ここから本文です
イメージ 1
博多旧市街 ライトアップウォーク2018

博多では毎年11月の初めに
博多地区の神社仏閣をライトアップするイベント
「博多ライトアップウォーク」が行われております。

イメージ 2
今回は大人気の承天寺から。
開始時間から並んだのでさほど待たずに入れました。
イベント後半くらいの時間ですと30分以上待つほど並びます。

イメージ 3

イメージ 4
承天寺庭園の色のグラデーションがきれいです。
みんなこの瞬間を狙って写真を撮っていました。

イメージ 5
庭園の紅葉。
闇から浮かぶ紅葉が見事でした。
この承天寺はうどんそばなど粉物発祥の地として知られています。

この記事に

イメージ 1

福岡市西区能古島

のこのしまアイランドパーク北端よりコスモスを見る。
海の青とのコントラストがきれいですね。
海とコスモスの組み合わせが楽しめるのは能古島ならでは。

お年寄りから若者まで幅広く楽しんでいました。

イメージ 2

イメージ 3
写真を撮って見ると船が高い確率で映ります。
漁船から貨物船までさまざまで
博多湾は船が多く運行されていることが分かります。
こんな天気のよい日は船の上も気持ちよさそう。

イメージ 4
こちらはアイランドパーク南側のコスモス。

イメージ 5

イメージ 6
南側は玄海島とコスモスの風景が楽しめます。
夏はひまわり、秋はコスモス。
季節の移り変わりの早さを感じました。

この写真は10月中旬の撮影ですが、
11月9日現在もまだコスモスが楽しめるそうです。




この記事に

イメージ 1
福岡市西区能古島

10月終わりの休日。
コスモスを楽しみに能古島へ。

イメージ 2
能古島へは夏のひまわり鑑賞以来久しぶり。
この日はぽかぽかの行楽日和でお客さん満載の船で
能古島へ向かいます。

イメージ 3
能古島の漁港より。ヤフオク!ドームとシーホークホテルが
島からはっきりと見えます。

イメージ 4

イメージ 5
のこのしまアイランドパーク園内の道。
園内はコスモスの他に
マリーゴールドなども咲き誇り目を楽しませてくれます。

イメージ 6
アイランドパークの奥、北端に到着。
すでに多くの観光客がいます。
奥に見えるのは志賀島。
漢倭奴国王の金印が見つかったことでも有名です。

この記事に

イメージ 1
櫛田表参道を通り、最後に櫛田神社を目指します。

イメージ 2
博多町家ふるさと館
規則的に並べられた灯明が建物とマッチしています。
博多らしいおみやげをお探しの方。
ここはおすすめですよ。

イメージ 3
櫛田神社。
明かりに照らされた夜の姿もまたいいですね。

イメージ 4
櫛田神社の地上絵。
本来なら高いところから見下ろすと絵が浮かんでくるのですが、
高い場所が分からず、今回は地上絵を見逃してしまいました。
しかし下から見てもこれはこれで美しいです。

イメージ 5
参道に並ぶ灯明。
今回は初めての見学で道に迷ったり見逃した場所もありましたが、
来年の楽しみに博多灯明ウォッチングを後にしました。




この記事に

イメージ 1
あたたかい灯明ツアーはつづきます。
上の写真は協賛スポンサーの灯明です。

イメージ 2
東長寺へやってきました。
塀に沿って並ぶ灯明がビジネス街にひときわ目立ちます。

イメージ 3
境内にお地蔵さんらしき絵がありました。

イメージ 4
さらに奥ではライブが行われていました。
手前には「東長寺」とあります。

イメージ 5
出口付近の灯明。
奥の建物との対比がいい感じ。
暖かい光に人々の笑顔が浮かび上がります。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事