猫熊親方(元前頭100枚目)の黄昏(仮)

モーターサイクル的チラシの裏 with ヤマハ XVS950CU BOLT-R (XV950R)

The代車☆Vol.2

イメージ 1

イメージ 2

.

日曜でBOLTをドック入りしてきました。

先日走行72,000kmを超え、消耗品交換が多数重なるタイミングとなりましたので。

そこでまたショップに代車をお借りしてきましたよ。今度は…


「KTM-1090 Adventure」。

これ足回り見てもビッグオフというよりアルプスローダー志向が強いバイクですかね。

ライポジは上体がオフローダーのアップライトポジション。
しかしステップとペダル位置は少々スポーツバイク寄り。

膝の曲がりはそう大きくないですが、ヤマハの某トレーサーみたいなライポジの違和感あります。
まぁ私には明らかにこっちの方が馴染みやすい感じでしたが。


KTM熟成のLC8エンジン。

スポーツツインそれもKTMともなればきっと下の方スカスカでさぞ街乗りに厳しいのだろうな
なんて勝手に思ってましたら、これが意外と乗り易い。案外低回転で粘るんですよね。
あくまで「スポーツツインにしては」ですが。

そしてスロットルを少々ワイドオープンで回しますと4,000rpm以降怒涛のパワーが立ち上がってくる。
非常に刺激的、正直恐怖を感じるレベルで私は6,000rpm以上回せませんでしたよ。
一般道ではとても無理。

タコメーターの方は12,000rpmまでメーター切ってあるんですよね。
レッドは書かれていない。どんだけ回るんでしょうねこれ。恐ろしい。


それにしてもこの感覚。懐かしいですね。
何って、熱々のフレームをガッツリとニーグリップした内股が徐々に汗ばんでくるこの感じ。

このバイク、フレームもですが他にもシートがやたら熱くなってきますな。
エキパイはクランクケース下通ってますがVツインの後部バンクがかなりの勢いで
シートを加熱している模様。

乗ったのがかなり涼しげな日でこれですと、真夏は股間も刺激的なことになりそうですね。

しかし意外なことに水温の方は何故か上がってこないんですよね。
信号待ち長くてもラジエータファンが全く回らない。
シートとフレーム方向で十分に排熱されてるからでしょうか。


…といった感じで、大した中身無いインプレですがこんな具合に。

代車で久々スポーツツインを味わうことができました。

KTM-1090 Adventure、刺激的でとても楽しいバイクでしたよ。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

.

以前読売に「高齢者の朝ドラ離れ」なんて記事がありましたっけ。

まぁ確かに酷い。
こんなもん民放の月曜夜九時にでも流しときゃいいんじゃね?って内容ですし。

特に高齢者なら見るに堪えず脱落する方も出るだろうなと。
主人公の片耳が聞こえないとした設定もまるで意味不明。

早く終わってくれませんかねぇ、これ。



…それはさておき。

日本には

「青二才」

「ケツの青いガキ」なんて言葉があります。

これらは未成熟な果実や幼魚、赤ん坊にある蒙古斑などのことを指し、未熟な若者達を
揶揄した言葉ですね。

そもそも「青年」「青少年」なんて言葉も「青」を冠していることから若造を指したものである訳で。



先日のニュース。

「18歳成人、22年4月から−改正民法が成立」なんてのがありました。


18歳で成人。選挙権が与えられる。しかし飲酒喫煙はこれまで通り二十歳から。
何とも中途半端ではありますが、そう混乱をきたすようなものとも思えません。

私は「成人」の前倒しそのものには別に反対ではないのですよ。

しかし一つ、これは少なくとも改正してもらいたかった。
「少年法」なんて悪法の撤廃とセットとすべきだったのですよ。


たとえ「青二才」「ケツの青いガキ」だろうが義務教育も出てれば「やって良い事と悪い事」の
区別くらいは十分つくのですよ。

特に「成人」直前の時期なんてのはね、男も女も身体だけ大人でアタマの中身がガキとか
ある意味一番タチ悪い時期とも言える。逆コナン君ですよ。

そんな時期に悪い事をしたならば相応の報いがあるということを大いに学んで貰わなくては。
こうした若い頃の罪に対し痛い目遭わせ「躾け」しとかんで一体いつやるんですかね。
ここで赦して何になるんですか。

被害者そっちのけで償いより更生を先とした、法による過剰な未成年の保護。

これに私は大反対なのですよ。

.

