ここから本文です

夏の能古島01

イメージ 1
能古島
福岡市西区

8月の中旬はアイランドパークのひまわりが見頃と聞いて
夏の午後に玄界灘に浮かぶ能古島へ。

イメージ 2
能古島は博多湾のほぼ中心にある小さな島。
姪浜から船で10分ほど。
手軽に離島の自然を味わえるということで、
休日には市内から多くの観光客が訪れます。

イメージ 3
船のデッキよりヤフオクドームや福岡タワーを眺める。
ボートが高速で追い越してゆきます。

イメージ 4
目的地の能古島が近づいて来ました。
猛暑の一日。水しぶきが気持ちいいです。

イメージ 5
能古島へ到着。
右側の船は「レインボーのこ」
今、乗って来た「フラワーのこ」と交互に使用されています。


この記事に

イメージ 1
福岡タワー
福岡市早良区百道浜2丁目

福岡タワー夏限定のイルミネーションは
金魚がタワーを泳いでいます。

イメージ 2
なんとも涼しげですね。
福岡タワーもLED照明が導入されて
多彩なイルミネーションを見ることができるようになりました。

このようにイラストをタワー全面で表示して
動かして魅せるタワーは全国的にも珍しいのではないでしょうか?

イメージ 3
愛宕山から見た福岡タワー。


この記事に

イメージ 1
平素はリボックスのオンラインショップ「たまて箱」のご愛顧
並びに
リボックスの「よかよ〜福岡」を
ご覧いただきありがとうございます。

株式会社リボックスは
2018年 8/13(月)〜 8/16(木)まで夏季休業とさせていただきます。
オンラインショップでは夏期休業期間内のご注文は8/17(金)以降
受付発送となりますのでご了承ください。

※お盆休み中もYahoo!ショッピングによるお買い物は可能です。
Yahoo!ショッピングアプリをご利用の方は
8/15(水)は5のつく日キャンペーンを行っております。
詳しくはリンクのオンラインショップ「たまて箱」をご覧ください。


今後ともリボックスのオンラインショップ
「たまて箱」並びに「よかよ〜福岡」を
どうぞよろしくお願いいたします。


この記事に

イメージ 1
福岡市西区愛宕浜
前回ご紹介したマリノアシティ福岡
日も暮れて来た愛宕浜を散歩。
対岸から見るマリノアシティの夜景を楽しみました。

イメージ 2
マリノアシティ内の結婚式場。
ライトアップして建物が印象的に浮かび上がっています。

イメージ 3
手前の船は福岡市営渡船の能古島行きフェリー。
姪浜と能古島を毎日往復しています。
能古島〜福岡市内を通学通勤する方もいます。

イメージ 4
姪浜漁港そばよりマリノアシティを見る。
観覧車から見る夕暮れもきれいでしょうね〜。

イメージ 5
愛宕浜の海岸から福岡のランドマーク
福岡タワー〜ヤフオク!ドームを撮りました。

誰もいない砂浜から夜景をゆっくり楽しみました。




この記事に

イメージ 1
マリノアシティ福岡
福岡市西区小戸2丁目

福岡市に西側海辺に広がる大型ショッピングモール。
アメリカの西海岸をイメージしたような
明るくておしゃれな建物が特徴です。
イメージ 2

イメージ 3
マリノアシティの特徴の一つとして
奥の観覧車があります。
福岡市や博多湾を一望できる人気のスポットです。

かつてはもう一つ観覧車があり、そちらは120mもある
日本最大級の大きさを誇りましたが、2009年に営業終了。
いまは奥の観覧車のみ営業中です。

イメージ 4

イメージ 5
となりには西福岡マリーナがあり、
多くのボートやヨットが停泊しています。
この船たちはどこへ出かけてゆくのでしょうか。
奥には能古島行きのフェリーが見えます。

お買い物ついでに海辺で夕涼み。
そんな贅沢な時間が誰でも手軽に楽しめる場所です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事