猫熊親方(元前頭100枚目)の黄昏(仮)

モーターサイクル的チラシの裏 with ヤマハ XVS950CU BOLT-R (XV950R)

イメージ 1

.

先日金属疲労でブチ折れた、画像のPIAA製LEDフォグランプの取付けステーですがね。

あれ結局直らないんですよ。
何故って、ワイズギアがステー売ってくれないから。

「残念〜☆ フォグランプのセット全部買い直してねw」って事ですよ。


補修パーツ出しませんとか、割と無責任な商売してるんですね。
私は非常にガッカリしましたよ。

事実上のパーツ耐久性テスターしてやったってのにですよ。
ステーの一つくらい手配出来ないもんですかね。
別に私はタダで寄越せなんて言ってるんじゃないんですけど。


これ先日書いたチャリのペダルが折れた話に例えてみたらですよ。

ペタルが折れたので直したい、と。
しかし自転車メーカーは「ペダルだけでは売れません丸ごと買い直してください」

こんな商売ありますか? 許されんでしょこんなの。


まぁこれ以上文句言っても仕方ないんでね。

とりあえず右側フォグのコネクタはもう抜いてしまいテープで防水処理済ませましたので
当面は片方だけで運用するとしますよ。左側ステーはまだ持ちそうですので。

丸ごと買い直しは流石に馬鹿らしくてね。

という訳で、同社の扱う製品を装備したユーザーはご注意を。

.

この記事に

イメージ 1

.

例えば上手に絵が描けるとか。
人の心を打つ作詞作曲が出来たり文章が書けるだとか。

「クリエイティブな才能」、と言うんですかね。

創造力があり無から優れたものを生み出せる才能を持った人々。


そして「クリエイティブな才能」とは、なにも芸術方面だけとは限りませんよね。
何か優れた商業プログラムが組めるなんてのも同じかなと。

これらも無から価値あるものを生み出していますよね。
勿論「無から」とは言っても絵画と同じく当然ながら最低限の機材や道具は必要ではありますが。


しかし書いておいてなんですが、そんな優れた能力を持った人達を単なる「才能だ」なんて
たった一言で片付けてしまうには流石に大きな失礼にあたるでしょうか。
そうした人々は皆、人知れず影では相当な努力をしてきたはず。


そして努力の結晶として、何かを生み出してきた方々は後世に作品として遺してきた。
これらたとえ当人が亡くなっても世に生き続けるんですよ。

例えば漫画家:手塚治虫の作品だとか。映画監督:黒澤明の作品だとか。
今でも購入し愉しめるコンテンツとして生き続けていますし。

さらに作品作風やテーマそのものが後世の作家達に影響を与えるといった形でも脈々と
世の中に生き続けている。
とても素晴らしいことですよね。


一方で私なんて何かを生み出す側ではなく所詮は単に「消費する側」に過ぎない。
ツマラン人間でしかないですから。

こんなクソみたいな駄文なんぞ幾ら重ねても大した価値はありません。



Yahooブログが。
今年で終了するんですって?

酷いですね、Yahooサービス有料会員くらい残しとけっての。

で、移転か或いはこれを機に終了か。
年末までに選択を迫られてますな。

なんか色々面倒で移転してまで続けるテンションでもないなってのが正直なところなんですが。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.

残念ながら、ここに来て一つマシントラブルが発生しましたよ。

とは言っても車体そのもののトラブルではないので大したこと無いのですけどね。


先月に車検も無事に終えて、幾度かのショートツーリングを経て。
そして昨日、石岡小美玉スマートICを降りてETCゲート抜けた直後の事ですよ。


「ガタン」という音と共にLEDフォグランプがポロリと落下!