この記事に

往来妨害罪☆

イメージ 1

.

遮断器が降りたあとの無理な侵入で車両が起こす重大な踏切事故。

列車への飛び込み。

鉄道の往来を妨害するということ。
非常に悪質極まる行為であり、事実上のテロ行為と言ってよいものでしょう。


いや酷いニュースですね。
走行中の新幹線に飛び込んで自殺とか。自殺は他所でやれや。

これはテロとして非難されるべきで、少なくとも往来妨害罪として被疑者死亡だろうが
書類送検すべき案件と私は思いますが。


それにしても鉄道の「人身事故」。

列車が線路上に飛び込んできた人轢いても運転手は別に罪に問われることはありませんよね。
もちろんこれが至極当然のことだと思います。


しかし一方で、高架にしたり高いフェンスを設け人の往来を排したはずの高速道路や
自動車専用道路へ勝手に侵入した阿呆が轢かれるなんて事故がたまにありますな。

端的に言いますと、ボケ老人や基地外。

相手がこうした連中とて、クルマやバイクがそこでこいつら轢いたら運転者は逮捕され
罪に問われてしまうのですよ。

「自 動 車 専 用 道 路」だっての。

鉄道に比べても、これ非常に理不尽ですよね。


たまに気の毒なドライバーが轢いてしまってニュースになってますね。
フラフラ入り込んだ連中が被疑者であり運転者の方が「被害者」なのですよ。

中には一旦逮捕されたところで結果的に大半は不起訴になるから大丈夫、なんて
知った風なこと言う人も居ますがね。

私は全く賛同できませんね。

報道で被った大きな不名誉をあとで警察が回復してくれるんですか?
損害も補償してくれますかね?

自動車専用道路での人身事故はせめて鉄道と同様に運転者側が一切罪には
問われなくするべきなんですよ。

いや車両故障で路肩止まってる車両と人に意図的に突っ込むみたいのは流石に別ですよ。


嘘か真か南米の何処かでは、横断歩道以外で渡って轢かれる事故は車両側過失割合ゼロなんて
そんな国があるそうですが。

これが理想的じゃないですかね。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

.

なんか久々にTVでデニス・ロッドマン見たなあとか思ったら何やら泣き真似して寒い小芝居を
打ってやがるんですよ。今回の会見に感動したとか何とかって。

言うまでもなくヤツは事実上、北に懐柔されたコメンテーターであり日本で言う猪木ポジション。

なんでもロッドマンはあのクソ刈り上げに会ったことが大層な自慢なのだそうですが。
北朝鮮詣でよほどオイシイ思いさせてもらったんでしょうな。

あのスラムダンクの名シーン。
桜木が安西先生にやったみたく、次回の北朝鮮詣ではロッドマンが奴のアゴ肉をタプタプしてきたなら
私はファンになってやってもいいですわ。


しかしマスコミの連中は酔っ払ってるんですかね。
昨日今日と歴史的瞬間に立ち会ったとかいう空気に酔ってる感がアリアリなんですが。

あのクソ刈り上げ黒電話を「笑顔が可愛いですよね」とか言ってるコメンテーターも居る始末。
ナメてんのかテメェ。

ちなみに会見の映像で一つ笑ったのは黒電話、ヤツはスンゲー上げ底シークレットブーツを
履いてやがるんですよね。15cmくらいありそう。そんで座りにくそうにしてるという。
そりゃ座ってもツマ先立ちMAX状態なんだからそうなりますわな。


