ここから本文です
バイバイ小林の・・・Fly me to the river
自慢話は聞きたくもないという人は来ないでね。100%自慢話だから(笑)
イメージ 2

3月末に休みを取って旅行する計画がある。

今年の渓流解禁は4月ごろまで寒さが続くということなので

いっちょ暖かいところでやってみようかと

スーツケースにちょうど入るパックロッドを買った。

9フィート#8の7ピース。

4ピースは持っているのだがギリギリスーツケースに入らない。

預かり手荷物で別料金を払うのも癪だからという理由で購入したわけだ。

無名ブランドのロッドだが作りは丁寧でしっかりしているようだ。

しかも安い!

振ってみた感じではちょっと柔らかすぎるかもしれない。

SAGEに慣れてしまっているからこれはまるでORVISのように感じる。





イメージ 3

フライリールはバッキングが300メートル巻けて

ラージアーバーでドラグがしっかりしたものを選んだ。

これはちと高かった。

フライラインはWF8で安価なもの。

一回の釣行でお釈迦になってもこれなら笑って許せる。





イメージ 5

万が一のために予備として専用のラインも持っていく。

これも中国製の激安フライライン。





イメージ 4

家にある釣りの道具を漁っていると

今回の釣行に使えそうなリーダーがごっそり出てきた。

ラッキー♪買わずに済んだ。




あとはフライ・・・


今からチマチマ巻き始めるのも面倒なので

ソルトフライ専門に巻いているタイヤーさんのものを調達。




イメージ 1

いや〜他人の巻いたフライって綺麗だなぁ(笑)

これだけあれば何か一匹ぐらいは釣れてくれるだろう・・・

などと甘い考えでその日が来るのを待つのだった。



どこへ行くのかわかったかな?

この記事に

紅白歌合戦に出ます!

イメージ 1

息子がけん玉ヒーローズというパフォーマンス集団に加わり

第68回NHK紅白歌合戦に出場します。
出番は7時15分くらいということです。

本業のギターで出るのはいつになることやら。

この記事に

開くトラックバック(0)

横浜は神奈川区三ツ沢にあるツリーハウスのカフェ

なんじゃもんじゃカフェが今年いっぱいで閉店するというので行ってきた。

駐車場がないというのでコインパーキングに車を止めて

スマホ片手に住宅街の中を歩き坂道を登っていくと・・・




イメージ 1

・・・あった!

開店30分前だというのに行列ができている。

あの木の上にはせいぜい10名ほどしか登れそうにないので

1組30分の所要時間を考えると・・・3時間待つ計算となる。

幸い風もなくぽかぽかと暖かい日差しに恵まれたので

並ぶことは苦ではなかった。






イメージ 4

なにせ、木の上に作った小屋なので

一度にたくさんの人が登ることができない。

そこで客は自分の順番が来るまでこの梯子のような階段の下で待つことになる。







イメージ 2

並んでいる間にじっくりとツリーハウスの外観を観察してみると

おやおや・・・下から木材でつっかえ棒をしている。

大丈夫なのだろうか・・・

ちょっと不安になるが・・・



もう少しで順番が回ってくる・・・というところで

なんじゃもんじゃカフェ名物のフレンチトーストが

売り切れたという札がぶら下がった。

すると、せっかく3時間近く並んでいた前の2人が脱落。

えぇっ!?

もったいない・・・3時間も並んだのに・・・

そんなにここのフレンチトーストは美味いのか・・・




イメージ 3

やっと順番が回ってきた。

店の中は5人ぐらいでいっぱいなので

テラスでのティータイムとなった。

廃材とトタン板でできたカフェ。

手作り感満載(^^)♪




イメージ 5

普段は朝食も昼食も食べずに

1日1食なのだがこの日は長時間並んだせいか

やけにお腹が空いたので

名物のフレンチトーストにはありつけなかったが

チリドッグと「あんバタードッグ」を注文。

あんバタードッグって気持ち悪そうだから頼んでみた(笑)





来年からはカフェではなく

違う営業形態でオープンするらしい。


はてさて・・・

今度はどんな店になってわたしたちを楽しませてくれるのだろうか・・・

銭湯だったりして(笑)

そんなわきゃないか(^^)