「は!?」


…まぁ金属疲労でしょうな。

エンジンの回転域によっては走行時に細かくプルプルしてましたから。

これって割とイキナリなるんですよね。
高校時代は通学で幾度かチャリのペダル付け根をヘシ折りましたっけ。
丘の上に建ってるもんですから体重掛けてガシガシ漕いでましたわ。
そんで大した前兆も無く急にポッキリ来る。


で、LEDフォグをプラプラさせたまんま走る訳にもいきませんので、とりあえず車載してある
大型結束バンドを使用してハンドルトップブリッジ部に載せて固定。
これで走行には全く支障ありません。

トラブル対策として結束バンドや針金の類を車載しておくってのは重要ですな。


しかし取り付け後の走行60,000km程で破断ねぇ…

そりゃメーカーも取り付け形状だけ考えただけで、どうせステーの耐久性のテストなんて
全くしてないのでしょうけどね。

また取り付け形状自体も、微妙にハンドルロック時の邪魔になる辺りで設計側のお仕事も
お察しといったところなのですが。

というわけで、メーカーはもっと肉厚にするなり改善した方が良いですよコレ。

同じ製品を使ってる方で走行距離伸びてる方は一応留意した方が良いかも知れませんね。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:80,1500km>

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

.

世の中を支えている沢山の「はたらくくるま」たち。

これらを動かしているのは当然ながら人間ですよね。
「くるま」も働いていますし、中に乗っている人間だって一緒に働いている。

しかしもし「くるま」だけで人間の搭乗を必要とせず、自分だけで働けるようになったら?
やがて訪れるそんな時代。


人口知能「AI」の登場と進化。

現在これを基にした自動運転の研究が進んでいますよね。
理想の完全自動自律運転、まだその水準にはほど遠いですがそれ以外でもどこぞの会社が
人事にAIを導入しただとかでニュースにたびたび登場するメジャーな言葉になってます。
今朝も朝刊で欧州でのAI規格化なんて話が載ってましたな。


台頭するにはまだ先とはいえ近い将来にAIが人間から奪ってしまうと言われている
仕事/業種の数々。これら驚くほど多く挙がってますな。

私の業界も危ないかも知れません。いや間違いなく驚異。
貿易関連なんて早々に人と置き換えられてしまいそうですわ。


世の中に多々ある仕事。
それらの中で真っ先にAI達に任せるべきもの優先順位の高いもの、となると何ですかね。

例えば危険を伴う局地での作業機器操縦だとか。
リモートコントロールなら昔から実用化されてますが、それを超えた自律行動を取る機械たち。

他に農地で害鳥や害獣を追い払うメカなんてのも良いかも知れませんね。
突っ立ってるだけではない有能な「案山子」ですよ。


さらに一つ私が思うに、いっそ司法関連。
これなんて大半はAIで良いんじゃないですか。そう思えてならんのですが。

「裁判員裁判制度」なんて酷い茶番ですよね。
いや実際に選任され担当された方々には本当にお疲れ様でしたと言いたいですよ。

法律のプロでもないのに安い賃金で駆り出され貴重な本業の時間まで割かされて。
さらに証拠になった事件事故のグロ画像まで見せられて不快な思いまでさせられて。
一体何の罰ゲームだって話でしょ。

なのに「死刑では過去の判例に比べ重過ぎる」だの、「判例が判例が!」って裁判員達が
苦悩して導き出した結果が毎度平気で覆されてるじゃないですか。

ある程度建前とはいえ、あの制度は市井の意見を取り入れようというものだったはず。
そして世の中は凶悪犯罪に対して厳罰を望んでいるにも関わらず、ですよ。


ならいっそ機械にでもやらせときゃ良いんですよ徹底した実例主義ならば。
別に人間の仕事である必要性は無さそうですけどね。

過去の似たケースをデータベースからサーチし照合するだけのお仕事、とは流石に
言い過ぎでしょうが、そう言われても仕方ないでしょ。

AIを活用すれば「裁判員制度」なんて無駄無意味なもので国民に負担を強いることも
なくなりますよ。

.

この記事に

BOLT2回目車検☆

イメージ 1

.

