でケーキ店を営む日比道栄さん(44)が、地元有志らとともに昨年夏から開催し、今度で5回目。
 この日は「RYOHEY」(兵庫県丹波市)、「Aco&Rollpie」(福知山市)、「はしうどK−on」(京丹後市)の3組が出演し、自作のロックやフォークなどを演奏。待合室いっぱいの人が訪れ、手拍子などで応えていた。
 与謝野町石川から家族で訪れた吉田啓介さん(28)は「アットホームな感じで、すてきな音楽が聴けて良かった」と話していた。

最終更新:3月23日20時45分



* 京都府綾部市周辺の地図(縮尺1/30万)
=========================================================================================
、映像と歌で活気を 綾部・下替地地区が発表
3月23日11時59分配信 京都新聞

 京都府綾部市南部の下替地(したのかち)町自治会(21戸・65人)は22日、過疎化が進む町の活性化を願って制作した町おこしビデオや歌の発表会を同町集会所で開いた。内外に大いにPRし、住民が一体となっての元気ある地域づくりに役立てる。
 ビデオ、DVDと歌のCDは自治会の住民グループ「悠々工房したのかち」(小林真己登代表)が制作。ビデオは約20分で、地元産サンショを使った「さんしょみそ」「ゆずみそ」に加え、新製品の「梅みそ」の開発から販売に至る経過を住民の話し合いなど交え、ドキュメンタリー風に紹介している。
 歌は「まちおこしSONG」として、ビデオの終盤に挿入され「♪夢と希望の町おこし 愛があふれる町おこし… おこしおこしで日が暮れる」とフォーク調。制作には小林代表ら役員8人が中心になり、府の「地域力再生プロジェクト」の支援も受け、昨夏から取り組んできた。
 発表会には約40人が参加。四方良一自治会長が「地域の明日へ今後とも心を一つに頑張っていきたい」と述べ、「したのかち悠々合唱団」が歌を元気よく披露。ビデオも鑑賞した。
 DVDとCDは各1000枚作製。地元産品の販売イベントで上映するほか、全国の観光案内所への配布や希望者への販売も行う。

最終更新:3月23日11時59分
国土交通省などが進める取り組み「海の駅」に、全国で108駅が登録された。
うち、京都府舞鶴市は「アオイマリーナ」と宮津市は「田井宮津ヨットハーバー」が登録された。



* 京都府舞鶴市周辺の地図(縮尺1/30万)
=========================================================================================
舞鶴と宮津の2マリーナ 「海の駅」に登録
3月22日10時29分配信 京都新聞

 京都府舞鶴市の「アオイマリーナ」と宮津市の「田井宮津ヨットハーバー」がこのほど、国土交通省などが進める取り組み「海の駅」に登録された。マリンレジャーの各拠点を結んで利用者の利便性向上を図り、地域活性化を目指す。
 全国で108駅が登録された。西日本の日本海側で初めてで福井県おおい町の「うみんぴあ大飯マリーナ」も同時に登録された。
 近畿運輸局と、アオイマリーナなど3事業者が「日本海『海の駅』(丹後・若狭)推進会議」を設置。船舶係留施設が備えられ、案内ができるなど、誰でも気軽に利用できるとの要件を満たす3マリーナを登録した。
 今後は、海からの観光客を地域で出迎えると同時に、体験乗船などのイベント、レンタルボートの貸し出しなどで陸から訪れた人を海のレジャーに誘う。
 26日に「うみんぴあ大飯海の駅」で登録証交付式を行う。

最終更新:3月22日10時29分
1月に登録された府景観資産8件の中から、「特に文化的価値の高い地域」が指定された。

※「府景観資産」の一部は、下の参考ニュースでどうぞ。




* 和束町周辺の地図(縮尺1/30万)


参考ニュース(京都府景観資産8地区を初登録。和束の茶畑・久美浜湾カキ養殖):http://blogs.yahoo.co.jp/yoco_cancer/31389369.html
=========================================================================================
大江町毛原の棚田が府選定文化的景観第1号に
3月17日15時10分配信 両丹日日新聞

写真
イメージ 1

 府文化財保護審議会は、福知山市大江町毛原の棚田景観を「府選定文化的景観」に指定した。指定日は11日。今回が府第1号指定で、同時に久美浜湾カキの養殖景観、和束町の宇治茶の茶畑景観が選ばれた。


 1月に登録された府景観資産8件の中から、「特に文化的価値の高い地域」が指定された。

 かつて文化財といえば建物や書画、像といったものが中心だったが、世界文化遺産の概念が国内で制度化され、2005年の文化財保護法改正で「景観」も文化財として保護していくことになった。

 文化的景観は、見た目の美しさだけでなく「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で、我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」とされている。

 毛原の棚田は約105haを指定。エリア内には四季ごとに様々な表情を見せる棚田のほか、元普甲道(宮津街道)や剣豪・岩見重太郎の袈裟(けさ)切り地蔵、急な石段を上る氏神、アカガシの巨木など歴史的・文化的記念物や豊かな自然が残る。府教育委員会などは今後、地域文化の保護と維持、伝統・習慣の継承に力を入れるほか、文化的景観を生かした地域の活性化も図っていく。


写真=四季ごとに美しい表情を見せる棚田(そばの花が咲くころ)

最終更新:3月17日15時10分

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事