ここから本文です

秋を味わう 曲渕

イメージ 1
曲渕
福岡市早良区

天神など都心から車で小一時間ほど。
佐賀県との境にも近い曲渕。

秋を楽しむスポットを求めてやってきました。

イメージ 2
曲渕にはバスでも訪れることができます。
(途中、乗り換えが必要です。)
ただし本数は少なく、日曜日ですと2時間に1本くらい。
バスで訪れたならバス停うしろの「曲渕うどん」で
ゆっくりお食事するのもよいでしょう。

イメージ 3
バスを降りると目の前には清流が。
夏に訪れてここで涼むのもよさそう。

イメージ 4

イメージ 5
曲渕ダムに近い水源地前バス停前には
綺麗に色づいた紅葉が。
曲渕はドライブがてらの観光客が多く、
写真を楽しむ方もいらっしゃいました。
(写真は11月初め頃の撮影です。)

この記事に

イメージ 1
博多ポートタワー
博多区築港本町

福岡市の中心部天神からバスで約15分
博多ふ頭へ。

前回も船を眺めた博多ポートタワーは無料で入れるので
散歩にもいいですね。

イメージ 2
夜は人も少なく、ほぼ貸切状態で楽しめました。

イメージ 3
博多ポートタワーは周りに高い建物が少ないうえ、
天神や都市高速がそばにあるため、
福岡の夜景を楽しむならオススメのスポットです。

イメージ 4
フェリーが港に帰ってきました。
奥に見えるのは博多港国際ターミナルです。
釜山行きビートルなど海外のお客様も多いです。

イメージ 5
煌々と明かりに照らされる
ベイサイドプレイス。
こうして眺めると道路の暖色系の明かりと
奥の白いLEDの明かりが
よくマッチして面白いです。


この記事に

西公園の秋

イメージ 1
西公園
福岡市中央区

度々このブログでもご紹介している西公園
秋色に色づく風景を歩きます。

イメージ 2
光雲神社への道を歩くと
猫がお出迎え。
西公園では猫をよく見かけます。

イメージ 3
落ち葉で赤く染まる境内。

イメージ 4
光雲神社。

イメージ 5
秋の暖かい光が遊歩道を照らします。
秋の夕暮れ。シーズンオフで参拝客もまばら。
ジョギングや散歩を楽しむ方が時折過ぎていくだけでした。

この記事に

イメージ 1
紅葉八幡宮 もみじ祭
福岡市早良区高取

毎年11月末近くにおこなわれる、もみじ祭。
今年もライトアップされた境内に多くの方で賑わいました。

イメージ 2

イメージ 3
今年は和傘を使った演出がなされ
灯に照らされることで境内を幻想的に彩ります。
いつまでも眺めたくなる美しさでした。

イメージ 4
ライトアップで浮かび上がる紅葉。
奥にぼんやり見えるのは福岡タワーです。

イメージ 5
近所の幼稚園、保育園の児童が手がけた灯篭。
小雨交じりの肌寒い空気を温めてくれます。

イメージ 6
好評のプロジェクションマッピング。
社殿がアートになるひととき。
このイベントは
子供からお年寄りまで幅広く楽しまれていました。

この記事に

イメージ 1
スペースワールド跡
福岡県北九州市八幡東区

2017年惜しまれながら閉園したスペースワールド。
もうすでに福岡県内ではニュースでも解体中として
話題になっている、スペースシャトルのモニュメント。
解体前に見学しました。

イメージ 2
JRスペースワールド駅にたどり着くと
もう直ぐ目の前にそびえるスペースシャトル。

スペースワールドだけでなくいつの間にか
北九州を代表するシンボルの一つと言っても
おかしくないほど親しまれていました。

イメージ 3
手前に見える重機が解体することを物語っています。
この日は別れを惜しみ撮影する地元の方々が
訪問されていました。

イメージ 4
スペースワールドのゲート前。
営業していた頃と変わらない姿でまだ残っていました。
昨年まで営業していたのが信じられないほど静か。

イメージ 5
再度スペースシャトルをアップで。
よく見ると錆や痛みが結構激しいですね。

イメージ 6
皿倉山と街路樹の紅葉。
日本の風景にもよくなじんでいたスペースシャトル。
このブログを書いている今
解体が進みこの風景も見納めとなってしまいました。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事