ここから本文です

節分 東長寺。

イメージ 1
東長寺
福岡市博多区

2月3日、4日の2日間。
東長寺では節分の豆まきが行われました。

イメージ 2
弊社からも近く、大博通り沿いにある東長寺。
節分のこの日は門にかわいらしい看板も登場。
記念撮影をする方もたくさんおられました。

イメージ 3
中では鬼たちと記念撮影ができます。
姿を見て泣きさけぶ小さなお子様もいました。
時代は変わっても子供達には鬼がこわいのは変わらないようです。

イメージ 4
豆まきの様子。
みんな福にあやかろうと必死でとります。
普段の静かな境内がいっそう賑わいます。

イメージ 5
豆まきの後は温かい甘酒をいただきました。
寒い1日にはうれしい1杯。

イメージ 6
帰りは豆などを購入して帰宅。
2月の初め。
気温は寒かったけど、笑顔いっぱいの1日。

この記事に

博多駅いつもの風景

イメージ 1
博多駅
福岡市博多区

クリスマスからお正月初め頃まで
イルミネーションで賑わった博多駅前もすっきり。
イルミネーションの期間が長くなったせいか
却って今のシンプルな姿の方が珍しく感じます。

イメージ 2
駅前のひろば。この日はイベントもなく、
日曜日の夕方で人も少ないです。

イメージ 3
弊社そばの大博通り。
車は多く、忙しく大博通りと住吉通りを行き交います。
今更ですが博多もガラス張りの近代的なビルが
ずらり並ぶ風景が当たり前となりました。

この記事に

イメージ 1
福岡市民のオアシス大濠公園。
冬の時期はイルミネーションが輝いています。

イメージ 2
奥には大濠公園のシンボル的存在の浮見堂が見えます。
浮見堂まで歩いてみましょう。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
ライトアップされると屋根の緑と朱色が際立って
きれいですね。
この浮見堂はもともとここにあったのではなく、
戦前、東公園近くにあった動物園の
アシカ池に設けられていたもの。
戦後移設されて、いまでは
大濠公園を代表するスポットになりました。


この記事に

イメージ 1
西公園 光雲神社
福岡市中央区

このブログではよく紹介している西公園
お正月の運動不足を解消すべく散歩に行きました。

イメージ 2
神社の階段からは福岡市内大濠、唐人町あたりが一望できます。
今ではビルやマンションが立ち並んでいますが、
かつてはここから大濠公園の堀まで観れたようです。

イメージ 3
公園内の中央展望広場より
福岡都市高速の様子がよく見えます。

イメージ 4
海の中道のマリンワールドとホテルルイガンズ。
夕日を浴びてきれいです。

イメージ 5
ガスタンクととんがり帽子の灯台。
灯台はクリスマスシーズンになるとサンタクロースに
装飾される事で有名です。

イメージ 6
ベイサイドプレイスの博多ポートタワーも見えます。
時間を忘れ風景を楽しんでいると
あっという間に夜になりました。

この記事に

平和台球場跡

イメージ 1
平和台球場跡
福岡市中央区城内

福岡を代表するプロ野球チーム福岡ソフトバンクホークス。
現在の本拠地は福岡ヤフオク!ドームですが
以前は福岡城跡そばにあった平和台球場が本拠地でした。
(当時は福岡ダイエーホークス)

イメージ 2
平和台球場跡への道のそばに球場のモニュメントがあります。
このモニュメントも設置されてだいぶ経ちますが
傷みもほとんどなく、かつての福岡のフランチャイズ球団
西鉄ライオンズのことなど往時の歴史を伝えています。

イメージ 3
この坂を登ると平和台球場が見えていました。
球場があった頃は歓声の音が聞こえてきて
ワクワクしたものでした。

イメージ 4
現在の球場跡は広場になっており、
芝生の上でくつろぐ方もいました。
大手門のビル群がよく見えます。

イメージ 5
唯一球場の遺構として残るのはこの石垣です。
この石垣の上に球場がありました。
奥に見えるのは鴻臚館跡展示館で、この平和台球場の跡にあった
鴻臚館の歴史などを学べます。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事