この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

ついに明日から禁漁

タイミングよく当日は定休日♪

先週に引き続き「物の怪の渓」へと向かうことにして3時間ほど寝て夜中に家を出発。

入渓地点に着いたのは午前3時。

車の中で「朝まで生テレビ」を観ながらウトウトした。

田原総一郎もずいぶんおじいちゃんになってしまった。

6時に身支度を整えていると釣り人が寄ってきて

「ここで釣りしますか?」と尋ねるので

今日は1日かけて最上流部まで行きますと答えると

「じゃあ、他でやります。頑張ってください」と笑顔で去っていった。

この釣り人が去った後で考えてみたが

1キロ以上歩いてから釣り始めるので

この区間は釣っても構わないですよと言ってあげればよかったなぁと後悔した。




しばらく歩いてお目当てのポイントから釣り始めるが反応がない。

1時間ほど経ってようやく15〜16センチのヤマメが釣れるが今日は大物狙いだ。

写真は撮らずにリリース。




しばらくしてふと対岸に目をやると

フライマンらしき人が挨拶をする。

入渓地点にわたしの車を見つけたはずなのに後を追ってきたのか・・・。



何か大声で話しかけてくるが川の音で聞こえない。

「えっ?」と聞き返すと

「この上、しばらく歩いてから釣りますから・・・」と言っている。

「わたしは一番上まで行くつもりで夜中から待ってたんですよ」と言うと

やはりよく聞こえないようでちょっと上流から川を渡ってこちらにくるように見えた。



ふむ・・・近くへ来て交渉しようということかと思っていたら

そのままスタスタと上流へ歩いて行ってしまった。

えっ!?・・・うそ・・・

やられた・・・。


フライラインを巻き取り足場の悪い渓流を慌てて追いかけようとしたが

左足の古傷が痛くてゴロゴロした岩場を歩くのがつらかった。

そのフライマンはとうとうわたしの視界から消えてしまった。


( ̄◇ ̄;)

仕方なくそのフライマンの後から釣り上がってみたが反応がない。

しょうがない・・・ここは諦めるか。

なんとなく釈然としなかったが

腹が立ったわけでもなかった。

今日が最終日だもの・・・誰もがみんな思い出に残る一匹を釣りたくて

わざわざ高速使って来てるんだろうから。



帰り際に大場所を探ってみた。


イメージ 2

川幅は10メートルぐらい

手前の強い流れにフライラインを流されないように

極力ロッドを高く保持して対岸の岩壁をこする流れにフライをキャスト

メンディングを1回。


フライが黄色い矢印の軌跡を通って赤い丸のついたポイントに差し掛かった時出た!

・・・が、しかし食い損ね。




ダメダコリャ(><)

車に戻って場所移動。



イメージ 3

抜けるような青空

幸運にも釣り人の車はない。

のんびりと車の中で昼食をとりいざ出陣!

あれれ???

自分の車の後ろに車が一台

しかもエサ釣り師が二人。

声をかけてみた。

「こんにちは。どの辺りまで釣り上がる予定ですか?」と尋ねると・・・

「フライですか?・・・特に予定は決めていませんが構いませんよ。気にしないで釣ってください。」

まぁ、なんと優しい人でしょう✨✨



あの川のフライマンにもこう言ってあげればよかった・・・

これが大人の対応だよなぁ。

シーズン最終日なんだから。



礼を言ってこの餌師が釣るだろうところを飛ばして上流から釣り始めた。

先週3匹釣れたプールは沈黙。



退渓地点近くに来て

ここで釣れても釣れなくても帰ろうと決めた。



イメージ 4

釣れた(笑)

午前中に釣れたヤマメと同じようなサイズ。

魚の写真が一枚もないのは寂しいのでパシャリ。




ちょっと上流にライズを発見。

こいつは20センチはありそうだ。

お得意のカディスパターンを流したが無反応。



フライを交換しようとフライボックスを眺めていると

目の前をパタパタと頼りなく飛ぶコカゲロウを見つけた。

見上げると・・・二匹三匹・・・結構飛んでるじゃないか・・・



フライボックスの中からライトケイヒル#16を取り出し

ティペットに結んだ。



こういうのがマッチ・ザ・ハッチっていうのね・・・なんかワクワクする♪

目論見は的中したがすっぽ抜け(><)

