Titanium Sculptor Titanium blue

Art Blutitanium art Titanium blue チタンブルーChalleng Sotheby's サザビーズ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
与吉が、なぜ 金属を焼くアートを追い始めたか、
炎で、金属を焼き美しい色彩を発色をさせる。
チタンアートに取り組むようになったか、
 
与吉は、6歳の時から金属の焼けた時の色(青)に
異常に興味を示したようです。8歳ぐらいの時には、
家を建てている工事現場から、トタンの波板を拾ってきては
自宅のお風呂の、焚口(当時は材木とかでお風呂を沸かしていました。)
に竹の先にトタンを刺して、炎に近づけては高温で真っ赤になった
トタンを見てそのあとに訪れる青の発色に喜んでいたそうです。

そして、それを見たご近所の方が、この子は火遊びをするとても危険だと
祖父に言いつけられました、怒った祖父が与吉のおしりに
ヤイト(お灸)をしました。  お灸は、2度ほどありました。

そんなに金属の焼けた青色が好きな子供になったのかは、
決定的な、出来事がありました。
だるまストーブ事件です。
与吉が6歳の時いつも遊びに行っていた、
近所の小さな映画館に石炭を燃料にする
だるまストーブがありそのストーブの煙突は、サビサビでした。
それが、ある日新品ピカピカのトタン製の煙突に変わっていました
そのストーブにおじさんが火を付けてくれた時の出来事です。
煙突の根元の所からゴールドになり、そのゴールドが
先のほうにどんどん進んで行きました。
その、ゴールドの輝きが七色のゴールドとでも表現するぐらい綺麗でした。
その、ゴールドが無くなってすぐこんどは、ストーブの根元から
ブルーが現れたのです、その時の感覚は
衝撃でした、それが、与吉の炎の蒼の
ファーストインパクトです。

そして、次の日にはその煙突はどんどん錆びていくだけで
二度とブルーが現れることは無かったです。
それから、与吉はそれを、再現したいので、火を見たら火遊びをする
危ない子供として、町内会で回覧板が回る札付きになりました。
 
それから、時は過ぎて与吉が17歳の時にバイクのエンジンのすぐそばの、
パイプの部分が、ゴールドに輝いているのを見てまた忘れていた記憶が、
蘇りました、それからは、鉄 ステンレス などなどを
焼きまくりました、
なぜかと言うと、これで何か人が驚くのではないかと思い、
当時 学校は嫌いでしたので、これで生きていけるのではないか、
一人コツコツと、いろんな金属加工をしながら収入を得てきました。

与吉の技法はすべて、独学、我流です
誰にも、溶接 切断 研磨 曲げ 絞り などなどは、
教えてもらった事は無く、
すべて、自分で考え、本とかテレビなどを参考に、見よう見まねです。

なぜチタンにたどりついたかは、
来る日も来る日も、金属を焼いている時の最大の課題は、いくら綺麗な発色をしても
すぐにサビによる変色です、そのためにそれを止めるために、
クリア塗装をしたり、出来るだけ温度を高くしないでゆっくり焼いたり などなど
ありとあらゆる事をしても、完成した綺麗な蒼がすぐにくすみます。
そんな時にお付き合いしていた鋼材屋さんが、
はがきサイズのチタンを持ってきまして、このチタンと言う金属は絶対に酸化しないらしいです。
との事でした、それから永遠に続くチタンを、試行錯誤の日々を続けています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感謝候 与吉

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

今晩は、純粋な心が蒼えと導いたのではなでしょうか。互いが引かれ合うように!幼い与吉に、心に、蒼は、蒼自身を託したのではと、思います。人も出会い、蒼も出会いべくして永久の出会いの中さ迷い、与吉と永久の出会いを、そして永久の契りを、、魂はてるまで蒼と共に、与吉旅路に行けども、蒼は与吉の魂と共に不滅なのだ、打て、打て、与吉魂込め!!!