BOLTに乗り換え、はや5年目が経過。

そのため今回で2回目を迎える車検と各種消耗品交換のためドック入りをしておりました。


これまでノントラブル。
毎度ながら大変にタフで素晴らしいバイクなのですよ。

走行10万マイル超えも視野に入れられそう、とまで言うのは少々気が早いでしょうか。


なお今回も代車はKTM-1090Adventureをお借りして乗ってましたが、BOLTに戻ると
とてもホッとするんですよね。

インチ径の太いグリップ。
シックリくる身体に馴染みきったライポジ。
そして低回転から湧き出る野太いトルク特性と純正エキゾーストの排気音。

もちろん刺激あるKTMスポーツツインも大変楽しいんですけどね。
しかしマッタリ走行には明らかに不向き。これは仕方ない。


ちなみに更新された車検証は現時点ですと次回満了期日はまだ平成表示(平成33年)なんですな。
当たり前ですけど。

ただ流石にもう元号のみでなく西暦も併記すべきと思います。


今回ドック入りでの作業は以下の通り。

【車検作業】

【12ヶ月点検作業】

【各種消耗品交換作業】

・オイル交換

・オイルエレメント交換

・エアクリーナー交換

・スパークプラグ交換

・フォークオイル交換

・ブレーキフルード交換

・フロントブレーキディスクASSY交換


今回でフロントブレーキディスクを交換しております。
これはディスクそのものの摩耗より基部にヘタリが見られるため。


<XVS950CU BOLT-R 累積走行距離:80,829km>

この記事に

イメージ 1

.

私思うんですけどね。

メーカーも表向きはともかく、内心は結構迷惑してるんじゃないですか。

自称「ファン」が勝手に変なイメージ植え付けてガキみたいに喜んでるんだもの。

ネットのスラングやらでは私の好きなのもありますが、アレは全く愛を感じさせる弄りと思えませんな。



…それはさておき。

昨日目に留まったニュース

最近は異常性癖者が人権屋と結託して図々しく声高に主張する時代になったんですな。

世界では25ヶ国で認められてるそうじゃないですか。同性婚。
じゃあそっち行けよ。この日本で求めるなっての。


『オランダでは大麻が合法!日本も認めるべき!』

そんな主張してる阿呆共が一部に居ますが、私に言わせればコレとレベル的にそう大差無い。
彼らに必要なのは制度上の優遇ではなく、「治療」の方ではないんですかね。

いずれにせよロシアみたく刑務所にブチ込まれないだけマシだと思いますけど。

まぁ「刑務所で変態は治らない」なんて名言もありますが。

.

この記事に

イメージ 1

.

昔ガキの頃に住んでいた家のトイレ。
下の方には小さい換気用の引き戸が付いていて、そこの隙間から入ってきていたようなんですな。

そんで床の隅にあるゴキブリホイホイなんぞへよく一緒に掛かってましたな。


まぁ基本的にガキなんて怖いもの知らずなもんですからね、特にこうした虫なんぞには。
だが不思議と大人になると多くの人は皆それらに耐性を失って全くダメになってしまうんですな。

それにしても「便所コオロギ」とか。
これ一体誰が言い始めたのやら、そのまんまではありますが酷い言われようですな。


先日の昼飯時に見たニュースで、なかなかの破壊力のある見出しが目に止まりましたよ。

『コオロギの粉末入りパン販売:徳島県』


大学の研究用だそうですが、一応一般でも買えるようで。一個600円ほどだとか。

食用として飼育したものを冷凍してさらに粉末にしたものを練り込んでいるそうですよ。
別に虫の形まんまで入っている訳ではないから黙って出されたら多分気付かないレベルなんでしょうな。
じゃあ食ってみたいかと言われれば… "No thank you!!"


将来きたるべき食糧難の時代を見越しての研究とのことですが。

しかしつい先日も売れ残った恵方巻きを廃棄しまくりなんてニュースが流れたばかりなのですよ。

そりゃマッドマックスや北斗の拳よろしく食料とガソリンを奪い合う時代、とまでは行かなくてもね。
この日本で「食糧難」なんて言われても正直あまりピンとこないんですよね。

確かに日本は食料自給率が低く海外からの輸入頼みだなんてのは散々言われてますけどね。

だとして、そもそも何故いきなり人の方が虫食わなきゃいけない前提なんですかね。
少々話が飛躍してないですか?
まず家畜の飼料なんぞに回すのが先じゃないんですか?