事実上極度の独裁体制で、血の繋がった兄弟や叔父すらも暗殺。
己に仇なす連中は容赦なく処刑の日々。

その処刑もやり方が高射機関砲の水平撃ちで跡形なく吹き飛ばすとか。
数十頭の猛犬をけしかけた、なんてのもありましたっけ。


東欧では昔「チャウシェスク」って独裁者居たじゃないですか。
最後は革命で失脚して、そんで街中をボロ雑巾になるまで引きずり回されて銃殺となったわけですが。

私はね、奴には同じような末路を辿って貰いたいんですよ。


奴の一族がこの日本にも一体何をしてきたのか。

そうそう、私が住むこの横浜へ観光に来た方々にこれだけは見ていって欲しいなと。
一つだけ大いにオススメしたいそんなスポットがあるんですよ。


それは赤レンガ倉庫。…ではなく、すぐその隣。

海上保安資料館。

それは北朝鮮の「工作船博物館」とも言われるもの。

無料ですし、是非とも寄っていってもらいたいですね。

連中がこの国へ如何にして潜り込み、一体何を行っていたのか。
引き上げられた船体と残された工作員の資料その数々。

これら見たらね、「笑顔が可愛い」なんてクソみたいなコメント出ようが無い筈なんですよ。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.

ハイラックスのピックアップ。

それが週末の練習へ乗り付けてくる奴の愛車でしたわ。
そのせいで稀にあのクルマ走ってるの見かけるといまだ私はムカついてくるんですよね。

いや別にクルマは微塵も悪い訳じゃないんですが、まぁ坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってヤツですな。


今回の謝罪会見。彼の勇気ある告白。

実行犯であるという事実は変わりませんが… もう許した。私は許した。誰が何と言おうと。
非常に立派な会見だと思いましたよ。あれだけのマスコミを前に二十歳そこそこの青年が。
いまだ会見も無しに逃げ回る大学側とは違い、少なくともこうして彼は最低限の筋は通した。


それにしても、会見のニュース見て思ったわけですよ。

選手を精神的に追い込むというあの悪辣な手法。
当時の状況に極めて近いものがある。嫌な記憶が生々しく蘇る。

あのとき皆で団結して、我々もあのクソ野郎を社会的に抹殺して葬っとけばよかったなと。

…あぁこの辺にしときますか。




それより他に今日見かけた他のニュースでも。

無印良品が千葉で「道の駅」風施設の運営を始めたなんて話がありました。

「里のMUJIみんなみの里」だそうで。


「道の駅」という大変に素晴らしいシステム。
今や私がツーリング土産物買うのって9割はここ。
道の駅めぐりはツーリングの大きな楽しみでもあります。


そんな道の駅を真似た施設ってのは全国に多々ありますよね。

「峠の駅」「霧の駅」「肉の駅」「魚の駅」「村の駅」「花の駅」「旅の駅」「川の駅」

等など様々な亜種。

これらに対し全部が便乗だのパクリだの言うつもりはありません。
道の駅と同じく、地域に根ざした直売所がベースであるパターンも多いですから。


しかしこれがニュースであった無印良品みたいに特定の企業がやたら前面にグイグイ出て
絡んでくると正直妙に白けてしまうんですよね。

何というか、道の駅内にコンビニがドン鎮座してるような残念さ加減とでも言えましょうか。
実際そんなところも多いのですが。


一方で他に同じく企業が前面に絡んでいる「駅」もあります。

国道126号沿いにある銚子電鉄の「ぬれ煎餅の駅」。
こちらは大変に良いですね。

銚子ツーリングでは絶対に外せない、必ず寄りますよ。
何と言っても鉄道会社が作った「駅」なのですよ。


同じ企業が前面に出て絡んでいても、この違い。

大企業が単なる自社の販路拡大のため始めた企画よりも、古くから地元に根ざした企業。
地元に愛されてきた企業。そんな彼らの地道な経営努力。
こういうの応援したいじゃないですか。

道の駅内にデカデカとコンビニ置いてるところの残念さ加減、そして覚える違和感は
正にその辺りにあるのではないかなと。

.

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

.

一流格闘家の条件。

とても重要な要素。
これ第一に「体が柔らかいこと」だと思うんですね。

格闘技において身体が硬い奴に一流なんてのは居ませんよ絶対居ない。
断言したっていいですけどね。

股関節固くてハイキックも放てない打撃系格闘家とか最早ギャグでしかない。

キックの無いボクシングだって身体硬い奴にスウェーバックやダッキングは出来ませんわな。
そして何と言っても身体の柔軟性は怪我をしにくくなるというのが大きい。

昔から角界が執拗に股割りにこだわるのもそのためですね。


そんな角界も、近年は怪我による休場だらけ。

ここ最近は某大学アメフト部の起こした騒動にすっかり隠れてしまってますが、
そういや相撲界のクソっぷりも大概なんですよね。

問題を一部力士と親方に押し付けて、それっきり。
体質が何一つ変わってない。現在の理事やら組織上部の腐敗ぶりが目に余る。


やっぱね、私は違和感あるんですよ。

メテェらの頃にはクリンチ紛いの取り組みが平気で横行してたくせに、そんな世代の連中が
現役力士に対して偉そうにガチ中のガチ、超絶ガチンコ相撲を要求してる訳ですから。

