猫熊親方(元前頭100枚目)の黄昏(仮)

モーターサイクル的チラシの裏 with ヤマハ XVS950CU BOLT-R (XV950R)

BOLTシートバッグ更新☆

イメージ 1

イメージ 2

.

以前のサドルバッグ&ツールバッグ更新に続き積載力改善の第二弾。

ラフロのシートバッグもだいぶ変色してきましたし、本日ツーリングから戻ってこちらも更新しました。


MotoFizz『シェルシートバッグMT』

シェル部分が黒いモデルもあるのですが、あえてシルバーを選択。

車体も黒、バッグ類も黒では全部真っ黒ですからね。
ツールバッグもグリーンにしましたし少し変化をつけようかと。


このバッグは形が崩れないタイプでトップケース的な使い方が期待できますね。

そしてこれはラフロのものより容量可変が非常に使いやすい。
ラフロのは可変伸縮部分の上に固定バックルが付いているというアホな仕様のせいなんですがね…


このシェルシートバッグの難点は、取り付けベルトがBOLTの場合そのままでは付けられない
ことでしょうか。

リアシート下の隙間が狭いので一度外さないとバックル部分をシート下に通せませんな。

私の場合はラフロの取り付け基部をそのまま流用しましたので大して面倒なく出来ましたが
新たにこのバッグを選ぶ方は注意が必要でしょうね。


今回のサドルバッグ更新と合わせ、これで以前より3割近く積載力がアップしたかと思います。

普段からカッパと折畳みバケットチェアを積んでますので容量アップは非常に有り難いのですよ。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:59,935km>

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.

BOLTが納車された年に装着したバッグ類がだいぶボロくなってきたんですよね。

度重なる泥汚れ。

まぁこれは洗えば良いとしても年月を経た色落ちに日光による色褪せ、あとバンク時に
ズリズリ言わせたバンクセンサー状態の傷はどうにもなりません。

使い続けるに機能的には全く問題ないのですが、あまり見窄らしい装備も如何なものかと。


そこで今回調達したのはHenly Begins「アメリカンサドルバッグ18L」。

なかなか良い感じです。

まず付け外しが以前のナイロンベルト式より非常に楽。
さらに以前より少々容量が増えているのに地面とのクリアランスが多くとれています。

画像では分かり辛いですがこれだと左バンク時簡単にズリズリ言わせなくてすみそうなくらいに
地上高が確保出来てます。

ただし欠点は、これ「コンチョ」とかいうボタンみたいなどうでも良い虚飾があることで、
18L型バッグにはこれ無しのモデルがなかったんですよね。

個人的にはBOLTに虚飾系の装備は似合わないかなと思っています。


さらに合わせて今回更新したのはシーシーバーに取り付けているラフロのツールバッグ。
こちらもあまりに色落ちが酷いので。

同じモデルにして同じブラックにするのもつまらないので、今回はブラックでなく
グリーンを選択しました。

まぁ同じく色落ちはするのでしょうけどね。


今回サドルバッグの更新で少々ではありますが、さらにBOLTの積載性改善が出来ました。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:58,236km>

.

この記事に

.

イメージ 1

長野県道442号旧道:入り口は諏訪ICからすぐ近く


イメージ 2

長野県道442号旧道「南峠」


イメージ 3

長野県道203号枝道からの南アルプス展望


イメージ 4

御岳湖をグルリ一周


イメージ 5

岐阜県道435号ビューポイントから見る乗鞍岳



ツーリングマップルを見ましたら気になる旧道がありましたので通ってみました。

諏訪ICから降りてすぐ近く。
灯台下暗しか、高速道を降りてこんな近くにアドベンチャーがあったという。


ツーリングライダーにとって「旧道」という言葉は心躍る響きがあるかと思います。

旧道といっても様々。

山を貫くトンネルの開通によって峠越えルートが旧道となったもの。

集落を避けるバイパスが出来たことで生活道路が旧道となったもの。

渓谷を跨ぐ橋の完成によって迂回路が旧道となったもの。

新道が出来る事情により「旧道」化のスタイルも様々かと思います。

しかし「旧道」として残してもらえるのはまだ幸せな方でしょうか。
廃道として封鎖になってしまうパターンも多い。

こうして残された旧道を楽しむのもまたツーリングの醍醐味ですね。


今は所謂「アドベンチャー」系バイクがブームで売れているようですが、こうしたルートを
通らないのは実に勿体無い。

国産ビッグオフ勢はピカピカに磨かれたものばかりでダートでは見た試しが無いんですよ。

一方の見掛けるKTMやBMWといった海外勢の方がコアな乗り手が多いということでしょうか。


<参考燃費>

・燃費: Trip 230.80km /8.43L =27.38km/L

諏訪IC下車後、伊那市街のセルフで給油まで。100%オール下道。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:56,714km>

.