フライの選択は正しかった。


上流に目をやると

去年、大物を逃して禁漁を迎えたポイントが見える。

そういえば去年もここで禁漁を迎えたんだっけ

今年もここにいるはず・・・いや、きっといる。

と信じて3本の流れが合わさる手前の淀みにフライをふわりと落とした。





数秒の沈黙の後・・・

流れの中からイワナがヌ〜ッと顔を出し

ライトケイヒルをゆっくりと口に咥えた。


イメージ 5

何度も何度も首を振ってイヤイヤをするが

それほど走る魚でもなく割と簡単にネットに収まった。


メジャーで計測してみるとギリギリ29センチ。

惜しい・・・尺まで後ちょっとだったのに。



でもこれで後味よく禁漁を迎えることができる。


最後に最上流部でもう一匹追加。




イメージ 6

さっきの29センチと比べると可愛い。

退渓。






イメージ 7

車に戻ると餌師の車はすでになく

秋の夕暮れが迫って来ていた。




イメージ 8

また来年、必ず来るからね。

また遊んでくださいね・・・ありがとう。

禁漁前日だというのにこの川を譲ってくれた餌師のお二人に・・・ありがとう。

あの川のフライマンさん・・・あなたのおかげでこの川に来れた・・・ありがとう。





イメージ 9

高速のインターに向かう途中

今日をふりかえって、シーズンを振り返って笑顔がこぼれた。

ありがとう。

記念にパシャリ。




そしてシーズンを締めくくる晩飯はいつものプロヴァンズ風家庭料理の店。




イメージ 10

店内はすでにハロウィンの飾り付け




イメージ 11

このランプの下がわたしの指定席

今日も空いていた。




イメージ 12

ノンアルコールのワインで一人乾杯。




イメージ 13

骨つき鶏肉でシーズンを締めくくった。

今日、物の怪の川を最上流部まで釣り上がったとしたら

あのイワナには出会えなかった。

何が幸いするかわからない。

すべての出来事に・・・ありがとう。






さて・・・渓流が禁漁になった。

今度はシーバスかな。








この記事に

イメージ 1

シーズン・ラス前釣行。

天候は曇りの予報。

さすがにシーズン終盤になると魚はだいぶスレていて

そう簡単にはフライに飛びついてくれなくなっている。


釣りをスタートしてから約3時間

全くフライに反応しない。




イメージ 2

穏やかな流れが流速を増し

流下物を飲み込む落ち込みの肩・・・

ここでやっと出た。



イメージ 3

サイズの割にはよく引くヤマメだった。

それからまたしばらく沈黙が続き・・・



大場所のプールでライズを探していると

なにかの気配を感じた。

じっと誰かに見られているような・・・



対岸の絶壁ギリギリの水面にライズらしき音がした。

ポチャッ・・・

ん???

こりゃあライズじゃないぞ・・・とその絶壁の上を見上げると・・・


イメージ 4

気配の主はこいつだった。

こいつの足元から落下した小石が水音を立てていたのだ。


なんじゃこいつ・・・


犬のようにも見える。

こんな山奥の崖っぷちに犬がいるはずもなし・・・

FBに投稿すると

「そりゃあカモシカだよ」と返信があった。



イメージ 10

この画像はネットから拝借したものだが

確かに似ている。

カモシカだったのかも・・・しか・し

犬のように見える(まだ言ってる・笑)


