*** 宵待草の散歩道 ***

夜に咲く花、明日はどこで咲く。。

花鳥風月

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

旅に出てきます(*^^*)


写真とは.何の関係もありませんが(蔵出しです)
旅に出てきますので、申し訳ございませんが
4〜5日の間訪問・コメントができません。m(_ _)m


【 炎を噴く GODZILLA 
イメージ 1

石の風車


流星観測のシーズンに入りました。
一年中、流星は観測できますが、8月は三大流星群のペルセウス座流星群が
ありますし、何より寒さに震えることなく観測できるのが良いです♪
(但し。。蚊の猛攻撃と夜露でベチャンコになります)

昨夜は7月末に極大を迎えた【みずがめ座δ流星群】の余韻を期待して
夕方〜深夜、9時間以上粘ってきました。
久しぶりに天気は安定していましたが、夜半までは月齢 9.7
半月より大きい月明かりがあるため流星撮影は月没以降。

ここは光害で空が少し明るく、深夜はカップルさんや走り屋さんが
やって来るので車のライトを覚悟。。長時間ですから安全を優先。

石の風車。。。本当にクルクル回っています。
イメージ 4


初秋を思わせるような雲
イメージ 2


月の虹雲が綺麗。。
イメージ 1


肝心の流星は〜。。フレームに入るかどうかは運任せ。
目視では流星10個ほど、内2個は驚くような火球!
二度ともフレームの片隅にキラリ〜ン (ソフトフィルター使用)
イメージ 3

次の追っかけは。。


ホタルの追っかけで燃え尽き症候群気味ですが〜。。
そろそろ満天の星の追っかけスタートです♪

今年3月に撮影した「山門と星グルグル
イメージ 1

ホタルシーズンも終わりました。
フィナーレを飾る舞を見たかったけど24日・25日は悪天候のため断念。
26日、望みを抱いて、この地区で最後に蛍が見られる上流へ出かけましたが
強風、20℃以下の低温の影響もあったのか?すでに姫蛍は激減。
(平家蛍は飛んでいました。)
心残りはあるけれど今年の蛍の追っかけは終わりです。

21日に偶然撮れた失敗写真。
この日は構図で失敗、撤収する直前に向きを変えて一枚。
横着して設定を変えずに撮ったので空が明る過ぎます。。
星空と源氏の君とお姫様。。記念にUP♪(^^:)
イメージ 1


中間レポート。。
二週間、毎夜通ってもなかなか思うような写真は撮れません。
恐怖心と横着根性が。。

下流では源氏蛍はもちろん、姫蛍の数もめっきり少なくなってきました。
今ではカメラマンの姿もありません。
でも、標高の高い上流ではまだたくさんの蛍を見ることができます。


7月20日(木)
山側にはたくさんの姫様がいましたが、なかなか渓流を渡ってくれません。
源氏ボタルも少ないながら飛んでいました。
イメージ 3


7月22日(土)
上流の杉林を偵察していたら、いつも情報を頂く地元の方とバッタリ。
「また来てるん!?好きだね〜!(笑)」と呆れながら
源氏と平家、姫蛍が同時に見れるポイントに案内して下さいました。

姫蛍はまだ少なかったけど、雨上がり、霧のかかった池に
源氏蛍と平家蛍がたくさん!幻想的〜♪
ここは近くにダムがあるだけの民家も街路灯もない山奥、
夜は車一台通りません。
クマも出るそうなので構図は無視、車のすぐ側に三脚を立て、
時折クラクションを鳴らしながら撮りました。
イメージ 4


7月23日(日)
この日は旧暦の6月1日、滝に伝わる恋物語のお姫様の命日。
滝にお神酒を奉げてパンパン
滝より上流にある杉林。。こんなに多くの姫蛍を見たのは初めてです。
あまりの美しい光景に恐怖すら忘れ、最後まで
車の外で眺めていました〜!

30秒を5枚のコンポジット♪
イメージ 2

25枚コンポジットすればこんなことに。。森の中に天の川。
イメージ 1


全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事