そりゃ身体の柔らかい力士達だってブッ壊れてしまう。


だいたい取り組み中、土俵直下にドッカリ座り込んだ連中が邪魔過ぎなんですよ。
もっと離れて座らせろって。アレのせいで土俵際の投げの打ち合いで落ちたとき余計な怪我をする。

そして開けた土俵周囲のスペースにはプロレスのリングその周囲と同じようにマット敷くべき。


伝統がどうのとか言ってますが、今の国技館は土俵四隅に柱って無いですよね。
昔は四隅にドーンと立っていた。

しかし「柱が邪魔」だと言って取っ払って、代わりに4色の房で代わりにしてるじゃないですか。
何故そうしたかって、あれTV映りが悪いって理由なんですよ。

そのくせ今さら何が「伝統」なんだと。


今のは力士たちにガチ相撲をやらせる環境じゃないんですよ。
さらに昔と違って現代の力士は大型化も進んで巨漢同士で余計に怪我しやすいんですから。

怪我から力士達を護りたいのなら角界も相応取るべき手段があるはず。
連中の言う「伝統」なんてのは二の次でいい。

もうそんな時代じゃないんですよ。

.

この記事に

イメージ 1

.

二宮金次郎像。

これ学校によって置いてたり置いてなかったりと様々ですが。

彼は薪を背負って運んでいる、そんな最中でも読書に耽っていたと言われていますね。
働きながらも勉学に勤しんでいたという姿であり、昔は勤勉の象徴だったもの。


…いや今も像を置いてるのはそのつもりなんでしょうけど。

しかし昔とは違って今どきの二宮金次郎像はドッカリと座り込んで本を読んでいるのだそうで。
造り手の意図とは違いこれ単に仕事サボってるようにしか見えないというジレンマに陥ってますな。

それは勤勉の象徴と呼ぶには程遠い姿。
ある意味史実の捻じ曲げでしょうし、こんな姿にするくらいならば別に無理に建てなくても
良いんじゃないかとも思いますが。

それにしても何故彼は歩きながらの読書を止めさせられてしまったのか。


言うまでもなく一つの社会問題。

「歩きスマホ」のみならずチャリ乗りながら、運転しながらと「ながらスマホ」が問題化していますよね。

歩きスマホは海外では「Smartphone zombie」、スマホゾンビなんて言われるそうで。
「ジャンキー」でもなく「ゾンビ」とした辺りにセンスを感じますな。
確かに周りから浮いてノソノソ歩いてるのが多いですし。邪魔なんですよねあれ。

この手の阿呆共は日本に限らず世界共通というのがとてもよく分かりますね。
ただこの問題は現在のスマホに至る前の話、二つ折りケータイの時代でも既に散々起きていましたよね。


歩きスマホ、そのトラブル集は動画見てると大変面白いんですよ。

多くは定点監視カメラが撮った映像。
電柱にブチ当たったり池に落ちたり階段踏み外して転げ落ちたりと、なかなか痛快。
出来ればそのまま絶命してくれていれば有り難いんですがね。


「歩きスマホ」と言いますと私は以前なかなか凄いの見ましたよライブで。

駅のエスカレーター、あれ下り方向に乗るつもりだったんでしょうね。
若い姉ちゃんはスマホ凝視して弄りながら逆向きの登り方向に回る方へ突っ込んでったんですな。
夜も9時過ぎで比較的空いていたから余計に気付かなかったんでしょう。

躓いてブッ倒れて慌てて引き返してました。間抜けなことこの上ない。


痛い目に遭わないと分からない連中。

「愚者は経験に学ぶ」ってヤツですな。
いやあれ以降あの姉ちゃんが反省して本当に歩きスマホ止めたかどうかは知りませんけどね。

まぁこうしてテメェ独りで勝手に自爆して痛い目遭ってるだけなら見ものとしても大変面白いし
まだ別に構わんのでしょうけどね。

しかし他所様にぶつかったり駅のホームに落ちたりあまつさえ運転しながらで人様を轢いてしまったりと。
他人へダイレクトに危害を加えたり社会に大迷惑掛けたりする連中が後を絶たない訳で。

現代の座った二宮金次郎像は、その二次的被害者とも言えるのかも知れませんね。

.