この記事に

.

イメージ 1

茨城県の最高峰「八溝山」からの展望。


イメージ 2

アプリ使用でパノラマ撮影@八溝山より


イメージ 3

八溝山の山頂付近は茨城/栃木/福島県3つの県境となっている


イメージ 4

県道を逸れ那珂川沿いを征く


イメージ 5

ODOキリ番「55555」達成。



例年のことなんですけどね。

「都道府県別魅力度ランキング」ってあるじゃないですか。

あれ公開されるたび私はムカついてしょうがないんですよ。
何故茨城県が最下位なのか私にはまるで理解ができない。

そんでマスコミはそれに乗っかってワースト3位に位置している北関東3県が争ってるかの如く
面白おかしく弄ってみたりと。

こいつら一体何様のつもりなんでしょうね。
連中に片っ端から右フック叩き込みたいんですが。


私は茨城県が大好きですよ。

それこそ移住したいくらいに。
終の棲家は茨城県の北部沿岸が良いな、なんて思ってるんですけどね。

いつになるか分かりませんが、まぁ夢を見るだけならタダですから。



<参考燃費>

・燃費:Trip 298.60km /10.84L= 27.55km/L

日立市街のセルフで給油。高速道4割ほど。八溝山周辺タイトな県道を多く通った割に伸びた。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:56,045km>

.

この記事に

.

イメージ 1

国道152号枝道に春を感じる


イメージ 2

定番の"しらびそ峠" まだ雪の残る南アルプス


イメージ 3

南アルプスからの雪解け水で小渋川の水量は多い


イメージ 4

長野南部は桜満開☆


イメージ 5

「ビーナスライン」am7:30


イメージ 6

美ヶ原標高2,000mから上田市街方面を見下ろす


イメージ 7

道の駅「美ヶ原高原美術館」


イメージ 8

美ヶ原林道唯一の展望ポイントより北アルプスを望む



『ほ』

放置プレイ。

いや私は移り気激しいもんですから、メインの活動場所をちょいと移してるただけなんですけどね。

だからと言って、私はこのブログを決して放置していたという訳なんですよこれがw


国道152号の北上縦断ツーリング。

これ大好きなんで毎年必ず1度はやるんですよ。
そして諏訪市街に一泊し、翌朝ビーナスラインを早くから駆けるという定番パターン。

南下も悪くはないですが北上の方が徐々に標高を上げてゆくのでテンションも上がります。


冬季封鎖解除直後のルートって素敵ですよね。

まだ路肩に雪がいっぱい残る白銀の世界を駆ける。
そして遠くに見える山々の稜線も美しい。

これぞ新春ツーリングの醍醐味です。

徐々にツーリングプランの幅が広がってくる素晴らしい季節になりましたね。


<参考燃費>

・燃費:Trip 253.70km /9.00L= 28.19km/L

地元セルフで給油。
上田市から地元まで、高速道7割ほど。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:53,833km>

.

この記事に

The「ヒール」☆

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.

