オタラの女一人旅ブログ〜日本が好きすぎて〜

オタラの旅記録は、書庫ごとに、それぞれすべてストーリー仕立てになっています♫初めて来た方は、ぜひ最初から読んでみてね

オタラと龍馬の土佐はりまや紀行

[ リスト | 詳細 ]

2008年の幕開けは、大好きな龍馬の足跡をたどる、四国は土佐の国への旅です☆☆☆3泊4日のこれまたハードスケジュールだけど、がんばりましたハンジロー君!!そんなお時間の都合上、下道命のオタラが高速道路めっちゃ使いました〜かんにんや〜〜ヽ(゜△゜lll)ノ
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

年越しハンジロー

桂浜からの続きです!!

この日は高知市内の「龍馬をたどる観光」ということで、午前中は石碑などを巡っていた訳ですが、
午後からは、資料館などなどを巡ります。


まずは、桂浜からすぐのところにある「坂本龍馬記念館」へ。

イメージ 1


そして、そこから少し東へ。高知龍馬空港あたりまで行ったところにある「龍馬歴史観」へ。


イメージ 2




ほかにも行きたい所は山ほどあったのですが、時間がサッパリ足りず。。。Σ(´Д`lll)

最後に、武市瑞山先生のお家、お墓があったところへ行って、散策は終了です。

イメージ 3





とてもなごりおしいですが、日暮れとともに、高知市を出発。


なぜにそんなに急いでいるかってゆうと、この日の最終的な目的地は、なんと・・・!







土佐清水市だったのです!!( ̄ロ ̄lll)ヒ〜〜







そうです、足摺岬な訳です・・・。



そう、この日は2007年12月31日。
明日という素晴らしい日を迎えるために、ふさわしい場所は、もう足摺岬しかない!!




・・・という訳で、国道56号線。


ひたすら西へ、西へ。。。



南へ、南へ。。。





土佐市、須崎市、中土佐市、四万十市、黒潮市・・・。







めっっっっっ(= ̄□ ̄=)っっっっっっっちゃ、とおッッッ!!!!!








途中、ものすん〜〜ごい吹雪に見舞われ、もう、死ぬかもしれない…( ̄□ ̄;)と思いつつ、、、



やっと着いた、足摺岬から一番近い道の駅「めじかの里・土佐清水」。

このときの記憶、殆どありません・・・( ̄ロ ̄lll)
きっとなんか、悪い霊とか憑いていたにちがいない…。うん、そうだそうだ…( ̄Д ̄;)




そんなこんなで(あまり記憶にありませんが)着いたと同時にばたんきゅう↓↓

起きたときには、2008年1月1日の朝日が、まぶしくオタラをてらしていたのでありました。。。









・・・ってちょっと!!!Σ(;・ิ口・ิ)




早起きして、暗いうちに岬まで行って、初日の出を足摺岬からたんのうするオタラの予定はっ!!???







ち〜〜〜〜〜〜〜ん。。。






朝日をながめつつ、疲労(と悪い霊)がちっともとれないオタラ、道の駅「めじかの里・土佐清水」の、自販機で買った缶のコーンスープがやたらうまかったことだけはよく憶えているんですが・・・(◉ฺ∀◉ฺ;ハハ...



そんな思い出の↓↓

イメージ 4



さぁて、もはや遅刻なので、思う存分ゆっくりして、いざ、足摺岬へ!


ハンジローも、新年っぽく装って、出発〜〜ヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆


イメージ 5

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

月の名所は桂浜♫

オタラの2007年→2008年、年越し高知めぐりの旅、いよいよ盛り上がりドコロにきてます!!(。→∀←。)♡


いよいよ、高知市のどまんなか、「はりまや橋」までやってきてしまいましたぁぁぁヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆☆☆

ここが、「はりまや橋」の交差点。

イメージ 1


写真にはうつってませんが、目の前に、高知駅や、高知城も見えています。





そしてこれがそのウワサの☆


イメージ 2



国道の交差点は、もはやすごい大きな道路になってしまっているので、その横にひっそりとある朱い橋を見て、
「えっ、これがあの有名な はりまや橋…!?」

とビックリされる方も多いようです。



藩政時代、豪商・播磨屋と、富商・櫃屋(ひつや)との間にかけられた私橋で、後にイメージを基に再現されたものなので、ほんと〜に、かざりのように、ちょこんと佇んでいるという感じなんですが。。。



しかし!!オタラには見えました。



播磨屋さんも!



櫃屋さんも!!



そして、かんざしを買う坊さんも・・・!!!