さらに言うなら、そういうモノ食うのは日本でなくまず人口爆発させまくった国の方からってのが
筋だと私は思いますが。百歩譲って刑務所なんぞでのメシとかね。


まぁ大量食料廃棄の現実を見るに、この日本においては皆が食い物を粗末にしなければこの先も
食糧事情は十分に成り立つ話なのではと思えますがね。

ここ数年毎度の恵方巻き廃棄騒動も馬鹿らしいじゃないですか。
一部企業による阿呆みたいな企画が元凶ですよね。

食料事情云々を言うなら、まずこれら薄っぺらい企画に反対することから始めたらどうですかね。

.

この記事に

イメージ 1

.

あの暖簾みたく垂れ下がったビニール製のビラビラあるじゃないですか。

高い塀に覆われたラブホテル駐車場入り口なんぞで見かけるやつですよ。

そいつの前で。
何やら一台のセダンが小刻みに進んでは止まり進んでは止まりと激しくガックンガックン。

オイオイ焦らしプレイかよ、ご入店前から激しいですねとか思ったらこれが単に自動ブレーキシステムが
ビラビラに反応して誤動作しまくってるだけだった、みたいな話がありますが。

年末にも某S社新型クロカンの海外仕様が特定のガードレールで誤動作起こしただとかでメーカーが
調査してるなんてニュースを見ました。

自動ブレーキもまだ過渡期の技術なんですかね。
センサーの感度のみならず識別のアルゴリズムと、まだまだ改善発展の余地があるのでしょう。


ブレーキの進化。

ホイールロックを防ぐ安全な制動から、さらには人身事故を未然に防ぐ自動化システムの内包へと。

今やABSはバイクでもすっかりメジャーな技術となりましたよね。
前輪ロックによる危険なフロントからのスリップダウンを避けることが出来る優秀な装備ですよ。

しかし流石に自動ブレーキとなると二輪には色々問題あり過ぎて簡単にはいかないでしょうね。
バンク中はどうするのか。そもそも乗り手がシートベルトで車体に固定されていない等々。
それでもこの先バイクは安全面で一体どのような進化を見せてくれるのか私は興味がありますよ。


安全装備の充実。

これを否定する層は不思議と昔から一定数居るんですよね。

例えば最近あまり見られなくなりましたが、クルマの「コーナーポール」なんて装備。
よく「へたくそ棒」なんて言われてますが。酷い言われようですね。

これはドライバー目線から車両感覚を容易に掴みやすくするという単純かつ優秀な装備だと思いますよ。
こうした安全運行のための装備を付けた方を馬鹿にするという風潮は如何なものかと。

それこそ今や広く普及したバイク用ABSだって登場当時は「そんなもん要らん」と自称ベテランが
よく小馬鹿にしてましたっけ。特にオフローダーに顕著でしたが。
同じニオイがしますけどね私には。

確かにバイクはオフロードのテクニックとして後輪のロックを多様するのは確かですが。

しかし乗車時に動作キャンセルを掛ける方法が用意されてるのだから、それをすれば良いだけの話。
要はアタマが硬いだけなんですよ。

安全装備の進化を拒むような、こういう年寄りになってはいけませんな。

.

この記事に

国策クソコラの驚異☆

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

.

…いやぁガッカリですよ。

真摯さがね、全く足りない。

おい貴様ら、もっと真面目にやれ!!!11!!1

幾ら国内世論向けと言ってもね、アレでは自国民すら禄に騙せないでしょうが!!