この記事に

大炎上やむ無し☆

イメージ 1

.

今どきのヘルメットは一体どんなもんかなと。

当時は無かったWebショップなんぞを眺めてました。
しかしバイク用と違って大して進化してないんですねこれが。

ほとんど当時のまんま。
そりゃベンチレーションも関係無い訳で、そんなもんなんですかね。


あれ当時私は球技としては別に大して興味なくて。
単に肉弾戦がしたいからやってただけなんですよね。

華々しいボールキャリアならともかくラインマンやってた奴にはそんな感性してた奴は
他にも結構居るんじゃないですかね。


当時オフェンスラインのコーチはよく言ってましたよ。

「お前ら当たる時は全力で相手をブチ殺すつもりで行くんだよ!」って。

とんだクソ野郎で、奴が秋の公式戦開始前に単身シゴキに来たその土曜練習で色々と
やらかしやがりましてな、フィールドに救急車2台来たことありました。

あろうことかコーチが試合前に自分とこの選手を壊してやがんの。
幸い私はアレに乗らんで済みましたが。

しかし当時大学側もよくもみ消したもんだなと。
なんと翌週何事もなかったように来やがりましたよクソ野郎が。
今なら大問題間違いなしでしょうな。


そんなとんでもねぇクソ野郎でしたが試合で特定の相手選手名指しで「○○をブッ殺してこい」
なんてのは流石に言わなかったですな。

オフェンスだって特定の相手選手ブッ壊そうとするプレー、やろうとすれば出来ますよ。
でもやらないんですよ普通は。

まぁ殺しに行くつもりで当たれなんて所詮「ものの例え」ってやつでしてね。

そもそもお互いガンガン鍛えて防具も着てる同士ですから真正面から単純にいくらブチ当たろうが
そう簡単には壊れやしないんですよ。ちょっと工夫しないと。

たとえ体格差あっても相手が来ると判ってれば耐えられるもんです。

漫画の某グラップラー刃牙では「打撃が当たる前に覚悟を決めていれば」云々なんて
表現がありましたが正にアレに近いと思いますよ。

ただこれいくら鍛えてようが防具着てようが覚悟決めてない意識の外から襲われたら?
いとも簡単にブッ壊されてしまうんですよ。


…あれ凄いですな、私も見ましたが。

某大学アメフト部が派手に炎上してますが、それも当然かと。
そりゃ単なる傷害事件だもの。

基本的に接触の激しい競技ですから多少のラフプレイ程度は華、くらいに思ってるこの私でも
無い。アレは無い。

問題のはクソプレイだとかラフプレイの一環だとか、もうそんな生易しいレベルじゃなくて。
正直あそこまで酷いプレイは見たことがない。


さらに輪をかけて加害某大学側もその後の対応があまりに馬鹿で愚鈍過ぎて、ありゃいよいよ
休部どころか廃部すらも視野に入ってきた感じでしょうか。

今どきは企業が失敗やらかして対応誤ってさらに大炎上するなんて珍しくもないご時世ですが
連中はそういうの見てないんですかね。

悪評なんて一瞬で広まるこのご時世、ここまで悪手ばかり打つのも珍しいなと。
また変なところで関心してしまったり。

あそことは当時私がレギュラー前の合同練習で2軍同士の試合組まれて出た記憶あるだけなんで
正直特に大した思い入れもないんですが、ただでさえマイナースポーツなんですよ。

その学生アメフト界を牽引してきた名門が廃部になるとするなら少々寂しさもありますよ。

本当に馬鹿なことしたもんです。

.

この記事に

イメージ 1

.

そんなに嫌なんですか?

