エセプログラマーの戯言

プログラムやリナックスなどについてのメモです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

PostgreSQL 8.3リリース

自分は、データベースは基本的には、MySQLなんですが、このPostgresSQLってのもたまに使ってます。
自分ぐらいのレベルだと、この二つの違いがあまり分かりませんが、大規模なシステムはPostgreSQL、それ以外は、MySQLというイメージがあります。
しかし、Yahoo!や楽天がMySQLを使っていることを考えると、そうとも言えない気がしますね。

さて、そのPostgreSQLが新しいバージョンが正式にリリースされたようです。


PostgreSQL Global Development Groupは2008年2月4日(現地時間),オープンソースのデータベース管理システム新版「PostgreSQL 8.3」を正式リリースした。2006年12月にリリースされた8.2以来約1年ぶりのメジャー・バージョンアップになる。8.3では8.2に比べ,トランザクション性能が5〜30%向上したという。

この記事を見て思い出したのですが、そういえば、Sunは、MySQLを買収するらしいですね。

Sunは2008年1月16日にMySQLを買収すると発表したが,SunのCEOであるJonathan Schwartz氏は同氏のブログで,PostgreSQLを筆頭とするオープンソース・データベースへのSunのコミットメントを拡大し続けると述べている。

個人的には、今まで通り使えれば問題ないですが、この両者を所持するってことは、データベースの世界を独占するってことになりそうな気がしますね。

あ、この買収に付いて検索したら、ちょっと面白い記事発見!


「喜んだり光栄だとかいうべきタイミングで、彼はコーヒーにミルクを注ぎ、混ぜ、フィンランドの話を始めた」

こんな感じで毎回スルーしてたのが、突然「買収について話し合いたい」ってことになった理由が気になります。
プログラマがC言語を学ぶべき10の理由というものがありました。




なるほど、結構納得できる内容ですね。

アプリケーション開発、特にWebアプリケーション開発では、実行速度よりも開発スピードが重要視されてます。なので、C言語などの低いレベルの言語では開発が追いつかないということもあり、C言語の勉強は必要ないと思われがちです。
ですが、この世界、特にWeb関係は、変化が激しいので、いつまた主流の言語が変わるか分かりません。
そのとき、今使ってる高級言語しか知らなかったら、すぐに役立たずになってしまいます。
特に、最近の言語(PerlとかPHPとかRuby)だと、初心者でも普通に開発が出来てしまうので、とても危険です。
C言語などの低いレベルの言語を通してコンピュータを理解していれば、この先どんなに新しい言語が出てきても対応出来るので、Webアプリケーションのプログラマであっても学ぶべきだと思います。

すごい中学生


これは、すごいですね。
自分が、15の時は・・・・・・・・・ドラクエしかしてなかった気がします。。。
しかも、最初が「Lisp」とは羨ましいです。


将来が楽しみですね!
先日、古いパソコンにCentOS5 + Xenを入れてみました。

まず、CentOSをインストールしたんですが、何故かX windowが起動出来ません。
多分、ハードウェアが古いので認識出来ないのだろうと思い、この問題は放っとくこと。

次に、XenにドメインUをインストールするんですが、上の問題を放っといたため、普段GUIでやっている作業をコマンドラインですることに。

仮想ディスクを作成。
# dd if=/dev/zero of=/var/lib/xen/images/vm1.img bs=1 count=1 seek=4G 

ファイルシステムの構築
# /sbin/mkfs -t ext3 -F /var/lib/xen/images/vm1.img

イメージファイルのマウント
# mount -o loop /var/lib/xen/images/vm1.img /mnt

必須ディレクトリの作成
# for i in dev etc proc sys temp ; do mkdir /mnt/$i ; done

スペシャルデバイスファイルの作成
# for i in console null zero ; do /sbin/MAKEDEV -d /mnt/dev -x $i ; done

「/mnt/etc/fstab」ファイルの生成(「/etc/fstab」と間違えないに注意)
/dev/hda1       /               ext3    defaults        1 1
devpts          /dev/pts        devpts  gid=5,mode=620  0 0
tmpfs           /dev/shm        tmpfs   defaults        0 0
proc            /proc           proc    defaults        0 0
sysfs           /sys            sysfs   defaults        0 0

「/mnt/proc」「/mnt/sys」にマウント
# mount -t proc none /mnt/proc
# mount -t sysfs none /mnt/sys

んで、yumを使って、ゲストOSの「Core」と「Base」をグループインストールをしようとしたときに問題が発生しました。yumのパッケージ取得の設定ファイルの中の$releaseverが実行時に「NULL」になってしまい、パッケージを取得出来ません。
仕方がないので、$releasever変数を置き換えることに。

リリースバージョンの確認
# cat /etc/redhat-release

CentOS release 5 (Final)

よって、/etc/yum.repos.d/以下の設定ファイルの$releaseverを「5」に置き換えます。
# sed -i 's/\$releasever/5/g' /etc/yum.repos.d/*

以上で、ゲストOSの「Core」と「Base」のグループインストールが可能になり、無事完了。

設定ファイル「/etc/xen/vm1.conf」の作成
kernel = "/boot/2.6.18-53.el5xen"
ramdisk = "/boot/2.6.18-53.el5xen.img"
memory = "128"
name = "vm1"
vif = [ 'mac=00:16:3e:00:00:12' ]
disk = [ 'file:/var/lib/xen/images/vm1.img, hda1, w' ]
root = "/dev/hda1 ro"

いよいよドメインUの起動
# /usr/sbin/xm create -c /etc/xen/vm1.conf

Using config file "/etc/xen/vm1.conf".
Error: I need 131072 KiB, but dom0_min_mem is 262144 and shrinking to 262144 KiB would leave only -15936 KiB free.

メモリ不足・・・・・・・・・・・・・・orz
やはり、古いパソコンで仮想化しようってのが間違いだったんですね。。。
今日、テスト用のMySQLサーバを使う機会があったんですが、その時にはまったこと。

日本語の登録がうまくできない。

今まで、普通に使えてた気がしたんですが、何故か、データベースに登録された時点で、既に文字が壊れている。

PHP側で文字コードを変換してみたが、何に変換してもうまくいかない。

原因と解決法を調べてみたところ、ありました。



この記事によると、文字化けの原因はPHPにあるようです。
PHPはmy.cnfで[mysql]、[client]を設定しようがクライアントの文字コードはビルド時に指定されたキャラクタセット(通常latin1)。

解決方法としては、/etc/my.cnf を次のように設定すれば良いようです。

PHPのクライアント文字コードセットを変更するにはビルドし直すか、「SET NAMES 文字コードセット」をクエリする。

MySQLの4.1.15以降、5.0.13以降の場合は、「skip-character-set-client-handshake」というオプションを付ける方法でもOK


自分の環境は、5.0.13以降だったので、二番目の方法を使い、無事解決しました。

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事