ここで、お坊さんが、惚れてしまったご婦人のために、コッソリ簪を買っていたのを、見〜〜ちゃった〜〜見ぃちゃったぁぁぁ〜〜という、あの有名なヨサコイ節。

それにちなんだ、「かんざし」という土佐銘菓が、このはりまや橋すぐトナリのお菓子やさんで買うことができます。
おみやげに購入しましたが、めっっっっっっっちゃおいしかったですヨ♫ ((´∀`)) ♡♡♡









そして・・・。








それから今度は、いよいよ・・・来てしまいました!!!ヽ(*´▽`)ノ.。.:*・゜☆.。




月の名所は。。。


イメージ 3






桂浜〜〜〜♫♪♫。+゜(*´艸`*)。+゜♪♫♪


イメージ 4



イメージ 5







もう、カンゲキの一言です(;´Д⊂ウルウル...


生きててよかったよ〜〜(*/□\*)。・゜・〜〜〜〜〜!!






お天気も、大荒れ続きの中、この時ばかりは陽が射していて、ありがとう神様仏様、龍馬様・・・


イメージ 6







景色があまりにも美しく、しばらくボケ〜〜〜っと、ながめていたい気分だったんですが・・・。

スケジュールがかつかつすぎるので、次の目的地へと急ぎます。



しかも!この日は、大晦日。ということで、観光客や、カップルなどなど、たくさんの人で賑わっていました。
せっかくなので平日とかもっとすいてる時に、また来たいナァ〜(u‿ฺu✿ฺという感じでした!










さて、そろそろ今回はここまでにしたいんですが、ちょっとこの日!オタラすごいものを発見したので、最後にオマケとしてUPしたいとおもいますヽ(・∀・)ノ

見てください!! ごく一部の、興味のある方は!!! (笑)

イメージ 7

国道32号・終点   国道33号・起点   国道55号・終点
国道56号・起点   国道194号・起点  国道195号・起点


なんと6つの国道が、ここで繋がっているんです・・・!!


道はロマンだ〜〜〜!!!゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜(←オタラ弟の名言)




                                         つづく。

開く コメント(6)

開く トラックバック(2)

さてさて室戸岬から、また高知市内に帰ってきたオタラ。

もうすっかり日は落ちて、今日の宿へと・・・





なんと!!この日の宿は、ずっと前からすごく気になっていた所があったので、そこを予約していた訳で(→ܫ←♡


その名は「ホテル南水」。




ここは、なんとあの坂本龍馬の生まれた地の跡地に建てられていて、龍馬ファンは必ずここに宿泊する!という所なんです(≧ω≦)b

ファンの方たちのために、お部屋や、いたるところに、龍馬に関する資料などなど置かれていたりして、それはもうわくわくするお宿でした!!(。→∀←。)♡♡♡

オタラのお部屋にも、かべいっぱいに、有名な龍馬の歌が・・・!

イメージ 2




龍馬ファンの方、必見!!てカンジですよね〜〜(≧ω≦)b



もちろんお料理も、土佐といえばの「皿鉢(さわち)料理」!!

イメージ 1


オタラに食べきれるわけがないでしょう!!というものすんご〜〜いボリューム!!!
モチロン絶品の舌鼓〜〜ヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆☆☆









そんな「ホテル南水」。龍馬に少しでも興味のある方は、ぜひ訪れてみてほしいですね☆★












さて、翌日は、ついに歳の瀬も瀬の12月31日。
この日は高知市内観光です♡



まずはホテル南水の周辺を散策。このあたりは龍馬の生まれた地ということで、龍馬に関する見所がイッパイ!
(もちろんホテル南水で、細かな地図がいただけます!)


まずはこれでしょう。

イメージ 5

イメージ 6


さすが、早朝からけっこうな観光の方がいらっしゃったのにはビックリ。
(おかげで写真をとってもらうことができましたが♡)








そして、この喫茶店は、龍馬の生家「才谷屋」があった場所だそうです。

イメージ 7







すぐ近くの郵便局も、龍馬づくし!!

イメージ 3


おっと、郵便局のすぐ後ろにみえているのが、噂の「ホテル南水」ですね☆







それから「龍馬の生まれたまち記念館」へ。

イメージ 4



ここは子供向けという感じでしたが…。
きっと周辺の小学生が、社会見学などで訪れるのでしょう。。






それから、「饅頭屋長次郎」のお家の跡。

イメージ 8






そして「後藤象二郎」のお家の跡や、「板垣退助」の生まれたところなどなど、このへんまでは案内版や碑がたてられているのでいいんですが、そのうち



「龍馬がかよっていた学校があったのがこの辺」


とか、


「龍馬がこんなことをしたのがたぶんこの辺」


とか、


「龍馬がこの辺であんなことをしてたらしい」


とか、


「龍馬がこの辺でたぶんこんなことをしたかも」




とか・・・・・。





・・・もはやマニアックすぎて、碑どころか何もないどころか普通の住宅街のまん中。

だけど、ホテル南水でいただいた、ありがた〜〜い地図を片手に、いちいち



「おぉ!!!」


とか、


「まじで〜〜〜!!( ゜Д゜)」



とか、感動して、興奮していたオタラでありました。。。
あまりにもマニアックすぎるので写真は省きます(笑)