私ね、レスラーの「蝶野○洋」って好きなんですよ。

素晴らしいヒール役ですよね。

ただあの人の場合ヒールを演じていながら「良い人」オーラも出過ぎてしまっているのが
少々難点でもあるのかも知れませんが。

そんな人間臭さも含めてとても良い。



好きになったきっかけというのがあって。

昔、大学の部活OBが蝶野○洋とリング上で対峙したときがあったんですよ。
OB所属のインディーズ団体との抗争があって。

そりゃあ当時部内は色めき立ちました。試合を見に来てくれるあのOBが蝶野とリングで戦うと。
皆部室でTVに齧りついて試合をTVを見たわけですが。


結果は瞬殺、というに等しい内容。

いや皆も流石に勝てんだろうと予想していたとは言え、アレ程の実力差とは…

しかし同時に、見ていた皆が蝶野を憎むでもなく「蝶野スゲー!」となったんですね。
そして惨敗にも関わらず満足そうに満面の笑みで退場するOB。

アレで皆ファンになってしまった。もちろん私も。
見知ったOBを一方的にボコボコにした男なのに。

蝶野○洋のキャラだからこそ、あのカリスマ性だからこそ成せたと言っていい。



プロレスにおける悪役、所謂「ヒール」の存在。

ヒールってのは、後先を考えない単なる粗暴なだけの馬鹿では務まらないのですよ。
計算高く「キャラクター作り」が出来る紳士でなくてはいけない。

あの一見は粗暴に見えたタイガージェットシンもプライベートでは極めて礼儀正しい
紳士であったという逸話は多数ありますな。



そんな一方で。

「ヒール」と「品性下劣で単なる粗暴なDQN」とを履き違えている馬鹿も中には居るんですよね。

ちょっと前ならこれボクシングの亀田一族が正にそれでしたかね。

TVに映るだけで極めて不快な連中。
あの連中が表舞台から消え去ってくれて私はせいせいしてた訳ですが…


しかし「亀田興毅」ってまだ生きてたんですね。

久々名前を聞きましたよ。またこいつを増長させるような企画を引っさげて。

素人が奴に勝てたら1000万円、だそうですよボクシングルールで。
しかも厳格な体格制限もつけてw

これどうせ相手も見繕って既に決まってんだろっていう。
当人はヒール気取りなのかも知れませんがとんでもない話ですね。

亀田興毅のファンだという人間はTV界の提灯持ち以外では今まで見た試しが無いんですが。



カリスマ性の違い。

たとえ強くても、それがまるで無い人間。
どんなに筋骨隆々で喧嘩が強かったとしても、男としての魅力をまるで感じない人間。

「ヒール役」ってのはそんな人物では務まらないんですよ。

この手の馬鹿は早くTVから消えて欲しいですな。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.


「誰かが見ている」

そんな言葉と共に隈取りの目を描いた防犯シールは様々なバリエーションがありますね。
全く見たことが無いなんて方はまず居ないかと。

バイクの後部パニアに貼ってる方を見かけたこともありましたっけ。

良いんじゃないでしょうか。
これは周囲への啓発のみならず愛車の盗難防止効果も見込めるかと。



「誰かが見ている―――」

今日の読売朝刊社会面、こんな記事がありました。


『防犯カメラ"犯人"画像公開、万引き抑止 苦肉の策』

最近ネットでもニュースになってましたな。
写った万引き犯をポスターやWebサイトで晒す。

以前プレミアのついたフィギュア盗んだ奴を晒したのは結構な話題になってましたっけ。


それにしても、こうしたことが起こると真っ先に沸いてくる連中が居ますよね。

人権屋共は俺様の出番だメシのタネが現れたとばかり生き生きしてますな。
ゴチャゴチャ煩せぇんですよ。

「名誉毀損」だって? 盗っ人の名誉なんて無ぇよw


他にも「まずは警察に相談すべき」なんてクソコメンテーターも居ますが黙っとけと。

だいたい何故店が全く相談してないなどと考えているのか。
言ってもどうにもならんからやってるに決まってるでしょう。

真っ当な生き方をしていれば晒されることなんて無いんですよ。


窃盗の被害を届け出たところで警察も頼りにならない。
店だって死活問題でしょう。

これは今まで一方的に損害を被り泣き寝入りだった店舗側の「反撃」。


昔から「御天道様が見ている」なんて言葉もありますが。

これ現代なら「監視カメラが見ている」といったところでしょうか。


そういやドライブレコーダーの普及で公道での馬鹿行為を晒されたのも色々と
見られるようになりましたが良い傾向ですよ。


私が望むのは、馬鹿共に容赦のない社会。

.

この記事に

.


イメージ 1

新タイヤ「ミシュランCommander II」前


イメージ 2

新タイヤ「ミシュランCommander II」後


イメージ 3

大洗海岸通りで走行50,000km突破


イメージ 4

大洗海岸通りで走行50,000km突破


イメージ 5

大洗岬から太平洋を望む」



早いもんでして、もうBOLTへ乗り換えて3年目になるんですね。

新車から3年目となりますと、初回の車検を迎える時期となります。
そのためBOLTは車検と各種消耗品交換のため先月末からショップにドック入りさせておりました。


これ前のTDMに乗り換えて翌年だったんですよね、規制緩和があったのは。
以前は新車でもバイクは2年目に車検だったのが3年目へ、つまりクルマと同じに。

まぁ「車検」という制度そのものについては海外との比較もあり要・不要だの内容は
どうのかといった様々な議論もあるでしょうけど、私は全く無駄とまでは思いません。



そして昨日土曜に引取り。

メンテナンスも当然ながら車検証&自賠責保険はCOPYも用意してくれているといった
痒いところに手が届く相変わらずパーフェクトな仕事ぶりのスタッフ。
多少距離が遠くてもお世話になる価値のあるショップって素敵です。


今回の消耗品交換ではタイヤやブレーキパッドといった消耗品も変えてますので馴染ませに
そのまま茨城方面までツーリングへ。

実に素晴らしい… このまま天竺まで走れそうな気分。

そしていつもの宿に一泊し、今朝走行も50,000kmを無事突破。

今のところ不具合は全くありませんよ。タフで素晴らしいバイクです。



今回ドック入りでの作業は以下の通り。

【車検作業】

【12ヶ月点検作業】

【消耗品交換作業】

・オイル交換

・オイルエレメント交換

・エアクリーナー交換

・スパークプラグ交換

・フォークオイル交換

・ナンバー灯交換

・ブレーキフルード交換

・フロントブレーキパッド交換

・フロント&リア前後タイヤ交換


<消耗品交換作業>

・ナンバー灯交換

今回私はひとつやらかしてしまいましてね。

ナンバープレート灯が切れていたのに気付かなかったんですよ
これ今回の車検で分かったのですが。

交換したのは「12V-5W」バルブ… て言うか普通のバルブ式なのかよ!
それこそヤマハはこんなもん切れないLEDにしとけと。いや文句いっても仕方ないんですけどね。


