エセプログラマーの戯言

プログラムやリナックスなどについてのメモです

全体表示

[ リスト ]

Fedora 8 Xen 設定ファイル

Xenについて調べていたら、以前、Fedora 7とかFedora 8でXenを使ったときに自分が苦戦(挫折)したことと似たような症状を取り上げている記事を発見しました。


全てGUIで操作することを前提としているのか、前まであったはずの仮想マシンの設定ファイルがないのです。

以前は、仮想マシンのイメージファイルと設定ファイルを複製して、設定ファイルの方を少し書き換えるだけで仮想マシンが量産出来たんですが、それが出来ません。

また、記事にもあるように、設定ファイルを自作して、そいつをコマンドで起動させても、数秒間で落ちてしまうのです。
これでは、仮想化の「短時間で簡単に仮想マシンを作れる」というメリットを受けられません。。。


「こんな大きなメリットをなくすはずが無い!」と思い、試しに、仮想マシンのイメージファイルだけ複製してみたんですが、同一ドメインUが同時に二つ存在する(?)って感じになりました。
どういうことかといいますと、起動してるマシンと起動してないマシンが同時に存在するという意味の分からないことが起こったんです。

起動してる状態と起動してない状態が交互に表示されるから、何というか・・・点滅信号みたいな感じでした(笑)



さて、自分は、結局解決方法が分からず、全部0からインストールするという非効率なことをしてしまったんですが、解決方法を知っている方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事