もののけ姫じゃないけれど

おこと主様だったということにしておこう。




イメージ 5
 
おこと主さまが器用に崖を登り

姿を消した後・・・

もののけからの贈り物がこれだった。


体高のあるいい顔つきのヤマメだ。





イメージ 6

物の怪は出るわ

こんないいヤマメは出るわ

やはりこの渓(たに)は裏切らない。



来年もまたこの渓に戻ってこよう

パラパラと雨が降り出したので

まだ早いが退渓することにした。



するとすぐに雨は止み

青空がのぞき始めた。


もう少し遊んでいきなよ・・・と

物の怪が言っているようだ。



イメージ 7

ありがとう・・・

今度はイワナの贈り物。

贈り物は丁寧に扱い

また水に戻した。




イメージ 8

また一つ贈り物・・・

来年まで会えないのだから

お互いに名残惜しいよね。


物の怪さま・・・

シーズン最終日にはまた来ますから

あなたのお姿、また拝見させてくださいね。





イメージ 9

帰りにはSAのロースカツ御膳でほどよく疲労した空腹の体を労った。

さて最終日には物の怪さまのお姿を拝見できるのだろうか・・・

この記事に

イメージ 1

台風が接近している先週の土曜日

新潟の天気予報は晴れ♪

先々週は6時に現地到着しても先行者がいたので

今回は狭いCR-Zの中での車中泊覚悟で夜中に到着。


真っ暗闇の中でちょっと不安な一夜を過ごした。



夜が明けると同時に川に降り立ち釣りを開始。

気温は10度。

寒い。


イメージ 2


釣れてくるのは皆このサイズ。

ヤマメが2尾、イワナが8尾、午前中でツ抜けした。

この先、釣り上がっても大きいサイズは望めそうもないので

車に乗って釣り場を移動。




台風が来ているし三連休の初日ということもあって

釣り人は家族サービスに勤しんでいるのであろう

釣り場を移動して人気河川に来たものの釣り人の車が一台も止まっていない♪



入渓してしばらく行くといいポイントでイワナが出た。




イメージ 3

まずまずのサイズ。

ここで本日のメインイベント

河原で牛ステーキを焼いて食べることにした。




イメージ 4

今回は飴色玉ねぎがたっぷり入ったオニオンスープ

オレンジピールの食パン

前座が終わるといよいよ主役の登場!





イメージ 5

あっ!

フライパン持ってくるの忘れた・・・・(><)

いっそのこと生で食え!・・・とSNSでの意見もあったが

スープを飲み干したシェラカップを使って焼くことにした。




イメージ 6


シェラカップに入るように一口サイズに切って



イメージ 7

ヘットを使って焼く。

豚の脂はラード、牛の脂はヘットって言うんでしょ?知ってたかな?

ヘットスライディングは牛の脂で滑ってコケたこと。

ヘットロックとは牛の脂の塊のこと・・・笑。ウソですよ〜♪


イメージ 8

食事が済んでその場でフライを投げたらまたヒット!

さらに上流のプールで(ここでは釣れたためしがない)2連チャンヒット!!


今日は活性が良いなぁ〜♪

しかし型がいまいち・・・


退渓点近くでは2時間近くライズに遊んでもらった。


イメージ 9

この日は最大でこんなサイズ

午前10匹、午後7匹。



実は・・・



イメージ 10

息子がサポートメンバーとしてギターを弾いている「石鹸屋」のライブが

この日、新潟市内のライブハウスである。

天気予報によると、湯沢は午後6時からの降水確率が60%であったので

雨が降りそうになったら新潟市内まで足を伸ばして

息子たちの演奏を聴きに行くつもりだったのだが

予想に反して天気も良く数釣りが楽しめたので

また暗くなるまで釣ってしまった(笑)



演奏聴きに行けなくてごめん m(_ _)m


イメージ 11

帰り際にもまた一尾

大きいのが出ないのは低気圧の接近を察知して

みんなどこかへ隠れてしまったのだろうか・・・


ともあれ、数釣りは楽しめたし

普段釣れたことがないポイントで2連ちゃんもできたし

ライズを狙う楽しみも味わえたし・・・と満足した1日であった♪


今シーズンもあと2回

最後の一発大逆転

尺イワナよ・・・・待ってろよ〜(^^)♪

この記事に

ピピピ・ピクニック

イメージ 1


シーズンも終盤になると釣り人の数もぐっと増え・・・

いつもの川には先行者が二人。

場所移動をして他に移ってみたがそこにも釣り人の車が二台ある。

またまた移動してイタリアンの川へ・・・

( ̄◇ ̄;)ガビーン!

ここにもルアーマンがいた!

話をして上流をやるというので下流を釣らせてもらった。




イメージ 2

逆光の朝日を浴びてフライが見えにくかったが

すぐにイワナが飛び出した。






同じポイントのやや上流で・・・




イメージ 3

ぽっこりお腹のヤマメも釣れた♪・・・が、

その後はさっぱり釣れず

熊棚のある渓に移動。




イメージ 4

渓の入り口で一尾♪



イメージ 5

そしてもう一尾♪





イメージ 6

渓の奥・・・

スレたイワナが集まる淵で出た。

尾びれの綺麗なイワナ。


淵に流れ込む流れのラインをしつこく流すと

我慢できなくなってフライに食いついた。

イワナにとって我慢できなくなる必殺フライを使ったのよ〜(笑)



奥の堰堤では砂が堆積して水深が浅くなっていて

魚の気配が全くなかった。



時計を見ると11時。

今日はピクニックのつもりで来たので

釣果は二の次。



ランチに適した場所を探し・・・



ストーブにフライパンを乗せ、骨つきソーセージと野菜を焼く。

チリコンカーンを温める。



イメージ 7

フンフンフ〜ン♪

鼻歌を歌いながらせっせと調理♪




イメージ 8

カリッと焼きあがってうま〜い!