「ヘルメットを被る」、というこんな単純なことが。

何故それほどまでに嫌がるのか、私は不思議でならんのですが。


正直ね、こんな広告は見かけただけでもウンザリしますよ。

トライクなら転倒しない?

勘違いも甚だしい。クルマだって転倒しますよ。
たまに阿呆が派手に転がってニュースになってるでしょうが。


身の回りから様々な危険が排除されてゆく現代社会。
危険の存在を読み取らず読み取れず、わざわざ己から不安全行動を取るということの意味。

トライク乗りがバイク乗りから蛇蝎の如く嫌われているのは、正にその安全への意識その低さ。
原因はそこにあるのだと思いますけどね。別にタイヤが3つあるからじゃあない。

それはライダーでもドライバーでもない別の「何か」、とでも呼ぶべき安全意識した乗り手たち。


私が思うにね、この連中はもしクルマがシートベルト無しでの乗車がOKだってのならば
絶対シートベルト締めないですよ。

義務が無いからとメット被らないような連中ですよ。
もし義務が無ければシートベルトだってしないに決まってるでしょ。

連中は「開放感」が何より大事なのだそうですからw

所詮その程度の知性。
現代日本で「ノーヘル」といった行為が市民権を得るなど絶対ありえないのですよ。


…あぁ最後にこれはどうでも良い余談ですが、特撮モノでトライク乗ってる正義の味方ってのは
今まで何かありましたっけ。私は一度たりとも見たことないですな。

漫画「北斗の拳」ではサウザーさんが後部座席に踏ん反り返って乗ってるくらいですか。

ある意味アウトローの象徴みたいな乗り物ではヒーローの乗り物たり得ない訳で。
そりゃ悪役の乗り物に収まるのが相場だろうなという。

乗り手たちの意識が大きく変われば、まだ採用されるチャンスはあるんじゃないですか。

.

この記事に

「真実」を映すもの☆

イメージ 1

.

嫌ですよね。

酒癖の悪いヤツ。

もし知人関係に居てもまだ近寄らず関わらなきゃ良いだけですが、これがもし身内にでも
居たりするとそれだけで家族は超絶不幸に陥るでしょうな。まさに疫病神。


連休中、ずっと流れてましたな。

ええ歳こいたオッサンのウソ泣き、その凄まじいまでのウザさ。

この手の謝罪会見も毎度ワンパターンですよね。
せめてアタマくらい丸めて来た方が良かったんじゃないですか。

しかし未成年のへの強制ワイセツとか完全にアウトでしょ、しかも酒飲ませてだとか。

大体ね、発覚する当日朝まで平然とTVに出てた訳ですよ。
そんでその夜には急にクサい小芝居始めて鼻水垂らして泣いてみせて。
アル中以前にサイコパスじゃないんですかアイツ。普通の神経じゃない。

さらに言うに事欠いて「福島の野菜がー」とかナメてんのかテメェ。

控えめに言って、今すぐ死んで頂きたいレベル。
お前反省なんか絶対してねえだろっていう。
どうせ心の中では何故バレたんだって事務所のモミ消し失敗に悪態ついてますわ。


それにしてもこれが普通の会社ならですよ、酒絡みで不祥事が続いたとしたならば
社員集めて訓示くらいするでしょ。

ジャニーズって何かやりました?聞いたことないですよね。
クソみたいな会社ですね。

トップの老害が消えたら少しはマシになるんでしょうか。



己の悪事を酒のせいにする奴。酒を言い訳にする奴。

私は大嫌いなんですよ。いや「俺は大好き!」なんて人はまず居ないでしょうが。

酒が人間を狂わせている訳ではなくてね。

酒が人間の本性を暴いている、というのが本当のところなんですよ。

「酒癖の悪い奴」ってのは正にその酔った状態こそが真の姿。

真実を映す鏡。

そういやドラクエでは「ラーの鏡」なんてアイテムがありましたが。


「酒さえ飲まなければ良い人」なんて言葉は誤魔化しでしかない。
それは「酒で本性現すクソ野郎」ってことなんですよ。

不幸にも酒の席にこういうゴミが一匹混じるだけで本当に酒が不味くなってしまう。
まぁこの手合いはもう二度と誘われない訳ですが。

だから余計に独り酒が多くなってアル中ブーストが掛かるんでしょうか。

.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事