さて次回は、ついに高知市のど真ん中、「はりまや橋」に到着します!!乞うご期待☆☆☆

                                     つづく♡♡♡

開く コメント(2)

室戸岬また来るよ…

前回に引き続き、国道55号を、室戸岬にむけてひたすら走りつづけるオタラ。


・・・っとここで、またちょいと寄り道です。
「田野町」というところで、国道493号へはいると。。。


龍馬と共に、幕末の動乱を駆け抜けた志士「中岡慎太郎」の生家があるのですヽ(・∀・)ノ!!
これは行かねばならない使命だ☆☆☆

そしてその「中岡慎太郎」の生涯を再現した、「中岡慎太郎館」が・・・!!!

イメージ 1






閉まっています・・・・・(・∀・)・・・・・。







閉まっていまぁぁぁぁぁぁぁヽ(・∀・)ノぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!!!!









12月30日ですから・・・。

年末ですから・・・。

晦日ですから・・・。・゜・(ノД`)・゜・。







そんなこんなで。


イメージ 2







そんなこんなで。


イメージ 3










室戸岬着です。


イメージ 4











気をとりなおして・・・。


イメージ 5









相当落ち込んでいたらしいオタラ、なんか写真が全然ありませんでした ノд-。)

とりあえず自分が入っている写真が、要所要所で一枚ずつって感じで。。。笑


ちなみに全部 (´ー`) ←こんなカオでした。




岬はお天気(とオタラの顔)のせいで、あまりキレイ感がありませんが、実際は相当美しかったです!!

「日本八景」と書かれた石碑もありました。





そしてちょっと登ったところに灯台も。

イメージ 6









そんな感じの室戸岬でした!(→ܫ←)





ちなみに、帰りのみちみち、行きにスルーしてきた道の駅に全部寄っていったのですが、
ほとんど「年末で閉まってる」&「切符は扱っていない」で、この日一日、道の駅の切符の収穫ゼロ(-ω-;ガク..


くやしかったので、「高知龍馬空港」に寄ってみました。

イメージ 7





そしてこの日のお宿に向かいます。
明日はいよいよ高知市内めぐりだ〜〜♡→ܫ←♡ 

                                     つづく♡♡♡

開く コメント(2)

さてさて。

国道32号、土佐北街道を順調に南下して、次の道の駅がみえてきました。


道の駅「南国」です。

イメージ 1



ここでは、本にものっていた、有名な「ぼうしパン」というのが売っていたので即GET☆

イメージ 2



フツウのパンといえばフツウのパンなんですが、素朴な味でなかなかウマイ(→ิܫ←ิ)
ちなみにいろんな味がいっぱいあって、超まよいます!





そして、そこからほんの少しいけば、もう、それはそれはご待望の・・・


イメージ 3




高知市入り〜〜!!!!!・*:..。♡ *゜☆ヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆.。.:*・゜♡.。.:*・゜☆.。





もうそれだけで、カンドウをかくしきれないオタラ・・・。・゜・(ノД`)・゜・生きててヨカッタ..


すでにいたる所、龍馬、龍馬の看板で、脇見運転とてもあぶないオタラ。。Σ(゜д`*;ハッ!!

しかし、今日はまだまだ予定がいっぱい!見とれている場合じゃありません。




国道32号から、丁字にぶつかったところで左折。国道55号にのりかえ、東へ向かいます。

この国道55号が、室戸岬をぐる〜〜っと海沿いに一周している、なんともステキな道です!!ヽ(・∀・)ノ


そう、この日のオタラの目的は室戸岬♡♡♡




土佐湾を右手に臨み、潮風のキモチよく、道の駅もスルーして・・・



岬まで一気に快走!…の予定でしたが、ちょっと寄り道。

途中、「安芸」という街に立ち寄りました。

「安芸」といったら広島を思い出す方が多いとおもいますが、野球好きの方なら「安芸キャンプ」でお分かりではないでしょうか!

ここに、「岩崎弥太郎」という人物の生家があります。

この人です↓↓↓

イメージ 6




・・・誰???('-'*)???


なんて言ってはいけません!!龍馬を語るには、外せない人物です!!!
詳細は割愛。




そんな訳で、生家など散策。

イメージ 4




おっと、みなさんこれを見れば「おお!?(☉ε ⊙ノ)ノ 」とお思いになるのでは。。。

イメージ 5



岩崎家の家紋です。

そう!彼は天下の「三菱」創始者でもあります(◉ฺ∀◉ฺ;)

なのにあまり知られていないのが、オタラはとても悲しい(;´Д⊂。。。





さぁさぁ、そんなにのんびりもしてられないので、また国道55号に戻って、一路「室戸岬」へ!!
ガンガンとばしま━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━す!!!!!


                                     つづく♡♡♡

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事