しかもいい天気♪

気分最高!




イメージ 9

青空の下でウェーダーを履いたまま流れに足を突っ込んでグイッと一杯♪

あ〜・・・しゃ〜わせ♪

今日はこれがメインね(笑)



イメージ 10

この食材と調理器具を背中に背負ってたんだからすごいね〜(笑)

めちゃくちゃお腹いっぱいになってちょっと昼寝♪




イメージ 11

道路に出て見るとあちこちに栗が落ちていた。

これはまだ青い栗。


昼寝が終わって懐かしい川へ行ってみることに。




イメージ 12

二年ほど前だったか、ここは干上がって水がなかった。

今は復活して水は流れていたが

肝心のお魚が・・・


い・な・い?


一度だけ反応があったが極端に魚影が少なくなっていた。

干上がってしまったのだから無理もないか・・・。





今日はもう帰ろうかとも思ったが高速に乗って大きく場所移動。





イメージ 13

ここも懐かしい流れ。

7年ぶりぐらいかな。

天気も良く、開けた川だからストレスなくロッドが振れる。





イメージ 14

小堰堤の下でヤマメが飛び出した。

あれれ???

ここはイワナの川だと思っていたのに・・・。




ピクニックも堪能したし

釣果もあったから今日は終了♪

六日町まで繰り出して舞茸づくしでも味わうか!





イメージ 15


午後5時なのにやってないじゃん!

隣の土産物屋で聞くと・・・

現在は夜の営業はしていないという。

残念。




イメージ 16

しょうがないのでいつものプロヴァンスの店へ行き

今回はパスタで〆た。


今シーズンも釣りに行けるのはあと3回・・・




そういえば尺の顔を見ていないような気がする。


誰か〜尺イワナが団体でとぐろ巻いているようなところへ連れてってぇ(笑)

この記事に

イメージ 1

金曜日を臨時休業にして

金・土と二日間の釣行を予定していたが

台風15号の影響で新潟は土曜日が雨の予報だった。



金曜は晴れの予報だったので金曜1日だけの予定で新潟へ向かった。



到着すると新潟は快晴♪

いつもの流れに立ち込みさっそく釣りを開始。(6:30)


前回、ダイビングカディスで大物を逃したポイントへ向かったが沈黙。

ここはイブニングにとっておくことにして先へ進む。



第二の大場所でライズを発見!

CDCカディスもマシュマロ・カディスもロストして

残り少なくなってきたのでオーソドックスなエルクヘア・カディスを結んだ。



イメージ 2

ドバッと出たのは体高のあるいいサイズのヤマメ。

グイグイ引く。

おや・・・?


針がかりしたヤマメに同じような大きさのヤマメが一緒についてくる。

ペアリングしていたパートナーを釣ってしまったらしい。

寄り添うように心配そうに針がかりしたパートナーについてくる。

大丈夫・・・写真を撮ったらすぐに逃してあげるからね。



イメージ 3

ずっしりと重い引きのわりには体長はそれほどでもなかった。

25〜26センチぐらいだろうか・・・。

やや黄色っぽい印象。

体高がある魚はやはり引きが強い。

前回のダイビング・カディスのやつも体高のあるヤマメだったのかもしれない。

写真を撮ったら素早くリリース。

ものすごいスピードでパートナーの元へと帰っていった。



その後いいポイントで何回もフライに出たがフッキングせず。

そして最初の一尾を釣って1時間ほどしてやっと釣れた。




イメージ 4


今度のは緑がかったヤマメ。

こいつもでっぷりとしている。

ここら辺でそろそろイワナの顔を見たいのだが・・・





木陰で一休みしておにぎりをほうばった。

きゅうりとナスのお新香も一緒に・・・。



退渓地点の近くまでやってきて難しい大場所に挑んだ。

ここは何度もライズに翻弄された場所だ。

アップストリーム・キャストでは難しそうなので

上流に回ってダウン・クロスで狙うことにした。




イメージ 5


一発目で出た!