・フロントブレーキパッド交換

フロントブレーキパッド、ハッキリ言って早すぎる交換になりました。
まだ4部山くらい残ってましたので。でもいいんです変えます。
これでもう10万km超まで余裕で持つでしょう。


・フロント&リア前後タイヤ交換

新銘柄:「ミシュランCommander II」

「METZELER ME888 Marathon」のリアは走行33,000kmで残り1部山くらいでしょうか。
当初持つかと思ってた40,000kmはちょいと厳しそうでした。

トレッドパターンは以前のMETZELER ME888 Marathonは好みでしたし、これでも十分以上に
ライフは長い。

別に同じでも良かったんですが、折角なので銘柄を変えてみました。

ちなみにミシュランなのでタイヤの端にはビバンダム君が居ます。
フルバンクさせてコイツを消すのが一つの目標、みたいな話がありますが、BOLTでこれやるなら
ステップどころかマフラー擦るレベルで寝かさんと無理そうですな。

さて、コイツはどのくらいライフが持つでしょうか。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:50,181km>

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

.

先日会社帰りに地元のヨドバシカメラへ寄り道しましたら、スマートフォン用の小物コーナー
その一角が「自撮り棒」売り場になっていたのを見ました。


ちょっと人が多い観光地に行くと良く見かけますよね、自撮り棒。

背面カメラではなく画面側のインカメラを使っての撮影。
これにスマホをセット出来るスイッチ付きの長い棒を組み合わせるというアイディア。

動画のみならず写真でも高いアングルから自分含め全体像を撮ってみたりと、
映像のバリエーションが増やせる面白い仕掛けだと思います。


そういや一応私のスマホにも当然インカメラは付いているんですが、基本的には
無用の長物なんですよね。

こんなもん使ってみたところで基本的にモンスターしか映らんのですよw



ただこうした自撮りも奇をてらって「誰にも撮れないアングルを!」

なんてなってきますと、延々エスカレートしてしまいには自滅するのが出てくる訳ですね。
やはり自己顕示欲が強い人間が陥りがちなのではないかなと。

このあたりはSNSの影響が大きそうですな。


今日こんなニュースがありました。



仲間は「思い出作りだった」なんて言ってるそうですが、そりゃあ周囲の生徒は一生忘れられない
嫌な思い出になってしまったでしょうよ確実に。


自撮り行為で自滅。

以前は海外旅行行って「ナイアガラの滝」の展望台から身を乗出して自撮りの挙句、
滝壺まで落ちて死んだそんなヤツがいましたっけ。


人が亡くなっているのにこうしたことを言うのも如何なものかとは思いますが。
この手の死に方って家族は恥ずかしくて葬式も出せませんな。

いや一応出すんでしょうけど。

でもこういう場合ってどうすんですかね、やっぱ家族葬?

こんなもん義理で来なきゃならん親族だって迷惑で嫌過ぎますわ。


馬鹿行為の挙句死んで迷惑掛けるなど以てのほか。
行き過ぎた「自撮り」は戒めなくてはいけませんな。

.

この記事に

政治外圧de「Win-Win」☆

イメージ 1

.

もうね、これ聞き飽きてウンザリなんですよ。

『彼はビジネスマンなので――』

『ビジネスマンだから――』

『ビジネスマン流儀の――』


こんなんばっかりでしょ。

マスコミのクソみたいな三文コメンテーター共も新大統領に対していい加減それしか
切り口が無いのかっていう。


よく言われている「ビジネスマン」像ってのは本来イメージ的には世界を股にかける
一流商社マンのような存在を指しているんでしょうが、俎上の「現物」は
あまりにかけ離れすぎてませんかね…

だいだい対日貿易の知識にせよどう見ても80年台で停まってるし、既に言いがかりが
どっかの半島レベルなんですが。


こういう事言うのも如何なものかとは思いますけどね。

流石にコイツは早々に暗殺された方が世界中の大半が喜ぶんじゃないかっていうw



それにしても。

「貿易不均衡」とか言って槍玉に挙げられてるクルマ業界は不憫ですな。

同じ「アメ車」でもバイクの方は日本で良く売れてるじゃないですか。
確固たるブランドを確立して大型ジャンルで超売れてる。

まぁ過去には大型二輪の免許制度を巡る外圧掛けてきたってのはありましたが、
あれ自体では恩恵受けた方も相当に多かったでしょうし。

ああした政治圧力なら向こうも国内業界も「Win-Win」なんですけどね。

.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事