2011/11/9(水) 午後 6:51 [ satomi ] 返信する

顔アイコン

そうね、wiki
これまでもこれからも綴っていかなきゃ。

2011/11/9(水) 午後 7:00 かかまる 返信する

チタンを選ばれたのは正解でしょうね。

他の金属と違いどんな時も瞬間的に酸化被膜に覆われます。
そして金属本体を守ります。
酸化被膜によって引っ掻き硬度が高まります。
そんなチタンをグラインダーで削ると青い火花が飛ぶはずです。
はがきサイズのチタン板はフニャフニャの軟らかさのはずです。
軟らかい金属は機械で削ると赤い火花が出ますが、
チタンは酸化被膜に守られて青い火花を飛ばす。
これが扱い難い金属にもしてる訳ですが、
それを操る貴方の魂が僕は好きです。
貴方の蒼は研磨技術に裏打ちされていると思っています。
だけど酸化被膜に覆われたチタンを研磨するのは、
並大抵の努力ではない事を僕は知っています。
研磨不良な表面からはあれだけの蒼い色は出ないと思うから、
貴方の努力と技術と魂に尊敬を抱きます。
頑張って下さい。
☆ポチ☆!

2011/11/9(水) 午後 7:03 [ - ] 返信する

20年くらい前からオートバイのマフラーにチタン製が登場しました。エンジンの排気熱で綺麗な蒼が発色します。
あれは永遠の蒼だったんですね。

2011/11/10(木) 午前 9:52 ファイズ 返信する

顔アイコン

初めまして、与吉さん。履歴から参りました。
チタンの青美しいです。
本物はきっともっと鮮やかなのでしょうね。

2011/11/13(日) 午後 0:53 [ キミドリ★ ] 返信する

チタンアート、素晴らしい!
サイズ、重さは、どれくらいですか?

2011/11/13(日) 午後 2:20 [ そふぃあ のブログ ] 返信する

こんばんは
訪問してくれて ありがとうございます
スゴくキレイな蒼ですね
虹色に光る部分が 見事に蒼の中で存在感を出していると思います

2011/11/13(日) 午後 6:01 [ ルドルフ ] 返信する

顔アイコン

与吉さん、こんばんは!はじめまして。
写真すごいですね。
チタンは好きな素材です。
お気に入りの腕時計、スカーゲンのチタンです。
美しいものは色々あるけど…チタンの美しさははじめて知りました。
ポチ☆

2011/11/13(日) 午後 9:59 かげぽん 返信する

顔アイコン

幻想的な絵ですね
感動です。

2011/11/14(月) 午前 1:36 [ クモッグル ] 返信する

刹那の蒼…宇宙ですね。人の心の中にもある宇宙。刹那の蒼…
海でもあり、空や月や星のような…神秘的な出会いです

2011/11/14(月) 午後 11:57 [ Lestoiles ] 返信する

顔アイコン

素晴らしい! ほしい

2011/11/15(火) 午前 11:06 [ mune ] 返信する

39819です。
私のブログを訪問して頂きましてありがとうございました。
チタンと言えばバイクのエキパイやサイレンサーの素材として有名だと思います。
私は昔、ホンダモンキーと言うバイクのエンジン分解組み立てを
マンガで描いたのですが…絵が描けなくて描けなくて
死ぬ程苦労しました。
現在のブログはできたらマンガで描きたかったです。

2011/11/18(金) 午後 7:25 [ 39819 ] 返信する

いいっすね!

2011/11/20(日) 午前 1:09 [ 海 浩気 ] 返信する

ご訪問ありがとうございます。


こんな世界があるなんて知りませんでした!すごい幻想的な碧色だ。

またお邪魔させて頂きます!

でわ。

2011/11/20(日) 午後 1:35 [ ツル ] 返信する

すごい綺麗です。
見入ってしまいました。
ありがとうございます。

2011/11/20(日) 午後 5:00 [ - ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、よろしくお願いします。

このような物は、はじめて拝見しましたが
とても奇麗ですね。
度々拝見させていただきます。

2011/11/26(土) 午前 11:36 [ キングオブポップラブ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事