ダウン・クロスの作戦が功を奏したのだ。

流れが岩肌を擦りえぐれを作っているところへ

暗めのエルクヘアー・カディスを送り込むと一発で出た。

このヤマメは茶色っぽいマットな印象。


季節と天候がマッチすればどんなフライでも釣れちゃうのかもしれないが

エルクヘアー・カディスの凄さを再認識させられた。



時刻は13:45。

まだまだ釣れると思ったが早めに退散して温泉にでも入ろうと思った。

スマホで天気予報を見てみると・・・

あら?

明日も晴れになっている。

台風はそれたのか???

温泉宿に一泊して他の川を釣ろうかとも思ったが

息子が明日、小樽へ向かうというので

車で羽田へ送ってやろうと思い帰ることにした。



川通しで帰る途中、見過ごせないポイントで何度もキャストした。

そして何度もフッキングに失敗。



あらら・・・

時計を見るともう17時(笑)

前回のダイビング・カディスのポイントに戻ってきた。

度重なるフライの交換でティペットが短くなっているので

6Xを6フィートほど追加。

20フィートのリーダーで臨んだ。


激しい流れの向こう側・・・

岩盤のえぐれに定位しているであろうターゲットに向かってキャスト。



イメージ 6


グリーンバックのヤマメらしい(自分の中では)体色のヤマメだ。

ん?・・・

今日はイワナの顔を見ていないなぁ・・・

そのポイントから車を停めてある場所まではまだ少しあるので

釣りながら川を下った。

結局、フライのアイにティペットを通すことができなくなるほど暗くなるまで

釣りをしたがイワナの顔は見れずじまいだった。



いつものプロヴァンス風のレストランに着いたのは

ラストオーダー・ギリギリの20時25分。

今日も誰もいない。

貸し切り状態だ。


イメージ 7

スマホで今日の釣果を眺めながらちびちび飲んだ。(ノン・アルコール)

どうしてイワナが一匹も出なかったのだろう・・・

イワナが出そうな緩い流れからはヤマメばかりが飛び出した。






イメージ 8


食事を済ませ車に乗って雨の降りしきる中を家へと向かった。

新潟はあんなに晴れていたのにねぇ。





イメージ 9

翌朝は息子がサポートで参加しているバンドが小樽でライブをするというので

空港まで送って行った。

自分が飛ぶわけでもないのに空港へ向かう道では

なぜかワクワクした。



久しぶりに飛行機に乗って外国で釣りをしたいなぁ・・・

クリスマス島でボーンフィッシュやGT、カスミアジなんていいなぁ・・・


イメージ 10

海外で釣りをしたのはこれが最後。

もう6年も前のことだ。

長期休暇をとって釣りに行けるのはいつになることやら・・・

この記事に

新潟は雨、伊豆は晴れ

イメージ 1

8月に入ってまぁ雨の日の多いこと多いこと・・・

先週の土曜も新潟は雨の予報。

降水確率60%じゃ行く気にもなれない。

伊豆はというと曇りの予報。

毎年、南魚沼漁協と狩野川漁協の年券を買っているので

天気のいい方をチョイスできる。


久しぶりに伊豆に行くとするか・・・




ということで高速に乗って出発。

沼津ICで降りて目的地に向かうと猛烈な雨に見舞われた。

うっそ〜!

曇りの予報なのにぃ・・・


しかし、目的地が近づくと嘘のように雨は止み

青空が広がって来た。


釣り人の車はどこにも見当たらない。


しめしめ・・・どこのポイントも独り占めだぁ!



ウェーダーはゴアテックス用の洗剤できれいに洗ってあるし

防水加工もバッチリだ。



恐る恐る川に入ってみたが防水性能に問題なし!

過去に美味しい思いをしたポイントを丹念に探って行くと・・・



イメージ 2

ビューティホーなアマゴが飛び出した。

でもこれっきり。

その後2度ほどいいサイズのアマゴがフライに出たがフッキングできずじまい。

いい天気の中、山登りと川歩きで終わってしまった。



イメージ 3

午後3時にロッドをたたみ温泉に入って帰路に着いた。

東名で神奈川に入るとまた豪雨。

家に帰って息子に聞いてみると都内もはげしい雨が降ったという。

わずか200キロ足らずの距離でこうも天気が違うのねぇ・・・


せめて週に一度はいい天気のところで気分良く釣りがしたいよなぁ。


今週末は娘との約束があるので釣りはお休み。

9月になったらまた新潟で今シーズン最後の釣りを楽しまなくっちゃ。

青空のもとでススキが揺れるのを横目で見ながら・・・








・・・と余韻を残して終わりたかったのだけど

9月は台風シーズンじゃん(><)

台風さん、お願いだから週末に来ないでね。

この記事に

今回、新潟も伊豆も雨の予報だった。
天気ばかりはどうにもできない。

そんな時は何して過ごす? 

