Titanium Sculptor Titanium blue

Art Blutitanium art Titanium blue チタンブルーChalleng Sotheby's サザビーズ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

神から、人にしか与えられなかった最高の力

それは、炎を自在に操れる力です。

炎は、それほど尊いものです。

その、炎をあやつり刹那の蒼を追い求める

私の、芸術


2009・こころの春を待つ、与吉のこころ


私が、なぜ この刹那の蒼を追い始めたか。


28年の永い険しい道・・・・・・・・・・・・・・




私は、たびたび取材などでなぜ

このような、誰もしていない

炎で、金属を焼き美しい色彩を発色をさせる。

チタンアートに取り組むようになったかとのご質問を受けます。

そのお話を少しかいつまんで致します。



私は、6歳ぐらいの時から金属の焼けた時の色(青)に

異常に興味を示したようです。8歳ぐらいの時には、

家を建てている工事現場から、トタンの波板を拾ってきては

自宅のお風呂の、焚口(当時は材木とかでお風呂を沸かしていました。)

に竹の先にトタンを刺して、炎に近づけては高温で真っ赤になった

トタンを見てそのあとに訪れる青の発色に喜んでいたそうです。

そして、それを見たご近所の方が、この子は火遊びをすると

祖父に言いつけられました、怒った祖父が私のおしりに

ヤイト(お灸)をしました。  お灸は、2度ほどあったそうです。

私の記憶は、ヤイトをされたことは覚えていますが、

それより前の記憶は、母親から聞かされた事です。

自分のやったことですが、都合の悪いことはなぜか、忘れてしまう、性格なので、


そんなに金属の焼けた青色が好きな子供になったのかは、

決定的な、出来事がありました。

だるまストーブ事件です。

私が6歳の時いつも遊びに行っていた、

近所の小さな映画館に石炭を燃料にする

だるまストーブがありそのストーブの煙突は、今までサビサビでした。

それが、ある日新品のトタン製の煙突に変わっていました

そのストーブにおじさんが火を付けてくれた時の出来事です。

ストーブの根元の所からゴールドになり、そのゴールドが

先のほうにどんどん進んで行きました。

その、ゴールドの輝きが七色のゴールドとでも表現するぐらい綺麗でした。

その、ゴールドが無くなってすぐこんどは、ストーブの根元から

ブルーが現れたのです、その時の感覚は今でも忘れることは出来ない

衝撃でした、それが、私の炎の蒼の

ファーストインパクトです。


そして、次の日にはその煙突はどんどん錆びていくだけで

二度とブルーが現れることは無かったです。

それから、私はそれを、再現したいので、火を見たら火遊びをする

危ない子供として、町内会で回覧板が回る札付きになりました。





そのように金属と炎に興味が凄くあったことは、間違いないです。

それから、時は過ぎて私が17歳の時にバイクのエンジンのすぐそばの、

パイプの部分が、ゴールドに輝いているのを見てまた忘れていた記憶が、

蘇りました、それからは、鉄 ステンレス などなどを

焼きまくりました、

なぜかと言うと、これで何か人が驚くのではないかと思い。

当時 学校は嫌いでしたので、これで生きていけるのではないか、

一人コツコツと、いろんな金属加工をしながら収入を得てきました。

ですから、私の技法はすべて、独学です

誰にも、溶接 切断 研磨 曲げ 絞り などなどは、

教えていただいたことがありません。

すべて、自分で考え、本とかテレビなどを参考に、見よう見まねです。

今でも、この方法が、(溶接、切断など)正しいのか間違っているのかさえわかりません。

でも現在では、不安などはありません。(思いあがっているわけではなく自分を信じている)

物には、色々な方法があると思えるようになったからです。


かなり、本筋からそれてしまい失礼いたしました。

なぜチタンにたどりついたかは、

来る日も来る日も、金属を焼いている時の最大の課題は、いくら綺麗な発色をしても

すぐにサビによる変色です、そのためにそれを止めるために、

クリア塗装をしたり、出来るだけ温度を高くしないでゆっくり焼いたり などなど

ありとあらゆる事をしても、完成した綺麗な蒼がすぐにくすみます。

そんな時にお付き合いしていた鋼材屋さんが、

はがきサイズのチタンを持ってきまして、このチタンと言う金属は絶対に酸化しないらしいです。

との事でした、それから28年間現在まで、試行錯誤の日々です。

その、28年間のお話はいずれ致します。


現在でも、3割ぐらいは私の目でみて、失敗は致します。

完璧かそうでないかは、私の間合いの問題でして、技術ではなく気持ちが

色に反映するようです。

不思議なもので、造形 研ぎが完璧でも炎をあやつる一瞬の間合いを見切る

そこが、極意なのかもしれません。

まだまだ、勉強です。

以上が、私がチタンアートに全人生をすべてそそぎこんでいる、大ざっぱなお話です。

今、28年を振り返り思う事は、素敵な方々との、一期一会でここまで来ていると思います。

すべての方に感謝いたします。




最後に、

最近なぜ、なぜ、と自分に自問自答致します。

それは、経済基盤がないが故の、苦しい日々を送るうちに、

昨年も、日雇いの建設現場での仕事などをしての、生活です。

今年は、なんとか作品だけで、生きています。

もう辞めようか、こんな事をしていてもなどと・・・・・・・現在でも考えます。

そして、答えはいつも、

この、一瞬の蒼を 永遠に捕まえる為に生まれてきたのだから・・・・・・・・・・と

言い聞かせながら、

・・・・・・・・・・・・・・・感謝

・・・・・・・・・・・・・念には念を、くどいですが、よろしくです。

このブログのおなじみ様は、また出たかと言われるのは・・・・・先刻承知です。  ゴメン

今回も、画像に免じて、お許しをくださいませ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大変誠に感謝

2009年も、チタンアーティスト与吉は続けます。

どこまでも、永遠に刹那の蒼を追い続けますので、

これからも、ご支援をよろしくお願いいたします。

刹那の蒼を、愛している、素敵な皆様へ、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感謝




                チタンアーティスト与吉

この記事に

開く コメント(27)

イメージ 1

シルバーと、透明感いっぱいのブルーの

セクシーな、みのいぐです。

冷酒が・・・・・・・・・・・・・・

下戸の私も、飲みたくなりそうで、


飲めば、目が回る、

くるくる、そして爆睡していまします。

この、セクシーさは危ない発色


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蒼の芸術世界へようこそ、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感謝

この記事に

開く コメント(43)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事