いよいよ「低空威嚇飛行」(笑)の証拠を出すって言うもんですからね、やっぱ期待するじゃないですか。
それがあのザマだった訳で。

何しろ年明け早々に出してきたあの衝撃的クソコラの前例がありましたからね。
さてそこから一体どの程度の進歩を見せてくれるのかな?という具合に思ってたら。


いや何がスゲーってね、今やスマホのアプリで出来るレベルのコラ画像をですよ。
そこらの中高生でもなく、仮にも一国の政府機関が作っていたというその現実に戦慄すら覚えるレベル。

まさか、まんま防衛省のWebサイトから取ってきた画像を切り貼りするだなんて誰が思いましたかねw


ちなみに、ぼちぼちあのフリー素材集「いらすとや」がね、昨今の政治状況をネタに新規イラストでも
作ってくれるんじゃないかなとか、ちょっとだけ思ってたり。

半海里単位で離れた非武装哨戒機の「低空威嚇飛行」()にビビりパニック起こすコリアン・ネイビーの絵面とか。
胸が熱くなりますわな。

あそこ割とマニアックなミリタリー方面の絵まで抑えてたりと全く油断出来ません。
まさかダズル塗装施した戦闘艦まで抑えてあるとか一体どうなってんですかね…



昔はスキャナーにオマケで付いてきたフォトショップ簡易版なんぞよく使ってましたが、
今やそんなものも別に要らんのですよ。

良い時代ですね。

.

この記事に

「Play the victim」☆

イメージ 1

.

とある交差点、前方は赤信号。

そこで信号待ちをしていたバイクに、後方から前方不注意のクルマが追突した。

だが幸いにライダーは軽症、自ら警察を呼んだ。
そりゃ交通事故ですからね。そして当然事故処理に警察が駆けつけ、行われる実況見分。


だがしかし。

そこで追突したドライバーは取り調べの警察に対して悪びれるどころか。
口角泡を飛ばし目を血走らせ、

「前のバイクが急にバックしてきた!」

「アタシは悪くない!こっちが被害者だ!!」

…なんて言い放ち、頑として譲らないババア。



私はね、以前聞いたこの話を思い出すんですよ。

どうですかね。
昨今の報道を見てますと、このババアってまるで「あの」国みたいじゃないですか。
いつの間にか加害者が被害者に対して大声で謝罪を要求しているんですが。

加害者のくせに被害者ぶる連中。ヘドが出ますよね。


こういう基地外を相手する羽目になった人の精神的負担ってのは凄まじいと思いますよ。
それはまるで昆虫と意思を通わせようとするかのような消耗で徒労感でしょうな。
会話が、意思疎通が成立しないんだから。


私も10年ほど前に赤信号待ちで追突されたことがありました。

相手は子連れのお母さん。
ただ相手はゴネるでもなく、自分の過失を完全に認め100対ゼロで当方過失ゼロでしたよ。
まぁ当然の話ですが。本来こういうもんでしょ。

これがもし上記のような基地外ババアだったら?
ヤバいですわ。いくら警察だって阿呆じゃないとはいえね。
そんでたとえ弁護士特約付けてたってね。やっぱ精神ゴリゴリ削られるのは間違いない。

しかし折れるわけにいかんでしょ。相手にはきっちり社会的「オトシマエ」をつけないと。


で、今の日本がすべきことは何かって。

隣の煩い「基地外ババア」にはキッチリ社会的制裁を与えること。今やこれは日本の義務ですよ。

最終的には塀の中に入ってもらえばベストですな。
或いは隔離病棟。檻付きの病院へ。

北も南も丸ごとパージしてしまうのが理想。


よく昔から「日本は大人の対応を」なんて分かったようなこと言うのが居ましたがね。
こいつらが連中を増長させてきた。

「大人の対応」ってのは相手の理不尽な要求に折れることじゃないんですよ。
悪い奴はキッチリ社会的に追い込んで痛い目に遭わせることが重要。


それにしてもね、面白いでしょ。今や南の方もまんま北とそっくり同じ物言いをしてますよね。
やっぱ同じ根っこの民族なんだなぁと私は妙な関心をしてしまいますよ。

連中の言う「祖国統一」とやらの顛末とは、やはり限りなく「赤化統一」なんでしょうな。

.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事