たまたま伊東から、介護を受けて入院中の母親を楽にしてあげたいという方からメールを頂いたので定休日の院に来てもらい、操体法やらテーピングの仕方、エネルギー療法などをお教えした。

とても熱心に勉強されたので伊東に帰って入院中のお母様に施術して効果を出されていることと思う。


都内は雨も降らずに釣り日和なのだが、未練たらしく新潟の天気を見てみるとやはり
降水確率60パーセント。

行かなくて正解。
と自分に言い聞かせた。


さて、時間が余って手持ち無沙汰なのでフライのお手入れをすることにした。


わたしの場合、釣りから帰ったらまずウェーダーを干す。

次にリールからラインを全て引きずり出し、ミューシリンを塗り、リーダーシステムを作り直す。
次回の釣行前にやればいいものを帰ってきたらすぐやるのだ。笑

次にやるのはCDCフライのメンテナンス。




イメージ 1


使うのは百均で買ってきたアイブローブラシ。


CDCをドッサリ使ったフライはドライシェイクスプレーを使用しても1匹釣ると水気を含んでしまってしばらく使えない。




イメージ 2


釣った後はシャバシャバと川の水で洗い、ティッシュで水気を取る。

このままにしておくとファイバーが固まってしまうので、アイブローブラシで毛を逆立てる。




イメージ 3


ほ〜ら、フンワリ。

こうしてフライパッチに保管しておけばまた使えるようになるのだ。

前回の釣行にはこのブラシを持って行くのを忘れてしまったのでCDCが固まったままになっていた。

ブラシでフンワリとブローされたフライはフライボックスに戻り次の出番を待つことになる。

さあ、これでもまだ時間が余る。

そこでふと思いついたのがウェーダーの洗濯だ。

以前、川で転倒しパンツや靴下までぐしょ濡れになったが、車に戻って着替える時間がもったいないと、そのまま一日中釣りをしたことがあった。

1日の釣りが終わり、車に帰ってウェーダーを脱いだら酷い悪臭。

濡れたままのウェーダーで一日中釣りをしたことがあるだろうか?

ウェーダーの中は蒸れて、まるで使い古した雑巾を煮しめたような匂いがあたり一面立ち込めた。

それ以来、ウェーダーを脱ぐたびにその匂いから逃げることは出来なくなっていた。

思い立ったらすぐに行動に移すのが今回は凶と出た。

匂いを消すために洗うのだから、どうせならいい匂いがしたほうがいいだろうと、薬局に柔軟剤を買いに行き、もっとも高貴な芳しいフレグランスの柔軟剤を買い求めた。

さあ、こうなると一刻も早く洗いたい。

家に帰り、ウェーダーをひっくり返し、洗濯機に放り込み、スウィッチをいれた。

白金、はたまた、田園調布にお住いの麗しきマダムのような香りに包まれたウェーダーに仕上がることを夢見ながらスマホのゲーム、ツムツムとポコポコに夢中になっていたが、ふと不安が頭をよぎった。

ゲームを中断しスマホで「ゴアテックス  ウェーダー   洗濯」と検索して愕然。

ゴアテックスは洗濯機を使わずに手洗いすること。

ゴアテックス用の洗剤を使用しないと通気性が低下する。

柔軟剤も通気性低下を招くので使用してはならないとある。

( ̄◇ ̄;)ガーン!

その時、洗濯がすんだアラームが鳴った。

時すでに遅し。

ああ、そういえば誰かがFBでウェーダーの洗い方をレクチャーしていたっけ。
すっかり忘れてた。

今更遅いと思うけど、慌ててアマゾンでゴアテックス用の洗剤と撥水加工用の溶液を買い求めたので、焼け石に水と思いつつ再度洗濯にチャレンジしてみようと思う。

ダメでもともと。
ヤケクソで超撥水スプレーもぶちまけてみるとするか。

ゴアを洗濯機で洗っちゃったおバカさんはわたしだけ?
わたしだけだよね〜。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事