ここから本文です
イメージ 1
福岡城跡
福岡市中央区城内

福岡市のオアシス大濠公園そば、
福岡城跡潮見櫓の近くで「藤まつり」が行われます。

イメージ 2
藤まつり会場そばの潮見櫓。
この時期はつつじも見頃で潮見櫓との共演も楽しめます。

イメージ 3
藤が青空に映えます。
こういうイベントはお天気が気になるところです。

イメージ 4
藤棚が落とす影がきれいです。
春とはいえ昼間は結構日差しが強いので、
小休止にももってこいですね。

イメージ 5
藤まつりにあわせて、
お茶を楽しんだり音楽鑑賞ができるなど
イベントが色々行われるそうなのでこれをきっかけに
お出かけするのも楽しそうです。

※写真は全て昨年のものです。



福岡の桜2019 桧原桜

イメージ 1
桧原桜
福岡市南区

福岡市の桜の名所の一つ桧原桜。
大濠公園や西公園ほどにぎやかではありませんが、
地元の方々に親しまれている
美しい桜並木を楽しむことができます。

イメージ 4
桧原桜前のバス停。
バス停には特別に桜のイラストがあしらわれています。

イメージ 2

イメージ 3
桜を見ながらなら渋滞も気にならない?
手前の黄色い車は自動車学校の教習車。
桜を眺めながらの教習は羨ましいと思いつつ
運転で緊張してゆっくり眺めている余裕はないかも。

イメージ 5
都市景観賞のプレート。
ここの桜は道路拡張に伴い桜を撤去する予定でしたが、
桜について住民の詠んだ句が話題になり
計画が変更されて8本の桜が残ったそうです。
今では公園も整備され、桜の名所として親しまれています。
イメージ 1
天神中央公園
福岡市中央区天神

福岡市ではもうだいぶ散ってきましたが、
桜の風景を振り返り。
ビジネス街の真ん中でお酒片手の花見客も多いです。

イメージ 2
天神中央公園は新川沿いにあります。
川の横の桜並木です。
川に沿って花が植えられており、
ここでは撮影をされる方が多かったです。

イメージ 3
チューリップと桜
春らしい華やかな色の組み合わせ。

イメージ 4
天神中央公園は
かつて旧福岡県庁がありました。
明治時代に作られた立派な建物でしたが、
解体され、場所も東区へ移転しました。
旧県庁時代の門が天神中央公園に残っています。

イメージ 5
旧福岡県庁跡にできた複合施設アクロス福岡
階段状の緑が特徴的です。

百道浜を歩く。

イメージ 1
百道浜海岸
福岡市早良区百道浜

福岡市の海浜地区でベッドタウン百道浜。
対岸にはこれまた高層マンションなどが立ち並ぶ
香椎浜エリアが見えます。

イメージ 2
この百道浜地区は
1989年、福岡市の市制100周年を記念して行われた
アジア太平洋博覧会「よかトピア」のころに
埋め立て地が開発されました。
イベント終了後はマンションや住宅地として発展しました。

画像は百道浜の先マリゾン。結婚式場となっています。
ここから海の中道方面の船も出ています。

イメージ 3
まだ少し肌寒い日にも関わらず
ロケーションの良さから、若い人たちが散歩する姿もちらほら。

イメージ 5
百道の跨線橋より都市高速とヤフオクドーム。
前述のよかトピアのころには見られなかった風景。

イメージ 4
百道の海岸から福岡タワーとシーホーク。
ここで眺める夕暮れは最高です。
イメージ 1
室見川
福岡市西区
福岡市の南、曲渕から博多湾へ流れる室見川。

イメージ 2
奥の筑肥橋たもとに柵のようなものがあります。

イメージ 5
室見川春の風物詩、シロウオ漁のための簗です。
2月上旬〜4月上旬の間
ここでシロウオをとって近所の料亭などに供されます。
シロウオは天ぷらや生で楽しむ踊り食いが有名です。

イメージ 3
奥の筑肥橋はかつて国鉄筑肥線が通っていた線路跡。
橋には蒸気機関車の車輪のレリーフがあります。

イメージ 4
筑肥橋から百道方面を見る。
こうしてみると、ビルでミッチリですね。


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事